ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

Intel HD Graphics に関する記事 Intel HD Graphics に関する質問

「Intel HD Graphics」最新記事一覧

2015年PC/タブレット春モデル:
第5世代Coreでさらに進化したプレミアムPC――「dynabook KIRA V83/V73/V63/L93」
春商戦に向けて、東芝の13.3型プレミアムスリムノートPC「dynabook KIRA V」、13.3型コンバーチブル&デタッチャブルPC「dynabook KIRA L」は、全機種が第5世代Core搭載の新モデルとなった。(2015/1/26)

2015年PC/タブレット春モデル:
購入しやすいモデルに集約して選びやすくなったWindowsタブ──「dynabook Tab S50/S38」
東芝のWindowsタブレットの10.1型と8型ラインアップに新製品が登場。搭載センサーやアプリはそのままに、ラインアップを整理して選びやすくなった。(2015/1/26)

ユーザーのフィードバックに応えて改善:
レノボ、6段配列を復活させた「ThinkPad X1 Carbon」日本出荷
最上段に物理キーを搭載し、左右のクリックボタンが独立したX1 Carbonが“復活”した。あわせて、グラフィックスにRadeonを採用する「E550」「E450」も登場する。(2015/1/14)

超軽快ブラウズマシン:
Chromebookは個人ユーザーでも買いなのか?――「Dell Chromebook 11」徹底検証
Windows PC/タブレットの低価格攻勢が激しい中、為替の影響もあって当初より買い得感が減った印象もあるChromebook。高コスパのPCで知られるデルが発売した「Chromebook 11」は、個人ユーザーでも選ぶ価値があるのだろうか?(2015/1/13)

第5世代Core i7+Radeon R7 M270搭載:
デル初の4KノートPC「Inspiron 15 7000 Graphic Pro」発売
ラスベガスで開催中の2015 CESにて米Dellが発表した4Kディスプレイ搭載ノートPCが、早くも「Inspiron 15 7000 Graphic Pro」として国内で発売された。(2015/1/9)

11型級ボディに13.3型液晶を搭載:
デル、第5世代Core搭載の“世界最小”13.3型ノートPC「XPS 13 Graphic Pro」
ラスベガスで開催中の2015 CESにて米Dellが発表した13.3型モバイルノート「New XPS 13」が早くも日本上陸。デルの日本法人が販売を開始した。(2015/1/7)

2015 CES:
実機で見る! 5.2ミリの狭額縁ディスプレイ搭載「XPS 13」
日本でも発表になった「XPS 13」新モデルが2015 CESの会場に登場。カーボンファイバーを使った薄型軽量ボディと3200×1800ピクセルの解像度を確かめてみた。(2015/1/7)

14ナノ“Broadwell”世代にTDP 28/15ワット登場:
「第5世代Core」正式発表――“Iris”統合で3D性能2割増
2in1/タブレット向けモデル「Core M」で先行していたIntelの14ナノメートルプロセスルールCPUに、メインストリームノートPC向けモデルが「第5世代Core」として登場。GPU性能をはじめ、処理能力がさらに向上した。(2015/1/6)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
2015年にPCはどう変わるか?――Intelプラットフォームの進化から考える
PCの進化において2014年は大きなアップデートに乏しく、比較的落ち着いた1年だった。しかし2015年はWindows 10の発売に加えて、プロセッサの大型アップデートも続く予定で、大きな変化が期待できそうだ。(2015/1/3)

10.1型「ヨガタブ2」徹底検証(後編):
AndroidとWindowsで同じ設計のタブレット――「YOGA Tablet 2-10」を横並びテストして分かったこと
シリンダーフォルムと内蔵スタンド機構が目を引く「YOGA Tablet 2-10」。レビュー後編は、AndroidモデルとWindowsモデルを横並びでじっくりテストしていこう。(2014/12/25)

10.1型「ヨガタブ2」徹底検証(前編):
“銀のAndroid”と“黒のWindows”――どちらも選べる「YOGA Tablet 2-10」を使い比べてみた
同じボディデザインで複数のOSを用意しているようなタブレットは数少ないが、「YOGA Tablet 2-10」ならばAndroidもWindowsも選択できる。さて、どちらを選ぶ?(2014/12/22)

SIMロックフリー対応の8型Android「LaVie Tab S」が12月18日発売へ
LaVie Tab Sでも格安SIMでデータ通信をビシバシ使えるようになる! (2014/12/16)

先代の840 EVOとじっくり比較:
「Samsung SSD 850 EVO」徹底検証――“3D V-NAND”搭載で5年保証の主力モデルは買いか?
2014夏に個人向けハイエンドSSDで初めて採用した3次元NANDフラッシュメモリが、早くも普及価格帯の主力モデルに入ってきた。先代モデルと比較しながら、その実力に迫る。(2014/12/16)

個人市場の台風の目になるか:
小型軽量Chromebookが日本上陸――「Chromebook C720」徹底レビュー
個人向けに国内販売が開始された日本エイサーの「Chromebook C720」は、同カテゴリの製品の中でも小型軽量ボディが特徴だ。その実力はいかほどか?(2014/12/12)

ITmedia流液晶ディスプレイ講座III:
PR:HiDPIやRetinaを誤解してない?――4K時代のディスプレイ選びに欠かせない「画素密度」を理解する
スマートフォンやタブレットから始まったディスプレイの高画素密度化は、PCディスプレイの世界にも波及。2014年にはPC向けの4Kディスプレイが台頭し、画面サイズ、解像度とともに、「画素密度」の把握が製品選びで重要になってきた。今回は最新の技術動向も含め、ディスプレイの高画素密度化をテーマに解説する。(2014/12/11)

マウスのPC、小さすぎィ!:
話題のスティック型PC「m-Stick MS-NH1」発売直前レビュー
超コンパクトサイズのスティック型PC「m-Stick MS-NH1」がいよいよ明日、12月5日に発売される。その圧倒的な小ささから注目を集めているが、実際にどの程度使えるのか。(2014/12/4)

第4世代Core、防水キーボードも搭載してこの価格:
“6万円台”で手に入る13.3型ノート+タブレット+タッチペンの完成度は?――「Inspiron 13 7000シリーズ 2 in 1」徹底レビュー
ノートPCとタブレットを1台に凝縮した“2in1”は、「気になる存在だけど、ちょっと割高」と思っていないだろうか? デルの「Inspiron 13 7000シリーズ 2 in 1」ならば、6万円台で2in1+タッチペン体験まで入手できる。実機をじっくり試用してみた。(2014/12/3)

「ドスパラ22周年祭 ファイナル」の特価PC:
ドスパラ、超小型Windows PC「Diginnos LIVA」を“税別1万8500円”で限定販売――11月27日19時まで
容積0.4リットル、約190グラムのファンレス設計コンパクトボディに、64ビット版Windows 8.1 with Bing、Celeron N2807、2Gバイトメモリ、32GバイトeMMCを搭載。(2014/11/21)

スペックに現れない「東芝品質」とは?:
「dynabook N51/NG」徹底検証――薄型軽量化した11.6型“ファンレス”ノートPCの魅力に迫る
東芝のノートPC秋冬モデルで最安値となるのが「dynabook N51/NG」だ。セールスが好調だったという夏モデルからボディデザインを一新し、薄型軽量化を果たしている。そんな新世代「タッチ対応ネットノート」の完成度をチェックした。(2014/11/21)

業界初「アクティブ静電結合方式」を採用:
東芝、10.1型/8型Windowsタブレットに“2048段階の筆圧ペン”付属モデルを追加――「dynabook Tab S90/S80/S68」
東芝のWindowsタブレットに筆圧ペン対応モデルが追加された。ワコムが開発した新技術「アクティブ静電結合方式」を初めて採用し、太さ約0.2ミリの線と2048段階の筆圧に対応している。(2014/11/19)

解像度は1200×1920ピクセル:
NEC、8型ディスプレイ搭載Windowsタブレット「LaVie Tab W」の実機を公開
Atom Z3735Fを搭載して重さは約370グラム。これでバッテリー駆動時間は約8時間になる予定だ。(2014/11/13)

前モデルの弱点を克服:
「dynabook Tab S38/23M」徹底検証――東芝の“第2世代”8型Windowsタブレットはどう進化したか?
「dynabook Tab S38」シリーズは、東芝の第2世代目となる8型Windowsタブレット。国内メーカーでいち早く投入した第1世代モデルの弱点をしっかり改善している。その実力を試してみた。(2014/11/12)

注目2in1ノートレビュー:
4万5800円の2in1はどこまで使えるのか? 「HP Pavilion x2 10」を試す
“デタッチャブル”2in1スタイルで1キロを切る10型モデルが登場した。Bay Trail-M世代のAtomを採用し、使用場所を選ばない“お手ごろ価格”の実力は?(2014/11/7)

やはりWindowsはキーボード操作が便利:
「dynabook Tab S50/36M」徹底検証――専用キーボードで“はかどる”10.1型Windowsタブレット
東芝の「dynabook Tab S50/36M」は、専用設計のBluetoothキーボードカバーを標準添付し、ノートPC並の操作感にこだわった10.1型Windowsタブレット。その実力をじっくりチェックしよう。(2014/10/28)

3次元ツールニュース:
ラティス、最大5倍高速化した「XVL Studio Ver.13.1」をリリース
ラティス・テクノロジーは、軽量3DデータフォーマットXVLの編集・閲覧ツール「XVL Studio」の最新バージョン「XVL Studio Pro/Standard/Basic Ver. 13.1」の出荷開始を発表した。(2014/10/23)

ラインアップは3モデル:
Mac miniも第4世代CoreとYosemiteにアップデート
2012年10月以来、約2年ぶりに省スペースPC「Mac mini」に新モデルが登場した。ラインアップは、従来の2モデルから3モデルに拡張された。価格は5万2800円(税別)から。(2014/10/17)

待たせたね:
Apple、新「Mac mini」発表──5万2800円から
Appleが「Mac mini」の2012年10月以来の新モデルを発表した。「90%高速化」し、3モデルの最下位モデルは5万2800円(税別)から。(2014/10/17)

個人ユーザーでも1台から購入可能:
「Dell Chromebook 11」販売開始――3万8980円(税別/送料込)
デルが「Dell Chromebook 11」の販売を開始。教育機関や企業向けの製品だが、直販サイトから個人ユーザー(個人事業主)でも購入できる。日本語キーボードも公開された。(2014/10/15)

2014年PC秋冬モデル:
Office一新、基本スペックも強化――「LaVie Z/L/S/E/Tab W」
NECは2014年秋冬モデルとして、13.3型と15.6型のノートPC、10.1型タブレットを刷新。CPUなど基本スペックを強化したほか、新Officeを採用した。(2014/10/15)

2014年PC/タブレット秋冬モデル:
Core M搭載11.6型2in1が新加入、SIMロックフリーなAndroidタブレットも――NEC「VALUESTAR」「LaVie」秋冬モデルの見どころ
モバイルラインアップ重視の秋冬モデルでは“分離式”2in1ノートPCやSIMロックフリー対応8型Androidタブレットが登場。従来シリーズも基本性能を強化した。8型Windowsタブレットも年内に発売する。(2014/10/15)

2014年タブレット秋冬モデル:
軽く薄くなってSIMロックフリーも──「LaVie Tab S」
Androidタブレット「LaVie Tab S」が携帯しやすい8型ディスプレイ搭載モデルに集約。上位構成ではSIMロックフリーに対応してMVMOの格安LTEが利用できる。(2014/10/15)

PC販売ランキング(2014年9月8日〜9月14日):
Appleの「13インチMacBook Air」の128GバイトSSD搭載モデルがランクイン(2014年9月第2週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年9月第2週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2014/9/29)

WindowsユーザーのためのMac入門:
第1回 Macってどうでしょう
最近、街のカフェやIT系イベントなどでMacBookを使っている人を見かけることが多くなってきた。Windowsユーザーとしても、そのスタイリッシュな外観は気になるところ。ただ、MacBookとWindows PCはOSも異なるし、アプリケーションなどの既存資産もあって移行は簡単ではなさそうだ。本連載では、長年のWindowsユーザーである筆者がMacBook Airを実際に使って、困ったことや考えたことなどを記していきたい。第1回である今回、まずはMacBook AirとWindowsパソコンとのハードウェア仕様の違いを見ていこう。(2014/9/25)

まだ早い? もう買い時?:
PR:今そこにあるディスプレイの問題を解決して新世界へ――これがEIZO「4K」モデルの実力だ!
徐々に数を増やしつつあるPC向け4Kディスプレイ。先物買いの印象があるかもしれないが、ディスプレイに関するさまざまな問題を解決し、極上の表示環境が得られる「先進的かつスマート」な選択肢なのだ。特にEIZO初の4Kディスプレイ「FlexScan EV3237」は、長い目でディスプレイ選びを考えた場合、有力候補に挙げられる。(2014/9/18)

仕事でもグラフィックスが大事:
「HP ProBook 455 G2 Notebook PC」で“Kaveri”の“ビジネス力”を試す
AMDの最新世代APUを搭載するビジネス向け15.6型ディスプレイ搭載ノートPCが登場した。イマドキのオフィスワークで必要になるグラフィックス性能を検証した。(2014/9/17)

日本HP、2014年冬モデルデスクトップPCを発売
液晶一体型PCでは新デザインの21.5型ディスプレイモデルが登場。既存モデルもCPUをはじめとして基本スペックを強化した。(2014/9/17)

日本HP、BeatsブランドSpecial Edition3モデルを投入
日本HPはBeats限定モデルを液晶一体型PC、ノートPC、そして、タブレットで投入。Beatsロゴのほかに、ブランドイメージのレッドでデザインを統一している。(2014/9/17)

注目タブレット詳細レビュー:
ハイスペックで選びたいWindows 8.1タブレット「ThinkPad 10」
レノボのThinkPad 10は、解像度が1920×1200ピクセルのIPS液晶ディスプレイを搭載したWindows 8.1タブレットだ。その性能にフォーカスして検証してみた。(2014/9/12)

未発表CPUを搭載:
ASUS、“Core M”採用の13.3型極薄ノート「ZenBook UX305」
IFA 2014にあわせてASUSが「ZenBook UX305」を発表。3200×1800ピクセル表示の13.3型液晶を搭載しつつ、厚さを12.3ミリまで絞り込んでいる。(2014/9/4)

Surface Pro 3は無理でもこの安さなら……:
“5万円”でノートPCもタブレットもこれ1台――「Inspiron 11 2 in 1」はどこまで使えるのか?
ノートPCとタブレットのニーズを1台で満たす“2in1”デバイスは、変形機構が備わっているぶん、通常のノートPCより割高になりがちだが、デルの「Inspiron 11 2 in 1」は5万円を切る低価格で購入できる。この安さでどこまで使えるのか、実際に試してみた。(2014/8/20)

新生VAIO応援×PC USER 20周年特別企画:
PC USER初の電子書籍――『VAIO完全分解&開発秘話1 VAIO Pro編』発売
熱烈なVAIOファンの支持を集めた特集企画「VAIO完全分解&開発秘話」が電子書籍になりました。(2014/8/15)

ハイスペ直販モデルを検証:
変形合体“7スタイルPC”の意外な性能とは?――「dynabook KIRA L93/W9M」(ベンチマークテスト編)
かつてない“7スタイル”を実現した東芝の新型PC「dynabook KIRA L」シリーズ。複雑な変形機構は性能や放熱面に影響しているのか? 今回はさまざまなテストを行い、PCとしての実力を明らかにする。(2014/8/6)

あのCeleron 300Aの再来か!:
20周年記念の「Pentium G3258」で気軽に遊ぶ
Pentiumの20周年記念モデルは、8000円前後の実売価格とCPU倍率変更アンロックモデルという、いろんな意味で“気軽なCPU”を楽しんでみた。(2014/8/5)

狙いは直販モデル:
“MADE IN JAPAN”のハイスペ大画面ノートPCはいかが?――「FMV LIFEBOOK AH77/R(WA2/R)」
安価なノートPCでもそこそこ戦える今日。とはいえ、家族で数年に渡り毎日使うような大画面ノートPCは、こだわって選びたい。ならば、富士通の“MADE IN JAPAN”ハイスペックモデルはどうだろうか?(2014/8/1)

東芝入魂の超変形マシン:
斬新すぎる“7スタイルPC”の実力は?――「dynabook KIRA L93/W9M」(使い勝手編)
2つの変形機構によって“七変化”を実現した東芝「dynabook KIRA L」シリーズ。ハイスペックな東芝ダイレクト直販モデルでその実力に迫る。(2014/7/31)

Surface Pro 3徹底検証(1):
「Surface Pro 3」に死角ありか?――パフォーマンス、スタミナ、発熱、騒音をテスト
本特集では人気の「Surface Pro 3」をじっくり検証していく。第1回は薄型軽量ボディで気になるパフォーマンス、バッテリー駆動時間、ボディの発熱、騒音を調べる。(2014/7/30)

2014年PC夏モデル:
LTE対応モデルも9月中旬に──レノボ・ジャパン「ThinkPad 10」
ThinkPadシリーズに10型ディスプレイ搭載タブレットの新モデルが登場。ThinkPad Tablet 2と比べて2倍の性能を発揮。キーボードなどオプションも充実している。(2014/7/8)

いま売れているのはデスクトップ:
eX.computer デスクトップPCのベストバイ「AeroSlim」「AeroStream」
多彩なモデルをそろえるeX.computerのラインアップ。いざ選ぼうとするとけっこう迷う。そこで、今人気が高いデスクトップPCからベストなモデルを紹介する。(2014/7/4)

SATA 6Gbps SSDの限界へ:
「Samsung SSD 850 PRO」徹底検証――“3D V-NAND”で10年保証を実現した先進SSDの実力は?
コンシューマー向けSSDに初めて3次元NANDフラッシュメモリを採り入れた「Samsung SSD 850 PRO」が登場。先代モデルと同条件でテストし、その実力を明らかにする。(2014/7/4)

新生VAIOは2シリーズ3モデルから:
VAIO株式会社、第1弾製品はSONYロゴがない「VAIO Pro 11/13」「VAIO Fit 15E」
ソニーから分離したVAIO株式会社がついに発足。第1弾製品はおなじみの「VAIO Pro 11」「VAIO Pro 13」「VAIO Fit 15E」だが、SONYロゴが省かれ、Haswell RefreshやWindows 8.1 Updateを採用するなど、一部仕様が異なる。【スペック追記】(2014/7/1)



オープンソースのコンテナー(アプリケーション実行環境)管理ソフトウェア。Linuxをベースに、ハイパーバイザー型よりも軽量な仮想化を実現する。クラウド、DevOpsなど今風のITシステムの管理に親和性が高く、注目が高まっている。

日本通信をパートナーとして、VAIO株式会社がスマートフォン製品を投入する。詳細は2015年1月に発表予定。

KDDIが12月25日に先行発売を開始した、Firefox OS搭載スマホ。製造はLG。Firefox OSの元々のコンセプトでもある踏み込んだカスタマイズ性、外装の3Dモデルデータの提供、部品が見える半透明ボディなど、「ギークのためのスマホ」としてアピールしている。