ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「帝国データバンク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

9月にはポテチやじゃがりこも:
カルビー、「かっぱえびせん」や「サッポロポテト」値上げ
カルビーは8月2日、11月1日納品分から値上げを実施すると発表した。対象商品は、「かっぱえびせん」「サッポロポテト」シリーズ、「おさつスナック」など合計30品。値上げの想定改定率は、約10〜20%としている。(2022/8/3)

帝国データバンク調べ:
国内企業の約11%は「ゾンビ」 倒産状態のまま生き続けられる理由とは?
実質的な倒産状態であるにもかかわらず、営業を継続している「ゾンビ企業」。帝国データバンクの調査によると、20年度のゾンビ企業率は11.3%と19年度(9.9%)から1.4ポイント上昇し、その企業数は約16.5万社と推計。同社は、コロナ禍による金融支援によって、ゾンビ企業が延命していると指摘する。(2022/8/2)

インボイスネットワークに勝機 Sansanが請求書管理Bill Oneで目指す戦略とは
各社がインボイス制度に対応した請求書受領サービスを推し進めている。そこには会計SaaSを中心としたマネーフォワードやfreeeはもちろん、新興のTOKIUMやバクラクブランドで展開するLayerXなど数多い。そして、名刺管理ソリューションを主軸としてきたSansanも、Bill Oneというサービス名で新規参入した1社だ。(2022/8/2)

入金確認作業に10時間も:
約8割の中小企業が受発注にFAXを使用 DXが急務な中でもやめられないワケ
「日本の中小企業の75.8%は受発注をファックスでやり取りしている」――そんな結果が明らかになった。DXが叫ばれている中、なぜ中小企業のファックス使用はなくならないのか?(2022/7/28)

価格高騰の影響は:
お得だと外食に行きたくなる食材 3位「カニ」、2位「うなぎ」、1位は?
リクルートは、最近の物価上昇にともない「外食と高級食材」についてアンケート調査を行った。「お得だと外食に行きたくなる食材」や「外食時、値上げにより注文を諦めた食材」として挙がったのは?(2022/7/26)

値上げの夏:
値上がりで“買い控えよう”と思う商品 1位は?
値上げが予想される中、人々はどのような意識でどのように行動をしていくのだろうか。マーケティング支援を行なうネオマーケティングが、20歳以上の男女を対象に「食料品の値上げ」に関する調査を実施した。(2022/7/20)

スピン経済の歩き方:
「中小企業淘汰論」はなぜ“炎上”しにくくなったのか 日本に残された時間
「中小企業は減らしたほうがいいよ」――。こうした「中小企業淘汰論」を掲げても、ネット上で炎上しにくくなっている。数年前であれば、すぐに燃えていたのに、なぜ話題になりにくくなったのか。背景にあるのは……。(2022/7/19)

電力「最終保障供給」の利用が前年比34倍に 新電力の撤退・縮小で
ウクライナ危機に伴う燃料価格高騰、新電力の撤退や事業縮小などで、電力会社と契約できない企業が増加し、セーフティーネットとして用意された「最終保障供給」の契約件数が前年比約34倍に急増している。(2022/7/8)

EV化 動く関西企業 エンジン消えるかも…… 揺れる町工場「すぐには変われない」
脱炭素で注目を浴びるEVだが、一方でエンジンが不要になるなど、従来のガソリン車に比べ製造に必要な部品が減るため、部品を納入する中小を中心とした関西のモノづくり企業も事業の見直しを迫られるケースが出てきた。(2022/6/23)

今後、どうする?:
相談しづらい「父の会社の事業継承」 父の日が絶好のきっかけに?
M&Aキャピタルパートナーズ(東京都千代田区)は、「父の日」にあわせて、経営者を父に持つ子どもを対象とした事業継承の実態調査を行った。(2022/6/19)

AOKIグループ傘下:
ネットカフェの天下統一! 快活CLUBが、倒産相次ぐ業界で“独り勝ち”したワケ
インターネットカフェ業界が、ピンチに陥っている。かつて2000億円を超えていた市場規模は約1000億円にまで減少、倒産する企業も少なくない。そんな中、“独り勝ち”しているのが快活フロンティアが展開する「快活CLUB」だ。沈みゆく業界の中で、成長を続けられる秘訣はどこにあるのか。常務取締役、中川和幸さんに話を聞いた。(2022/6/18)

閉店も:
100円ショップはどうなる? 値上げラッシュ直撃
食品や日用品が値上げラッシュのなか、低価格のアイデア商品がそろう100円ショップの動向に注目が集まっている。商品の調達コストが高くなり、一部商品が販売休止となる可能性がある。(2022/6/17)

「Internet Explorer」サポート終了で、東京・調布市「なんで急に」報道 自治体DXに必要な“たった1つ”のこと
「Internet Explorer」サポート終了で、東京都調布市の職員が「なんで急に」とコメントしたとする報道がTwitterで話題となっている。自治体DXの推進に必要な視点を考察した。(2022/6/18)

3分インタビュー:
斬新! 「カゴがなくても荷物を運べる自転車」はなぜ生まれたのか
自転車に荷物を載せるには前カゴを使うのが当たり前――そんな常識を変える商品が発売された。自転車専門店DAIWA CYCLEが発売した“カゴがなくても荷物を運べる”自転車「トートバイク」だ。その開発背景を聞いた。(2022/6/14)

新電力会社の1割超が事業撤退、2カ月で3倍以上に 帝国データバンク調べ
2021年4月までに登録のあった新電力会社706社のうち、1割超にあたる104社が6月8日までに倒産や廃業、電力事業の契約停止や撤退をした──帝国データバンク(TDB)はそのような調査結果を発表した。3月末時点では31社だったが、2カ月で3倍以上に増えた。(2022/6/13)

見直し:
日本の製造業に「国内回帰」の波、流れは逆転したのか
中国やロシアなど安全保障上のリスクや、感染症などへの対応、為替の円安基調を背景に、日本の製造業の「国内回帰」や「国内強化」が進んでいる。10年ほど前までの「超円高」時代には生産拠点を海外に移し、空洞化が進んだが、流れは逆転したのか。(2022/6/6)

影響を受けるのは:
ホテルにも値上げの波 訪日客回復は「年明け」か
新型コロナウイルス禍で稼働率が低下し、厳しい経営環境にあるホテル業界にも値上げの波が押し寄せている。コスト高の影響を大きく受けるレストランを中心に、人件費高騰などでサービス料の値上げを余儀なくされる施設も。(2022/5/30)

開園当初は4200円:
ディズニー入園料、30年で約2.5倍! 今後どこまであがる? 「綿密な戦略」を専門家が徹底解説
2021年10月、東京ディズニーリゾートのパークチケット価格(入園料)が最大700円値上げされた。ディズニーの価格改定をひも解いていくと、値上げで得た利益をサービス向上に投資し、顧客の満足度を高めるプライシング戦略が見えてきた。(2022/5/25)

スピン経済の歩き方:
老舗が続々廃業! 「和菓子店の危機」がここにきて深刻なワケ
老舗和菓子店が相次いで廃業している。地元の人に長く愛されてきた和菓子店が、なぜ閉店しているのだろうか。原因は「新型コロナの感染拡大」「手土産需要の減少」だけでなく……。(2022/5/24)

新たな手口:
狙われるコロナ禍の病院 「借金半分棒引き」の甘い罠
新型コロナウイルス禍で資金繰りに悩む医療機関に近づいて返済不要な公(おおやけ)の融資枠があると偽り、高額な手数料をだまし取る詐欺行為が、全国で横行している。(2022/5/22)

8割以上が「必要」:
深刻なプロ人材不足 「業務委託」は救いの一手となるか
情報や技術のアップデートが年々早まる中、プロフェッショナル人材の不足が深刻だ。そんな中、業務委託への期待が高まっている。みらいワークスの調査では、83.4%の企業が「今後プロ人材の業務委託が必要になる」と回答した。(2022/5/20)

回転すし「10円戦争」時代:
価格よりおいしさ重視のスシロー、都市を攻めるくら寿司 「100円皿」危機の中、各社の戦略は
回転すしチェーン店の値上げ報道が続いている。水産資源の高騰や円安によるコスト増などから、かつて回転すしチェーン店の代名詞であった「100円皿」も存続が危ぶまれている。スシロー、くら寿司、はま寿司、かっぱ寿司はこの状況をどのように受け止め、どのような戦略を立てるのか。話を聞いた。(2022/5/19)

帝国データバンク調べ:
中国ロックダウン、「製造」「卸売」を直撃 長期化が懸念
帝国データバンクは、中国ロックダウンの影響に関するアンケートを実施し、中国ロックダウンによって、企業活動にマイナスの影響があると答えた企業は48.4%となった。(2022/5/18)

新幹線・駅…… 苦境の鉄道がリモートワークで反転攻勢
コロナ禍で苦境の続くJRや私鉄の鉄道各社が新たな需要を掘り起こそうと、鉄道利用者らのリモートワークを支援するサービスを広げている。駅構内のシェアオフィスの利用は堅調といい、リモートワーク環境を整備した新幹線も運行中だ。(2022/5/17)

電力供給サービス:
値上げや事業撤退が続く新電力、契約企業の7割は「今後も利用を継続」の意向
電力市場価格の高騰を受けた値上げや、事業撤退が続く新電力。帝国データバンクが実施した企業の電力会社の利用状況に関するアンケートでは、新電力と契約する企業の約7割が継続利用の意向を示しているという。(2022/5/17)

新幹線・駅……苦境の鉄道がリモートワークで反転攻勢
新型コロナウイルスの感染拡大の勢いは落ち着いているが、JRなど鉄道各社は駅や鉄道利用者のリモートワークをサポートするサービスを広げている。(2022/5/16)

帝国データバンク調べ:
企業の28.8%が新電力を利用中も、19.7%が大手への切り替え検討
帝国データバンクは、「企業の電力会社の利用状況」に関するアンケートを実施し、企業の28.8%が新電力会社を利用していることが分かった。(2022/5/13)

主要外食100社の3割「1年以内に値上げした」 上昇幅は平均77円 帝国データバンク調査
帝国データバンクは、上場する主要外食100社が過去1年間(2021年4月〜22年4月)に行ったメニューの価格改定(値上げ)を調査した。過去1年に値上げした企業は約3割の29社で、上昇幅は平均で77円だった。値上げの理由に迫った。(2022/5/12)

帝国データバンク調べ:
「回転すし」好調も、原材料高騰と円安で「100円皿」存続の危機
帝国データバンクの調査によると、2021年度の国内回転すし市場は、前年から約600億円増加し、7400億円を超える見込みとなった。(2022/5/11)

今日のリサーチ:
飲食店の原価率が18年ぶり急騰 主要100社の3割が過去1年に値上げ――帝国データバンク調査
経営努力だけで吸収するのはもはや限界。(2022/5/9)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
苦境の新電力、“ソシャゲ感覚”で撤退? 1年で14件、倒産過去最多
企業信用調査最大手の帝国データバンクが4月公表した「『新電力会社』倒産動向調査」によれば、2021年度における新電力の倒産は過去最多となる14件となった。倒産までいかなくとも、電力の小売事業から撤退を余儀なくされた事業者も含めると、その数は31社と過去最悪のペースとなる。(2022/5/2)

ウーバーや串カツ:
飲食で相次ぐ不法就労、背景に何が
就労資格のないスリランカ人たちを働かせていた疑いで大阪市西成区の老舗料亭「鯛よし百番」の運営会社が書類送検された事件。飲食業界では近年、外国人の不法就労で摘発されるケースが相次いでいる。背景にあるのは、慢性的な人手不足と都市部を中心にした在留外国人の増加だ。(2022/4/26)

60社が撤退:
「脱ロシア」日本企業で加速 1カ月で約2倍に急増
ロシアでの事業から撤退する企業が相次いでいる。帝国データバンク調べ。(2022/4/16)

帝国データバンク調べ:
値上げ実施済・予定企業は64.7% ロシアのウクライナ侵攻で原材料の価格高騰が加速
新型コロナウイルスの感染拡大やロシアのウクライナ侵攻による供給制約などで、原材料・原油価格の高騰が続き、商品価格を値上げする動きが相次いでいる。今後、どれだけの企業で値上げが予定されているのだろうか。(2022/4/13)

Sansan、「営業DXサービス」へプロダクト刷新 100万超える企業情報掲載予定
 Sansanは4月11日、提供するクラウド名刺管理サービス「Sansan」について、営業DXサービス「Sansan」へとコンセプトを刷新すると発表した。「営業を強くするデータベース」として、機能強化を行う。(2022/4/13)

スピン経済の歩き方:
会社の倒産は減っているのに、なぜ労働者は“幸せ”そうに見えないのか
帝国データバンクによると、企業の倒産件数が減少しているという。過去2番目に少ないのに、なぜ日本で働く人たちは幸せそうに見えないのか。(2022/4/12)

帝国データバンク調べ:
ロシアのウクライナ侵攻、日本企業にも直撃 幅広い業界でマイナス影響広がる
帝国データバンクの調査によると、ロシア・ウクライナ情勢が自社の業績へ「マイナスの影響がある」と見込む企業は50.3%だった。(2022/4/11)

「“Sansan=名刺”のイメージ変える」──Sansanが営業DX分野に本腰 まずは企業データベースを拡充
Sansanが、名刺管理サービス「Sansan」の営業支援機能を強化する。まずは帝国データバンクと連携し、企業データベースを拡充する。「Sansan=名刺のイメージを変え、営業に活用できるツールとしても認知を広げる」という。(2022/4/11)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
リモート化浸透で変わったことと、変わらないこと
ことしも新年度がスタートし、リモートワーク勤務も2年が過ぎました。(2022/4/11)

現場管理:
エス・ビルド、ロボットによるリモート施工管理を開始
エス・ビルドは、log buildの施工管理ロボット「Log Kun」を導入し、遠隔で工事現場を管理する「リモート施工管理」を開始した。2021年12月より計3台のロボットが活躍している。現場監督のリモートワークを実現し、人手不足の解消や働き方改革を実現する。(2022/4/6)

帝国データバンク調べ:
好調「100均」、市場規模は1兆円へ 1人当たりの購買額は月600円に増加
帝国データバンクの調査によると、2021年度の国内100円ショップ市場(事業者売上高ベース)は、前年から約500億円増加し9500億円となる見込みとなった。(2022/4/4)

新電力、1年で14社倒産 撤退は計31社に 帝国データバンク調べ
帝国データバンクは30日、新電力会社の倒産が2021年度は過去最多の14件に上ったと発表した。直近1年以内に電力小売事業から撤退した事業者を含めると31社に上る。(2022/3/30)

ICTツールと建材調達のプラットフォームを提供:
「IT監督」が中小建設業のDXを全面支援、飛島建設とNTT東日本が4月にBPOサービス会社設立
飛島建設とNTT東日本は、これまで建設業界でIT導入が浸透しなかった問題点を解消すべく、現場とITに精通した「IT監督」によるワンストップサービスを展開する新会社「ネクストフィールド」を立ち上げる。(2022/3/30)

消費者の厳しい視線:
日本企業にも“脱ロシア”の動き 「過去に例がないほど厳しい」
日本企業の間では、ロシア事業を見直す動きも広がっている。各国の経済制裁により、事業環境が悪化していることに加え、ロシアで事業を継続することに対する消費者などの厳しい視線が背景にある。(2022/3/24)

テレワーク、課題はコミュニケーション 意思疎通、不十分で弊害も
新型コロナウイルス禍でテレワークが進み、コミュニケーション不足による弊害を指摘する声が強まっている。(2022/3/23)

テレワーク、課題はコミュニケーション コロナ禍3年目でも意思疎通不十分で弊害
新型コロナ禍でテレワークが本格的に運用されて約2年がたつ。改めてコミュニケーション不足が業務上の課題として浮き彫りになっており、主にIT環境が脆弱な中小企業を対象に解消に向けた取り組みが活発化している。(2022/3/23)

製造マネジメントニュース:
DX推進に関する企業の意識調査、社長が若いほど積極的に取り組む傾向
帝国データバンクは、「DX推進に関する企業の意識調査」結果を発表した。「DXの意味を理解し取り組んでいる」企業は15.7%で、比較的若い社長と企業はデジタルへの垣根が低い傾向が見られた。(2022/3/22)

サイバー攻撃、船舶運航補償……対応急ぐ損保
ロシアによるウクライナ侵攻で両国周辺を通航する貨物船の危険性が高まり、サイバー攻撃などのリスクも顕在化する中、損害保険各社が対応を迫られている。(2022/3/22)

サイバー攻撃に船舶運航補償…… 対応急ぐ損保
ロシアによるウクライナ侵攻で両国周辺を通航する貨物船の危険性が高まり、サイバー攻撃などのリスクも顕在化する中、損害保険各社が対応を迫られている。保険料の引き上げや、頻発するサイバー攻撃の損害を補償・防止する保険の普及を急ぐ。(2022/3/22)

企業全体の約3割「1カ月以内にサイバー攻撃を受けた」 ウクライナ侵攻やEmotetの影響で攻撃増加か
28.4%の企業が「1カ月以内にサイバー攻撃を受けた」と回答した──そのような調査結果を帝国データバンクは発表した。ウクライナ侵攻後に攻撃が増えたという声や、企業規模に関わらずEmotetの被害の声が挙がっており、注意が必要だ。(2022/3/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。