ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

リニアモーターカー に関する記事 リニアモーターカー に関する質問

「リニアモーターカー」最新記事一覧

技と魂継承:
ハンマー1本、職人芸が仕上げた初代「0系」の顔
「夢の超特急」と呼ばれ、先頭部が団子っ鼻で親しまれた初代新幹線0系。2008年11月末に定期運行を終えたが、団子っ鼻はどのようにして作られたのだろうか。(2014/9/24)

計画目白押し:
バブル発祥の地「品川」で再開発が動き出す
バブル発祥の地、品川で新たに都市再開発が動き出している。品川−田町間の新駅やリニア中央新幹線の開業などを受け、駅前広場や道路などインフラ整備計画が目白押しだ。(2014/9/10)

萌えリニモ、愛知を走る 「知多娘。」&担当声優16人がラッピングされる珍しいケースに
破壊力ある。(2014/9/3)

世界を「数字」で回してみよう(4):
“電力大余剰時代”は来るのか(前編) 〜人口予測を基に考える〜
今の日本では、「電力が足りる/足りない」は、常に議論の的になっています。しかし、あと十数年もすれば、こんな議論はまったく意味をなさず、それどころか電力が大量に余る時代が到来するかもしれません。(2014/8/29)

森田アルミ工業の夏休みTwitter企画「夏休みの公式宿題」実施中 作品も続々投稿されているぞ
一般参加者が作品を投稿する一方で企業公式アカウントの反応は……。(2014/8/25)

無事キャッチできるか? 流しそうめんのスピード世界一に挑戦、相模原市で
担当者は今から手首を鍛えているとのこと。(2014/8/13)

「流しそうめん世界大会」開催 パスタやフォーと“対戦”、スピード世界一目指す
「流しそうめん世界大会 〜リニア麺で世界一に挑戦〜」を相模原青年会議所が開催。流しそうめんのスピード世界一を目指したり、パスタやフォーなど世界の麺と対戦させる。(2014/8/12)

視線はすでに(後編):
ハリポタの経済効果はいくら? カギは東西間の“3万円の川”
「東京と大阪の間に“3万円の川”が流れている」――。ユー・エス・ジェイの森岡毅執行役員がよく口にする言葉だ。首都圏の人たちをUSJに呼び込むには、東京−大阪間の往復にかかる新幹線料金約3万円を払ってでも行きたいと思わせなければいけないという意味がある。(2014/7/24)

東京おもちゃショー2014:
お先に商用化しちゃいます――時速650キロ相当で走る「リニアライナー」をタカラトミーが開発
タカラトミーが開発した「リニアライナー」は、磁力で本体を浮上させ、高速で移動する本格的なリニアモーターカー。本物より先に“玩具”として商用化されそうだ。え、未来の車も?(2014/6/12)

杉山淳一の時事日想:
JRは夜行列車を見捨てなかった――その先に見える「新・夜行列車」時代
JR西日本とJR東日本から相次いで「豪華夜行列車」が発表された。その一方で消えていく夜行列車もある。今後も夜行列車を続けていく意思があるなら、次にビジネス需要向けの夜行列車も検討してほしい。東京―函館間の新幹線夜行列車を提案する。(2014/6/6)

超電導実験に驚き:
時速500キロ体感シアターに納得! 山梨県立リニア見学センター拝見
JR東海が平成39年に東京・品川−名古屋間で開業を目指す「リニア中央新幹線」。山梨県が4月24日に開設した「県立リニア見学センター」が、リニア技術を解き明かしてくれた。(2014/5/7)

杉山淳一の時事日想:
長崎新幹線「フリーゲージトレイン」に期待する真の理由
長崎新幹線への導入を目指す「フリーゲージトレイン」の新型試験車両が公開された。日本の鉄道網の特殊性ならではのプロジェクトだが、新幹線やリニアと同じくらい重要なプロジェクトになる可能性を秘めている。成功の鍵はユーラシア大陸にある。(2014/4/25)

厳しい現実:
それでも「リニア誘致」に食い下がる、京都
リニア誘致に向けて、京都市の門川大作市長が意気込んでいる。しかし「本命」であり「ライバル」の奈良の関係者はもとより、建設主体のJR東海も、国も、つれない態度を崩さない。(2014/4/11)

杉山淳一の時事日想:
横浜発〜秩父行き「メトロレッドアロー号」は実現するか
鉄道ビジネスにおいて、いまもっともホットな話題が「西武HDの再上場」。4月23日と予想される西武HDの株式公開は、あしかけ10年の西武鉄道再建の総仕上げとなる。その景気付けだろうか、西武鉄道の看板列車「レッドアロー号」の横浜方面乗り入れ案が浮上した。(2014/4/11)

杉山淳一の時事日想:
2014年、注目の列車旅は? 四国・東北、そして
2014年の鉄道業界は追い風と向かい風が交互に吹きそうだ。観光列車ブームの継続は追い風、消費税アップに伴う運賃値上げが向かい風。新幹線のサービスアップは追い風、LCCの国内路線増は向かい風だろうか。今年も昨年に劣らず面白くなりそうだ。(2014/1/10)

杉山淳一の時事日想:
「上野東京ライン」成功のカギは、品川駅が握っている
JR東日本は上野駅と東京駅を結ぶ4つ目の路線を「上野東京ライン」として2015年3月に開業する。従来上野駅止まりだった東北本線(宇都宮線)、高崎線、常磐線の列車が東海道本線と直通する。ただし、この計画で重要な駅は上野駅や東京駅ではなく、品川駅だ。(2013/12/13)

自然エネルギー:
16カ所に82MWの太陽光発電所を建設、宮崎では8.3MW
アルファグループは宮崎県都農町に出力8.3MWのメガソーラーを建設すると発表した。都農町には過去、リニアモーターカーの実験線が走っており、実験線を利用したメガソーラーでも有名だ。(2013/12/11)

杉山淳一の時事日想:
オリンピックが開催されても、鉄道網が整備されない理由
2020年東京オリンピックの開催決定で、交通インフラの整備が活気づく。しかしJR東海はリニア中央新幹線の前倒し開業を否定、猪瀬都知事も鉄道整備に消極的だ。オリンピックは鉄道整備の理由にならない。それは1964年の東京オリンピックの教訓があるからだ。(2013/10/4)

杉山淳一の時事日想:
地域エゴだけで決めていいのか? 日本の骨格、北陸新幹線のルート
北陸新幹線の金沢延伸開業まで2年を切った。福井駅の先、敦賀までは2025年度開業目標となっている。しかし、その先の大阪まではルートが決まっていない。小浜ルート、湖西線ルート、米原ルートのどれがいいか。北陸、関西、関東の地域エゴだけで決めてはいけない。(2013/5/31)

リニア中央新幹線の中間駅が驚きのシンプルさ
切符売り場や待合室はなし、乗り降りするだけのシンプルな駅になりそうです。(2013/5/14)

杉山淳一の時事日想:
北総鉄道と同じ轍を踏む? 日本一安い運賃「北大阪急行電鉄」が値上げする日
日本で最も鉄道運賃が安いのは「北大阪急行電鉄」で、初乗りはなんと80円だ。ところが、この路線には延伸計画があって、もし実現すると、かなり割高な運賃になってしまう。(2013/4/12)

日本列島エネルギー改造計画(45)宮崎:
電力の自給率を10年後に5倍へ、小水力・太陽光・バイオマスの3本柱
南国・宮崎は太陽のイメージが強いが、電力の世界では水力が盛んだ。九州の水力発電所の半分が集中している。その水量を生かした小水力発電に加えて、豊富な日射量と森林資源による太陽光とバイオマスを拡大中だ。2022年までに電力の自給率を5倍以上に引き上げる計画が始まる。(2013/3/19)

杉山淳一の時事日想:
鉄道のトンネルは、安全なのか
中央高速道路の笹子トンネルで天井に張られたコンクリート板が崩れ落ちるという、残念な事故が起きた。鉄道にもトンネルがあり、過去にいくつも事故を経験している。現在の鉄道トンネルの安全性はどうなっているのだろうか。(2012/12/7)

CEATEC 2012 開催直前情報:
“つなげる”タイコ エレクトロニクス、今年の特設ステージは「衛星ゲーム」
「CEATEC 2012」におけるタイコ エレクトロニクス ジャパンの展示テーマは『つなげよう、無限の可能性へ』。例年注目を集める特設ステージには、限りなく広がる宇宙を再現した来場者参加型の「衛星ゲーム」を用意している。(2012/9/11)

杉山淳一の時事日想:
本当にできないの? 鉄道ファンが笑う、大阪の新ルート
大阪都の将来を描いた基本構想「グランドプラン・大阪」には、なにわ筋線のほかに、もうひとつの関空アクセス線計画がある。それがあまりにも荒唐無稽だと鉄道ファンに嘲笑されているらしい。(2012/7/6)

どうなる? 鉄道の未来(5):
「空港行き」の電車代、見直さなければいけない
LCCの就航によって「ちょっと旅に出てみようか」という人も多いのでは。しかし空港へ行くまでの電車代は、旧態依然のまま。高い。鉄道会社はそろそろ「空港行き」の運賃を見直すべきではないだろうか。(2012/5/26)

どうなる? 鉄道の未来(2):
“LCC攻勢”が強まれば、鉄道会社はどうなるのか
日本でもLCCの就航が相次いでいるが、欧州でのシェアは4割を超えている。LCCの攻勢が強まれば、日本でも一気にシェアが高まるかもしれない。そうした事態になれば、鉄道会社にどのような影響が及ぶのだろうか。(2012/5/17)

杉山淳一の時事日想:
リニアの足を引っ張っているのは、誰なのか?
JR東海がリニアを語ると株価が落ちる。当初は持ち出しばかりで、回収が遠い先の話だからだ。これは現在の株式市場の参加者に問題があり、日本経済逼塞の原因を露呈している。長期プロジェクトを敢行する企業の株は誰が購入し、保持すべきだろうか。(2012/5/11)

ニコニコ超会議:
わたしは暴れん坊ガキでした――松本零士トークショー全掲載
ニコニコ超会議の超鉄道ブースで開催された松本零士氏のトークショーがあまりにも縦横無尽だったので全文掲載してみる。(2012/5/1)

杉山淳一の時事日想:
株価が下がってもリニアを貫く、JR東海の事情
JR東海の中央新幹線計画(リニア)は、趣味的にも、経済的にも期待のプロジェクトだ。しかし、この計画を快く思っていない人々もいる。機関投資家だ。JR東海がリニアを語ると、彼らはため息を漏らし株を手放す。(2012/4/27)

杉山淳一の時事日想:
なぜJR東日本は車両部門を強化しているのか
東急電鉄がこの春、子会社の東急車輌製造をJR東日本に譲渡する。JR東日本はもともと自社の車両製造部門を持っており、それを強化する。その先には世界市場へ向けた野心と、鉄道会社としての信念があった。(2012/3/2)

インタビュー スマートグリッド:
マグネシウムが変えるか、日本のエネルギー問題
「電気は貯められない」。現在のエネルギー政策は、この主張が大前提になっている。だが、東北大学未来科学技術共同センター教授の小濱泰昭氏は、この主張に真っ向から異議を唱える。太陽光でMg(マグネシウム)を精錬し、Mgを組み込んだ燃料電池に加工する……、こうして、電力を物質の形で蓄え、輸送し、新しいエネルギー循環を作り上げられるという。同氏は実際に機能するMg燃料電池も開発した。(2012/1/31)

スマートグリッド:
内陸型メガソーラーは何が難しいのか、山梨県の実例から分かること
メガソーラーは広い土地を必要とする。それでは内陸部や丘陵地帯にはメガソーラーは設置できないのだろうか。そうではない。東京電力が山梨県に建設した「米倉山太陽光発電所」から分かること、それは設計手法の工夫でメガソーラーの適地を増やせるということだ。(2012/1/27)

今年もオーディオ当たり年? 「東京インターナショナルオーディオショウ」で見つけた新製品
輸入オーディオ機器の専門展示会「2011 東京インターナショナルオーディオショウ」が11月3日に開幕した。晴天にめぐまれた初日は、祝日ということもあって朝から大勢のオーディオファンがつめかけた。(2011/11/4)

小寺信良のEnergy Future(8):
リニアと太陽電池の不思議な関係
東京と大阪を結ぶリニアモータカーの姿が見えてきた。一方、時速517kmを達成した宮崎県のリニア実験線は既に廃線となっており、実験には使われていない。ここに太陽光発電所を建設し、新しい形によみがえらせようというプロジェクトが完成した。(2011/10/27)

CEATEC 2011 フォトギャラリー:
写真で振り返るCEATEC(前編) 自転車ナビ、移動する電力源、人力ヘリなどに注目
エレクトロニクス業界の一大イベント「CEATEC 2011」が幕を閉じた。本稿では、会場で注目を集めていた各社の展示をフォトギャラリー形式でお伝えする。(2011/10/11)

小寺信良のEnergy Future(6):
我が社の太陽光発電所を作るには
企業が自家用の太陽光発電所を設けるとどのような利点があるのか、どのように建設すればよいのか、低価格化の工夫は何か、小寺信良氏が群馬県館林市の「館林ソーラーパーク」に迫った。(2011/9/29)

【IFRS】委員がフリートークを展開
IFRSロードマップはどうなる? 金融庁審議会の議論を追う
IFRSをどう扱うかについては議論の方向性は見えなかったが、今後の判断のための材料は何となく見えてきた。(2011/8/25)

スマートグリッド:
7つの太陽光発電所を2012年4月までに建設、国際航業グループが合計20MW供給体制へ
航空測量大手の国際航業グループが太陽光発電事業を加速させている。2011年3月に完成した宮崎県の「都農(つの)第2発電所」に続き、2012年4月までに全国7カ所で太陽光発電所を建設する予定だ。(2011/8/4)

原口一博×武田邦彦 それでも原発は必要か(最終回):
どのように向き合っていけばいいのか? 放射能との生活
福島第1原発で事故が起き、「放射線の影響は大丈夫なのか」と不安や恐怖におびえた人は多いはずだ。事故後、私たちはどのように生きていけばいいのだろうか。この問題について、原口一博議員と武田邦彦教授が語り合った。(2011/7/19)

JR東海、リニア新幹線の中間駅候補地を発表 相模原市など
JR東海はリニア新幹線の東京−名古屋間中間駅候補地を発表した。神奈川県は相模原市、山梨県は甲府盆地南部となり、長野県については発表を見送った。(2011/6/8)

プチプチから節電、トランスフォームしそうな大型重機まで――「2011NEW環境展」に行ってきた
国内最大級の環境展示会「2011NEW環境展」が東京ビッグサイトで開幕した。電力不足に備えた対策やエコな“プチプチ”など、さまざまな技術や製品が展示されている。(2011/5/24)

タグ・ホイヤー 1/1000秒への挑戦
スイスの時計ブランド、タグ・ホイヤーが驚異的なコンセプトモデルを発表した。1/1000秒の計測を可能にした世界初の機械式クロノグラフ「マイクロタイマー フライング1000 コンセプトクロノグラフ」である。(2011/4/5)

まとめ読み!誠 PDF:
どうなる、こうなる東京駅周辺の鉄道網
読者から注目を集めた記事を、まとめて読むことができる「まとめ読み!誠 PDF」。今回は東京駅周辺や成田新線など、鉄道開発計画を紹介した記事をまとめて読むことができます。(2011/3/1)

誠トレンド格付2010:
ちょっとだけ中間発表――あなたの「2010年のトレンド」は選ばれそう? まだまだ募集中
絶賛募集中の「誠トレンド格付け」。おかげさまで12月13日10時までに800人を超える応募がありました。まだ募集期間(12月15日まで)は終わっていませんが、まずはここまでの中間発表を少しだけお伝えしましょう。(2010/12/13)

誠トレンド格付2010:
あなたの選ぶ「2010年のトレンド」は何ですか?――豪華商品が当たります!
誠編集部では去年に続き「誠トレンド格付」を実施します。今年は編集部だけでなく、読者の皆さんにも、注目の商品を一緒に選んでいただきたいと思っています。お掃除ロボットや最新型空気清浄機など、豪華賞品が当たるチャンス。あなたが思う「今年のトレンド」を教えてください!(2010/11/29)

営業線仕様の新型リニア「L0系」 JR東海が概要発表
超電導リニアの営業線仕様第1世代となる「L0系」車両の概要をJR東海が発表。2013年度以降から、営業運転に向けた試験走行を開始する。(2010/10/26)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
円高を嫌気して乱高下しながらも軟調
(2010/10/21)

エネルギー技術 太陽電池:
CIS太陽電池を使ったメガソーラー、リニアモータカー実験線跡に国際航業HDが建設
総事業費は約6億円。CIS薄膜太陽電池パネルを約1万2500枚用い、年間発電量は約120万kW時を予定する。CIS薄膜太陽電池の設置容量(kW)当たりの年間実発電量(kWh)は、一般に他の方式の太陽電池と比べて約8%高いという。(2010/9/9)

ベネッセホールディングス取締役会長 福武總一郎氏:
電気自動車の要は電池技術ではない
電気自動車普及のカギは何だろうか。電気自動車は既存のガソリン車と比べて性能や価格に劣る部分がある。例えば走行距離である。このためには電池技術の向上など、さまざまな改善を加えていく必要があると考えられている。一方、このような考え方とはまったく異なる視点もある。電気自動車の普及策について聞いた。(2010/8/17)



いよいよ日本にも正式に上陸するChrome OS搭載端末。まずは企業、教育機関向けとなるようだが、アメリカでの販売台数が市場の予想を超えて伸びていることが伝えられており、ネット中心の利用に必要十分かつ廉価な端末として日本でも受け入れられるのか、注目したい。

統合型リゾートという形で日本にもカジノがオープンする見込みが立ってきた。東京オリンピックも見越して、経済効果を期待する政府のみならず、地方自治体、観光、エンタメ業界、広告代理店など関係する多くの業界で熱が高まってきている。

9月19日発売の次世代iPhone。より大型の「iPhone 6 Plus」と同時展開となる。iWatchと呼ばれていた腕時計型端末「Apple Watch」も発表されたが、Appleのビジネス的には、Apple Watchも絡めたモバイル決済サービス「Apple Pay」の今後の展開にも注目したい。