導入事例

新着記事

icon
エンプラこぼれ話:

TwitterやLINEでユーザーと自然言語で会話ができる、日本マイクロソフトの女子高生AI「りんな」がアパレル大手と組んで、オンラインショップの店員に。その裏には“オタク化”しつつあるりんなを、より“女子高生っぽく”したいという狙いもあったようだ。

(2月27日 19時02分)
icon
脱Excelで作業速度が10倍に:

買い切り型から運用型へとビジネスモデルがシフトしつつあるゲーム業界。業界大手のカプコンも既存ブランドのオンラインタイトルをリリースしている。収益のカギを握るユーザー動向の分析に立ち上がったのは、1人の“ゲーム女子”だった。

(2月27日 08時00分)
icon

ジェピコ、NEC、富士通らが、ユーザーが登録した属性情報とサービスを仲介するIoTプラットフォームを開発。2020年に向けた訪日外国人観光客向けサービスの利便性向上を目指す。

(2月23日 11時00分)
icon

5カ年中期経営計画の重点テーマであるコスト構造の見直し・生産性向上を目指し、「SAP S/4HANA 1610」によるEPRを導入。将来の成長に向けたデジタル化を支えるIT基盤の整備を図る。

(2月21日 18時00分)
icon

営業用タブレット5000台に、NECの顔認証エンジン「NeoFace」を搭載した顔認証システムを導入。端末の内蔵カメラに顔を向けるだけでログインでき、作業時間の大幅短縮といった利便性とセキュリティの向上を両立した。

(2月17日 10時00分)
icon

JR西日本の和歌山支社が、南海トラフ巨大地震とそれにともなって発生する可能性がある津波への対策として、VRシステムを使った訓練を導入する。運転士を中心に、乗務員にリアルな疑似体験を繰り返して対応力や判断力の向上を図る。

(2月16日 10時30分)
icon

企業におけるデータ活用には、社内のデータに加えて社外のデータを活用することも重要な視点だ。中でも気象データがビジネスに影響する業界は、全体の約3割だという。日本気象協会は最近、詳細な気象データをビジネスに生かすための実証実験を行っているという。

(2月15日 08時00分)
icon

IBMのエンタープライズ向けパブリッククラウド「Bluemix Infrastructure」を活用して、ビジネス環境のデジタル化に適した新サービスを展開。紙関連事業からビジネス環境のデジタル化へ事業変革の推進を図った。

(2月14日 08時30分)
icon

日立のヒューマノイドロボット「EMIEW3」の多言語対話機能と自律走行機能を活用した店舗案内サービスの実証実験が、2月17日「ダイバーシティ東京 プラザ」で実施される。

(2月10日 14時05分)
icon

VRコンテンツの企画や制作、配信、効果測定までをワンストップで提供し、企業のVR活用を支援するソリューションを発表。H.I.S.の先行導入事例では、顧客満足度や成約率の向上などが期待されるという。

(2月10日 13時45分)
icon

基幹業務システムの基盤をプライベートクラウド環境に集約し、リアルタイムのデータ保護も導入。運用コストの大幅削減とともに、事業拡大に伴う運用やメンテナンス面の業務負荷の低減を実現した。

(2月9日 08時30分)
icon

「ITを経営の武器に」――。デジタル技術が旧来の事業モデルを“破壊”すると言われる現在において、この言葉を実践できるかが企業の存亡にかかわるとされる。リコーが取り組み状況を語った。

(2月9日 07時30分)
icon
ビッグデータで“おもてなし”:

「ドラッグストアなんて、どこも似たようなものじゃないの?」 差別化が難しい業界において、データ活用で活路を探るココカラファイン。プライベートDMPやセルフサービスBI導入の目的は個客単位でのおもてなしにあるという。

(2月8日 08時00分)
icon

Wi2が提供する訪日外国人向け無料Wi-Fi「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」のデータ集約基盤として、IBMのクラウドDBを採用。訪日外国人観光客のさまざまな情報を迅速に把握する仕組みを構築した。

(2月7日 07時45分)
icon

スマホ画面のフリック操作でインターネットバンキング利用時の認証ができる仕組みを法人向けに提供する。

(2月3日 18時19分)
icon

院内ネットワークにSDNを導入し、エコーなどの医療機器を含む電子カルテ系システムと、インターネット接続用PCなどの情報系システムを統合。院内のレイアウトや、医療機器を移動してのネットワーク接続・利用が容易な環境を構築した。

(2月3日 08時15分)
icon

訪日外国人に自ら登録してもらうパーソナルデータと交通系ICカードを連動させ、ホテル・レストラン・小売などで各人に適したサービスを提供する仕組みなどを検証する。

(2月2日 08時10分)
icon

ディープラーニング技術を活用し、専門技術者の目視点検と同等レベルで、路面のわだち掘れとひび割れを同時に検出するシステムを開発。安価で効率的に路面の健全度の見える化が可能になるという。

(2月1日 11時00分)
icon

医師・看護師・介護士・薬剤師などが連携して患者をケアするために、共有する医療情報への安全な自動アクセスを実現する技術を開発。別府市医師会などが、在宅医療現場で実証実験を行った。

(1月31日 08時30分)
icon
清水建設と日本IBM、三井不動産の3社が協力:

日本IBM、清水建設、三井不動産の3社が協力し、日本橋の「コレド室町」で音声ナビゲーションの実証実験を行う。高精度な位置情報と音声ナビゲーションにより、外国人観光客や車いす利用や、視覚障害者などへの実用可能性を探る狙いだ。

(1月27日 07時00分)
icon

松屋フーズが、オラクルの予算管理クラウド「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用した。表計算ソフトと手作業での集計から、クラウドサービスを活用した予算管理に移行。高精度な経営判断と運用負荷の軽減につながった。

(1月26日 19時00分)
icon

センサーに向かって歩くだけで歩行姿勢を測定し、歩行から得られるサインを健康の維持・改善活動に活用できるという。

(1月26日 08時30分)
icon

業務改善から新ビジネス創出まで、幅広い分野でデータ分析を駆使しているカブドットコム証券。データ分析ツールの利用者を増やし、データで物事を語る文化はどのようにして生まれたのか? 講演後のパネルディスカッションでその秘密が見えてきた。

(1月26日 08時00分)
icon
API公開からAI活用まで:

社長が自らデータに触れて、データの分析や活用を進めるカブドットコム証券。同社代表執行役社長の齋藤正勝氏が日本データマネジメント・コンソーシアムが主催するユーザー会で、データ活用の取り組みについて講演を行った。

(1月20日 08時00分)
icon

金属製品に取り付けても安定的にデータの読み取りができるICタグを活用し、レンタル品の管理を支援。ビッグデータ分析で稼働率向上や在庫保管コストの低減や計画購買精度の向上も図るという。

(1月17日 08時10分)
icon

オリックス八ヶ岳農園は、ハウス環境の“見える化”による野菜の安定供給を目指して、農業ICTクラウドサービスを導入した。

(1月12日 08時34分)
icon

第四銀行は、千葉銀行、中国銀行の3行で共同利用する新たな基幹系システムを稼働開始した。地銀7行と日本IBMで進めている「TSUBASA(翼)プロジェクト」の一環として開発されたシステムで、顧客サービス・商品の充実などを目指す。

(1月6日 08時10分)
icon

デンソーの先進安全技術と、NECのAIやIoT技術を組み合わせた共同開発を行い、地球環境の維持や安全・安心なクルマ社会の実現に向けて取り組む。

(12月27日 07時50分)
icon

人間がすぐに踏み込めない災害現場の映像をドローンからリアルタイムに遠隔地へ伝送したり、複数拠点で共有したりできるように改良した。

(12月21日 12時28分)
icon

富士通の金融機関向け営業店システムを活用し、勘定系取引データと連携したタブレットを導入。伝票記入や押印を不要にして顧客の負担を軽減し、接客スタイルの変革を目指す。

(12月21日 07時50分)
icon

大同生命保険が、アバイアのコールセンターソリューションを更新し、ルーティングの高度化と統計情報を活用しアデータ分析の強化を実現した。高齢者からの電話には自動応答システムでの対応をやめ、オペレーターが直接対応するなど、品質向上を図っている。

(12月20日 19時45分)
icon

「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE」を活用し、作業者の状態を遠隔でリアルタイムに把握し、現場作業における安全管理を強化する実証実験を実施した。

(12月20日 08時10分)
icon
ITの力で全国の社員をつなぐ:

資生堂が社員の多目的ワーキングスペースに84インチの「Surface Hub」を導入。同スペースを運営するのは「未来創造局」という部署だという。何だか「化粧品の老舗ブランド」という資生堂のイメージとは違うような……? 実際にどのようなニーズや効果があったのか、担当者に聞いてみた。

(12月14日 09時00分)
icon

航空機から得た各種センサーデータと整備履歴を活用し、機材故障の発生を予測して事前に整備処置を行い、機材不具合を未然に防止する。

(12月9日 07時50分)
icon

「IBM Watson」を活用したバーチャルアシスタントサービス「マカナちゃん」が期間限定で開始。「ハワイで離乳食を買えるか」など、スマホやPCからチャット形式で手軽に質問できる。

(12月7日 07時45分)
icon

東大と筑波大が運営する共同HPC基盤施設で、富士通の「PRIMERGY CX600 M1」で構成されたスパコン「Oakforest-PACS」が稼働を開始した。

(12月2日 08時00分)
icon

予実分析報告書の作成業務を1日から約10分に短縮し、急拡大するカードブランドごとの収支情報の把握が可能になったという。

(12月1日 10時30分)
icon

口座の利便性向上や決済ニーズに応えるサービスの展開など新サービスの素早い展開と、コスト削減を目的に、IBMのエンタープライズサービスバス(ESB)製品「IBM Integration Bus」を採用している。

(11月25日 11時00分)
icon

記憶容量を従来比約1.5倍に拡張しながらストレージ装置の設置スペースを約65%削減するなど、運用コストの抑制を図り、システムの信頼性と事業継続性の向上を図る。

(11月22日 07時30分)
icon

自動求解などの技術開発で、東大入試模試の数学、センター試験模試の物理とも偏差値を大幅に向上した。

(11月15日 10時50分)
icon

金沢工業大学とIBMが、コグニティブ・コンピューティングを活用した学生の自己成長支援システムの構築で協力。学生の自己成長を支援する「コグニティブ・キャンパス」の実現を目指す。

(11月14日 07時50分)
icon

創立100周年を迎える2020年までに、グローバル展開を強化し、売上を拡大して営業利益率を向上させる――。そんな経営の目標に対応するため、三菱電機のIT部門は何に取り組んでいるか。IT戦略室長 木槻純一氏が語った。

(11月11日 08時00分)
icon

4Kコンテンツの配信にあたり、配信基盤としてマイクロソフトの「Azure Media Services」を採用した。

(11月10日 08時30分)
icon

研究成果は、高速道路入り口の逆走防止、注意喚起情報の表示、大規模補修工事による交通影響の改善などに生かし、道路利用者の安全・安心・快適性向上を目指すという。

(11月9日 08時10分)
icon

スマホアプリなど、FinTechを見据えた次世代サービス構築の基盤として、IBMのクラウド基盤を活用した「NI+Cアプリ開発・実行環境提供サービス」(NI+C Cloud BMD)」を採用した。

(11月4日 12時00分)
icon

ラーメン専門店「一風堂」の運営を手掛ける力の源ホールディングスが、予算管理クラウドを導入。複雑化する予算管理の効率化と店舗・セグメント別のリアルタイムな損益情報の把握を実現した。

(11月2日 15時00分)
icon

グローバルビジネスの拡大と国内事業基盤の強化のため、オラクルの統合型データベースシステムによるIT基盤を構築する。

(11月1日 09時00分)
icon

ケミカル大手の三井化学は、NTTコミュニケーションズと共同で生産システムへのAI活用について検証に臨んでいる。AIを生かすためのITインフラの展望も含めた取り組みとは?

(11月1日 08時00分)
icon
IBM World of Watson 2016:

人工知能によって、がん治療の姿が変わりつつある。ラスベガスで行われたIBMのイベントで、東京大学の宮野教授が「Watson」を活用するがん治療の事例を紹介した。人間の遺伝子情報と膨大な論文を解析し、患者に最適な薬を投与するのだという。

(10月28日 08時00分)
icon

Oracleのクラウドプラットフォーム「Oracle Java Cloud Service」を活用して、納期情報や製品不具合時の情報をやりとりするサプライヤーポータルを構築。業務プロセスの効率化・可視化を目指す。

(10月27日 08時25分)

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ