ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「経営コンサルティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「経営コンサルティング」に関する情報が集まったページです。

イノベーションは日本を救うのか(26):
旭化成のCVCが成功に向かっている、4つの理由
今回は、シリコンバレーでのCVC(コーポレートベンチャリング)活動としては、数少ない成功事例ともいえる、旭化成を紹介したい。(2018/6/19)

関西の議論:
仮想通貨にハンモック……独自の「コンセプトカフェ」が増加、差別化図り生き残り狙う
アニメのキャラクターや動物など、さまざまなテーマを持った「コンセプトカフェ」が相次いでオープンしている。(2018/6/18)

自動運転は「商用車」で先行!? 7年後に無人隊列目指す 日野自動車
乗用車で自動運転技術の開発競争が過熱する中、トラック・バスなどを手がける日野自動車も完全自動運転に取り組む。7年後に全操作を自動化する商用車を実用化するほか、複数のトラックが隊列走行する技術の進化も急ぐ。(2018/6/15)

仮想通貨にハンモック……「コンセプトカフェ」が増加、差別化で生き残り狙う
仮想通貨やハンモックなど、さまざまなテーマを持った「コンセプトカフェ」が相次いでオープンしている。「普通の店では埋もれてしまう」と危機感を抱き、来店客らがSNSで発信したくなるような話題作りにあれこれと知恵を絞っている。(2018/6/15)

経済インサイド:
自動運転車は「乗用車」より「商用車」で先行!? 7年後に無人隊列目指す
乗用車で自動運転技術の開発競争が過熱する中、トラック・バスなど商用車を手がける日野自動車も完全自動運転の実現に向けた技術開発ロードマップ(計画表)を発表した。(2018/6/15)

8年連続顧客満足1位のワケ:
ヨドバシの接客力を支える「すごい教育」
社員の接客レベルや商品知識の深さが評判のヨドバシカメラ。高い接客力を支えているのは社内の教育体制にあった。いったい、どんなことをしているのか?(2018/5/31)

教えて! キラキラお兄さん:
なぜ、コンサルタントからプログラマーに転身したのですか?
企業向けソフトウェア開発プラットフォーム「GitHub Enterprise」のSEである池田尚史さんは、時代の変化に対応するために自らのスキルセットを入れ替えながら、コンサルタントからエンジニアへ、WindowsからWebへ、オープンソースソフトウェア開発へと異色のキャリアを築いてきた。池田さんの話には時代の変化に対応して生き延びるヒントが詰まっている。(2018/5/31)

実践的・フォロー充実の会社が人気:
就活生に聞く「インターンに行ってよかった企業」ランキング 1位は……?
インターンシップに参加した学生が「ためになった」と感じたのはどの企業?――ビズリーチ調べ(2018/5/30)

A.T. カーニーの年次調査:
世界都市ランキング、東京は6年連続で……
経営コンサルティング会社のA.T. カーニーは、毎年実施するグローバル都市調査の最新結果を発表した。(2018/5/29)

ベンチャー成長に新たな資金調達手段 株式投資型クラウドファンディングが10億円突破
株式投資型クラウドファンディング開始から1年。運営3社が集めた資金総額が累計で10億円の大台を突破した。柔軟かつ機動的な資金調達手法への需要は大きく、市場が急拡大している。(2018/5/23)

イノベーションは日本を救うのか(25):
NECとパナの実例で読み解く、コーポレートベンチャリングの難しさ
最近は日本でもオープンイノベーションやCVCの議論が盛んだが、実は1990年代にも、米国で新規事業のタネを探すべく、コーポレートベンチャリングを行う日本企業が増加した時期がある。ただ、やはり簡単ではない。今回はNECとパナソニックの実例から、その難しさを読み解いていこう。(2018/5/21)

McKinseyやKPMGなどの専門家が議論
「RPA」と「AI」のセキュリティ対策に違いはあるか?
企業にも従業員にもメリットをもたらす「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)。見過ごされやすいのが、そのセキュリティリスクだ。具体的にどのようなリスクがあり、どう対処すべきなのか。(2018/5/17)

コーディング担当者がアナリストに?
ナショナルインスツルメンツがクラウド人事システム採用、人事部門はどう変わった?
オンプレミスの人事(HR)業務システムをクラウドに移行したある企業では、テクノロジー部門のスタッフへの影響が懸念されていた。しかし実際に現れた変化は、前向きなものだった。(2018/5/14)

Microsoft Focus:
いいことばかりではない? MSのテレワーク体験プログラムから見えてきた課題と解決策
日本マイクロソフトが推進する「ウーマン テレワーク 体験プログラム」、その成果はいかに。子育てとの両立を目指すプログラム参加や、テレワーク人材の確保に期待を寄せるプログラムパートナー企業の生の声を紹介する。また、見えてきた課題とは?(2018/5/12)

何が悪かったのか:
戦う相手が強すぎて衰退した東京チカラめし
急速に店舗数を増やして大いに注目された東京チカラめし。しかし、衰退するのも早かった。理由として「店舗の急拡大にオペレーションが追い付かなかった」「店舗の清掃が行き届いていなかった」などが挙げられるが、本当にそれだけが原因なのだろうか?(2018/4/27)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
残業削減のためにまた会議? トップの意味不明な指示を生む“罠”
残業削減を唱えながら会議が増える……。トップの意味不明な指示に困っていませんか? 彼らは自分の考えが正しいと信じ、現場の問題に向き合うつもりはありません。そんなとき、私たちができることは何でしょうか?(2018/4/27)

1人負けした理由:
スシローの進化についていけなかったかっぱ寿司
かつて業界をリードする立場だったかっぱ寿司が、競合他社に次々と追い抜かれている。逆転を許してしまった背景にはいったい何があるのだろうか。(2018/4/26)

イノベーションは日本を救うのか(24):
新規事業開拓のヒント? ベンチャーキャピタルが握る“水面下の情報”を活用するには
ベンチャー企業に投資を行うベンチャーキャピタルには、まだ世に知られていない、先端技術の“水面下の情報”が集まってくる。こうした情報は、一般的な事業法人にとっても貴重な新規事業の種となるわけだが、企業がこうした情報にアクセスするには、どうすればよいのだろうか。また、アクセスした情報を、どう活用すれば、新規事業の開拓につなげることができるのだろうか。(2018/4/26)

これからの経理のあり方:
経理がAIに乗っ取られる、は本当か?
AIの台頭によって失う仕事として、よく「経理」が挙げられる。しかし、長年経理の業務に携わってきた筆者は「そんなことはない」と言う。そのわけとは……?(2018/4/25)

経営体質に差:
「指混入」だけじゃない 幸楽苑が日高屋に負けた理由
ラーメンへの異物混入事件でブランドイメージを大きく損なった幸楽苑。この事件が現在に至るまでの不振の原因として指摘される。しかし、本質的な敗因は別のところにもあった。(2018/4/25)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「もしかして、ブラック上司?」 ホワイト上司とブラック上司は紙一重
良かれと思っていろいろやっているが周囲からはブラック上司だといわれていないか?(2018/4/19)

IoTとAIは不人気技術?
2018年IT導入優先度調査:ネットワーク、自動化、クラウドが上位に
「IT Priorities 2018 Survey」(2018年のIT優先度調査)では、2018年にITプロが最優先事項に掲げるのはネットワーク、クラウド、自動化であることが分かった。(2018/3/13)

ITはみ出しコラム:
Amazon Echoが“突然笑い出す”怪現象とは何だったのか
スマートスピーカー「Amazon Echo」が突然笑い出すというちょっとホラーな現象が米国で話題になりました。この問題に対し、米Amazon.comはコメントを出しましたが……。(2018/3/11)

PR:頑張る力は「言葉」から生まれる 前代未聞の眼鏡を作り上げたジンズ・井上氏の熱意の理由【前編】
アイウェアブランド「JINS」を展開するジンズは2015年、それまでになかったコンセプトの眼鏡を発売し、世間を驚かせた。体の状態を知ることができるセンシングアイウェア「JINS MEME(ジンズ ・ミーム)」だ。困難を伴うプロジェクトを育ててきた井上一鷹氏を突き動かしている信念とは何だろうか。その思いに迫った。(2018/3/5)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
未来を予測し、仕事のムダを減らす「スケジュール術」
GPDCAを高速で回すための5つのテクニックを学びさまざまな仕事を大量に手掛ける。(2018/2/22)

「既にカッコかわいいイケメンやん」 菅田将暉、幼さ残る中学1年生の姿が将来有望すぎる
これは推せる。(2018/2/1)

コンサルは見た! AIシステム発注に仕組まれたイカサマ(5):
契約するとは言いましたが、確約まではしてません――約束の耐えられない軽さ
プロトタイプは作ってもらいましたが、発注は別の会社にします。あ、試作品のコピーは頂きましたからね――契約をにおわせて契約前作業を強要したクライアント。開発会社は泣き寝入りするしかないのか???(2018/1/22)

入手しやすくなっている傾向に:
サービスロボット市場が躍進、新興企業も増加
サービスロボット市場が急速に成長している。家庭用ロボット掃除機の普及をはじめ、物流や医療、農業など幅広い分野で売り上げが伸びている。それに伴い、サービスロボットを開発する新興企業も増加している。(2017/12/20)

あなたの職種は何位?:
サラリーマンの平均年収 17年に一番高かった業種は?
2017年のサラリーマンの平均年収は?――パーソルキャリア調べ。(2017/12/5)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
エグゼクティブリーダーのための禅的仕事術
一流の経営者や超優良グローバル企業がなぜ禅にたどり着くのだろうか?(2017/11/30)

「いらない部下、かわいい部下」:
上司を“ヨイショ”する部下が出世できなくなった理由
かつては、上司に頻繁に飲み会やゴルフをともにする「腰巾着」「太鼓持ち」スタイルの部下が可愛がられやすく、出世も早かった。しかし、現代は上司から気に入られる部下の人物像が変化しているという。その理由を解説したのが「いらない部下、かわいい部下」(日本経済新聞出版社)だ。(2017/11/27)

JASA発IoT通信(5):
IoTサービスを実現するためのスキルとは?
今回は、ドローンを用いたゴルフ場でのキャディビジネスを例に挙げながら、IoTを実現するために必要なスキルは、どのようなものかを考えていく。(2017/10/26)

託された経営改革:
ポップコーン会社の再建を 野球界から転身した男の奮闘
東北楽天ゴールデンイーグルスのチーム戦略担当、そして球団経営を担う一員としてどっぷりと野球界に身を置いていた男が異業種に飛び込んだ。現在、ポップコーン会社の経営再建に奮起する彼を追った。(2017/10/25)

乗り遅れるな:
過熱するデジタル人材の獲得競争
世界規模でデジタル人材の獲得が過熱している。本記事では経営コンサルタントとしての視点から、今後どのような視点で企業の採用・育成が行われるべきかについて論じていく。(2017/9/26)

アナリストの見解:
半導体業界の大型M&A、ほぼ終息へ
過去数年にわたり大型買収が続いた半導体業界だが、こうした活発なM&Aは、ほぼ終息しつつあるという。(2017/9/19)

企業経営の柱、財務戦略を読み解く:
成長の条件に「CFO」が必要になった理由
CEOを財務面で支えるCFO――。企業において、どのような存在であり、なぜ重要視されるようになったのか。CFOの役割を読み解く。(2017/9/19)

VRニュース:
AR/VRを活用し、顧客価値を体感/共有/検証できる支援において業務提携
ローランド・ベルガーとエクシヴィは、AR/VRを活用したものづくり支援における業務提携に合意した。新たな製品や事業を開発する際に、イメージや顧客価値を体感/共有/検証できる支援サービスを共同で行う。(2017/7/25)

イノベーションは日本を救うのか 〜シリコンバレー最前線に見るヒント〜(16):
主流になり得た技術、わずかな開発の遅れが命取りに
分野によっては、技術が確立されるには、長い年月が必要になる。その一方で、わずかな開発の遅れが命取りとなり、ビジネスのチャンスを逃してしまうケースがあるのもまた、事実なのである。(2017/7/21)

水曜インタビュー劇場(運動公演):
大手は成功していないのに、なぜ「カーブス」は大きくなったのか
女性専用のフィットネスクラブ「Curves(カーブス)」が、拡大している。2017年6月末現在で、店舗数は1801店、会員数は80万人ほど。施設の中は簡素なマシンしかないのに、なぜ多くの人が通っているのか。その秘密について、カーブスジャパンの坂本社長に聞いた。(2017/7/12)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
成長し続ける会社のリーダーが身に付けている「経営改革力」
課題に直面した経営者やリーダーの対応は大きく2つに分かれ、しかも課題が困難であればあるほど、対応の違いは顕著になりがちだ。その違いとは?(2017/6/29)

おふろcafe誕生秘話:
閉店に追い込まれた温浴施設が若者から大人気になった理由
若い女性に人気の温浴施設「おふろcafe utatane」――。実は4年前までは年配の男性客が中心で、しかも赤字続きのスーパー銭湯だったという。おふろcafe utataneを運営する温泉道場の山崎寿樹社長はどのようにして施設を改革したのか。(2017/6/29)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ニュースリリース(NR)が白状する企業の本質――良いNRはその在り方を表す
ニュースリリース作成力強化は、広報力のみならず、経営力強化にもつながる。(2017/6/15)

有識者に聞く:
“デジタル化”を意識しない人は出世できない
企業が生き残る上で、「デジタルトランスフォーメーション」の推進が喫緊の課題となっている。こうした背景から近年は、IT部門を経験することがCEOやCOOへ出世するための重要なポイントになってきているという――。(2017/6/2)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「かわいい部下」の条件が変わった
何とか引き上げてあげたい、組織を離れても付き合いたいと思える部下、そんな現代版の「かわいい部下」とはどのような条件を満たしているのだろうか。(2017/5/18)

世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる:
企業の働き方改革が“うまくいかない”理由
「働き方改革」で企業と働き手に求められることは何か――日本の労働環境が抱える本質的な問題を考察しつつ、その核心を探ります。(2017/5/1)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(28):
「やりたいこと」はなくていい――新入社員に贈る10のエール
「やりたいことをやろう」「スキルを磨こう」「努力しよう」「つらいことも辛抱しよう」――よくある新入社員への助言です。でも、もっと大切なことがあるのでは?(2017/4/19)

ノウハウの継承:
チェックリストをバカにしない
どんなに優秀な人でも必ずミスを犯す。「自分はその分野のプロで何度も同じようなことやってるし、いちいちチェックリストなど作成する必要はない」というのは、真のプロではありません。(2017/3/30)

人件費1億5000万円削減:
「仕事をさせない仕組み」で強い企業をつくる
57時間もあった月の平均残業時間を2年で24時間以下に減らし、1億5000万円もの人件費削減に成功した武蔵野。なぜ短期間で成果を挙げることができたのか。(2017/3/23)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
会計の「非」専門家が書いたビジネス数字の話――なぜ多くのビジネスパーソンが会計を分からないというのか
数字が苦手なコンサルタントが、数字が苦手なビジネスパーソンにしどろもどろになりながらレクチャーし始めて気付いたことがある。(2017/3/16)

「JINS MEME」誕生秘話:
JINSが目指す、眼鏡で「認知症ゼロ社会」
「体の内側を知る」をコンセプトにジェイアイエヌが開発した眼鏡型ウェアラブル端末「JINS MEME」――。実はこのJINS MEMEが将来、認知症のない世界を実現するのかもしれないという。(2017/3/3)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。