ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「3CCD」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「3CCD」に関する情報が集まったページです。

It's a Sony:
あなたの「My First Sony」は何ですか?――ソニーデザインを語るトークショウ【動画あり】
東京・銀座にあるソニービル8階「OPUS」で、同社のデザイン展「Sony Design: MAKING MODERN 〜原型づくりへの挑戦〜」が6月14日まで開催される。そのオープニングに立ち会った。(2015/4/29)

おっさんホイホイ in 銀座:
あなたの“My First Sony”があるかも――歴代ソニーデザインを集めた展示会
ソニーのデザインを象徴する歴代の製品を写真とともに展示する「Sony Design: MAKING MODERN 〜原型づくりへの挑戦〜」が4月29日にスタートする。前日に行われた内覧会で懐かしい製品の数々を見てきた。(2015/4/28)

CEATEC 2014:
真っ暗でも顔色が分かる赤外線カラー暗視カメラ
CEATECのシャープブースでは、0ルクスの暗闇でも動画がカラーで撮影できる「赤外線カラー暗視カメラ」の技術展示を行っている。今年中に製品化の予定だ。(2014/10/7)

キヤノン、光学20倍ズーム搭載のHDビデオカメラ「XH G1S/XH A1S」
キヤノンは、HDV規格に対応したプロユースのHDビデオカメラ「XH G1S」「XH A1S」を発表した。12月中旬に発売する。(2008/11/5)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
「MOS」――CCDでもCMOSでもない、もう1つの撮像素子
デジタルイメージング機器の撮像素子といえばCCDとCMOSが主流。搭載機が増えつつある「MOS」は、両方式の長所を併せ持つ「いいとこ取り」を実現する。(2008/8/14)

パナソニック、ハイビジョンカメラ「HDC-SD9/HS9」に新色“シャンパンゴールド”を追加
パナソニックは、デジタルハイビジョンビデオカメラ「HDC-SD9/HS9」の2機種に新色「シャンパンゴールド」を追加する。(2008/7/7)

レビュー:
60GバイトHDD内蔵でもコンパクト――パナソニック「HDC-HS9」
パナソニックのハイビジョンビデオカメラ「HDC-HS9」は、SD+60GバイトHDDのハイブリッド構成。HDDには最高画質で7時間以上の長時間録画が行え、HDD非搭載モデルとのサイズ差もわずかだ。(2008/2/18)

小型軽量&高画質に“顔認識”をプラス――松下、HDビデオカメラ2機種
松下電器産業が、デジタルハイビジョンビデオカメラ2機種を発表。新世代システムLSI採用でさらなる小型化と高画質を実現。顔を見つけてキレイに撮影する「おまかせ顔認識」を搭載。(2008/1/9)

最新研究:ジェスチャインターフェース
ジェスチャインターフェースの進化が続いている。その進化は、ゲーム機器、携帯電話機、産業用システムのさまざまな電子機器などの制御において新しい次元の操作環境をもたらしている。本稿では、ジェスチャインターフェースが発展してきた経緯と、最新技術の動向、今後のユーザーインターフェースに与える影響について解説する。(2007/12/1)

Inter BEE 2007:
各社それぞれのHD対応、ホログラムディスクも実用化
家庭用テレビのHD対応が進む中、同様に業務用カメラやディスプレイ、ストレージについても、各社が独自性を打ち出しながら新世代への対応を進めている。ついにホログラムディスクも登場。(2007/11/21)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
華やかな時代を迎えるハイビジョンビデオカメラ
秋の行楽シーズンを控え、ビデオカメラが店頭を賑やかにしている。春モデルでハイビジョン録画も標準的となったが、その次に来るトレンドはなんだろうか。今シーズンの傾向も含めて麻倉氏に尋ねた。(2007/9/5)

進化した“手のひらサイズ”、パナソニック「HDC-SD5」
パナソニックがリリースしたSD/SDHCメモリーカードを記録媒体とするHDビデオカメラの新製品「HDC-SD5」は、カードメディアを使用するメリットを十分に感じさせるサイズと機能を持つ。今回は試作機を用い、その使い勝手をチェックしよう。(2007/8/28)

小寺信良:
ビデオカメラに飛び火するハイビジョン戦国時代
運動会シーズンに向けて各社からビデオカメラの新製品が相次いで投入される。一斉にハイビジョン対応に舵を切りつつあり、その競争は激化する一方だが、「フルハイビジョン」という課題も残る。(2007/8/6)

初のハイブリッドタイプも登場:
さらに小さくなった“カードなハイビジョン”3機種登場――パナソニック
パナソニックは、SDカードにフルハイビジョン映像を記録するAVCHD準拠のビデオカメラ3機種を発表した。ヨコ型の「HDC-SD5」、タテ型の「HDC-SD7」、SDカードスロットとDVDドライブを搭載した初のハイブリッドタイプ「HDC-SX5」をラインアップ。(2007/8/1)

カジュアルにハイビジョン撮影:
ビクター、ハイビジョン“Everio”に普及モデル「GZ-HD3」を追加
日本ビクターは、「Everio」(エブリオ)シリーズの新製品としてコンパクトボディの「GZ-HD3」を追加した。60GバイトのHDDを内蔵し、ハイビジョン映像を約7時間録画可能。撮影をサポートする機能も充実させた。(2007/7/19)

フルHD記録対応の“カードなハイビジョン”――パナソニック「HDC-SD3」
松下電器産業は、AVCHD規格に準拠したビデオカメラとして、SDカード記録とDVD記録という2タイプの製品を展開中だ。最新モデルではともに1920×1080i記録に対応したが、今回はSDカードへのハイビジョン記録が可能な「HDC-SD3」を取り上げる。(2007/5/2)

レビュー:日常を撮るならカジュアル派、それとも本格派?
HDムービーカメラ「GZ-HD7」「DMX-HD2」2機種を試す(前編)
日本ビクターのEverio、三洋電機のXactiは、デジカメでもビデオカメラでもない独自の分野を開拓してきた。HDにも対応した両モデルだが、その方向性はかなり違ってきているようだ。最新機種「GZ-HD7」「DMX-HD2」を比べてみた。(2007/4/11)

カードなフルハイビジョン?:
松下、フルHD記録に対応したAVCHDビデオカメラ2機種を発表
パナソニックは、デジタルハイビジョンビデオカメラ2機種を4月25日に発売する。いずれも1920×1080ピクセルのフルハイビジョン記録に対応したAVCHDカメラ。SDカードに記録する「HDC-SD3」と8センチDVDディスクを利用する「HDC-DX3」を用意した。(2007/4/3)

ビクター、1920×1080のフルHD「Everio」を発売
日本ビクターは米国では発表済みのフルHD(1920×1080i)対応のHDDビデオカメラ“Everio”「GZ-HD7」を3月中旬より販売する。国内で人気のあるシルバーボディも用意した(2007/2/7)

2007 International CES:
米ビクター、1920×1080の“世界初”フルHD「Everio」
米ビクターはHDDカム「Everio」の新製品として、フルHD(1920×1080i)の録画に対応した「GZ-HD7」を発売する。(2007/1/8)

松下、3CCDと光学式手ブレ補正ジャイロを搭載したビデオカメラ「NV-GS320」
パナソニックは3CCDと光学式手ブレ補正ジャイロを搭載したmini DVビデオカメラ「NV-GS320」を1月25日に発売する。(2007/1/5)

メディア換えずに最長約138分撮影:
松下、8センチDVD-R DL対応のビデオカメラ「VDR-D310」
パナソニックは、3CCDと光学式手ブレ補正ジャイロを搭載したDVDビデオカメラ「VDR-D310」を1月25日に発売する。新たに2層式の8センチDVD-R DLをサポート。ディスクを入れ替えずに最長約138分の長時間撮影が可能だ。(2007/1/5)

“カードなハイビジョン”、松下がAVCHD準拠のムービーカメラ2機種を発表
パナソニックが「AVCHD」準拠のムービーカメラ2機種を発表した。このうち「HDC-SD1」は、4GバイトのSDHCカードに最大90分のハイビジョン記録が可能な“カードなハイビジョン”。合わせてDVDタイプもリリースしている。(2006/11/8)

松下、SDに録画するHDビデオカメラを発売
松下が1080i録画対応のHDビデオカメラを12月に発売する。(2006/11/8)

CEATEC JAPAN 2006:
フルHD記録が可能なHDDビデオカメラ「ハイビジョンエブリオ」
ビクターブースにはHDDビデオカメラ「ハイビジョン エブリオ」が展示されている。家庭用HDDビデオカメラとしては初めて、フルHDでの撮影を可能にしたという。(2006/10/3)

CEATEC JAPAN 2006:
大回転プラズマが出迎えるパナソニック
パナソニックブースでは“大回転”する2枚の超大型PDPが来場者を迎える。VIERAやDIGAの姿も見えるが、年内に登場するAVCHDハイビジョンデジタルビデオカメラも注目だ。(2006/10/3)

松下、3CCD+光学20倍のDVDビデオカメラ「VDR-D400」
松下電器産業が、DVDビデオカメラ“DVDデジカム”新製品「VDR-D400」を発表。高画質で定評の3CCD方式で、光学20倍ズームレンズを搭載。「3CCD DVDビデオカメラで光学20倍ズームは世界初搭載」(同社)(2006/8/2)

松下、SDCH対応の3CCD搭載SDカードムービー「SDR-S200」
松下電器産業は6月8日、SDメモリーカードの上位規格「SDHC」に対応したビデオカメラ“SDカードムービー”「SDR-S200」を発売する。4Gバイトカードを利用することで、最長3時間20分の録画が可能。(2006/6/8)

小寺信良:
「HDR-HC3」設計者に聞く、CMOSの過去・未来
好調な販売を続けるソニーHDVカメラ「HDR-HC3」。“小型の1080iハイビジョンビデオカメラ”という特徴を支えるのは、独自開発の高画質CMOSセンサーだ。HDR-HC3で搭載された「クリアビッドCMOS」の担当者にCMOSに関する疑問をぶつけてみた。(2006/5/22)

3CCD搭載の“Everio”が登場、カラフルな低価格モデルもラインアップ
日本ビクターは、HDDムービーカメラ「Everio」シリーズに3CCD搭載の上位モデル「GZ-MG505」とエントリーモデル「GZ-MG47」の2機種を追加する。(2006/5/9)

小寺信良:
今起こりつつあるビデオカメラの革命
「春はエントリー、秋はハイエンド」という従来のセオリーが崩れたかと思うほど、この春のビデオカメラは充実している。今後ビデオカメラの常識を大きく変えていく要素が数多く含まれている今年春モデルの特徴を探ってみた。(2006/4/24)

春のビデオカメラ特集:
3CCDや光学式手ブレ補正も搭載した“新DVDムービー”――松下「VDR-D300」
松下電器産業が初めてオリジナルで開発を行ったDVDカメラ「VDR-D300」。3CCD方式の採用や光学式手ブレ補正の搭載など、同社がDVカメラ分野で熟成させてきた技術が注ぎ込まれている。(2006/3/3)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」
メディアの多様化が進むビデオカメラ事情
今年のビデオカメラ春モデルは、DVDやHDD、ハイビジョン対応HDVなど新しいメディアの台頭が著しい。今回の「デジタル閻魔帳」は“ビデオカメラウォッチャー”麻倉怜士氏に、メディアの多様化が進む現在のビデオカメラ市場について語ってもらった。(2006/2/28)

春のビデオカメラ特集:
DVDライター直結でPCレスDVD作成――HDDムービー“新Everio”「GZ-MG67」
1.8インチ内蔵型HDD採用の“Everio”GZ-MGシリーズに、新製品「GZ-MG77」「GZ-MG67」が登場した。従来機種の「GZ-MG70」「GZ-MG40/50」の“いいとこどり”的な機能に加え、新たにダイレクトDVD機能も搭載した。(2006/2/22)

春のビデオカメラ特集:
“より高画質”を手軽に――松下3CCD搭載DVカメラ「NV-GS500」
DIGICAM新製品「NV-GS300」「NV-GS500」が発表された。“高画質・コンパクトの両立”を目指し、3CCD、光学式手ブレ補正を継承しつつ、さらなるコンパクト化が図られている。ここでは1/4.7型CCD搭載の上位機種「NV-GS500」を取り上げよう。(2006/2/6)

松下、3CCD搭載の「DVDデジカム」2機種を発表
松下電器産業は、「DVDデジカム」の新製品2機種を発表した。光学式手ブレ補正ジャイロを搭載した「VDR-D300」と電子式手ブレ補正の「VDR-D250」をラインアップ。いずれもDVDビデオカメラとしては初の3CCDシステムを採用している。(2006/1/6)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」
デジタル分野総なめ――「2005年デジタルトップ10」
今年最後の「デジタル閻魔帳」は、麻倉怜士氏が2005年を振り返って特に印象に残ったモノを、ランキング形式で紹介。ハードだけでなくソフトまでカバーした「麻倉怜士のデジタルトップ10」、ランクインしたデジタルトピックスは?(2005/12/30)

レビュー:
“本格ビデオカメラ機能”を手のひらに──松下 SDカードムービー「SDR-S100」
松下電器産業の“SDカードムービー”「SDR-S100」は、3CCD/光学式手ブレ補正/光学10倍ズームといった“本格的なビデオカメラ機能”を、極限までに小さなサイズへ収めた注目機だ。(2005/9/30)

A&Vフェスタ2005:
VIERAを中心とした新ライフスタイル提案――松下ブース
A&Vフェスタ2005で、松下電器産業は薄型テレビ「VIERA」を中心としたAV製品を展示。SDカードとの連携、ワイヤレスヘッドフォンや2.1chスピーカー、カーナビでの5.1chサラウンドなど、新しいAV環境を提案している。(2005/9/21)

時代はHDDじゃなくてSDです――松下、3CCD搭載SDカードムービー
松下電器産業が、SDメモリーカードに録画できる手のひらサイズのビデオカメラ「SDR-S100」「SDR-S300」を発表。記録方式はMPEG-2で、同梱する2GバイトのSDメモリーカードに約1時間40分の映像が収録できる。実売13万円前後。(2005/9/15)

レビュー
片手サイズにMPEG-2映像を“撮り貯め”――新Everio「GZ-MG40」
日本ビクターのHDDムービー“Everio”の新ラインアップ「GZ-MG40」は、1.8インチHDDを内蔵することで長時間のMPEG-2撮影を可能にしたモデル。片手サイズに数時間分の映像を撮り貯めできる便利さをレビューで体験してみた。(2005/7/26)

ビクター、1.8インチHDD採用のHDDムービー「新・Everio」
日本ビクターが、HDDビデオカメラ“Everio(エブリオ)”133万画素CCDの「GZ-MG40」「GZ-MG50」と212万画素CCDの「GZ-MG70」を発表。1.8インチHDDを内蔵して長時間録画に対応した。(2005/7/14)

レビュー
家庭にハイビジョン撮影を――ソニー「HDR-HC1」を使ってみた(前編)
家庭向けのサイズと価格を手に入れたソニー“デジタルハイビジョンハンディカム”「HDR-HC1」。発売前にじっくり触る機会を得たので、注目の普及型ハイビジョンビデオカメラの魅力を前・後編にわたってお届けしよう。(2005/6/23)

映画テレビ技術2005
ハイビジョンの立体映像を自宅で楽しめる時代の到来?
「映画テレビ技術2005」は映画やテレビの制作に携わる人へ向けた展示会だが、最新の映像機器や普段見ている映像の“舞台裏”を垣間見ることもできる。(2005/5/25)

レビュー:
軽快な操作感に3CCDの高画質――HDDムービー・新“Everio”
3CCDシステムの採用で本格的なビデオカメラとしての雰囲気も漂わせる日本ビクターのHDDムービー“Everio”「GZ-MC500」。だがその取り回しや操作性はデジカメ感覚の軽快さだ。さまざまな視点で使い勝手を探ってみた。(2005/4/27)

レビュー:
快適に撮影できるサイコロボディ――3CCD DVカメラ「GR-X5」
横型/縦型のDVカメラが多い中、日本ビクターの「GR-X5」はユニークな立方体スタイルで登場した。ファインダー兼用液晶モニターや高画質のための3CCDシステムなど機能・性能面での新提案も多い“サイコロカメラ”を早速レビューしてみた。(2005/4/25)

「QUALIA 002」は“漆黒”のハイビジョンビデオカメラ
ソニーマーケティングは4月21日、「QUALIA」シリーズにデジタルHDビデオカメラレコーダーを追加した。型番は「Q002-HDR1」。専用の高精度な研磨を施したレンズを搭載し、繊細でリアルな高画質映像を追求したという。(2005/4/21)

松下、初のメモリー記録方式HDカムコーダー
松下電器産業は、米ラスベガスで開催中の「NAB 2005」で半導体にHD信号を記録するカムコーダー「AG-HVX200」を発表した。2005年秋に発売する予定で、米国での価格は5955ドル。国内価格は未定。(2005/4/18)

ビクター、3CCDに「ジャストフィットグリップ」を搭載したDVカメラ
日本ビクターはEverio GZ-MC500と同じく3CCDを搭載したDVカメラ「GR-X5」を発売する。「ジャストフィットグリップ」によって、“一眼レフ感覚”での撮影が可能だ(2005/4/12)

ビクター、HDDカム「Everio」に3CCDを搭載した新モデル
日本ビクターはHDDカムコーダ「Everio」の新製品として、3CCDを搭載した「GZ-MC500」を発表、6月上旬より発売する。撮影時重量は約400グラムで、3CCDを搭載した製品としては世界最小・最軽量を実現している。(2005/4/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。