ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「CUDA」最新記事一覧

Compute Unified Device Architecture

企業動向を振り返る 2016年8月版:
インテルがディープラーニング市場でNVIDIAに挑む!?
過去1カ月間のエレクトロニクス関連企業の動向をピックアップしてお届け! 2016年8月はどのようなM&Aや協業、あるいは事業撤退などが行われたのでしょうか? 各企業の経営戦略に注目です。(2016/9/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
別GPU扱い!? 3GB版GeForce GTX 1060カードが登場!
従来モデルからGDDR5メモリの容量が半分になった3GB版のGeForce GTX 1060搭載グラフィックスカードが登場した。ショップからは「6GB版の一つ下的な存在」という声も聞かれる。(2016/8/22)

NVIDIAに挑む:
Intel、機械学習を手掛けるNervanaを買収へ
Intelが、ディープラーニング向けASICやソフトウェアを手掛けるNervana Systemsを買収する。これにより、ディープラーニング向けGPU市場をけん引するNVIDIAに挑む考えだ。(2016/8/16)

NVIDIA、“究極の”グラフィックスカード新TITAN Xを約13万円で8月2日発売へ
「GeForce GTX1080」を発売したばかりのNVIDIAが、さらに高性能なフラッグシップグラフィックスカード新「TITAN X」を発表した。先代TITAN Xより60%高速化し、価格は1200ドル(約13万円)だ。(2016/7/22)

CADニュース:
高性能GPU搭載ワークステーションの組み込みモデルを発売
GDEPソリューションズは、レノボ・ジャパンのワークステーション「ThinkStation」シリーズに、グラフィックスボード「ELSA GeForce」シリーズを搭載した、ゲーム開発およびVRアプリケーション向けの組み込みモデルを発表した。(2016/7/15)

高くない?:
GeForce GTX 1080性能検証
10万円近い価格でありながら売り切れが続出するGeForce GTX 1080。遅ればせながらパフォーマンスを計測し、そのパフォーマンスに驚き、そしていろいろと考えてみた。(2016/7/14)

NVIDIA、“Pascal”世代の新ミドルレンジGPU「GeForce GTX 1060」を発表
米NVIDIAは、同社製最新ミドルレンジGPU「GeForce GTX 1060」の発表を行った。(2016/7/8)

税別10万9800円でGTX 965Mを搭載:
10万円台前半の売れ筋ゲーミングノート激戦区で定番モデルになるか? 「G-GEAR note N1563J」シリーズ徹底検証
ゲーミングノートPCの「G-GEAR note」シリーズに新モデルが登場した。10万円台という価格を維持しつつも、CPUにCore i5-6300HQ、GPUにGeForce GTX 965Mを搭載する、現時点の売れ筋ゲーミングノートPCの中心的なスペックだ。レビューしていこう。(2016/7/7)

Adobe RGBカバー率100%の4K液晶を搭載! プロクリエイター待望の大画面ノートPC「DAIV-NG7600」シリーズ
マウスコンピューターがDAIVブランドで展開する「DAIV-NG7600」シリーズは、デスクトップ並の性能を誇るクリエイター/エンジニア向けモデルだ。(2016/7/5)

Pascalで仮想世界が現実に近づく:
GeForce GTX 1080/1070の新機能をNVIDIAが解説
米NVIDIAのNick Stam氏が来日し、Pascal世代の最新GPU「GeForce GTX 1080/1070」に搭載された新機能を解説。(2016/5/19)

VR HMDに最適なPascal世代グラフィックスカード「GTX1080/1070」がNVIDIAから
現行ハイエンドより安くて速い、Pascal世代の新しき王が誕生。Oculus RiftやHTC ViveなどのVR HMD向けPCに最適だ。(2016/5/8)

絵を描きたい!動画編集したい!DTMしたい!:
“創る”ためのPC――ドスパラがクリエイター向けPCブランド「raytrek」にかける想い
サードウェーブデジノス(ドスパラ)の展開するブランドと言えば、ゲーミングPCの「GALLERIA」が有名だが、そのゲームを“クリエイト”するためのPCも負けていない。クリエイター向けPCブランド「raytrek」の担当者に話を聞いた。(2016/4/28)

特集:インフラエンジニアのためのハードウェア活用の道標(3):
今どきCPUだけで大丈夫?ビッグデータや人工知能でGPU/FPGAを使う前に知っておきたい“ハード屋”と“ソフト屋”の違い
ソフトウェア技術者の間でもGPUやFPGAに対する興味が高まっている。「ハードウェアの“特質”とは何か」「GPUやFPGAの性能を生かすソフトウェアは、どうあるべきか」@ITの人気連載「頭脳放談」の筆者に聞いた。(2016/4/25)

ついにG-Tuneにも登場!:
デスクトップ版CPU&GPUを積んだ爆速ゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i71000」を徹底分析
G-Tuneに加わった「NEXTGEAR-NOTE i71000」シリーズは、ノートPCでありながらデスクトップ用のCPUとGPUを搭載した実にユニークな製品だ。その爆速性能を見ていこう。(2016/4/5)

Surface Pro 4やライバルと比較:
「Surface Book」徹底検証――37万円の最上位機はどれだけ速い?
ボディーもスペックも、そして価格も最上級の2in1ノートPC「Surface Book」。37万2384円(税込)のハイエンドモデルが持つ性能をSurface Pro 4やライバルと比較する。(2016/3/9)

消費電力は10W以下:
ドローンに“自律”をもたらすGPU搭載スパコン
NVIDIAは、モジュール型のスーパーコンピュータ「Jetson TX1」を提供を国内で開始した。処理能力が1TFLOPS以上でありながら、消費電力を10W以下におさえている。これにより、ロボットやドローンの自律機器としての能力を高めることができるという。(2016/3/3)

「学び続ける小さな人工知能」を実現する、組み込みボード「NVIDIA Jetson TX1」
NVIDIAは開発プラットフォーム「NVIDIA Jetson TX1」の国内販売を開始する。GPUによる画像処理はもちろんのこと、CUDAプラットフォームを利用することで実機にデプロイした後も学び続けるディープラーニングを構築できる。(2016/3/2)

最上位モバイルPC対決:
「VAIO Z」クラムシェルモデル徹底検証――Surface Book/Pro 4と比べた性能は?
ついに販売が開始された新世代CPU搭載の「VAIO Z」。新たに追加されたクラムシェルモデルの性能をSurface BookやSurface Pro 4といったライバルと比較する。(2016/2/26)

古田雄介のアキバPickUp!:
Skylakeに低GPU内蔵のPモデルが登場!
Skylake世代のCore i/Celeronに、GPU性能を抑えた末尾Pモデルや、5000円台で買える世代最エントリーモデルなどが加わった。街では「いいとこついている」と評判だ。(2016/2/1)

ニューラルネットワークモデルの実装が一般化する?:
「TensorFlowより高性能」なディープラーニングツールキット「CNTK」
米マイクロソフトリサーチが深層学習(ディープラーニング)ツールキットをオープンソースで公開。グーグルのTensorFlowよりもGPU性能を引き出せるという。(2016/1/27)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
組み込みコンピューティングに向けた、ハードウェアアクセラレーションの選択肢
組み込みコンピューティングを加速させるハードウェア・アーキテクチャとは何でしょうか。DSP?GPU?それともメニーコアでしょうか。どのアプローチが最も適するのかを考察します。(2016/1/22)

IT用語解説系マンガ:食べ超(85):
カラオケ並みのお値段でスパコンレンタルできます!?
ちょっと特別なプロジェクトに、思い切ってスパコンを借りてみませんか。(2016/1/13)

Skylake-H×GTX 970M×GPU Switch:
GTX 970Mの性能をフルに生かせるハイパワーマシン「mBook P」実力検証
マウスコンピューターブランドの製品ながらG-Tuneに匹敵する性能を持つ15.6型ノートが「mBook P」シリーズの最上位モデル「MB-P960X2-M64」だ。ゲームもクリエイティブユースも死角なし!(2016/1/8)

プロセッサ開発もオープン化が進む?:
グーグル、オラクル、HPEなどがRISCプロセッサのオープンな命令セットを開発する「RISC-V」参加へ
OpenPOWER Foundationに続き、オープンな低消費電力RISCプロセッサ開発にIT大手企業が複数参加。プロセッサでもオープンなエコシステム形成が進むかもしれません。(2016/1/5)

GPUをぶん回して「約6日かかる学習を0.4日に短縮」:
「Big Sur」はニューラルネットワークシステムのためにフェイスブックが設計したハードウエア
米フェイスブックは「ニューラルネットワークシステム向け」というハードウエアアーキテクチャ「Big Sur」をオープンソースで公開した。(2015/12/14)

「Skylake-H」×「GTX 970M」:
「GPU Switch」で外部GPUを固定利用! 高速ゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i5710」実力検証
最新CPUと高性能GPUを搭載し、超高速SSDを搭載。さらに外付けグラフィックスを固定で利用できる機能により常にハイパフォーマンスを発揮できるゲーミングノートPCがG-Tuneに登場。速いぞ!(2015/11/25)

いまさら聞けないDeep Learning超入門(2):
Caffeで画像解析を始めるための基礎知識とインストール、基本的な使い方
最近注目を浴びることが多くなった「Deep Learning」と、それを用いた画像に関する施策周りの実装・事例について、リクルートグループにおける実際の開発経験を基に解説していく連載。今回は、画像解析における物体認識、Convolutional Neural Netの概要に加え、Caffeの環境構築の仕方や基本的な使い方を解説する。(2015/11/9)

倍率アンロックCPUや4K IGZO液晶も装備:
Skylake世代の“宇宙最強”ゲーミングノートが襲来――「ALIENWARE 13/15/17」はどう選ぶ?
最新世代のハイエンドなCPUとGPUを備えた「ALIENWARE」のノートPCラインアップが出そろった。ALIENWARE 13/15/17の3シリーズをまとめてチェックしていこう。(2015/10/30)

TITAN Xだって挿せちゃう:
爆速システムを持ち運べ! 「LITTLEGEAR i310」の最高峰モデルがすごい
「G-Tune」ブランドから登場した「LITTLEGEAR」シリーズは、持ち運べるサイズのボディに最新ハイエンドシステムも搭載可能な新感覚のデスクトップPCだ。コンパクトなのに爆速!(2015/10/14)

5分で分かる最新キーワード解説:
並列処理でビッグデータ解析速度80倍?「HSA」
CPUとGPUが処理を分け合って協働する「HSA(Heterogeneous System Architecture)」の活用により、ビッグデータ解析など重い処理の高速化が期待されています。PCやサーバのみならず、組み込みシステムへの応用も有望な「HSA」について解説します。(2015/10/13)

画像処理:
CPUとGPU、スマートカメラ――画像処理にまつわる3つのトレンド
重要性の高まる画像処理だが、どのようなアプローチでその処理に臨むかは思案のしどころだ。GigE Visionに強みを持つPleora Technologyの技術責任者が「画像処理ハードウェアの3つのトレンド」を紹介した。(2015/10/2)

最高峰システムが新BTOでさらなる高みへ:
PR:クリエイティビティを加速するフラッグシップマシン「Endeavor Pro8100」徹底解剖
とにかく速いマシンが欲しいユーザーに朗報だ。エプソンダイレクトが誇るフラッグシップマシン「Endeavor Pro8100」が新BTOメニュー追加でパワーアップ。さらにハイエンドなタワー型PCへと進化した。(2015/9/29)

NVIDIAとPreferred Networksが技術提携を発表:
ディープラーニングの発展はGPUが加速させる?
NVIDIAは、産業用機器に向けたディープラーニング(深層学習)技術の開発において、Preferred Networksと技術提携をすると発表した。自社の高性能な演算処理能力を持つGPUを用いることで、ディープラーニングの可能性を最大限に広げていくとしている。(2015/9/24)

ドワンゴ、ディープラーニング専用GPUサーバ「紅莉栖」構築 人工知能研究に貸し出し
ドワンゴは、ディープラーニング専用GPUサーバファーム「紅莉栖」(くりす)を構築した。人工知能研究用として一部の研究機関に無償で貸し出す。(2015/9/18)

ドワンゴさん、なにやってんすか! ディープラーニング専用GPUサーバファーム「紅莉栖(くりす)」を構築・無償貸出へ
これがシュタインズゲートの選択か。(2015/9/17)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
限界に達したエンベデッド・プロセッサを並列処理で補完する
組み込みシステムの能力を並列処理で補完するアイデアは、身近で現実味を帯びたものとなっています。しかし、その実行に際しては手法の選択が重要な意味を持ちます。OpneMPやOpenCLなどを理解しながら、最適な手法を検討しましょう。(2015/9/2)

NVIDIA、DirectX 12をフルに使える159ドルGPU「GeForce GTX 950」発表
その性能はGeForce GTX 650の約3倍。ユーティリティのGeFroce Exprienceではゲームへの“招待”機能を導入した。(2015/8/21)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
GTA Vが4K&最高画質で快適に動く! 「GeForce GTX 980 Ti」の“微妙”な立ち位置を考察する
GeForce GTX 980の1つ上にある「GeForce GTX 980 Ti」が登場。“Ti”に期待する一方で“微妙”な仕様が気にところだ。果たして実力はいかほどなのか?(2015/6/1)

サードウェーブデジノス、GeForce GTX 980 Ti搭載ゲーミングPC「GALLERIA ZI/XI」
NVIDIAから発表されたばかりの最新ハイエンドGPU「GeForce GTX 980 Ti」を載せたゲーミングPC新モデルが、サードウェーブデジノスから早くも登場した。(2015/6/1)

迫力大画面なのにスリムなボディ:
ゲーミングノートにあるまじき薄さ! 「G-GEAR note N1760J」の実力を問う
大画面ディスプレイとGeForce GTX 965Mを搭載したこの新モデルは、スマートなデザインも魅力。“イケメン”ゲーミングノートの実力を検証する。(2015/5/27)

NVIDIA最新ミドルレンジGPUを駆って登場!:
コスパが光るGTX 960M搭載ゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i5500」最速レビュー
G-Tuneに加わった「NEXTGEAR-NOTE i5500」シリーズは、最新のGeForce GTX 960Mをはじめ、クアッドコアCPUやデュアルストレージ構成を採用しつつ、抜群のコストパフォーマンスを実現したゲーミングノートだ。(2015/3/30)

いま手にできる最強のパフォーマンスを楽しむ:
NVIDIA最高級GPU「GeForce GTX TITAN X」の“150%”な実力を試す
NVIDIAがMaxwell世代のシングルGPUで最上位モデルとなる「GeForce GTX TITAN X」を発表した。GeForce GTX 980を超える最強Maxwellの実力を検証しよう。(2015/3/18)

北米実売999ドル:
NVIDIA、Maxwell世代の最高峰GPU「GeForce GTX TITAN X」発表
実装するCUDAコアは3072基。性能5割増しで4Kクラスの解像度でもゲームがグリグリと動作するモンスターGPUが登場した。(2015/3/18)

最強GPUと4Kディスプレイ、M.2 SSDが夢の共演:
豪華すぎるゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i5900PA1」徹底検証
最強GPUとクアッドコアCPUをスリムボディに詰め込み、PCI Express接続の最新M.2 SSDを採用、さらにIGZOの4Kディスプレイも搭載したゲーミングノートPCが「G-Tune」ブランドの「GeForce GTX 980M」だ。こいつは速いぞ!(2015/3/3)

GTX 960搭載で高コスパ:
最新の定番構成で固めた高性能タワーマシン「MDV-GZ7550X」を駆る
マウスコンピューターのタワー型ハイエンドモデル「MDV-ADVANCE」シリーズにNVIDIAの最新GPU「GeForce GTX 960」を搭載したモデルが登場。クリエイティブ用途からゲームまでオールラウンドに使えてコスパ抜群!(2015/2/27)

同じ第2世代Maxwellでもいろいろ違う:
大解説! GeForce GTX 960「GM206」の最新機能
GeForce GTX 980のカットオフ版ではない。今回は、最新モバイルSoC「Tegra X1」で採用する最新機能も盛り込んだ“スイート・スポット”な戦略的GPUを大解説。(2015/1/29)

“みんなのMaxwell”がやってくる:
電力効率の高いMaxwellベースのミドルレンジ──NVIDIA、「GeForce GTX 960」を発表
実売価格が2万円台後半〜3万円前後のMaxwellが登場する。購入しやすいコストパフォーマンスに優れた価格帯でどのようなメリットをNVIDIAはアピールするのか?(2015/1/22)

タブレットからクルマの自動運転まで:
Tegra K1もApple A8Xも圧倒する高性能へ――NVIDIA、世界初“1TFLOPS”モバイルプロセッサ「Tegra X1」
NVIDIAがTegra K1の後継となるSoC「Tegra X1」(開発コード名:Erista)を発表。最新世代のGPU(Maxwell)を採用し、スマートデバイス向けSoCでは現在最速クラスの同社Tegra K1やApple A8Xを圧倒する性能が得られる。この高性能を車載システムにも生かす戦略だ。(2015/1/5)

海外Webサービスのトリセツ(19):
使える度∞!〜「Udacity(ユーダシティ)」の使い方(2):実践編
海外Webサービスの使い方を「日本語で」分かりやすく説明するシリーズ、今日は「Udacity(ユーダシティ)」での学習方法を解説します。(2014/12/10)

海外Webサービスのトリセツ(18):
一流講師の授業を無料で受講する〜「Udacity(ユーダシティ)」の使い方(1):登録編
海外Webサービスの使い方を「日本語で」分かりやすく説明するシリーズ、今月はオンライン講座プラットフォーム「Udacity(ユーダシティ)」を解説します。(2014/12/9)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。