レビュー
» 2011年06月20日 20時52分 UPDATE

アデリーペンギンも登場:写真で解説する“EXILIMケータイ”「CA-01C」 (1/2)

NTTドコモの夏モデルとして登場予定の「CA-01C」は、ドコモ初となるカシオ計算機ブランドの端末。カシオのデジタルカメラブランド「EXILIM」を冠し、フルハイビジョン動画撮影も可能な1610万画素の本格カメラケータイだ。

[青山祐介,ITmedia]

 NECカシオモバイルコミュニケーションズの「CA-01C」は、1630万画素のカメラを搭載したドコモ初のカシオ計算機ブランドの端末。auやソフトバンクモバイルの「EXILIMケータイ」同様、裏面に大きなカメラレンズ部を備え、同社のコンパクトデジタルカメラ「EXILIM」シリーズをイメージさせるデザインを前面に打ち出したモデとなっている。

photophotophoto カラーバリエーションは左からglass black、pearl white、vivid pinkの3色。ピンクのカラーイメージは、auやソフトバンクモバイルで発売されたEXILIMケータイと似ている

カシオのEXILIMケータイらしさをドコモでも

 本体はオーソドックスな回転2軸式で、デザインはこれまでauで発売してきた「EXILIMケータイ」のスタイルを踏襲。スクエアなボディに裏面の大きなカメラリング、側面のシルバーの帯状の中にまとめられたサイドキーや端子類のレイアウト、ステップキーやシルバーのリング状のカーソルキーなど、EXILIMケータイを知っている人であれば一目で分かるアイコンが随所にちりばめられている。ビビッドなピンクをはじめ、白、黒というカラーバリエーションも、これまでのEXILIMケータイで繰り返し採用されてきた色味で、直近ではauの「EXILIMケータイ CA006」に似ている。

 これまでのEXILIMケータイに限らず、カシオ計算機製のモデルにはサブディスプレイを備えたものが少なかったが、CA-01Cは約0.8インチの有機ELディスプレイを採用。裏面先端部の着信表示ランプとともに、裏面に光で表情を与えてくれる。その他の基本的なレイアウトはCA006と似ているが、CA006では内蔵だったワンセグアンテナが、CA-01Cでは引き出し式のロッドアンテナとなっているのが大きな違いだ。

 また、いち早く防水・防塵機能に取り組んできたカシオケータイらしく、CA-01CはIPX5/8の防水性能と、IP5Xの防塵機能を備えている。HDMI端子、microSDスロット、外部接続端子のキャップと、バッテリーカバーは、防水構造が取られている。メインディスプレイには3D表示が可能な約3.4インチのフルワイドVGAディスプレイを採用。専用メガネを使うことなく、3D対応のゲームや動画が楽しめるほか、ワンセグや2Dで撮影した写真や動画を疑似的に3D表示できる機能も搭載する。キーボード下の「3D」キーを押すと、ワンタッチで3D表示に切り替わる。

photophoto ハーフミラー調の背面には、中央に時刻やメール着信などが分かるサブディスプレイと、下端に着信表示ランプがある(写真=左)。裏面はカメラ部を大きくフィーチャーしており、従来の「EXILIMケータイ」とほとんど同じスタイル。裏側には「EXILIM」のロゴが入るのみで、グリップや飾りなどの要素は持たないプレーンなデザインだ(写真=右)
photophoto 左側面には左から外部接続コネクタ、HDMIコネクタ、充電端子が並ぶ(写真=左)。右側面には左からシャッターボタン、▼▲ボタン、microSDスロット、キーロックボタン、ワンセグアンテナという配置(写真=右)
photophoto 各コネクタ/スロットのキャップには防水のためのパッキンを装備している
photophoto 下端に通話用マイクがあるのみで、すっきりとしたデザインの上下端面
photophoto 本体を開けるとauのCA006に似た雰囲気。カーソルキーのデザインもこれまでのカシオ計算機製端末に似ている。CA006と大きく違うのは数字キーの下に「QUICK」「3D」「MULTI」キーの列があること。このあたりはどちらかというと、ドコモのNECブランドのケータイに似ている
photophoto 約0.8インチ(96×35ピクセル)の有機ELサブディスプレイを採用。サイドキーを押すと時刻、電話・メール着信などの情報が表示できる(写真=左)。着信表示ランプは、設定により点滅色とパターンを選べる(写真=右)
photophoto カバー全体を取り外すことで表れるバッテリー。バッテリーの周囲にのみ防水パッキンがあるため、カメラやフォトライト、ワンセグアンテナ収納部などは浸水エリアとなる
photo ワンセグアンテナは引き出し式の4段ロッドタイプ。すべて引き出せば360度自由に方向を変えられる

基本性能が向上、3D撮影も可能な高性能なカメラ

photo 有効約1630万画素のCMOSセンサーに広角28ミリレンズ(35ミリ判換算)を組み合わせたAF付きカメラ。周囲を黒とヘアライン仕上げされたシルバーのリングで縁取り、着信時などにその周囲が光ると作りなどは「EXILIMケータイ」の不文律といえる

 カメラは有効約1630万画素CMOSで、暗い状況下でもノイズを抑えた画像が得られる裏面照射型のCMOSセンサーを搭載。これに映像エンジン「EXILIM ENGINE for Mobile」を組み合わせ、得意の高速連写や「3倍超解像デジタルズーム」といった、EXILIMケータイとしての機能がフルに使える。最大4640×3680ピクセルの静止画を撮影できるだけでなく、フルHDムービーも撮影可能だ。

 さらに、静止画のみ3D撮影も可能で、CA-01Cの3Dディスプレイだけでなく、HDMI端子で接続した3D対応テレビで3D画像を見ることもできる。カメラのメニュー体系はCA006に似た使いやすいものだが、タッチパネルを搭載するCA-01Cでは、これらのメニューがタッチ対応に進化。ファインダー画像の上に大きなタッチアイコンを透過した形で表示させることで、ファインダー像を見ながらタッチ操作で直感的に設定できる。オートベストショットや高速連写といった便利な撮影機能もしっかり継承されている。

photophoto カメラキーをデジカメのように大きくあしらったデザイン。設定により静止画撮影のシャッターとしてだけでなく、その他の機能も割り当てられる
photophotophoto カメラ機能はタッチパネルに対応した新しい「EXILIM UI」を採用。フォーカスポイントや各種設定項目をタッチ操作で選べる
photophotophoto タッチ対応の大きなメニューアイコンは、ファインダー画像に透過して表示される
photophoto 3D静止画撮影機能も搭載。画面に表れるターゲットの矢印に従ってケータイを左右に振りながら撮影する
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.