ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「成果主義」最新記事一覧

シャープ社長室200人「幹部はTV会議で即応厳命!」 戴社長就任1カ月……液晶に焦りも?
経営再建中のシャープが、戴正呉社長の就任から1カ月。液晶パネル事業の立て直しで焦りをにじませる場面もあった。(2016/9/14)

戴社長就任1カ月:
シャープ、200人規模の社長室を新設
台湾・鴻海精密工業傘下で経営再建中のシャープが、戴正呉社長の就任から1カ月を迎えた。再建の具体策は未定。組織改編を推し進める戴社長だが、液晶パネル事業の立て直しで焦りをにじませる場面も。(2016/9/14)

「売れる商品」の原動力:
ブランド成長の源は「独自性」を磨くこと
第一のビジョンに数字を掲げるべきではありません。皆が情熱を傾けられるブランドに育つには、“何のため”“誰のため”かが明確にされていることが重要です。(2016/8/18)

部内アイドル度調査はNo.1だった:
業界記者がつづる「故・秋草直之氏の思い出」
IT産業の未来を的確に予測し、IoTも17年前に先取り。「変化することで起こるリスクよりも、変化しないことで起こるリスクの方が大きい。もし迷うならば、変化を選べ」と、富士通にイノベーション体質を植え付けてきた元富士通社長・会長の秋草直之氏が6月18日に逝去した。(2016/8/10)

新連載・常見陽平の「若き老害」論:
いま職場で“若き老害”が増えている
「老害」の概念が変化してきている。いわば「老害」の「若年化」ともいえる問題だ。この連載では、常見陽平が職場にはびこる「若き老害」という現象を全6回シリーズで読み解く。(2016/8/9)

上場企業の時給ランキング、トップはどこ?
就職・転職のための企業リサーチサイトを運営するヴォーカーズは6月28日、「上場企業の時給ランキング2016」を発表した。それによると、トップは……。(2016/6/28)

「全力疾走」という病:
家電メーカー「アクア」の伊藤社長が業界の常識を破り続けてきたわけ
「スター・ウォーズ」に登場するロボット「R2-D2」の移動式冷蔵庫、中身がまる見えのスケルトン洗濯機……。家電メーカー・アクアに伊藤嘉明社長が就任して以来、次々と画期的な商品が誕生している。その常識破りとも言える取り組みには伊藤氏自身の人生が色濃く反映されているという。(2016/2/2)

経済評論家・山崎元の「エンジニアの生きる道」(21):
選手でいるべきか、コーチになるべきか――ミドルエンジニアのキャリア選択
「一生、現場で活躍したい」と思っているのに後輩の指導役を打診された。この話、受けるべきか、否か――エンジニアがエンジニアとして生き残るためには、ビジネス的な観点が必要だ。ビジネスのプロである経済評論家の山崎元さんがエンジニアに必要な考え方をアドバイスする本連載。今回は「中堅エンジニアはコーチになるべきか否か」について考える。(2016/1/5)

メンタルヘルスサポート先進企業に学ぶ:
従業員を“うつ”から守る 富士フイルムのメンタル疾患予防法とは?
福利厚生といった観点だけでなく、経営の観点からも「メンタルヘルス対策」が重要視されるようになった。今回は、3年前からデータを活用したメンタル疾患の予防を行い、堅実に成果を上げている富士フイルムの取り組みを紹介する。(2015/12/16)

気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:
「モノ」より「コト」の時代――元気な社員がお客さまを感動させる
横河電機の社内ベンチャー制度から生まれたキューアンドエーは、お客さまの事前期待を超えて感動を分かち合うことを目指している。(2015/11/18)

新たな人事戦略:
NTTコムウェアが導入した「タレントマネジメント」という“武器”
日本企業のグローバル化が加速する中で、新たな課題が浮き彫りになってきた。従来型の人材管理では対応することが難しく、各社は対応に追われている。このような状況の中で、NTTコムウェアは新たなシステムを導入した。それは……。(2015/11/16)

Blendyの動画、なぜ炎上したのか理解できない人々
牛という「家畜」を擬人化したら、そのまま「成果主義の社会」を描いただけになってしまったブレンディのWeb限定ムービー。自分たちは「家畜」なのだという現実を思い知らされて怒る人々と、その怒りを理解できない人々がいる。(2015/10/8)

経済評論家・山崎元の「エンジニアの生きる道」(16):
エンジニアの職場に必要なのは「課長」か「リーダー」か
エンジニアがエンジニアとして生き残るためには、ビジネス的な観点が必要だ。ビジネスのプロである経済評論家の山崎元さんがエンジニアに必要な考え方をアドバイスする本連載。今回は組織のフラット化の弊害とそれを解決するためにある企業がとった手段を基に、「役職とは何か」を考える。(2015/8/11)

デル株式会社提供ebook
「早く帰れていいね、と言われた」「成果主義も悩ましい」――働くパパ・ママが感じる“いま会社に必要なこと”
育児中の社員が活躍できる場が求められる中、企業はどうすれば彼らにとって働きやすい環境を提供できるのか。所属企業も境遇もそれぞれ異なる「働くパパ・ママ社員」たちの座談会から、これからの日本企業に必要な視点を考えてみたい。(2015/7/29)

「NXPとの合併準備は順調」とCEO:
合併迫るFreescale、過去最高益で有終の美
NXP Semiconductorsとの合併準備が順調なFreescale Semiconductor。2015年第2四半期の決算では、売上高、利益ともに過去最高を記録したという。Freescale CEOのGregg Lowe氏は、業績を報告するとともに、NXPとの合併の進捗(しんちょく)についても語った。(2015/7/28)

PR:「早く帰れていいね、と言われた」「成果主義も悩ましい」――働くパパ・ママが感じる“いま会社に必要なこと”
育児中の社員が活躍できる場が求められる中、企業はどうすれば彼らにとって働きやすい環境を提供できるのか。所属企業も境遇もそれぞれ異なる「働くパパ・ママ社員」たちの座談会から、これからの日本企業に必要な視点を考えてみたい。(2015/7/22)

「IT×人事」の新潮流:
NTTコムウェアが“タレントマネジメント”を導入した理由
社員一人一人の資質に焦点を当て、埋もれた人材を発掘する――。今、社内の人材を有効活用する人事戦略「タレントマネジメント」が注目を集めている。NTTコムウェアでは、クラウドを使って社員のスキルを可視化する新人事システムを構築しようとしている。その理由とは?(2015/4/27)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
モンゴル出身の3横綱は裕福な家庭で育ったのに、なぜ強いのか
大相撲初場所で横綱・白鵬が33回目の優勝を果たし、大鵬を抜いて歴代最多記録をマークした。モンゴル人力士が強い理由として「日本人にはないハングリー精神があるからだ」といった声があるが、本当にそうなのか。(2015/1/27)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
「管理職募集、未経験者歓迎」求人って? 変貌する企業の組織体系
「管理職にふさわしい年齢のメンバーが足りなくて困っています。未経験でいいので管理職候補を紹介してくれませんか」――人事担当からこんな相談が出てくるほど、ビジネスの現場は人手不足、そして管理職も足りないといいます。そうなった原因、そして今企業が取り組み始めた対策とは……?(2015/1/26)

「今、この場から富士山を動かしてみなさい」――あなたならどう答える?
禅の考えを通して現代をどう生きるのかという問いに答える、八洲学園大学の教授、そして僧侶でもある岩井貴生さんにインタビュー。(2014/11/20)

新人・若手担当者のための総務の仕事術:
総務は何を勉強すればいいのか
時代とともに総務の仕事は変化していますが、一方で変わらない原理原則もあります。本連載では、総務担当者に必須の知識や仕事の進め方を12回にわたり紹介します。(2014/11/7)

ビジネスニュース 企業動向:
ルネサス、1800人の追加リストラ策を発表――対象は1万4000人以上
ルネサス エレクトロニクスは2014年10月29日、国内子会社を含む35歳以上の従業員ら1万4000人以上を対象にした早期退職優遇制度を実施すると発表した。退職日は2015年1月31日で、募集人員は1800人程度としている。(2014/10/29)

顧客に尽くし続けて9年:
デルが宮崎で取り組むカスタマーサポートの現場を見た
2005年から国内法人ユーザー向けのテクニカルサポート業務を宮崎カスタマーセンターで行うデル。あくまでも顧客中心であり、出来る限り彼らの満足度を高めていくことが務めだと社員の誰もが口にする。その現場を取材した。(2014/9/16)

“同期”ネットワークが日本企業を救う? 日本の“同期”文化に迫る
日本型雇用が崩れつつあり、横のつながりが薄くなっている今、日本独自の“同期”文化はどう活かされるのか。書籍『同期の人脈研究』から紹介します。(2014/9/11)

テレワークの今:
離職率25%超で困った! サイボウズを変えたワークスタイル変革
バリバリ働きたい人には裁量労働制、家庭を大事にしたい人には短縮勤務制、育児や介護をしながら働く人にはテレワークを。従業員はライフステージに合わせた働き方を選べるべきだ。(2014/8/12)

そのひとことを言う前に:
「あー、この上司めんどくせ」と思っているアナタへ
異動や転職で新しい環境に移り、この人とは合わない、この上司とはうまくやっていける自信がない――と悩む人も多いのでは。今回は相手の性格や考え方を把握し、コミュニケーションをスムーズに行うメソッドを紹介します。(2014/7/17)

無印良品が“終身雇用”にこだわる理由
業界内で群を抜いて低い離職率を誇る無印良品。そんな無印良品の人材育成の具体的な方法を明かした書籍『無印良品の、人の育て方』を紹介します。(2014/7/15)

30代からの「次の働き方」:
2030年、あなたはビジネスパーソンとして生き残れますか?
将来に漠然とした不安を抱き、「このままでは仕事人として生き残れない」と考えるビジネスマンが約7割。これから16年後の2030年、私たちの働き方はどうなっているのでしょうか?(2014/7/8)

「将来は社長になりたい」という新入社員は9%、過去最低
この春就職した新入社員は、将来どんな役職・地位に就きたいと思っているのだろうか。産業能率大学が調べたところ「社長」と答えたのは9.0%。調査開始以来、初めて1割を下回った。(2014/6/25)

やる気がわいてくるたった1つの方法:
つまらなそうな仕事を楽しむコツ
なんの苦労もなく仕事をしている人のほうが楽しそうに見えますが、そうでしょうか? イチロー選手は苦労した方が楽しいと語っています。その理由とは……?(2014/6/24)

上阪徹が探る、リクルートのリアル:
上司は隣の部署の社員も評価しなければいけない――なぜそんなことを?
成果主義、実力主義を導入している企業は増えてきたが、売上高が1挑円を超えるリクルートではどのような人事制度を導入しているのだろうか。経営企画室長の今村健一氏に話を聞いた。(2014/6/6)

企業家に聞く【安渕聖司氏】前編:
部下を育てられない上司は評価されない――「全員リーダー」を実現するGEの人材育成法
世界最大のコングロマリット、ゼネラル・エレクトリック。変化の激しい時代でも成長を続けるコツは、人材育成にあるという。一般的な外資系企業のイメージとは異なる、GE流の人材育成、それを実現する文化と仕組みに迫る。(2014/5/19)

過去最高、新入社員の50.7%が「定年まで働きたい」
就職した会社で「定年まで働きたい」と思っている新入社員はどのくらいいるのだろうか。この春就職した人に聞いたところ「定年まで働きたい」と答えたのは50.7%。調査を開始した1990年以降、半数を超えたのは初めて。日本能率協会調べ。(2014/4/18)

上阪徹が探る、リクルートのリアル:
仕事ができる人の共通点は? リクルートで働いて学んだこと
幅広い領域で次々とビジネスを拡大しているリクルート。今や売り上げは1兆円以上に。今のリクルートって、いったいどうなっているのか。第一線で活躍する“エース”たちから、今のリクルートのリアルを探る。(2014/4/4)

甚さんの「コミュニケプレゼン」大特訓(3):
設計業務も技術コミュニケーションも「6W2H」が基本中の基本
小学校の作文の授業で習った覚えがある「5W1H」。これを満たせばすっきりと正確に説明できること請け合い。でも、設計業務においては、それだけでは足りなくて……。(2013/12/20)

“独立プロフェッショナル”の仕事術:
第5回 給与に納得がいかない――自分の値段はどう決まる?
給与はいわば、会社の中で決められた資源=人件費の陣取り合戦の結果。その評価軸は企業によって異なるため、“どうも納得がいかない”と思う人もいるでしょう。そんなときの対処法について考えてみましょう。(2013/10/28)

視点:
人口高齢化の企業経営への示唆
人口の高齢化を「脅威」ではなく「機会」と捉え、いかに競合他社に対して先んずるか。これが今後企業に求められていく。(2013/9/30)

“変われない組織”は若者から見放される
今後、ニッポンの営業組織は若者の募集に苦労するだろう。その最大要因は、企業自身が“人材使い捨て”体質化したことにある。(2013/5/21)

それゆけ! カナモリさん:
「オフィスグリコ」と「ぐりこ・や」に学ぶ縮小市場での生き残り方
2002年の東京進出以来、多くの企業でお馴染みの「オフィスグリコ」。サービスエリア、ターミナル駅を中心に人気となっている土産店「ぐりこ・や」。一見別々の展開に見える両者は、あるプロジェクトが結実したものだという。(2013/5/20)

博報堂・吉川昌孝のデータで読み解く日本人:
抵抗を感じるのはどんな上司? 職場の行方を分析した
ビジネスパーソンはどんな上司に抵抗感を覚えているのだろうか。博報堂生活総合研究所が行っている調査データを基に、職場の行方について分析した。(2013/4/9)

「自由に働く」とはどういうこと? 家入一真×イケダハヤト対談
実業家の家入一真さんと、プロブロガーのイケダハヤトさんの対談をテキスト化。(2013/3/18)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
現場のマネジャーに贈る! 行動科学マネジメントの教科書
なぜ部下は育たないのか、を解決する。大企業も小企業も、性別や能力、意志、やる気に関係なく部下育成ができる。どんな部下でも結果を出させるための方法があった。(2013/3/7)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/1/22)

交渉を上手に進めるための三役割の分担
「交渉」と聞くと、荒野のガンマンよろしく1対1で向き合って丁々発止と言葉の対決をするというイメージが浮かぶかもしれませんが、実際のところは「交渉の三役割」を別々の人が分担できるように、チームを組んだ方がうまくいくのです。(2013/1/11)

次代の経営人材をつくる 3つの壁と成功の鍵:
経営人材育成の前にある、3つの壁(前編)
2000年代に入り経営の難易度、複雑度は急激に高まっている。現経営陣で対応していくことは難しく次代の経営者に対する期待は高まっている。(2013/1/7)

タレントマネジメント製品紹介【第11回】
「COMPANY」がタレントマネジメントで目指す“進化するベストプラクティス”
国産の人事・給与パッケージとして大企業を中心に広く使われている「COMPANY」。同社はユーザー企業の要望を受けて数年前からタレントマネジメントの機能を製品に盛り込んできた。その特徴とは。(2012/12/20)

若手社員のうちに学びたい、「上司力」入門:
“昭和上司”にならないために、彼らから学ぶべき3つのこと
「社内でのコミュニケーションをどうすればいいのか」と悩んでいる人も少なくないだろう。今後、上司になっていく人に身につけてほしいのは「巻き込み対話力」である。(2012/12/13)

BE ソーシャル! 第1章「そして世界は透明になった」:
第6回 幸せの創造こそ、ビジネスの使命
会社は何のために存在するのでしょうか。私の考えはシンプルです。人間のすべての営みは、幸せになるためのものです――。2012年11月発売予定の斉藤徹氏の新著「BE ソーシャル!」から、「はじめに」および、第1章「そして世界は透明になった」を6回に分けてお送りする。(2012/11/8)

BE ソーシャル! 第1章「そして世界は透明になった」:
第4回 科学的管理法、プロパガンダ、株主資本主義
エドワード・バーネイズは叔父である心理学者フロイトの理論を群集心理に応用し、科学的な宣伝手法を考案した――。2012年11月発売予定の斉藤徹氏の新著「BE ソーシャル!」から、「はじめに」および、第1章「そして世界は透明になった」を6回に分けてお送りする。(2012/11/2)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
安売りの店から「情報とサービス」の提供へ――テンポスバスターズ 森下社長
中古品の機器販売に終わらず、飲食店を始める人にとって必要な店舗の情報や事業へのアドバイスも始めた。既存にとらわれることなくチャレンジし続ける企業が、次の新たな成長を手に入れられる。(2012/9/26)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。