レビュー
» 2010年01月29日 10時45分 UPDATE

5万円台で買えるアルミボディ:スリムボディのCULVノートPC「Vostro V13」でベンチマークテストを走らせた (1/2)

デルのSOHO向けブランド「Vostro」シリーズに加わったCULVノートPCが「Vostro V13」だ。試作機でのレビューに続き、製品版で性能を確かめた。

[田中宏昌(撮影:矢野渉),ITmedia]

デルのSOHO向けCULVノートPC「Vostro V13」

ht_1001vo01.jpg 「Vostro V13」

 「Vostro V13」は、デルのSOHO/スモールビジネス向けブランドに追加された低価格のスリムノートPCだ。13.3型ワイドの液晶ディスプレイを搭載しながら、ボディサイズは330(幅)×230(奥行き)×16.5〜19.7ミリとスリムで、底面と液晶ディスプレイ天面にアルミニウムを採用することにより、確かな剛性感を獲得している。天面や底面に指紋や手の脂がつきにくく、余分な突起物もなくボディがフラットなのでバッグへ収納しやすいのも好印象だ。重量は1スピンドルで約1.59キロと軽くはないが、同クラスのCULV版CPU搭載ノートPCに比べれば若干軽めだ。

 製品の概要や発表会などの模様は下の関連記事に譲り、ここでは製品版の使用感とパフォーマンスをチェックした。

CULV版CPU搭載/10万円以下ノートPCの関連記事



13.3型ワイドのハーフグレア液晶ディスプレイを採用

ht_1001vo02.jpg ハーフグレアタイプの13.3型ワイド液晶ディスプレイを搭載する。画面への映り込みは若干ある

 Vostro V13が搭載する液晶ディスプレイの解像度は1366×768ドットで、BTOで変更することはできない。同社のスペック表には非光沢と記されているが、実際にはハーフグレアタイプで、長時間利用していても光沢タイプに比べて目が疲れにくく、画面への映り込みも少ない。液晶の明るさは8段階に切り替えられ、最高輝度でも目がまぶしく感じることもない。左右の視野角は広めだ。上下方向の視野角は狭いが、液晶ディスプレイは約145度まで開くため、ヒザの上で使っても視認性の悪さで悩まされる心配はないだろう。

 試作機は英字キーボードだったが、今回使った製品版は日本語キーボードを採用していた。BTOでは無料で選択できる。主要キーで19ミリピッチを確保したキーボードは、Enterキーの右側にHomeやEnd、PageUpやPageDownのキーを並べたレイアウトも共通だが、Enterキーとの間隔が6ミリほどあるので慣れればミスタイプは減るだろう。日本語キーボードでは変換/無変換キーなどがあるためスペースバーの長さは英字キーボードの93ミリに及ばないものの、それでも73ミリと十分な長さがある。キーボードを強く押し込むとユニットがしなるが実際の利用には問題なく、入力時にカチャカチャという耳障りな音もしない。

 80(横)×43(縦)ミリのワイドタッチパッドには、シナプティクス製のドライバが導入済みで、上下/左右のスクロールに加え、ピンチズームやサークルスクロールといったジェスチャー操作に対応する。

ht_1001vo03.jpg 写真は英字キーボードで、BTOでは日本語キーボードも選択できる。右Shiftキーは17.5ミリピッチとやや狭い
ht_1001vo04.jpg 液晶ディスプレイは145度前後まで開く
ht_1001vo05.jpg 底面と液晶ディスプレイ天面にアルミニウムを採用することで、見た目の高級感と堅牢ボディを両立している

ht_1001vo06.jpg タッチパッドにはシナプティクス製の多機能ドライバが導入済みだ
ht_1001vo07.jpg 設定メニューのチェックボックスをオンにすることで、サークルスクロールが行える
ht_1001vo08.jpg 同様にピンチズーム操作も指定可能だ

最薄部で16.5ミリのスリムボディゆえインタフェースは最低限

ht_1001vo09.jpg 底面はフラットで、1基あるメモリスロットは液晶ヒンジ部に用意される。ACアダプタはケーブルがかさばる

 端子類は左側面に用意されず、右側面にSDHC対応SDメモリーカードスロット/メモリースティック/MMC対応のメモリカードスロットと ExpressCardスロット(/34対応)が並ぶだけだ。前面にはヘッドフォンとマイク、背面にギガビット対応の有線LANと2基のUSB 2.0(うち1基はeSATA/USB兼用)、アナログRGB、DC入力、排気口が並ぶレイアウトで、これは同社の「初代Adamo」と似たような配置だ。背面にしかUSBポートがないのはやはり不便で、有線LANケーブルを接続していると、ケーブルが邪魔に感じられた。

 また、ACアダプタのサイズは65(幅)×126(奥行き)×16〜22(厚さ)ミリで、ケーブル込みの重量は約375グラムと試作機よりも重くなった。また、3ピン電源ケーブルに2ピンのアダプタが付属する仕様なのもいただけない。

ht_1001vo10.jpght_1001vo11.jpg 最薄部で16.5ミリのスリムボディが目立つ(写真=前)。ラッチレスでボディ手前側がえぐれているので開けやすい。前面左側にHDDのアクセスランプ、右側にヘッドフォン端子などが並ぶ。2基のUSB 2.0端子が背面にしかないのでアクセスしづらいのが残念だ(写真=右)

ht_1001vo12.jpght_1001vo13.jpg 左側面は端子類が用意されず(写真=左)、右側面にメモリカードスロットと ExpressCardスロットがある(写真=右)。SDメモリーカードを装着してもカードは出っ張らない

CPUの選択肢は2つでデュアルコアを選べない

ht_1001vo14.jpg メーカーの保証対象外となるが、底面のカバーは比較的容易に外せる。左下に2.5インチのSerial ATA HDDが、右側に6セルバッテリーがある

 Vostro V13は、Intel GS45 Expressチップセットを中心に超低電圧版のCPUを採用している。主なパーツは同社おなじみのBTOメニューから選択できるが、選択肢はCPUと2.5インチHDD(320Gバイト/250Gバイト)、前述のキーボードなどと限定的だ。加えて、CPUはCore 2 Solo SU3500(1.4GHz/2次キャッシュ3Mバイト)かCeleron 743(1.3GHz/2次キャッシュ1Mバイト)からしか選べず、デュアルコアCPUを選べない点には不満を覚える。6セルのバッテリーも初代Adamoや、MacBook Pro/MacBookシリーズと同じようにユーザーレベルで着脱できず(バッテリーが消耗した場合は、メーカーにPC本体を送って交換してもらう)、2GバイトのDDR3メモリも固定だ。メモリスロットはアクセスしにくい液晶ディスプレイのヒンジ部分(F11/F12キーの上部)にあり、気軽に交換できない。このあたりは、最薄部で16.5ミリというスリムボディの代償といえそうだ。

 なお、OSの選択肢はWindows 7 Professional/Home Premium、Windows Vista Home Basic(SP1)、Windows XP Professional(SP3/Windows 7 Professionalのダウングレード権を利用)で、いずれも32ビット版となっている。

ht_1001vo15.jpg CPU-Z 1.53.1の画面。評価機はシングルコアのCore 2 Solo SU3500(1.4GHz)を搭載していた
ht_1001vo16.jpg 標準で2GバイトのDDR3メモリ(PC3-8500対応)を搭載している
ht_1001vo17.jpg GPU-Z 0.3.8の画面。グラフィックス機能はチップセット内蔵のIntel GMA 4500MHDだ

ht_1001vo18.jpg 評価機のデバイスマネージャー画面
ht_1001vo19.jpg
ht_1001vo20.jpg

 次のページでは、ベンチマークテストで評価機の性能をチェックしよう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.