ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「経営コンサルティング」最新記事一覧

高井尚之が探るヒットの裏側:
ふりかけの定番「ゆかり」の裏話
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回はロングセラー商品、ふりかけ「ゆかり」の人気を読み解く。(2016/5/10)

ホラッチョばりの経歴詐称 京大卒、博士号取得……名門企業を手玉にとった男の正体
国内屈指の大企業を、子会社の派遣社員が手玉に取り、架空発注で約1億5000万円をだまし取るという仰天の事件が発覚した。(2016/4/28)

被害総額は約4億7000万円?:
ホラッチョばりの経歴詐称 屈指の名門企業を手玉にとった男の正体
国内屈指の大企業を、子会社の派遣社員が手玉に取り、架空発注で約1億5000万円をだまし取るという仰天の事件が発覚した。偽りの経歴と巧みな話術を駆使し、不正を繰り返していたという。(2016/4/28)

高井尚之が探るヒットの裏側:
身につけて疲労回復 新たな市場を開拓する「リカバリーウェア」とは?
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回は身につけて疲労を回復する「リカバリーウェア」の人気を読み解く。(2016/4/27)

ITmedia エグゼクティブ オープンセミナー:
なぜ一流の人は、シンプル思考なのか?
ITmedia エグゼクティブ会員以外の方も参加できる、さまざまな分野のプロフェッショナルを招いて開催するセミナーです。少人数なので講師と直接ディスカッションができます。(2016/4/4)

年間生産180万本 それでも「吉田カバン」が職人の手作業にこだわる理由
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回は、職人が手作りで年間180万本を生産する「吉田カバン」について読み解く。(2016/4/1)

単純移行からS/4 HANA化まで“コストと開発期間”の適正化
SAPユーザーが注目するクラウド移行、成功の鍵は「影響分析」と「テスト」
クラウドの信頼性向上で注目される“SAP ERP on クラウド”。特に既存Windows環境と親和性が高い「Microsoft Azure」は移行先の有力候補だ。だが、一般的にSAP ERPの移行やアップグレードは高リスク。プロはこの課題をどう解決しているのか。(2016/3/30)

法制度・規制:
電力全面自由化が再生可能エネルギーに与える影響は何か
2016年4月1日からの電力小売全面自由化を控え、発電事業者や小売事業者はどういう変化を意識し、準備を進めていかなければならないのか。新たに電力小売に参入したLooopは「電力自由化時代における再生可能エネルギーの位置付けと展望」と題したプレスセミナーを開催。電力小売全面自由化を受け、事業者の状況や生活者の意識がどう変わるのかを有識者のパネルディスカッションによって紹介した。(2016/3/24)

スピン経済の歩き方:
ショーンKは本当に“いい人”なのか 嘘で成功した人たちの「共通点」
経歴詐称で世間を騒がしたショーンKを擁護する声があがっている。「いい人だ」「的確なコメントをしていた」といった意見が目立っているが、嘘で成功した人たちにはある“共通点”があるのでは。筆者の窪田氏によると……。(2016/3/22)

勝ち抜くための組織づくりと製品アーキテクチャ(14):
鳥取の事例にみる、地方製造業“再生”の可能性
本連載の最終回となる今回は、筆者が鳥取県で行ってきた、雇用創造プロジェクトの支援活動を通じて見えてきたことを紹介したい。素直に考えれば、雇用を創出するには、事業創出/事業拡大が必須になる。だが少ない人口、少ない資金に悩む地方圏の企業には、立ちはだかる壁が幾つもあるのだ。(2016/3/22)

厚切りジェイソン「日本は学歴よりも実力で判断すべき」 ショーンK“学歴詐称”報道受けて
「学歴がなくてもしゃべる内容はしっかりしていたら、どこを基準に見ればいいのか」との疑問を受け、持論を述べました。(2016/3/20)

高井尚之が探るヒットの裏側:
高くても売れる平田牧場の豚肉はこうして生まれた
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回は「平牧三元豚」などのブランド豚で有名な平田牧場について読み解く。(2016/3/18)

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:
第40回 「人月単価」で雇われるITコンサルタント
以前にプリセールスとコンサルタントの違いについて考えてみましたが、今回は“お金”の点からこの違いについてご紹介してみたいと思います。(2016/3/18)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「幸せと成功」を同時に手にするPDCA思考で、仕事もプライベートも思い通りに!
「部下が思いどおり動いてくれない」といった仕事上の壁も、「思ったようにお金が 貯まらない」といったプライベートでの悩みも、PDCAで解決してみよう。PDCAは「人生にも使える」。(2016/3/17)

ショーンKさん、学歴詐称疑惑受け「プロフィールに間違い」と謝罪 活動自粛の意向
学歴詐称疑惑を指摘する記事を受け、公式Webサイトのプロフィールに「長い期間、誤りが放置された」として謝罪した。(2016/3/15)

R25スマホ情報局:
有識者が予想!IT×スポーツ観戦の未来
スポーツの試合の中継が地上波からインターネットへと移行する中で、視聴形態もスマホでの観戦にシフトしつつあります。そこで、これからの時代のスポーツ観戦について専門家に解説してもらいました。(2016/3/8)

高井尚之が探るヒットの裏側:
“昔ながらの喫茶店”でも国内3強に成長できた理由とは?
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。前回に続き、急成長中のコメダ珈琲店について読み解く。(2016/2/29)

新連載・高井尚之が探るヒットの裏側:
なぜいま“昭和型”の喫茶店「コメダ珈琲店」が人気なのか
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回は急成長中のコメダ珈琲店について読み解く。(2016/2/26)

ボスコンが初のスマホゲームをリリース! タイトルは「戦略にこそ『戦略』が必要だ」
戦略コンサルティングファームがアプリを出す時代。(2016/2/18)

水曜インタビュー劇場(消える仕事公演):
人工知能と外国人に、私たちの仕事は奪われてしまうのか
人工知能によって、自分の仕事が奪われるかもしれない――。そんな不安を感じたことがある人も多いと思うが、実際のところどうなのか。このテーマを調査した、野村総合研究所の担当者に話を聞いた。(2016/2/10)

社員は時間の40〜80%を無駄な業務に「浪費」
生産性が向上せず効率化もしない、企業の間違ったIT導入の実態
企業はITを導入し、業務のデジタル化を進めてきた。しかし、40年前は5%だった経済成長率は1%に低下している。これは、IT化、デジタル化を間違ったやり方で行ったからだ。(2016/1/8)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
年収の伸びしろを広げたいなら「オンとオフ」を180度変えよう
ストレス発散のためのオフを止めて、ストレスと対峙できる自分づくりのためにオフをどう過ごすかを考える。オンとオフの関係は足してプラマイゼロという発想を捨てるところから始めてみよう。(2015/12/10)

ITエンジニア職業図鑑(2):
IT戦略を策定支援する経営者の「懐刀」――ITコンサルタント
プログラマー、SE(システムエンジニア)、プロジェクトマネジャー――IT業界のさまざまな職業を紹介する本連載、第2回は「ITコンサルタント」を紹介する。ITコンサルタントになるには、どのようなスキルが必要なのだろうか?(2015/11/19)

光を当てて識別:
偽造ICを判別できる“魔法の粉”、その正体は?
米国の新興企業が、偽造薬品や偽造チップを判別する新しい技術の開発に取り組んでいる。同技術の要となっているのが、直径数ミクロンという非常に小さな粒子だ。(2015/11/10)

あらゆる電子機器のプリント基板保護膜で躍進、太陽HD社長の「理・響・躍」
「アイディール・リーダー」という新しい考え方を提唱する永井恒男氏が、電子機器のプリント基板の保護膜で成長している太陽ホールディングスの佐藤英志社長に話を聞いた。「非常識」に見えて極めて合理的な経営判断とは……。(2015/11/2)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
男の年収は「見た目」で決まる――コンディションを高める2ステップ
上昇意欲が高くプライベートを犠牲にしてプレゼン術を磨いたり、資格を取得するなど日々努力を怠らない。でも「見た目」の影響力を見逃していないだろうか。(2015/10/15)

ワタミ復活のために求められる「理念経営」との訣別
外食チェーン大手のワタミは、2015年4〜6月期の連結決算を発表しました。発表された連結決算を見ると赤字幅が拡大し、大変厳しい結果となっています。このような状況のもとで、ワタミの復活は本当に可能なのでしょうか?(2015/9/14)

ブランディングの後進国であることを示した「東京五輪エンブレム問題」
東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会は、佐野研二郎氏がデザインした五輪の公式エンブレムの使用を中止し、新たなデザインを再公募すると発表しました。しかしそれだけで、今回の「東京五輪エンブレム問題」は解決したといえるのでしょうか?(2015/9/7)

反面教師とならないための「上司」のマナー:
「自分の習慣」が非常識なことも……シーン別にマナーをチェック
人は誰でも「自分の習慣」を常識と思い込むことがあります。それは、経験や年齢を重ねるほど、気付きにくいものかもしれません。初心にかえり、ビジネスシーン別に、自分の言動やマナーを振り返ってみましょう。(2015/8/28)

反面教師とならないための「上司」のマナー:
上司の言動から部下は学ぶ――信頼関係を築く「あいさつ」の基本
「私がきちんとあいさつしても、上司はきちんとあいさつしてくれません」―― あなたの会社では、これと同じようなことは起きていませんか?(2015/8/26)

社員は会社の仕組みを「間借り」している
あなたは何をもって会社から給料をもらっているか? このように聞かれて、うまく答えることができる人は少ないのでは。本コラムの著者・泉本行志さんによると……。(2015/8/18)

失敗しない起業準備 専門家の見解は?
(2015/8/8)

忘れられた戦略:
任天堂のDNA「ブルーオーシャン戦略」の行く末
任天堂の戦略は「ブルーオーシャンである」と言われていますが、ブルーオーシャンはすっかり下火に。その背景を明らかにするとともに、日本企業が今後、任天堂と同じ戦略を展開した場合、実効性が上がるものなのかどうか、その可能性を探ります。(2015/8/6)

601の職業を6つのグループに分類:
10年後になくなる可能性が高い職業とは(後編)
10年後になくなる可能性が高い職業とは? 今回は、601の職業を6つのクラスタに分類・分析し、今後、人工知能に代行されないために人間に求められる能力はどういうものかを考えます。(2015/7/23)

カテゴリーは3つ:
「5年後の理想の姿」を実現するのに、障害は何か?
5年後の成功のイメージを描いてください。このように言われても、それだけでうまくいくのは難しいです。ではどうすればいいのでしょうか。(2015/7/17)

新しい考え方(後編):
既存のコーチングとは何が違う? アイディール・リーダーの考え方
「コーチング」といえば、上司が部下に指示を出すといったイメージが強いが、Ideal Leadersはこれまでとは違う新しい考え方を提案している。それは「アイディール・リーダー」。代表取締役ファウンダーの永井恒男氏に話を聞いた。(2015/7/10)

新しい考え方(前編):
先の見通せない時代、リーダーに必要な3つの要素とは
チームや組織を引っ張っていくリーダーの責任は増すばかり。悩めるリーダーに「アイディール・リーダー」という新しい考え方を提示しているのが、Ideal Leaders株式会社だ。代表取締役ファウンダーの永井氏にその取り組みを聞いた。(2015/7/8)

分析するだけの“データサイエンティスト”はもういらない
不足しているといわれるデータサイエンティストを育成しようと、企業や大学が活発に動いている。工学院大学が、2016年度からデータサイエンティスト向けの学科を新設すると発表した。同大学が目指す“次世代の”データサイエンティスト人材とはどのようなものなのだろうか。(2015/6/15)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
あなたに合ったリーダーシップが見つかる! 40のリーダーシップと4つのマネジメントスタイル
優れたマネージャーは部下の成熟度、事業環境、メンバーのスタイルの違いを意識して変わるべき。優秀なプレーヤーから優秀なマネージャーに転換するためには。(2015/6/11)

Weekly Memo:
公の場に初登場した日本IBM新社長が語った「ビジネスの勝負どころ」
今年1月に日本IBMの社長に就任したポール与那嶺氏が先週、顧客企業向けの自社イベントで講演を行った。公の場に初登場した同氏が語った「ビジネスの勝負どころ」とは――。(2015/5/25)

究極の人心掌握? 「やる気が出る」松下幸之助の名言
(2015/5/21)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「社長の覚悟」守るべきは社員の自尊心
モノを生み出すのもヒト。カネを増やすのもヒト。会社を生かすも殺すもヒトと組織次第。(2015/5/14)

実力通りに評価されていない? 自分の印象を悪くする習慣
(2015/3/31)

長編SF小説『FEATHER』を手掛けるブループレス、書店との直接取引を開始
小さな出版社ではあるが、意欲的な取り組みを続けている。(2015/3/27)

FEATHERは「かしこ本」――大桃美代子、SFを語る
発売前に2000冊の無料配布イベントを行うなど、話題を振りまくSF作品『FEATHER』。そのPR大使を務めるタレントの大桃美代子さんに聞いた。(2015/3/23)

総合的なアートとしての新たなSF――『FEATHER』に集うチャレンジャーたち
これから人気となりそうな作品の魅力にいち早く迫るインタビューシリーズ。今回は、1つのプロジェクトの下に集った作家と複数のイラストレーターによって生み出された骨太のサイエンスフィクション『FEATHER 〜世界は、ひとつじゃない。』の著者、七村謙氏に聞いた。(2015/3/6)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
権威を後ろ盾とした思考停止は、一刻も早く改めたほうがいい
経済政策とはいったい誰のために存在するのか考えてみてほしい。すべての人々や企業に平等に恩恵をもたらすユートピア的な経済政策などは存在しないことは分かっているが、このままでいいのだろうか。(2015/2/26)

3分で分かるビジネス戦略:
組織力を測る「良い会社診断」とは――パソナキャリアカンパニーの試み
Business Media 誠では注目を集めている企業のビジネス戦略を知るために、連載「3分で分かるビジネス戦略」をスタートしました。今回は「パソナキャリアカンパニー」の戦略をご紹介します。(2015/2/18)

売れる文章術:
「何を書いたらいいのか分からない」
「何をどういう順番で書いたらいいのか分からない」という人のために、穴埋め文章作成テンプレートを用意しました。これを使えば、相手を引き込み内容をきちんと理解してもらえる文章が書けるようになります。(2015/1/23)

【連載】O2Oマーケティングに挑む:
(後編)現場で培った「勘」と「科学」の掛け算――すかいらーくのマーケティングアプローチ
前編では、すかいらーくが展開するさまざまなチャネルのハブ的な機能を担うアプリを中心に、デジタル技術の進化が貢献する同社のマーケティング戦略の状況を紹介した。後編は、同社のデータ分析に対するユニークなアプローチの仕方から話が始まる。(2014/12/16)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。