ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「Sandy Bridge」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Sandy Bridge」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

インテルが第9世代Coreなど新CPUを解説 国内PCメーカーの未発表製品も展示
インテルが国内メディア向けに開催したTechnology Showcaseで、先日発表された第9世代CoreやCore Xなど新CPUを披露した。(2018/10/12)

カーネギーメロン大学などの研究チームが発表:
CPU攻撃の新たな手法「BranchScope」、Intel製CPUで実証
米カーネギーメロン大学などの研究チームが発表した「BranchScope」では、1月に発覚した「Spectre」と同様に、サイドチャネル攻撃を仕掛けてセンシティブなデータを流出させる。(2018/3/28)

「Broadwell」「Haswell」搭載システムの再起動問題対策が前進:
Intel、システム再起動問題で現行ファームウェアアップデートの展開中止を推奨
Intelは、CPU脆弱性対策のファームウェアアップデート適用後に特定のシステムで発生していた再起動問題の一部について、根本原因を特定し、最新情報を発表した。(2018/1/24)

各社の対策法まとめ:
根本的解決はCPUの世代交代か、脆弱性問題
2018年の年明けすぐに、CPU業界で発生した「Spectre」「Meltdown」問題。Googleのチームなどが同年1月3日に報告した当初、情報が錯綜(さくそう)して混乱したものの、情報が公開されるにつれて落ち着きを取り戻しつつある。本稿では、主要ベンダーが用意した最新の対策情報と、いまひとつ分かりにくい「分岐先予測」「投機的実行」「データキャッシュ」に脆弱性が潜んでいた理由を解説する。(2018/1/22)

Intel、脆弱性対策パッチによるリブート増加問題やパフォーマンスへの影響について説明
「Meltdown」「Spectre」と呼ばれるCPUの脆弱性の対策パッチによってリブートが増加する問題や、サーバのパフォーマンスに及ぼす影響を調べたベンチマークの結果について報告した。(2018/1/19)

カスタムインスタンスも検討
AWS、Azureとは違う? GCPインスタンスの選び方
「Google Cloud Platform」には幅広いインスタンスタイプがある。Googleクラウドが用意するインスタンスタイプの中から自社のワークロードに最適なタイプを選ぶためのガイドラインを提示する。(2017/2/20)

「STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)」がSteamで全世界配信決定 日本語・英語両方の言語を収録
ああ、すべては運命石の扉(シュタインズ・ゲート)の選択のままに。(2016/8/19)

集結! 栄誉ある人柱たち:
PR:マスターたちが考えた「さいきょうのZ170A GAMING M5しすてむ」はこれだ!
インテルの最新CPUアーキテクチャを採用した“Skylake”こと第6世代Coreプロセッサー・ファミリーが登場。対応する最新マザーボードを使い倒してもらった!(2015/9/30)

プロがマンツーマンで指導:
約束された勝利の自作――PC初心者も安心の「組立ワークショップ」を体験!
パソコン自作はすてきさ、ただ無事に動くなら。(2015/9/4)

IFA 2015:
PCはこの5年間でどれだけ進化した?──Intel、IFA会場で“Skylake”正式発表
IFA 2015の開幕を前にしてIntelがプレスカンファレンスを開催し、ラインアップを大幅に拡大した第6世代Coreプロセッサー・ファミリーを紹介した。(2015/9/3)

古田雄介のアキバPickUp!:
早速売り切れが目立つSkylakeに「まだこんなもんじゃない」の声
お盆まっただ中の店頭にSkyalakeとWindows 10の2大目玉が並んだアキバ。しかし、現時点の反響に関して満足しているショップは少ない様子だ。(2015/8/17)

FAニュース:
組み込みコンピュータ「EPC-2020シリーズ」にCCC認証対応モデルを追加
コンテックは、製造装置などと一緒に中国へ輸出できる産業用コンピュータのニーズが高まっていることを受け、組み込みコンピュータ「EPC-2020シリーズ」に中国製品安全強制認証制度(CCC制度)に対応したモデルを追加した。(2015/3/5)

TSUKUMOもPC DIYで孤軍奮闘!:
MSIのデスクトップ茶軸キーボード搭載“ノート”「GT80」がFFXIVファンフェスで初公開
日本の有力ゲーミングPCがファイナルファンタジーのユーザーイベントに大集結。大抽選会ではG-GEARやインテルのプレゼントに会場がどよめいた。(2014/12/21)

タブレットに“超高性能”という新提案:
「VAIO Prototype Tablet PC」を濃密にチェックする
4コア/8スレッド対応の第4世代Core Hプロセッサ、Iris Pro、PCIe SSD、Adobe RGB対応の12.3型“2560×1704”液晶、ワイヤレスキーボード、筆圧ペン……新生VAIOが放つ超高性能タブレットの試作機に込められた数々のこだわりを追う。(2014/10/8)

14ナノプロセスルールで性能改善:
Intel、Broadwell世代の「Core M」概要を公開
最初の搭載モデルは2014年のクリスマス商戦に登場する予定だ。(2014/8/12)

ボクたちはここでLN2冷却の真実を知った:
PR:duck氏直伝のLN2冷却テクニック満載!「納涼、夏の極冷オーバークロック体感イベント」
むあー! あついいいいい! 2014年夏で一番の暑さになったんじゃないの、とだれもが思った8月6日。“極冷”を堪能するイベントが開催された。(2014/8/8)

1等は10万円相当の旅行券!:
インテル、“Devil's Canyon”発売記念イベント実施中
秋葉原のショップをめぐるスタンプラリーでは、豪華賞品を用意。Intel Club Extremeに登録すれば、抽選回数が増える! (2014/7/19)

取り急ぎ、Devil's CanyonでPCMark 8を:
発売直前! 「Core i7-4790K」速攻レビュー
“Devil's Canyon”こと「Core i7-4790K」は、まもなく発売。ここでは、Devil's Canyonの特徴を整理して、その実力を速報として紹介する。(2014/6/13)

古田雄介のアキバPickUp!:
2013年のアキバを振り返る(前編)
自作PC街としてのアキバの2013年を、7つのテーマに分けて振り返ろう。前編のテーマは「レベル違いの円安値上げ」「熱い展開のグラフィックスカード」「小石もなかったHaswellの覇道」だ。(2013/12/31)

今年はどんなPCを組んだ?:
2013年の自作パーツを振り返る
PC USERパーツ連載担当が振り返る2013年の注目自作パーツまとめ。(2013/12/28)

ベンチャーは主導権を守れるか?
ハイブリッドフラッシュアレイ市場で後れを取った大手ベンダーの逆襲
ここ2、3年に起きたフラッシュストレージの大革命は、ベンチャー企業が中心を担っていた。しかし、この流れが変わり始めたかもしれない。(2013/11/19)

2013年PC秋冬モデル:
“Ivy Bridge-E”と新デザインで生まれ変わったゲーミングデスクトップ――「HP ENVY Phoenix 810」
HPの最上位ゲーミングデスクトップがモデルチェンジ。CPUとOSを最新世代にアップデートし、デザインもリニューアル。無線LANがIEEE802.11acに対応するなど細かなブラッシュアップも施している。(2013/10/18)

マルチデバイス時代のデータ・パスワード管理術:
PR:「McAfee LiveSafe」で安全・快適なデジタルライフを
セキュリティ製品に求められるのは、もはやマルウェア対策機能だけではない。マカフィーの最新セキュリティスイート「McAfee LiveSafe™ サービス」は、同社が考える理想のセキュリティソフトへの第一歩だ。(2013/9/27)

古田雄介のアキバPickUp!:
Ivy Bridge-E世代のCore i7がデビュー、アキバの反応は?
Ivy Bridge-E世代のCoreプロセッサとIvy Bridge-EP世代のXeonプロセッサが一斉に発売された。BUY MORE秋葉原本店は、早速24コア/48スレッドの100万円級マシンを披露している。(2013/9/17)

インテル、最上位6コアCPU「Core i7-4960X」を投入
インテルはコンシューマー向けハイエンドCPUとして、Ivy Bridgeベースの最上位モデル「Core i7-4960X」など3製品を発表した。(2013/9/3)

22ナノ初の6コアCPU:
Ivy Bridge-Eの最上位「Core i7-4960X Extreme Edition」を徹底検証
ソケットLGA 2011に対応するハイエンドCPUとして、22ナノメートルプロセスルールのIvy Bridge-Eが登場した。最上位モデルの性能は?(2013/9/3)

週末アキバ特価リポート:
新パーツショップ「東映ランド」がオープン! 「パソコンハウスよりパーツを充実させます」
ニッシンパルの跡地に、PCパーツショップ「東映ランド」がプレオープンした。小型PCキットやASUSTeKタブレットがオープン特価で安く手に入る!(2013/8/31)

Windows Server 2012 R2時代のHyper-Vサーバ設計術:
第1回 最新モデルを意識したCPUとメモリのサイジング
仮想化が一般化した昨今のサーバ・システム。旧サーバの延命が目的だった数年前とは違い、最初から仮想環境上で動作させることを前提としたシステムが求められている。本連載では、Windows Server 2012 R2のHyper-Vをベースにして、今使える仮想化システムの技術トレンドや設計、機器の選択方法などについて解説する。第1回では、CPUとメモリのサイジングについて解説する。(2013/8/22)

パソコン工房、Core i7-3930Kを搭載したクリエイター向けのミドルタワー型ハイスペックPC「AEX8E-TXR」
ユニットコムは、クリエイター向けPC「Art EXpert」シリーズのラインアップにWindows 7 Professional搭載のハイスペック構成モデル「AEX8E-TXR」を追加した。(2013/7/30)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第16回 UEFIって何? LaVie Zで改めておさらい
同一仕様のLaVie G タイプZにおける、Windows 8搭載モデルとWindows 7搭載モデルの起動速度対決はWindows 8モデルが圧勝だった。今回はその理由の1つである「UEFI」に注目してみた。(2013/6/14)

「予想以上」の声:
アキバの深夜販売に300人――変わらない熱狂とちょっとした変化
Haswellこと第4世代Coreの深夜販売は予想以上のユーザーが集まり賑わった。その熱気の度合いや取り巻く環境の変化などの空気感をリポートしたい。(2013/6/3)

自作派必読:
第4世代Coreの性能は? 「Core i7-4770K」で速攻検証!!
“Haswell”こと第4世代Coreプロセッサーで自作マシンを組むなら、まず気になるのがその性能だ。見せてみろ新世代CPUの実力とやらを!(2013/6/2)

Haswellで何が変わる?:
「第4世代Coreプロセッサー」の強化ポイントを解説
“Haswell”の開発コード名で知られるIntelの「第4世代Coreプロセッサー」がついに登場した。新世代CPUの特徴を見ていこう。(2013/6/2)

週末アキバ特価リポート:
インテル新CPUの深夜販売はドスパラとBUY MORE、ZOAが実施!
土曜日夜から日曜日0時過ぎまで、インテルの次世代CPU“Haswell”とその対応マザーが主役とみられる深夜販売イベントがアキバで実施される。事前に名乗りを上げたのは3店舗だ。(2013/6/1)

車載情報機器:
トヨタが「Tizen IVI」の開発に参加、車載情報機器のLinux採用に本腰
トヨタテクニカルディベロップメントは、トヨタ自動車からの委託を受けて、Linuxベースの車載情報機器向けプラットフォーム「Tizen IVI」の開発活動に参加している。(2013/5/27)

ドスパラ、ミドルタワーPC「Monarch」にSSD×8基でRAID-0構成の“爆速ストレージ”モデルを追加
サードウェーブデジノスは、標準でSSD計8基を内蔵したハイスペック仕様のデスクトップPC「Monarch AR-e」を発表した。(2013/5/10)

買い替える必要なんてない:
PR:中古PCだからこそ高品質なSSDを!「M5 Pro Xtreme」でノートPCを再生しよう
最高クラスの性能と企業レベルの品質で上級ユーザーから高い評価を得ているPlextorブランドのSSD「M5 Pro Xtreme」シリーズ。これさえあれば、型落ちノートPCも爆速マシンに生まれ変わる!!(2013/4/25)

古田雄介のアキバPickUp!:
約1TバイトのSSDが6万円切りで買える!!
先週デビューしたクルーシャルの新SSD「M500」の中でも、飛び抜けて注目されたのが最大容量の960Gバイトモデル「CT960M500SSD1」だ。ほぼ1Tバイトの大容量ながら、6万円未満で売るショップもあり、登場時から入手困難な状態が続いている。(2013/4/15)

Faith、GeForce GTX 680×2基搭載で3画面出力に対応したゲーミングPC「PASSANT Ex PROSPEC GAMER ALPHA」
ユニットコムは、“NVIDIA SURROUND”による3画面同時出力に対応したゲーミングデスクトップPC「PASSANT Ex PROSPEC GAMER ALPHA」を発表。23型ワイド液晶を3台付属したセットモデルだ。(2013/4/9)

宇宙人と戦える?:
中世騎士のようなゲーミングPC「Erazer X700」の実力を試す
レノボが新たに立ち上げたゲーミングPCブランド「Erazer」シリーズの第一弾として、タワー型の「Erazer X700」が登場した。カッコイイぜ。(2013/3/22)

SSDに迫る性能で大容量:
「世界最速」をうたう外付けHDD――バッファロー「HD-GDU3」実力テスト
1GバイトDRAMを内蔵し、転送速度を飛躍的に高めた外付けHDDがバッファローから登場。その“世界最速”という実力やいかに。(2013/3/15)

ドスパラ、約40万円からのGTX 680M×2基搭載ハイエンドゲーミングノート
サードウェーブデジノスは、CPUとしてCore i7-3930Kを搭載したゲーミングノートPC「Note GALLERIA GM680D」を発売する。(2013/3/8)

薄いだけじゃ満足できぬ:
米軍調達基準を満たすタフな14型Ultrabook――「HP EliteBook Folio 9470m」に迫る
薄くて頑丈で信頼できるノートPCが欲しい。それなら、個人でもビジネス向けモデルをチェックしてみては? この「HP EliteBook Folio 9470m」は実用重視の14型Ultrabookだ。(2013/2/19)

これが、オフィス向け液晶一体型の新スタンダード:
PR:2013年度のオフィス導入PCに、「Endeavor PT100E」が向く理由
新年度を迎えるにあたり、新入社員向け、あるいは既存の社内PCのリフレッシュを検討する企業も多いことだろう。今回は「徹底したコストパフォーマンス」を意識するオフィスへの導入に向くエプソンダイレクトの新型デスクトップPC「Endeavor PT100E」をチェックする。(2013/2/13)

週末アキバ特価リポート:
円安無関係のCore i7-2700Kセットが相対的に狙い目!
CPUやHDDなどに加え、ASUSTeKのマザーボードやグラフィックスカードも一気に値上がりした。しかし、既存のセット特価品は価格据え置きで買えるものも多い。しばらくは“時間差特価”が狙い目だ。(2013/2/2)

2013 International CES:
IntelブースでRazerの“ゲーミング”タブレットPCを握ってみた
2013 CESが公式に開幕した。展示ブースもオープンとなり、多くの未発表製品が登場する。開幕直前に関係者に公開したIntelブースはタブレットPCが主役だった。(2013/1/9)

AmazonでインテルCPUがスプーンになる事案が発生
インテル入ってない。スプーン入ってる。(2013/1/8)

Retina、Ultrabook、ハイブリッドPC、そして……:
2012年を代表するノートPC“10選”
PC USERでノートPCのレビューを中心に執筆しているテクニカルライターの鈴木雅暢氏が、2012年に登場した代表的な10台のノートPCを選出する。果たしてその顔ぶれは……。(2012/12/31)

イマドキのイタモノ:
ベンチマークテストで振り返る2012年のCPUとGPU
“イマイタ”で2012年に掲載したのはCPUが5回にGPUが11回。そのほか、チップセットや自作入門、クーラーユニットからベアボーンにも注目した自作PCを総括! (2012/12/31)

2012年のアキバまとめ(前編):
「GeForce GTX 680」や「Ivy Bridge」で盛り上がったアキバの上半期
2012年、最初の目玉は「Radeon HD 7970」。当時は、「Windows 8」も「Ivy Bridge」も一部で「あー、もうすぐらしいね」と言われる程度の存在感しかなかった。そんな“少し前なのに大昔”でもあるPC自作街を振り返ってみよう。(2012/12/30)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。