ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PhysX」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PhysX」に関する情報が集まったページです。

Pascalで仮想世界が現実に近づく:
GeForce GTX 1080/1070の新機能をNVIDIAが解説
米NVIDIAのNick Stam氏が来日し、Pascal世代の最新GPU「GeForce GTX 1080/1070」に搭載された新機能を解説。(2016/5/19)

全身毛だらけのモフモフマリオ誕生? リアルな物理シミュレーションの世界で再現されたマリオが新感覚
ぬるぬる動くよ。(2015/7/7)

注目CPU詳細レビュー:
“Devil's Canyon”「Core i7-4790K」の“新世代TIM”を検証する
“Devil's Canyon”こと「Core i7-4790K」の性能を多数のベンチマークテストで検証。オーバークロックの可能性も考察する。(2014/6/30)

メック萌え:
“Free to Play”でもリアルなグラフィックスを実現――「HAWKEN」日本上陸
NVIDIAが基本プレイ無料のゲームタイトルに関する同社の取り組みを解説。ロボットバトルゲーム「HAWKEN」のプロデューサーも来日し、新たに実装される予定の破壊表現を使ったデモなどを披露した。(2013/6/19)

イマドキのイタモノ:
“無印”な3DMarkをTITANで走らせる
3Dベンチマークの最新版「3DMark」が登場した。3DMark 06、3DMark Vantage、3DMark 11と進化した“無印”は、従来とはちょっと違う「3DMark」になっている。(2013/2/27)

イマドキのイタモノ:
GeForce GTX 650に“Ti”がつくとなにがどう違うのか?
GeForce GTX 600シリーズミドルレンジで最後に登場した「GeForce GTX 650 Ti」は、100ドル以上の価格差がある“660”と“650”間を“上手に”埋めるのか?(2012/10/12)

イマドキのイタモノ:
「GeForce GTX 660 Ti」は“GTX 580”を本当に超えるのか?
GeForce GTX 660 Tiは、実売3万円前後の激戦区に登場した“Kepler”世代のGPUだ。多くのユーザーが注目するこの価格帯で最も重要な“価格対性能比”を検証する。(2012/8/17)

Unreal Engine 4でも使っています:
「Sparse Voxel Octree」で間接光をうまく使う
NVIDIAは、3Dグラフィックスのリアリティを向上する「Spaese Voxel Octree」の概要を関係者に説明。この技術を採用する「Unreal Engine 4」のデモも紹介した。(2012/8/2)

イマドキのイタモノ:
下位モデル? 買いモデル? ──「GeForce GTX 670」の手ごろな性能を試す
「680」「690」といった高額モデルのあとに登場したお手ごろ価格のGTX 670。GeForce GTX 670のリファレンスカードで、“チョードイイ”性能をチェックする。(2012/5/10)

イマドキのイタモノ:
Keplerデュアルの「GeForce GTX 690」で最上位の性能を堪能する
日本が連休で浮かれるすきを突いて、そんなの関係ないと米国企業から木箱とバールのようなものが届く。ええぃ、連休を吹き飛ばしてくれた“デュアルなKepler”を試すか!(2012/5/3)

イマドキのイタモノ:
GeForce GTX 680の“SLI”性能を検証する
消費電力あたりの性能が大幅に向上した“Kepler”は、当然絶対性能もアップした。今回は“SLI”環境構築のTipsとそのパフォーマンスを試してみた。(2012/5/1)

Ultrabookで3Dゲームをするぞー!ホントだぞー! :
Aspire Timeline Ultra M3に搭載した“モバイルなKepler”で遊ぶ
GeForce GTX 680の発表と時を同じくして、ノートPC向けGPU「GeForce GT 640M」が登場した。Kepler世代のアーキテクチャはモバイルPCをどう変えるのか?(2012/4/6)

イマドキのイタモノ:
さすがカン&クリ! ブッ飛んでるね!──「GeForce GTX 680」で“Keplerの主張”を確かめる
NVIDIAが「Kepler」を採用した「GeForce GTX 680」を発表。「新世代アーキテクチャは、性能2倍で消費電力控えめ」というNVIDIAの主張は本当なのか?(2012/3/22)

COMPUTEX TAIPEI 2011:
NVIDIA、ゲーミングノートPC向けハイエンドGPU「GeForce GTX 560M」発表
NVIDIAはハイエンドゲーミングノートPC向けGPU「GeForce GTX 560M」を発表。2ウェイSLIやOptimusテクノロジーをサポートする。(2011/5/30)

各ベンダーからGeForce GT 520搭載モデル
NVIDIAのバリュークラスGPU「GeForce GT 520」を搭載したグラフィックスカードが、各ベンダーからリリースされた。(2011/4/14)

Fermi世代の“デュアルGPU”「GeForce GTX 590」
NVIDIAは、同社GPUラインアップの最上位モデルとなる、デュアルGPU構成の「GeForce GTX 590」を発表した。(2011/3/25)

2011 International CES:
NVIDIA、ノートPC向け新GPU「GeForce GT 500M」シリーズ
NVIDIAが、Sandy Bridge世代のノートPC向けGPU「GeForce GT 500M」シリーズを発表。CPU統合グラフィックスの2倍から4倍以上のパフォーマンスを実現する。(2011/1/6)

イマドキのイタモノ:
「3DMark 11」で最新GPUの“カクり具合”を確かめる
いつもなら、PCパーツを扱うこのレビュー。今回はイタモノではないけれどイタモノに関係深い「3DMark 11」が主役。最新GPUでどんなスコアをたたき出せる?(2010/12/14)

MSI、GeForce GTX 570搭載の「N570GTX M2D12 D5」
エムエスアイコンピュータージャパンは、GeForce GTX 570を搭載した「N570GTX M2D12 D5」を発表した。(2010/12/8)

これは頭を使います:
ThinkPad T410sでOptimus Technologyを賢く使う
利用するグラフィックス機能を“ユーザーも気がつかないうちに”切り替えるOptimus Technology。ThinkPad T410sで使ったら“別な一面”が見えてきたのだ。(2010/11/25)

イマドキのイタモノ:
FermiにはCUDAコアが512あったんだ──GeForce GTX 580で「本当の力」を知る
NVIDIAのFermiは512基のCUDAコアがあるはずだった。しかし、GeForce GTX 480にあったのは480基。11月になって登場した「580」に意味はあるのかないのか?(2010/11/10)

シーメンスPLMソフトウェアの新製品「Mechatronics Concept Designer」:
工作機械のエレ/メカ/ソフト連携をスムーズに
(2010/11/4)

GPU Technology Conference:
NVIDIAが明らかにした「Fermi」の次
NVIDIAの技術イベントで、Fermiに続く次世代GPUアーキテクチャの存在が明らかになった。GTCで分かった“開発コード名”が示唆する「NVIDIAが進む道」とは?(2010/9/22)

イマドキのイタモノ:
ついに“Fermi”も1万円台!──MSI「N450GTS CYCLONE 1GD5/OC」でGeForce GTS 450の費用対効果を知る
NVIDIAのFermi世代のGPUがようやく1万円台で手に入る。ユーザー数が最も多いというこの価格帯でFermiを使うメリットはなにか?(2010/9/13)

古田雄介のアキバPickUp!:
安売りの向こう側へ――適正価格を望む「売る側」の戦い
日立GSTがリテールパッケージのHDDを投入し、アスクは一部のXFX製カードの返品キャンペーンを開始している。この2つの動きにはちょっとした共通点があるとかないとか……。(2010/7/26)

日々是遊戯:
ニュルフワドッパーン! な次世代物理エンジン「Lagoa Multiphysics」の映像が話題に
Lagoa Technologiesが開発する新物理エンジンのティザー動画が公開され、大きな話題を呼んでいます。(2010/7/22)

Palitとドスパラが本気です:
“NVIDIAの分かる人”が解説する「GeForce GTX 460」のここがすごい
PCパーツベンダーのPalitとその製品を日本で唯一正式出荷しているドスパラが、NVIDIAも巻き込んで「GeForce GTX 460」イベントを開催。店頭OCライブも披露した。(2010/7/15)

イマドキのイタモノ:
みんなの“Fermi”がやってきた──2万円台の「GeForce GTX 460」は“9800 GT”の再来か?
新世代GPUアーキテクチャ“Fermi”を採用した2010年のGeForce。これまでハイエンドに限定だったが、ようやく「みんなが買える」モデルが登場した。その性能は?(2010/7/12)

“歴代最高キーボードとCore i5の最強コンボ”な「ThinkPad T410s」を楽しむ
軽くてパワフルなThinkPadラインアップが最新プラットフォームを搭載した。その使いやすさとパフォーマンスを堪能する。(2010/4/2)

NVIDIA、“Fermi”世代の「GeForce GTX 400」シリーズを発表
NVIDIAは、“Fermi”アーキテクチャを採用したGeForceシリーズの新モデル「GeForce GTX 400シリーズ」を発表した。製品の出荷は4月中旬の予定だ。(2010/3/27)

イマドキのイタモノ:
GeForce GTX 480で時代が変わるか!
新世代アーキテクチャ“Fermi”を採用したGeForceが登場。ベールに隠されてきた“GF100”の実力をDirectX 11対応ゲームベンチマークテストで明らかにする。(2010/3/27)

Arrandale+GT335Mの実力:
10万円以下でゲームも余裕! お買い得ノートPC「m-Book MB-T910B」を試す
外部GPUにGeForce GT335Mを搭載するマウスコンピューターのパフォーマンスノートPC「m-Book MB-T910B」は、デスクトップPC代わりに使える性能と10万円を切る高いコストパフォーマンスが魅力だ。(2010/2/25)

5分で分かった気になる、1月のアキバ事情:
GPUの居場所が増えて自作が少し複雑になった1月
2010年のアキバは、GPUを統合した新型CPU「Clarkdale」と、その対応チップセット「Q57/H57/H55」搭載マザーの登場で幕を開けた。(2010/2/3)

古田雄介のアキバPickUp!:
「2010年、初“人柱”?」――存在感ありまくりの“異種GPU混在モデル”
GeForce GTS 250とGTX 275を搭載する特殊なグラフィックスカードが登場。約1週間前に出回り始めた「Big Bang-Fuzion」とともに、複数のショップで異様な存在感を放っていた。(2010/1/25)

「VAIO F」2010年春モデル3台で検証:
モバイル向け新Core iシリーズのCPU性能をじっくり調べてみた
2010年PC春モデルではモバイル向け新Core iシリーズの積極採用が目立つが、従来のCPUとは何が違うのか? 多岐に渡るラインアップを整理し、その実力をチェックする。(2010/1/20)

“Fermi”を採用したGF100の機能をデモ画面でチェックする
2010 International CESでGF100のライブデモが初めて公開されたが、そのCESから1週間後に、NVIDIAはその機能と構成を公開した。(2010/1/19)

「CUDAもDirectComputeも競合しない」──SIGGRAPH Asia 2009 NIVIDAプレスカンファレンス
日本で開催された「SIGGRAPH Asia 2009」にNVIDIA米国本社の主要スタッフが大挙してやってきた。プレスセッションで紹介された“CUDAの課題”とは。(2009/12/18)

イマドキのイタモノ:
GeForce GT 240の“存在意義”を考える
過当競争気味の1万円前後級グラフィックスカードに投入されたNVIDIAの新鋭モデルが「GeForce GT 240」だ。ちょっと地味なこのGPUを“多角的”に検証する。(2009/12/11)

NVIDIA、40ナノプロセス採用の1万円級GPU「GeForce GT 240」を発表
NVIDIAは、同社初の40ナノメートルプロセスルール採用GPU「GeForce GT 240」を発表した。搭載グラフィックスカードの実売価格は1万円前後の予定だ。(2009/11/18)

イマドキのイタモノ:
TDP125ワットのPhenom II X4 965 Black Editionで何がどう変わった?
Phenom II最上位モデル“965”が登場。「あれっ、もう売っているよ」と思いきや、TDPが125ワットになったという。そのシステム消費電力と性能をチェックした。(2009/11/4)

イマドキのイタモノ:
Nehalemの機能をメインストリームで──Core i7-870とCore i5-750の“突発”性能を楽しむ
“Lynnfield”こと、Core i7-870と同860、Core i5-750が9月8日にインテルから発表された。上げ幅を増やしたIntel Turbo Boostのかっとび度はいかに?(2009/9/8)

古田雄介のアキバPickUp!:
「もうすぐ日本にも3D映像の時代が来そう」――GALAXY×NVIDIAのユーザーイベント
GALAXYとNVIDIAのユーザーイベント「アキバGame Show」が開かれ、GALAXY製の新しいグラフィックスカードや3D Visionを使った立体視システムが注目を集めた。(2009/8/24)

GALAXYとNVIDIAが、アキバでゲームイベントを開催
グラフィックスカードベンダーのGALAXYはNVIDIAと共同でゲームイベントを8月22日に開催する。イベントでは「ギャラクシーガール」とのジャンケン大会も楽しめる。(2009/8/17)

イマドキのイタモノ:
「Phenom II X4 965 Black Edition」でNehalemに挑む
日本の風習なんか関係ないぜ、とお盆に合わせてAMDがPhenom II X4の最高クロックモデルを発表。こちらも「お盆なんか関係ないぜ」とベンチマークにいそしんだ。(2009/8/13)

NVIDIA、ノートPC向け「GeForce 200Mシリーズ」発表
NVIDIAは、6月15日にノートPC向けGPUのラインアップを一新し、多数の新モデルを発表した。(2009/6/16)

イマドキのイタモノ:
3-way SLI対応の「Eclipse Plus」で、“くりくりっ”とクロックを変更する
Intel X58 ExpressはNVIDIA SLIにも対応する。ただし、“3-way”となるとちょっと小技が必要だ。その小技に対応したマザーボードの実力を試してみた。(2009/5/26)

イマドキのイタモノ:
AM3を選ぶ「理由」がそろった──Phenom II X4 955のパフォーマンスをチェックする
高クロックモデルが不在だった“AM3”に3.2GHzの「Phenom II X4 955 Black Edition」が登場した。AM2+版Phenom IIの最高クロックを超える本命Phenom II X4の性能を検証する。(2009/4/23)

イマドキのイタモノ:
まさに“がっぷり四つ”!──Radeon HD 4890とGeForce GTX 275
AMDがRadeon HD 4890を発表した日に、NVIDIAは「GeForce GTX 275」を発表した。実売3万円前後という同じ価格帯でGPU市場を制するのはどちらだ。(2009/4/10)

NVIDIA、3万円台のハイエンドGPU「GeForce GTX 275」発表
NVIDIAは、4月2日に「GeForce GTX 275」を発表した。各ベンダーからこのGPUを搭載したグラフィックスカードが同日リリースされており、実売価格は3万円半ばとなっている。(2009/4/2)

イマドキのイタモノ:
GPUの2009シーズンは本日開幕──Radeon HD 4890でベンチを走らせる
RadeonのシングルGPUで最上位となる「Radeon HD 4890」が登場した。“番号”は20アップ、スコアはどれだけアップする?(2009/4/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。