ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「住友生命保険」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ポケモンGO」と住友生命がパートナーシップ提携 歩くと保険料が減額、アイテムがもらえる特典も
ポケモンGOユーザーにはうれしい特典付き。(2021/3/24)

住友生命保険が「ポケモンGO」のスポンサーに 歩くとアイテムがもらえる契約者向けサービスも
住友生命保険がポケモンGOを運営する米Nianticとのパートナーシップ契約を発表。23日以降、住友生命の窓口やオフィスなどが「ポケストップ」「ジム」としてゲーム内に登場する。(2021/3/22)

プロジェクト:
三井不動産が新たに物流施設を7件開発、総延べ床面積は約390万m2に
三井不動産はこのほど、新たに物流施設を7件開発することを発表した。新規開発施設7物件を含めた三井不動産の物流施設は、合計47物件で、総延べ床面積は約390万平方メートルに及び、累計投資額は約6100億円に達する。(2021/3/10)

コロナ禍に負けないシステム開発の裏側:
PR:住友生命のデジタルシフト、保険業界の非対面営業をどのように実現するのか?
対面営業が中心だった保険業界にとって非対面、非接触のデジタルシフトは急務だ。デジタルを活用して契約者に新たな付加価値を提供する、住友生命の新型保険を支えるシステム開発基盤とは。(2021/1/29)

検知、対応を含めセキュリティ対策を迅速化:
PR:コスト削減とセキュリティの強化を実現、住友生命が採用したマネージドWAFとは
ITを活用してお客さまに安心や満足できるサービスを提供するため、デジタル化を加速させている住友生命。同社は、IT運用とセキュリティを強化しながら、運用管理の負荷やコストの大幅削減に成功した。そのポイントはどこにあるのだろうか。(2020/11/12)

攻撃高度化に加えて、運用負荷、コストも課題
住友生命が挑んだセキュリティの「三重苦」、WAF導入の経緯を聞いた
デジタル化を加速させている住友生命にとっての課題は、高度化しているサイバー攻撃への対応だった。セキュリティ対策に関する運用負荷やコスト増も同社に重くのしかかっていた。その中で同社はWAF導入を決断。経緯を聞いた。(2020/11/12)

銀行や携帯電話、複雑な手続きを“ワンストップ”化へ みずほ銀やKDDIら参加の新サービスが2020年6月に開始
トッパン・フォームズは、共通手続きプラットフォーム「AIRPOST」の消費者へのサービス提供を2020年6月下旬に始める。携帯電話事業者3社のメッセージサービス「+メッセージ」を利用して、各社への口座振替の申し込みや住所変更といった手続きを一元化できる。(2020/5/12)

「世界」から取り残されないために:
PR:新時代のリーダーの役割 「大企業のイノベーター」に必要なマインドセットとは
(2020/3/18)

PR:「恐怖心があった」 住友生命のデータ基盤構築、“PaaS初チャレンジ”を乗り越えた担当者たち
(2020/1/29)

PR:経験・勘に依存しない「データドリブンの会社」に──住友生命の社内で“意識改革”を仕掛ける男たち
(2020/1/29)

鹿島らのプラネタリウムを併設した高層オフィスビル「横濱ゲートタワー」、横浜MM21で始動
鹿島建設ら3社が共同で、みなとみらい21(MM21)中央地区で計画を進めている高層オフィスビルの名称が「横濱ゲートタワー」に決まり、本格始動する。「横浜」駅から徒歩6分のロケーションで、2021年秋の完成を目指し、21階建ての大規模オフィスビルを建設する。(2019/4/4)

トークンエコノミーで保険加入者の健康増進に貢献:
富士通エフ・アイ・ピー、住友生命に「ValueFrontポイントサービス」を提供
富士通エフ・アイ・ピーは住友生命保険に「FUJITSU リテイルソリューション ValueFrontポイントサービス」を提供開始した。(2019/2/1)

“いま”が分かるビジネス塾:
ジムに通うと安くなる保険から考える、健康維持の秘訣とは
スポーツジムに通うなど、健康増進活動をすると保険料が安くなるという新しい保険商品が注目されている。運動好きな人を中心にどれだけ保険料が安くなるのかに関心が集まっているようだが、この商品の注目点はそれだけではないのだ。(2018/8/2)

OCR前提の紙資料の撮影、タブレットのカメラで――キヤノンMJが提供へ
キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)が、タブレット端末のカメラで紙文書を撮影してデータ化する「Mobile Captureソリューション」を提供する。(2018/5/29)

常見陽平のサラリーマン研究所:
AI採用っていいじゃないか いや、弱点もある
AI(人工知能)選考を導入する企業が増えてきた。AIが「書類選考」と「面接」をやってくれるので、いいことばかりじゃないかと思われた人も多いかもしれないが、弱点もある。それは……。(2018/5/4)

事故/物件/設備調査、試作品設計、ペーパーレス化、営業活用……:
PR:スマホカメラを使った現場の業務効率化アイデアを現実のものにした7つの事例
働き方改革に向け“モバイル活用”に着目する企業は数多い。ただし、そこで課題となるのがスマートデバイスの情報漏えいリスクである。その対応なくしてはモバイル活用の現実化は望みにくいが、対策徹底はコストや手間の面で難しいのも事実である。こうした中、状況の打開に向け注目を集めているスマートデバイス向けセキュリティソリューションがある。その魅力に迫る。(2018/3/14)

2017年紅白出場歌手決定! 初出場はSHISHAMO、TWICE、エレカシ、竹原ピストルら計10組、安室奈美恵は不出場
TWICEやLittle Glee Monster、WANIMA、トータス松本らも。(2017/11/16)

住友生命、顔認証を搭載した営業向けタブレットをNECと共同開発 4万台を導入へ
住友生命保険は、顔認証機能を搭載したタブレット端末をNECと共同開発し、営業職員向けに4万台を導入する。(2017/9/27)

PR:数百億レコード規模のビッグデータ統計解析基盤にNEC Cloud IaaSを採用
京都大学 大学院情報学研究科 助教 佐藤彰洋博士に、ビッグデータ統計解析研究のクラウド基盤として「NEC Cloud IaaS」を採用した経緯とその効果について、詳しく聞きました。(2017/8/30)

PR:日本で普及が遅れるIoT、ソフトバンク流「成功の方程式」とは?
既存のビジネスモデルを大きく変革する可能性として、IoTへの関心が急速に高まっている。しかし、国内企業の大半は足踏みを続けており、活用に成功している企業は少数だ。IoTの導入に企業が苦労しているのはなぜなのか。そして課題克服に向け、果たしてどんな対策が求められているのか。(2016/11/30)

住友生命、SDN技術を利用する次期イントラネット基盤を構築へ
NECは、住友生命保険から統合イントラネット基盤の次期システム構築を受注。2018年度の稼働を目指す。(2016/10/18)

週刊「調査のチカラ」:
Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端末の成長予測まで。現在過去未来を結ぶ調査ウォッチの旅へようこそ。(2016/9/24)

会社員が最も大切にしている人脈は? 一番多かったのは……
会社員が最も大切にしている人脈は?――住友生命保険調べ。(2016/9/20)

「自分の成長を実感できる企業」ランキング 1位と2位の共通点は?
仕事を通じて成長を実感できる企業は?――エン・ジャパン調べ。(2016/8/3)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
なぜ将来が不安な人ほど、個人年金に入ってはいけないのか
公的年金だけでは不安。将来のために個人年金への加入を考えている人も多いと思いますが、個人年金も安心できないようです。(2016/1/25)

住友生命、グループ8社のIT基盤をクラウドで共通化
住友生命はグループ8社のIT環境の共通化とセキュリテイ強化を図った。この環境にクラウド基盤サービスを活用している。(2014/10/8)

導入事例:
住友生命、全国400の研修拠点でクラウド型Web会議システムを導入
研修の効率化や均質化を実現したほか、従来使っていたテレビ会議システムと比べてコストも削減できたという。(2014/1/22)

NEC、ビジネス向けのWindows 7スレートPCを発売
住友生命が業務用に約4万台導入する予定のベースモデルとなる。(2012/3/21)

導入事例:
住友生命が4万台のスレートPCを導入、7月から3万人が利用
営業職員が使用する端末を、モバイルPCからLTE回線に対応したタブレット形状のスレートPCへ切り替える。Windows資産をそのまま継承して顧客サービスを強化できるというのが理由だ。(2012/3/13)

導入事例:
NEC製Windows+Xiタブレット、住友生命営業職員用新端末に採用──4万台納入
NECが住友生命の営業職員用端末としてXi搭載Windowsタブレットを開発。薄型軽量のタブレットボディに加え、高速データ通信機能と高度なセキュリティ機能を実装する。(2012/3/13)

「いいね!」から見えてくる就職人気企業ランキング 上位にニトリやポケモン
Facebookで企業が展開している新卒採用ページのいいね!数をもとにした「ソーシャル就職人気企業ランキング」をユーザーローカルが公開。通常のランキングでは登場しない企業が上位にランクインしている。(2011/12/6)

3分LifeHacking:
生保・損保・共済などの地震対応まとめ
地震被害にあった人が必ずチェックしたい保険関連の情報をまとめました。(2011/3/22)

笑顔にしてくれる言葉、1位は断トツで「ありがとう」
うれしい時や幸せな時に出る笑顔。「あなたを笑顔にしてくれる言葉は何ですか?」と聞くと、最も多かったのは断トツで「ありがとう」だった。住友生命保険調べ。(2010/8/13)

NEWS
スミセイ情報システムとNEC、住友生命の資産運用システムをクラウドサービス化
スミセイ情報システムとNECは、金融機関向けクラウドサービスで協業する。協業第一弾として、住友生命の資産運用システムをクラウドサービスとして提供する。(2010/7/26)

スミセイ情報システム、NECと協業し住友生命の資産運用システムをクラウド化
スミセイ情報システムは、NECと金融機関向けクラウドサービス事業で協業する。協業の第一弾は、住友生命への資産運用システムの提供となる。(2010/7/23)

生命保険にいくら支払っていますか?
(2010/6/24)

ホワイトペーパー:
全社的なセキュリティ・レベルの向上に欠かせない、Active Directoryの一元的な管理と運用を実現
案件別の権限委任や監査ログの記録、組織変更の際もバッチ処理で対応する等、権限委任と統制強化の両立とともに、運用の大幅な効率化を実践するスミセイ情報システムの取り組みを紹介(提供:NetIQ)。(2010/6/17)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
ユーロ安を嫌気して売られダウ平均は1万ドル割れ
(2010/5/27)

ヤマハ、「YSP-4100」の体験会を全国で開催
ヤマハは、11月下旬から12月中旬にかけて、サウンドプロジェクターの新製品「YSP-4100」の体験会を全国4都市で開催する。入場は無料。(2009/11/6)

仕事や結婚相手の理想に違い……今年と20年前の新入社員
4月入社の新入社員は仕事に対し、どのような考え方をしているのだろうか? ビジネス社会に必要なものは「行動力・実行力」がトップ、次いで「コミュニケーション力」という結果に。住友生命保険調べ。(2009/3/31)

ミドルが経営を変える:
【第13回】従業員主導の「三等重役」選び――安田生命および大成建設の事例
戦後すぐに経営者に抜擢された人たちは「三等重役」とやゆされた。しかし中には、一等級の働きを見せた者も存在した。前回に続き、混乱期における企業の取り組みを紹介する。(2009/1/23)

2008年の世相を反映した「創作四字熟語」は?
(2008/12/11)

ミドルが経営を変える:
【第12回】一等級の働きをした「三等重役」――住友生命の事例
戦後間もなくGHQによって断行された公職追放により、多くの日本企業は経営トップを失った。その穴埋め役になったのが「三等重役」と呼ばれた若き実業家たちだった。(2008/12/11)

ネット生保の関心度は37.0%――しかし最も加入したい生保では“苦戦”
保険金の不払い問題などで不信感が根強く残る生命保険業界。しかし「現在加入している生保との契約を継続したい」と考えている人は増加傾向にあるようだ。マイボイスコム調べ。(2008/8/11)

住友生命、新卒採用に関する個人情報303人分を電子メールで誤配信
住友生命は、総合職員採用に応募している一部学生303人分の個人情報を流出したと発表した。会社訪問に関する電子メールを送信する際に、応募者リストが添付されていることを見逃してしまった。(2005/3/28)

システム導入事例記事リンク集 50音順
(2003/12/17)

システム導入事例記事リンク集 業種別
(2003/12/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。