導入事例

新着記事

icon

金属製品に取り付けても安定的にデータの読み取りができるICタグを活用し、レンタル品の管理を支援。ビッグデータ分析で稼働率向上や在庫保管コストの低減や計画購買精度の向上も図るという。

(1月17日 08時10分)
icon

オリックス八ヶ岳農園は、ハウス環境の“見える化”による野菜の安定供給を目指して、農業ICTクラウドサービスを導入した。

(1月12日 08時34分)
icon

第四銀行は、千葉銀行、中国銀行の3行で共同利用する新たな基幹系システムを稼働開始した。地銀7行と日本IBMで進めている「TSUBASA(翼)プロジェクト」の一環として開発されたシステムで、顧客サービス・商品の充実などを目指す。

(1月6日 08時10分)
icon

デンソーの先進安全技術と、NECのAIやIoT技術を組み合わせた共同開発を行い、地球環境の維持や安全・安心なクルマ社会の実現に向けて取り組む。

(12月27日 07時50分)
icon

人間がすぐに踏み込めない災害現場の映像をドローンからリアルタイムに遠隔地へ伝送したり、複数拠点で共有したりできるように改良した。

(12月21日 12時28分)
icon

富士通の金融機関向け営業店システムを活用し、勘定系取引データと連携したタブレットを導入。伝票記入や押印を不要にして顧客の負担を軽減し、接客スタイルの変革を目指す。

(12月21日 07時50分)
icon

大同生命保険が、アバイアのコールセンターソリューションを更新し、ルーティングの高度化と統計情報を活用しアデータ分析の強化を実現した。高齢者からの電話には自動応答システムでの対応をやめ、オペレーターが直接対応するなど、品質向上を図っている。

(12月20日 19時45分)
icon

「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE」を活用し、作業者の状態を遠隔でリアルタイムに把握し、現場作業における安全管理を強化する実証実験を実施した。

(12月20日 08時10分)
icon
ITの力で全国の社員をつなぐ:

資生堂が社員の多目的ワーキングスペースに84インチの「Surface Hub」を導入。同スペースを運営するのは「未来創造局」という部署だという。何だか「化粧品の老舗ブランド」という資生堂のイメージとは違うような……? 実際にどのようなニーズや効果があったのか、担当者に聞いてみた。

(12月14日 09時00分)
icon

航空機から得た各種センサーデータと整備履歴を活用し、機材故障の発生を予測して事前に整備処置を行い、機材不具合を未然に防止する。

(12月9日 07時50分)
icon

「IBM Watson」を活用したバーチャルアシスタントサービス「マカナちゃん」が期間限定で開始。「ハワイで離乳食を買えるか」など、スマホやPCからチャット形式で手軽に質問できる。

(12月7日 07時45分)
icon

東大と筑波大が運営する共同HPC基盤施設で、富士通の「PRIMERGY CX600 M1」で構成されたスパコン「Oakforest-PACS」が稼働を開始した。

(12月2日 08時00分)
icon

予実分析報告書の作成業務を1日から約10分に短縮し、急拡大するカードブランドごとの収支情報の把握が可能になったという。

(12月1日 10時30分)
icon

口座の利便性向上や決済ニーズに応えるサービスの展開など新サービスの素早い展開と、コスト削減を目的に、IBMのエンタープライズサービスバス(ESB)製品「IBM Integration Bus」を採用している。

(11月25日 11時00分)
icon

記憶容量を従来比約1.5倍に拡張しながらストレージ装置の設置スペースを約65%削減するなど、運用コストの抑制を図り、システムの信頼性と事業継続性の向上を図る。

(11月22日 07時30分)
icon

自動求解などの技術開発で、東大入試模試の数学、センター試験模試の物理とも偏差値を大幅に向上した。

(11月15日 10時50分)
icon

金沢工業大学とIBMが、コグニティブ・コンピューティングを活用した学生の自己成長支援システムの構築で協力。学生の自己成長を支援する「コグニティブ・キャンパス」の実現を目指す。

(11月14日 07時50分)
icon

創立100周年を迎える2020年までに、グローバル展開を強化し、売上を拡大して営業利益率を向上させる――。そんな経営の目標に対応するため、三菱電機のIT部門は何に取り組んでいるか。IT戦略室長 木槻純一氏が語った。

(11月11日 08時00分)
icon

4Kコンテンツの配信にあたり、配信基盤としてマイクロソフトの「Azure Media Services」を採用した。

(11月10日 08時30分)
icon

研究成果は、高速道路入り口の逆走防止、注意喚起情報の表示、大規模補修工事による交通影響の改善などに生かし、道路利用者の安全・安心・快適性向上を目指すという。

(11月9日 08時10分)
icon

スマホアプリなど、FinTechを見据えた次世代サービス構築の基盤として、IBMのクラウド基盤を活用した「NI+Cアプリ開発・実行環境提供サービス」(NI+C Cloud BMD)」を採用した。

(11月4日 12時00分)
icon

ラーメン専門店「一風堂」の運営を手掛ける力の源ホールディングスが、予算管理クラウドを導入。複雑化する予算管理の効率化と店舗・セグメント別のリアルタイムな損益情報の把握を実現した。

(11月2日 15時00分)
icon

グローバルビジネスの拡大と国内事業基盤の強化のため、オラクルの統合型データベースシステムによるIT基盤を構築する。

(11月1日 09時00分)
icon

ケミカル大手の三井化学は、NTTコミュニケーションズと共同で生産システムへのAI活用について検証に臨んでいる。AIを生かすためのITインフラの展望も含めた取り組みとは?

(11月1日 08時00分)
icon
IBM World of Watson 2016:

人工知能によって、がん治療の姿が変わりつつある。ラスベガスで行われたIBMのイベントで、東京大学の宮野教授が「Watson」を活用するがん治療の事例を紹介した。人間の遺伝子情報と膨大な論文を解析し、患者に最適な薬を投与するのだという。

(10月28日 08時00分)
icon

Oracleのクラウドプラットフォーム「Oracle Java Cloud Service」を活用して、納期情報や製品不具合時の情報をやりとりするサプライヤーポータルを構築。業務プロセスの効率化・可視化を目指す。

(10月27日 08時25分)
icon

サッポログループマネジメント 取締役 グループIT統括部長 石原 睦氏が、国際的なM&Aを進めるなかでのIT組織の改革やシステム統合について、サッポログループの取り組みを解説した。

(10月26日 14時30分)
icon

クレジットカード決済処理を担う基幹システムにLinuxプラットフォーム「IBM LinuxONE」を採用。FinTechに代表される決済方法の多様化などに備え、事業成長を目指す。

(10月26日 08時20分)
icon

レオパレス21は賃貸物件にNECのクラウド型防犯カメラサービスを導入した。クラウドに収集・蓄積した映像を遠隔からリアルタイムで確認できる。

(10月25日 08時45分)
icon

マイクロソフトとSBクリエイティブ、資生堂は、デジタルサイネージとPepperを連携させた多言語対応サービスの実証実験を首都圏のドラッグストアで開始した。

(10月24日 08時00分)
icon
CODE BLUE 2016 Report:

情報セキュリティの国際会議「CODE BLUE 2016」では、電子政府化を推進するエストニアの取り組みが紹介された。利便性と安全性を両立するデジタル社会インフラとして注目されている。

(10月21日 08時00分)
icon

大画面ディスプレイを備えたコラボレーションデバイス「Microsoft Surface Hub」を導入。「Office 365」「Surface Pro 4」などと組み合せて、ワークスタイル変革を推進する。

(10月20日 08時15分)
icon

慶應義塾大学病院の新病院棟のネットワークがSDNで構築された。仮想ネットワーク別にセキュリティレベルの設定が容易にでき、秘匿性の高い患者の個人情報の保護も可能に。

(10月19日 08時15分)
icon

「声の明るさ」を定量化して顧客の満足や不満を感じる部分を特定できるという。コールセンターなどの顧客対応の現場において応対の自動評価が可能になるとしている。

(10月18日 10時00分)
icon

NECは、住友生命保険から統合イントラネット基盤の次期システム構築を受注。2018年度の稼働を目指す。

(10月18日 08時30分)
icon

博報堂とTBWAワールドワイドのジョイントベンチャーとして設立された総合広告会社、TBWA HAKUHODOは今、情シス改革の真っ最中だ。現場視点で課題を解決し、生産性を高めていくために、情報システム部門はどんな取り組みをしているのか。総務部の部長を務める古川健司氏に聞いた。

(10月18日 08時00分)
icon

業務システムのプログラムを解析し、実装されている業務上の決まりや計算の方法などを理解しやすい条件表として自動抽出するという。

(10月12日 08時50分)
icon

オラクルDBでマイナンバー情報を格納可能な顧客情報管理システムを構築した。

(10月7日 08時30分)
icon

NECは、愛媛県・住友別子病院の新病院に向け、SDNを活用したネットワーク基盤を構築。音声系含めた5種のネットワークの統合により、運用の効率化、可用性の向上などを実現した。

(10月5日 08時00分)
icon

富士通は、AI技術とスーパーコンピュータ技術を活用した都市監視や駐車管理のソリューションを販売した。市街地や施設内に設置された監視カメラ映像を分析し、都市全体の見守りもリアルタイムに実現するという。

(10月4日 07時30分)
icon
Weekly Memo:

IoTを活用したデジタルビジネスを行う上で重要なポイントは何か。NECがIoTプラットフォームの発表に際して自らの考え方を説明した。デジタルビジネスに関わるどの企業にも当てはまる内容といえそうだ。

(10月3日 13時30分)
icon

住信SBIネット銀行と日立製作所は、日立の人工知能と地理情報システムなどの統計データを活用した住宅ローンやカードローンに関する先進的な審査手法の実証実験を2016年10月1日から開始する。

(10月3日 08時20分)
icon

ANAは、クラウド型国際線旅客システム「Altea」と同社の社内システムとをつなぐ「大規模データ連携基盤(CAP2)」を構築した。

(10月3日 08時10分)
icon

トヨタ自動車は、超小型モビリティのシェアリングサービス「Ha:mo RIDE」の利用動向分析に、オラクルのクラウド型データ可視化サービスを採用した。

(9月27日 08時15分)
icon
Oracle OpenWorld 2016 Report:

「海のF1」とも称されるヨットレースの最高峰アメリカズカップに使用されるヨットは、時速80キロ近いスピードを出せるという。その実現にITがどう貢献しているのかについて、前回王者の「TEAM USA」に聞いた。

(9月27日 08時00分)
icon
IBM Edge 2016 Report:

ネバダ州ラスベガスで「IBM Edge 2016」が開幕した。Edgeでフォーカスされる同社のシステム製品は「コグニティブビジネス」の実現を支える機能が盛り込まれてきているという。ITのチカラで常に進化し続けるRed Bull Racingの顧客事例も紹介された。

(9月20日 10時45分)
icon

東急電鉄は、日立の画像データ加工技術を活用した駅構内カメラ画像配信サービス「駅視-vision(エキシビジョン)」を10月上旬から東急線の60駅で正式に開始する。利用者は、スマホアプリなどで駅の混雑状況などを視覚的かつタイムリーに把握できるようになる。

(9月16日 07時00分)
icon

NECグループの基幹システムにインメモリデータベース「SAP HANA」基盤を導入し、国内向けシステムとして本番稼働を開始した。さらなる経営のスピードアップと効率化を目指す。

(9月14日 08時20分)
icon

NECは、エプソンが100以上の基幹・業務系システムをNECが提供するクラウドサービスやハウジングサービスへ移行したことを発表した。ハイブリッドクラウド環境の利用により、運用管理コスト削減や新サービスの早期開発を実現を目指すという。

(9月8日 07時55分)
icon

NECは、三井住友銀行の勘定系システムで東日本・西日本の両データセンター間での相互バックアップ環境を構築。メガバンクの基幹システムの大幅なBCP強化を実現したという。

(9月6日 08時25分)

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -