連載
» 2015年09月16日 06時00分 UPDATE

Windows 10のツボ(28):Windows 10の「通知領域アイコン」を整理して使いやすくする

Windows 10のタスクバーに表示される「通知領域」を初期設定のまま使っていないだろうか。必要なアイコンのみ表示するよう設定し、使い勝手を高めよう。

[山口恵祐,ITmedia]

 「Windows 10」の画面右下にあるタスクバーの通知領域には、Wi-Fiやバッテリー、音量などのステータスを示すアイコンが並んでいる。Windows 8.1以前は、通知領域に表示される三角のアイコンを押してメニューを展開することで、通知領域のカスタマイズを行う設定へのリンクが表示されたが、Windows 10ではカスタマイズの文字が見当たらない。

Windows 7の通知領域Windows 10の通知領域 Windows 8.1以前までの通知領域は、展開すると「カスタマイズ」という項目が存在した(画像=左)。Windows 10の通知領域では、展開してもカスタマイズの項目が見当たらない(画像=右)

 Windows 10で通知領域をカスタマイズするには、タスクバー上の時計を右クリックして「通知アイコンのカスタマイズ」→「タスクバーに表示するアイコンを選択してください」を選ぶ。ちなみにこの方法はWindows 8.1以前でも有効だ。

Windows 10の通知領域 時計を右クリックして「通知アイコンのカスタマイズ」を選択する
Windows 10の通知領域 続いて「タスクバーに表示するアイコンを選択してください」を選択する。「設定」→「システム」→「通知と操作」を開いても同様の設定が可能だ

 設定を開くと、通知領域に表示できるアイコンが縦一列に並ぶ。この中から任意のアイコンをオンにすると、通知領域に常時表示され、オフにすると三角のボタンを押して展開するメニューの中に表示される。

 例えば、LINEやSkypeのようなメッセンジャーアプリをはじめ、常にアイコンの状態をチェックしたいアプリはオンに設定し、逆に情報表示が不要なアイコンはオフにして整理整頓しておくと、Windows 10のデスクトップがより使いやすくなるだろう。

Windows 10の通知領域 通知領域に表示できるアイコンが一覧表示されるので、自分の好みにカスタマイズできる
Windows 10の通知領域 横幅を取ってしまうが、通知領域にアイコンをすべて表示することもできる。高解像度のディスプレイを使っている場合は、利便性を重視して全表示もアリだ
「Windows 10のツボ」バックナンバー

関連キーワード

Windows 10のツボ | Windows 10 | タスクバー


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.