ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アサヒビール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

コト消費を打ち出す:
「ビール“を”楽しむ」から「ビール“で”楽しむ」へ アサヒ、スーパードライのデジタル施策を大転換
アサヒビールは、看板ブランド「アサヒ スーパードライ」のマーケティング戦略を強化する。ビール市場が縮小する中、若年層をターゲットにしたデジタル施策などを展開し、ビールによる「コト消費」を打ち出す。(2020/1/8)

副業の普及を阻む企業の“壁” 殻を破れない日本人の事情とは
政府が働き方改革で推進している副業。東京・丸の内のオフィス街で、副業のマッチングサービスの実証実験が行われるなど、注目が高まっている。ただ、多くの企業、ビジネスパーソンが副業に踏み切れない“壁”が存在する。(2020/1/7)

きっかけはシェアオフィス:
特殊技術の「溶けにくい果汁氷」を入れたビアカクテル提案 アサヒビール、大日本印刷が協業
アサヒビール、大日本印刷、FULLLIFEの3社は、新開発の溶けにくい果汁氷を入れたビアカクテルを飲食店に展開する。若年層に向けてビールの新しい飲み方を提案。シェアオフィスでの出会いをきっかけに協業に至った。2020年6月までに200店舗への導入を目指す。(2019/12/9)

続々進む「無人」と「省人」 気になるお店の狙いを探る:
「無人レジだけ」「カメラがたくさん」 ミニストップの省人化実験店舗に行ってみた
ミニストップが省人化実験店舗を運営している。店内には無人レジしかない。実際に行ってみたら無人レジ以外でも実験的な試みをしていた。(2019/11/28)

【Amazon週末ピックアップ】アナ雪、返品可能なベッド、ボージョレ・ヌーヴォーなど、開催中のセールやキャンペーンまとめ
今年ももうボージョレ・ヌーヴォーの季節。(2019/11/8)

ビール2億本分の“巨大ジョッキ”:
30周年のアサヒビール本社 異彩を放つビルはなぜできた?
東京・隅田川のほとりに建つ、ビールジョッキの形をした「アサヒグループ本社ビル」と、巨大なオブジェが載った「ホール棟」。創業100周年記念として建設されてから30年。今もランドマークとして親しまれている。この目立つビルに込められた意味とは?(2019/9/20)

遺跡の上、あえて建てた物流施設 Amazonも入居
世界文化遺産に登録された百舌鳥・古市古墳群のある大阪府藤井寺市で、遺跡の上に建てられた大型物流施設の取り組みが注目を集めている。企業側は立地の良さに着目。発掘調査の期間を含めた長めの工期をとって計画を立てた上に、展示スペースを設けて出土品を一般公開した。行政も評価する「遺跡に優しい開発」の実態とは。(2019/9/19)

調査で明らかに:
「カロリー」から「糖質・糖類」へシフト “健康気にする”市場に変化あり
「糖質オフ・ゼロ」や「糖類オフ・ゼロ」を表示する食品の市場が伸びている。一方で、「カロリーオフ・ゼロ」関連の市場は頭打ち。富士経済の調査から見えてきたトレンドとは?(2019/8/5)

屋内空間データの協創プラットフォーム:
IoTチェアや日本各地の風を再現する空調機など、“未来のオフィス空間づくり”を目指す実証の場が開業
オカムラ、ダイキン、パナソニックら9社は、未来のオフィス空間づくりを目的に、IoTを使った空調、照明、セキュリティなど、最先端サービスの実証実験を行う会員型コワーキングスペース「point 0 marunouchi」を東京・丸の内にオープンさせた。(2019/7/18)

データに基づくたゆまぬ改善でさらなる成長を目指す
メルカリ流「分析の組織と文化」はこうして作られる
ガートナーのイベントにおけるメルカリの松田 慎太郎氏の基調講演から、同社における分析の組織と文化の作り方についてまとめた。製品選定の話ではないが、分析を社内に根付かせる上で参考になるはずだ。(2019/6/26)

自然エネルギー:
ビール工場に「再エネ×水素」で電力供給、アサヒビールが東芝「H2One」を導入
アサヒグループホールディングスが茨城県のビール工場に東芝のCO2フリーの自立型水素エネルギー供給システム「H2One」を導入。工場見学時の試飲に必要なビールサーバ、照明など見学施設の電力として活用する。(2019/6/20)

製造マネジメントニュース:
輸入ワインも自動検査で生産性3倍、画像処理技術を活用
アサヒビールとNECは画像処理技術を活用した「輸入ワイン中味自動検査機」を共同開発した。同検査機の導入により、人が目視で実施している輸入ワインの検品作業の品質を維持しつつ、作業を効率化し最適な品質管理体制を目指す。(2019/6/11)

商品パッケージの校正、AIで省力化 「作業の負担7割減」へ DNP、飲料メーカーなどと検証
DNPは、商品パッケージ制作時に、必要な表示が正しく記載されているかなどを確認する校正・校閲作業を、AIを活用して省力化する取り組みを強化する。さまざまな形状のパッケージの文字を認識し、パッケージ原稿との差異をAIで抽出。差異があったところだけを人間がチェックすることで、校閲・校正作業負担の7割削減を目指す。(2019/5/29)

20代の若手社会人が「転職したい企業」、Google、Amazon、楽天など人気 1位は……?
20代の若手社会人が「この会社に転職したい!」と考えている企業は? 学情が調査した結果、Google日本法人が2位、アマゾンジャパンが4位、楽天が9位に入るなど、IT企業が上位だった。1位だった企業は……?(2019/5/27)

輸入ワインの検品を画像処理技術で効率化 熟練検査員の検品水準を維持――アサヒビールとNEC、自動検査機を共同開発
アサヒビールはNECと共同で、画像処理技術を活用した「輸入ワイン中味自動検査機」を開発。熟練検査員が目視で行っている輸入ワインの検品水準を維持しつつ、自動検査機を導入することで、販売数量の増加が見込まれる輸入ワインの効率的な品質管理体制を確立する。(2019/5/21)

平成の人気企業:
文系・理系の1位は? 2020年卒、就職人気ランキング
マイナビと日本経済新聞社は共同で、2020年卒学生を対象にした「就職企業人気ランキング」を実施し、上位100社を発表した。文系・理系の1位は……(2019/4/9)

人気の理由は福利厚生:
味の素が初の1位に 2020年卒就職人気ランキング
楽天が運営する就活情報サイト「みん就」が就職人気企業ランキングを発表。食品・飲料メーカーの人気が上がり、味の素が初の首位を獲得。理由は?(2019/4/5)

「朝型勤務」制度が人気:
20年卒学生の人気企業、2位は味の素 6年ぶりに首位になったのは……
20年3月に卒業予定の学生に人気の企業は? 学情が調査結果を発表。2位は味の素だった。1位は……?(2019/3/18)

特集・RPAで仕事が変わる:
残業なくして乾杯♪ アサヒがRPAロボット量産に成功した理由
アサヒ飲料やアサヒビールを抱えるアサヒグループは、人事情報登録にRPAを導入して年間約1300時間の業務量削減に成功。現在は30ものグループ企業にさまざまなロボットを導入している。スムーズに展開できた理由は何か。担当者に話を聞いた。(2019/2/23)

フラットな社風が高評価:
社員が選ぶ「働きがいのある企業」、三井不動産など上位に 1位はやっぱり……?
社員が最も「働きがい」を感じられる企業は? 就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」が調査結果を発表。セールスフォース・ドットコムや三井不動産が上位に入った。1位は……?(2019/1/23)

レガシーデータを自動で整理
低品質データのクレンジングにRPA型botを投入すべき理由
データのクリーニングに問題はないだろうか。本稿では現在データを取り巻く状況を明らかにする。ビジネスプロセス改善の専門家とそのチームによる、データクレンジングにRPA型botを使う実験も紹介する。(2019/1/23)

2万時間の削減を目指す:
紙の帳票にシステム入力……多重業務だった経費精算を自動化したアサヒグループ 目指す“新たな出張のかたち”とは?
アサヒグループでは、交通費の入力、伝票の提出など、業務の工数が多い経費精算業務を自動化しようとしている。予算をゼロから見直す「ゼロベース予算」の取り組みから始まった自動化は、どれほどの効果を生もうとしているのか。(2018/12/7)

「第3のビール」ってそもそも何? 第2のビールもあるの?
お酒を飲む人には常識?(2018/11/20)

Product 360、IICSはどのような効果があったのか
三越伊勢丹、クックパッド 効率的なデータ管理のための基盤づくりを語る
インフォマティカのデータ管理システムを使ったデータの連携や統合について、三越伊勢丹グループ、クックパッドの事例を紹介する。(2018/9/21)

建設×VR/AR/MR:
サービス付き高齢者向け住宅の販売センターにVRシステム導入、入居検討者に仮想空間で住まい提案
兵庫県西宮市で建設が予定されている国内最大規模のサービス付き高齢者向け住宅「エレガーノ西宮」の販売センターに、福井コンピュータアーキテクトが開発した高性能VRシステムが導入された。販売センターには、サービス付き高齢者向け住宅では全国初となるVR体験スペースを常設し、入居検討者やその家族にVRを活用して住まい提案の支援を行っていく。(2018/9/19)

博士号を持つメンバーは後でいい
データサイエンスチームに必要な“9つのプロフェッショナル”
データサイエンス分野は、企業がデジタル経済で成功を収めるのに不可欠な要素になっている。本稿では、掛けた費用に見合う価値を得るためのデータサイエンスチーム編成方法を考える。(2018/9/19)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
どん底に追い込まれたから大逆転がある――日清食品 執行役員 CIOグループ情報責任者 喜多羅滋夫氏
P&G、フィリップモリスジャパンなど、外資系企業の日本法人のシステム部門を経て、日清食品でCIOを務める喜多羅滋夫氏。華やかな経歴を持ちながら、実は「紆余曲折あっての人生」だったという喜多羅氏が語るITエンジニアの成長の糧となる挑戦やキャリア形成のコツとは。(2018/9/7)

常見陽平のサラリーマン研究所:
『情熱大陸』に出たい連中、痛くないか?
読者の周囲に「オレ、『情熱大陸』に出たいんだ」という人はいないだろうか。正直に言おう。こういう人は、痛い。ちょっと引いてしまう人たちに、どのように対応すればいいのかというと……。(2018/9/7)

「ガートナー データ & アナリティクス サミット 2018」レポート
アサヒビール×JAL×SOMPOホールディングス、データ活用のための組織と人材を語る
データ分析を担う人と組織はどうあるべきか、企業においてデータサイエンスに取り組む3人の担当者が語り合った。(2018/8/9)

名は体を表す:
サッポロ第三のビール「LEVEL9」、謎のレベル設定で売れた深い訳 
サッポロビールの高アル系第三のビール「LEVEL9」が好調だ。このジャンルで最高のアルコール度数「9」の数字をプロモーションで強調したほか、ターゲットである中年男性がゲーム世代のためRPGで出てくる「レベル」を商品名に入れた。(2018/7/30)

7月下旬に再販売:
“透明ビール”を飲んでみた 8年越しの開発、アサヒ「クリアクラフト」
アサヒビールがテスト販売を開始した透明な発泡酒「クリアクラフト」。7月下旬から2回目のテスト販売を実施する。技術的なハードルを越え、8年越しで開発された「透明ビール」を飲んでみた。(2018/7/17)

「アサヒ ドライゼロ」に初のペットボトル版 ゴクゴク飲めるビールテイスト清涼飲料
夏限定で発売されます。(2018/6/9)

Tokyo International BarShowが開催:
働く女性にジンをアピール お酒の世界もボタニカルがブーム
都内で開かれたアルコール・バー業界の世界的なイベント「Tokyo International BarShow 2018」では出展ブースの多くがジンをアピールした。(2018/6/1)

ついに「カイジ」がアサヒビールと犯罪的コラボ 「瞬冷がキンキンに冷えてやがるっ……!」
豪遊……!(2018/3/13)

高アルコールが人気:
キリン「のどごし STRONG」 1週間で2000万本販売
キリンビールの「キリン のどごし STRONG」が発売から1週間で2000万本を販売。好調の理由は?(2018/1/30)

値上げの影響は?:
アサヒのワイン事業、18年売上高目標は424億円
アサヒビールはワイン事業の戦略説明会を開き、2018年の売り上げ目標は前年比3%増の424億円だと発表した。4月に実施するワインの値上げで、売れ筋のチリワイン「サンタ・ヘレナ・アルパカ」の目標出荷数量は前年実績と同じに。(2018/1/24)

ビールは1986年並みの水準:
昨年のビール類出荷は過去最低更新、新ジャンルでアサヒが首位
ビール各社が発表した2017年のビール系飲料(ビール・発泡酒・新ジャンル)の課税出荷数量は前年比2.6%減だった。(2018/1/16)

肯定的だが……:
日本企業は今年の賃上げに前向きか 各社首脳に聞く
今年の賃上げに言及した各社首脳のコメントは。(2018/1/9)

2度目の「お色直し」終える:
アサヒビール“金のオブジェ”復活 鮮やかな色よみがえる
東京・浅草のシンボルとして親しまれている“金のオブジェ”の塗り替え工事がほぼ完了。鮮やかな金色に生まれ変わった姿が見られるようになった。(2017/12/13)

「アルパカ」など15ブランド:
アサヒ、18年4月からワイン値上げ 調達コスト上昇で
アサヒ、18年4月からワイン値上げ 調達コスト上昇で(2017/12/6)

日本ワイン 140年の真価:
造り手の情熱は等しく 進化続ける日本ワインの未来
日本のワイン業界が活性化している。個人事業主など新規参入が相次ぐ一方で、大手メーカーも積極的な投資を行なっている。日本ワインの未来に向かって――。(2017/12/4)

プリッツ先輩のことも忘れないで!!! 2017年「ポッキー&プリッツの日」総まとめ
シェアハピ?(2017/11/11)

スーパードライホール上の金色オブジェが無くなる? SNSで報告相次ぐ → アサヒビール「塗替え中です」
よかった、金色オブジェはなくならないんだ。(2017/11/7)

スピン経済の歩き方:
「ウィルキンソン」がバカ売れしている本当の理由
「ウィルキンソン」が売れている。躍進のきっかけはハイボールブーム。割り材としての需要が増えたことでブランド認知が上がったそうだが、大事な要素が欠けているのではないだろうか。どういうことかというと……。(2017/9/5)

アサヒグループHD、AI分析を人事に活用、従業員のキャリアパスや人材育成計画を最適化
アサヒグループホールディングスが、AIを活用し、人材活用の分析と後継者育成の管理を行う「コーナーストーン・インサイト」と「コーナーストーン・サクセッション」を導入した。(2017/9/4)

12業界260の有力企業・ブランドを調査:
ANAのWebサイト価値は1000億円超――トライベック・ブランド戦略研究所調べ
トライベック・ブランド戦略研究所は、日本の有力企業・ブランドのWebサイトの価値を算出する「Web Equity」の2017年版の調査結果を発表した。(2017/8/28)

カクテルの新商品投入:
テキーラを気軽に飲みやすく サントリーが提案強化
サントリースピリッツは、テキーラの飲み方提案を強化。「ショットグラスで飲む」「飲みにくい」という印象から、日常的に飲みやすいイメージに転換を狙う。9月26日にテキーラベースのカクテルの新商品「サウザクーラー」を発売する。(2017/7/21)

Advertising Week Asia 2007レポート:
日本における動画マーケティングのトレンドと成功法則
動画マーケティングで成功するにはどうすればいいのか。本稿ではFacebookで反響を呼んた動画広告コンテンツ上位5000件の分析結果から得られた知見を紹介する。(2017/7/5)

“フレッシュ”にこだわり:
「もぎたて」大ヒットまでの道のりとは?
ITmedia ビジネスオンライン編集部が主催する読者イベント「アクションリーダー学」。第2回目は、アサヒビールの缶酎ハイ「もぎたて」の開発プロジェクトリーダー、宮广(みやま)朋美さんが登壇。ヒット商品誕生までの取り組みを語った。(2017/6/7)

自然エネルギー:
自然エネルギーで製造したビール、累計100億本を超える
アサヒビールは、バイオマス発電や風力発電といった自然エネルギーを活用して製造した「アサヒスーパードライ」の累計製造本数が、2016年末時点で100億本を超えたと発表した。(2017/6/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。