ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ガジェット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
国内クラウドファンディングで広がる海外ガジェット販売 そのリスクを考える
国内のクラウドファンディングサイトで行われているガジェット類の出資募集は、海外クラウドファンディングのそれと異なり、既に海外で販売中のガジェットを国内で売るための、実質的な「予約販売プラットフォーム」となりつつある。こうした奇妙なビジネスモデルが広まりつつある理由は何だろうか。(2018/7/18)

「推論」について基礎から解説:
AIガジェットを作りながらディープラーニングをゼロから学ぶ、JellyWareがWebサイトで教材を公開
JellyWareは、「AIガジェットを作りながらゼロから学ぶディープラーニング推論」サイトを公開した。人工知能を構築しながら、LinuxコマンドやPythonプログラミング、ディープラーニング推論について学習できる。(2018/7/4)

より多くのECサイトでもっと手軽に検索を:
ビジネスサーチテクノロジ、ECサイト内検索ガジェット「ポップファインド」を提供開始
ビジネスサーチテクノロジは、ECサイト内検索ガジェット「ポップファインド」の提供を開始した。(2018/4/25)

気分をカチャッと再起動! 「Ctrl」「Alt」「Delete」キーで例のコマンドが押し放題の手遊びガジェット
頭を切り替えたいときに。(2018/4/22)

Global Sources Consumer Electronics 2018:
香港の展示会で見つけた、一味違うガジェットたち
磁石でLightning、microUSBを付け替えできるケーブル、車輪付きでコロコロ転がすスマートフォンマウンター。香港のトレードショウを見てきた。(2018/4/17)

冷蔵庫を開けるとピカチュウがしゃべる 冷蔵庫ガジェット「Fridgeezoo」とピカチュウがコラボ
ピカチュウファン必見。(2018/4/4)

「あたしの赤ペン先生おもしれえだろ」 FAXで文通する「90年代ガジェット事情」漫画がいろいろと懐かしすぎる
スマホ世代ならぬファクス世代。(2018/2/21)

製品分解で探るアジアの新トレンド(25):
流行ガジェットは見逃さない、新分野でも着実にシェア伸ばす中国勢
エレクトロニクス業界の一大トレンドとなっているスマートスピーカー。多数の製品が登場する中、スマートスピーカーに搭載するチップで採用実績を着実に積んでいるのは、中国勢だ。(2018/2/8)

任天堂だけじゃない? “段ボールガジェット”まとめ
任天堂が発表した「Nintendo Labo」だけじゃない、さまざまな“段ボールガジェット”をまとめてみた。(2018/1/23)

女子がクリスマスに欲しいガジェット 2017年版
自分に贈ってもいいんですよ……。(2017/12/21)

マストドンつまみ食い日記:
第2回「マストドンオフ会」、12月8日に開催
ガジェット通信主催によるイベントが約半年ぶりに。(2017/11/26)

ITはみ出しコラム:
TwitterのCEOは「iPhone X」だけで仕事をこなす?
米Twitterのジャック・ドーシーCEOが来日。インタビューでは、Twitterの動向についてより、ガジェットの話をしているときの方が楽しそうでした。(2017/11/19)

ソースネクスト、世界50言語対応の通訳ガジェット SIMカード内蔵
ソースネクストが、世界50言語以上に対応する音声翻訳デバイスを発表。ソラコムと事業提携し、世界61カ国で使えるグローバルSIMカードも提供する。(2017/10/23)

明日から使えるITトリビア:
モバイルバッテリーを略して「モバブ」──“ブ”って何?
どこでもガジェットを充電できる便利なモバイルバッテリー。これを「モバブ」と略す人がいる。「モババ」じゃない?(2017/10/7)

主力機種も一新:
Amazon Echoでボタンなど新ガジェット、Alexaは既存電話への無料通話など新機能
Amazonが、スマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズに関し、新たなガジェット「Echo Buttons」「Echo Connect」の投入を発表。また、主力機種の新世代製品を発売した、さらに、Amazon Echoシリーズに搭載しているソフトウェア/サービスのAlexaでは、新機能を搭載する。(2017/9/28)

ちょっと気の早い“スマートスピーカーの選び方”
2017年末から2018年に向けて話題になると見られている期待のガジェット「スマートスピーカー」。どのような製品があり、何ができるのか。そして製品選びのポイントは?(2017/8/21)

ギークの祭典「ガジェットフリマ 2017夏」は8月12日開催 すがやみつる先生やGPD Pocketの講演も
買ったけど使わなくなったデジタル機器を売り買いしつつ、その魅力について濃く語り合うイベントが今年も開催されます。(2017/8/10)

懐かしのケータイギャラリー:
シリーズ最小・初めてワンセグを内蔵したスマホ「WILLCOM 03」
ガジェット好きに人気だった「W-ZERO3」シリーズ。その中で最もコンパクトかつ軽量だった「WILLCOM 03」。ハードルの高い印象が強かったスマートフォンを一般ユーザーにも訴求すべく、ワンセグを内蔵し、鮮やかなボディカラーを採用しました。(2017/8/5)

Amazon、「Alexa」関連スマートホーム設置サービスを米国でスタート
AI音声アシスタント「Alexa」によるスマートホームを推進するAmazon.comが、IoTガジェットの設置や接続、使い方をサポートする「Smart Home Services」を米国の一部地域で提供している。(2017/7/11)

日本の“分解サイト”にインスパイアされた――創業者が語る「iFixit」の秘密
iPhoneをはじめとするデジタルガジェットを分解しまくっていることで有名な「iFixit」。その創業者であるカイル・ウィーンズCEOが来日し、その秘密を語った。(2017/7/7)

ITはみ出しコラム:
iPhoneを速攻で分解し続ける「iFixit」とは?
人気ガジェットの分解レポートでおなじみの米iFixit。最近は環境保護団体のGreenpeaceとコラボして話題になっています。(2017/7/2)

スキマ時間で英語が身に付く? カシオの「デジタル英会話学習機」を試す
通勤・通学などのスキマ時間を使って、紙の教材やスマホアプリで英語を学んでいる人は多いが、こんな専用ガジェットがあるのをご存じだろうか。今回はカシオが発売した最新モデルを実際に試してみた。(2017/5/31)

磁石で不思議な模様を描く磁力サイエンスガジェット「Force Fluid」
DISCOVERは、磁石に反応する強磁性流体を封入したサイエンスガジェット「Force Fluid」の取り扱いを開始した。(2017/5/12)

立ちどまるよふりむくよ:
ぼくのMZ-80が小さくなって帰ってくる! 「PasocomMini MZ-80C」とは何なのか
KORG MS-20 mini、NINTENDOクラシックミニに続いてオールドタイマーを熱くさせるレトロ復刻ガジェットが登場した。(2017/5/11)

紙飛行機が自由自在 スマホで遠隔操作するガジェット「PowerUp 3.0」が楽しそう
地上55メートルまで飛行可能です。(2017/4/20)

KDDI、スマホを自動探索・充電するIoTガジェット「充電ロボ」プロトタイプを開発
KDDI総合研究所は、スマートフォンを自動探索・充電するIoTガジェット「充電ロボ」のプロトタイプを開発。カメラと距離測定センサー、Raspberry Pi Zeroなどのマイコンボードを搭載し、自律走行する。(2017/3/17)

PR:買う前も、買った後も あなたのガジェット&家電選びは「トリセツ」アプリにおまかせ!
春は、新製品が気になる時期だけど、「何を選んでいいか分からない」と悩む人が多いだろう。そして製品を買った後に困るのが、取扱説明書の管理。この2つの悩みを解決してくれるアプリが「トリセツ」なのだ。(提供:株式会社トライグル)(2017/3/10)

イタズラ心が刺激されまくり 無限に障子破りができる自作ガジェット
商品化希望!(2017/2/8)

今でも役立つ30年選手のオーディオ機器【懐かしのレトロガジェット】
簡単な制御ならIoTデバイスよりこっちのほうがいいかも。(2017/1/18)

30年前に買ってもらった携帯型ゲーム機【懐かしのレトロガジェット】
白黒の画面でミニゲームをピコピコ遊ぶのも楽しかった当時。(2017/1/14)

若い世代はもう知らないかもしれない「あの電話」【懐かしのレトロガジェット】
今でもつなげば使えますよね。(2017/1/13)

音を立てないように録音していたレコードプレーヤー【懐かしのレトロガジェット】
便利になった現代でもこの音が好きという人もいます。(2017/1/12)

ちょっとしたゲームもできたワープロ、東芝Rupo【懐かしのレトロガジェット】
ボンバーマンも移植されていたみたいです。(2017/1/11)

イヤフォンジャックに刺していた携帯カメラ【懐かしのレトロガジェット】
360度回転できるという点では高性能。(2017/1/9)

限界まで加速!「X68000 XVI Compact RED ZONE」【懐かしのレトロガジェット】
スーパーハカーも愛用のあれ。(2017/1/8)

欲しかったのにできなかった「ゲーム&ウオッチ」【懐かしのレトロガジェット】
モノクロ画面に魅了された思い出。(2017/1/7)

さあ、ワープだ!――宇宙の神秘と美しさを体感できるVRゴーグル「JOY! VR 宇宙の旅人」
タカラトミーの「JOY! VR 宇宙の旅人」は、お茶の間で宇宙の美しさと神秘を体験できるVRガジェット。今回は「+Style」で販売されているお買い得なヤツを試してみました。(2016/12/22)

「もう閉めれば〜?」 冷蔵庫保管型ガジェット「フリッジィズー」があの人気キャラとコラボだゾ〜
ソリッドアライアンスは、冷蔵庫保管型ガジェット「Fridgeezoo」(フリッジィズー)の新製品として、「冷蔵庫のクレヨンしんちゃん」を発表した。(2016/12/13)

“ルンバブル”なオフィスを作ったガジェット大好き社長の経済学
オフィスの掃除をロボット掃除機に任せたらコスト削減になって、しかも面白そう。そんなアイデアを実践した会社が存在した。しかもガジェット好きの社長は、自身のブログにロボット掃除機の使用レポートを掲載して好評だ。(2016/12/7)

ご主人様の迷惑など意に介さない、ガジェットを占有するネコ3選
ネコだってガジェットを使いたい。(2016/10/15)

iPhone用スキャナー「Omoidori」が“7”に対応 現行モデルの有償アップグレードも
アルバムの写真をiPhoneのカメラでデジタル化できるガジェット「Omoidori」がiPhone 7に対応した。カメラ部分の形状を変更している。(2016/10/3)

Googleが10月4日に披露する「Chromecast Ultra」の画像がリーク
Googleが10月4日の発表イベントで新スマートフォンや新OS「Andromeda」などとともに発表するとみられる「Chromecast」の上位機種「Chromecast Ultra」とみられるガジェットの画像を、エバン・ブラス氏がツイートした。(2016/9/27)

「+Style」の最新ガジェットが「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2016」にお目見え
ソフトバンクのもの作りプラットフォーム「+Style」で取扱予定のIoT製品を実際に見られる「+Style Exhibition」が、「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2016」に出展される。(2016/9/21)

ブロックを組んでオリジナルデバイスを作れる ソニーのIoTガジェット「MESH」にAndroidアプリ
センサーなどを備えたブロックを組み合わせてオリジナルデバイスを作れる「MESH」に、Androidアプリが登場。(2016/9/20)

「鷹の爪」のDLEから聞き覚えのあるアプリ「タカモンGO」登場 「歩かなくてOK」「ボール投げ放題」に漂うクソゲー臭
謎ガジェット「タカモンGOぷらす」も用意しているそうな。(2016/9/16)

時計のようにかっこよく活動量計を身に着けるならこれ! Withings「Steel HR」
Nokiaの傘下で健康ガジェットの開発を続けているWithingsから、アナログ時計の見た目を維持しつつ、より“スマート”に進化した活動量計搭載スマートウォッチ「Steel HR」が登場しました。新たに心拍計測機能を備えています。(2016/9/6)

「これ誰が買うの……?」 ニッチすぎるのに人気沸騰 スマホで最大4枚のSIMを切り替える「SIM CHANGER デルタ」が生まれたわけ
スマホに複数のSIMカードを入れ替えて利用する――そんな“ニッチ”すぎるガジェットに賛同者が続々。あっという間に製品化が決定したCerevoの「SIM CHANGER デルタ」の狙いを聞いた。(2016/8/30)

街中ロストガジェット:消えた「大将軍駅」最後の姿に見る“昭和の夢、昔の未来”
昭和のとある時期にだけ、姫路にモノレールが走っていた。たった2年間しか営業しなかった「大将軍駅」、取り壊し前の最初で最後の公開見学会をレポートする。(2016/8/25)

IDF 2016:
独自HMDからドローンまで――Intelの「IDF 2016」基調講演まとめ
Intelの年次開発者会議「IDF 2016」で発表されたことを簡単にまとめる。RealSense搭載のMR HMDやドローン、Ubuntu搭載のキャンディバーサイズのガジェットなどが披露された。詳細はリンク先の関連記事(あるいはプレスリリース)へのリンクを参照されたい。(2016/8/17)

上上下下左右左右BA:
レトロゲーム機らしい十字ボタン風3ポートUSBハブ「8BITDO DPAD USB HUB」
サイバーガジェットは、レトロゲーム機の十字ボタンを模したデザインの3ポートUSBハブ「8BITDO DPAD USB HUB」を発表した。(2016/8/10)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。