ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HP BladeSystem」最新記事一覧

ホワイトペーパー:
「ITコストの7割が運用管理費」の現状を打破するためのブレードサーバの進化
仮想化によりハードウェアのコスト削減が進む中、IT運用管理コストのさらなるコスト削減を進めるためにはOpenFlowやOpenStackといった新技術への対応が必須となる。次世代データセンターに求められるサーバの要件とは?(2015/7/1)

NEWS
日本HP、統合型システムとクラウド管理ツールを刷新
サーバ仮想化、クラウド、ビッグデータ、モバイル分野に特化した統合型システムの新製品を発表。また、OpenStackベースのクラウド管理ツールも提供を開始した。(2014/4/18)

「VDI」ではなく「HDI」用のサーバも発表:
サーバ機の付加価値は変わった、HPの新たな取り組み
ヒューレット・パッカード(HP)は、サーバ関連事業における自社の付加価値のあり方を、根本的に変えようとしている。日本HPは1月9日、、Project Moonshotの新製品を発表するとともに、自社サーバ事業の大幅な再編について説明した。(2014/1/10)

Database Watch(2013年12月版):
HP「NonStopサーバー」って?/フェイスブックの中の人に聞いたMySQL 5.6の使い方
今月は専用機「NonStopサーバー」の仕掛けと、Facebookの中でのMySQL 5.6への対応状況、使い方をウォッチします。(2013/12/25)

仮想環境管理ツールとも連携:
エンクロージャから物理サーバまで一元管理、日本HPがツールを発売
日本ヒューレット・パッカードは、ITシステムを統合管理するソフトウェア「HP OneView」を発売すると発表した。物理サーバのハードウェア情報に加えて、それを格納するエンクロージャの温度などの状態も収集し、管理できる。将来は、ストレージ製品やネットワーク製品にも、管理対象を広げる予定。(2013/11/20)

HP、10年ぶりに刷新した統合型インフラ管理ツールの新製品を発表
日本HPは、サーバやネットワーク、ストレージなどのインフラシステムを統合管理するための「HP OneView」をリリースした。管理ツールのアーキテクチャを10年ぶりに刷新したという。(2013/11/20)

ホワイトペーパー:
Microsoft環境依存のデータセンター、物理・仮想を問わず運用管理を一元化するには
ITインフラの安定性を最大限に高め、リスクを最小限に抑えたい。Microsoft System Centerコンソールで、Microsoftアプリケーションと物理/仮想サーバを一元的に管理する方法がある。(2013/10/21)

無停止型サーバソリューションの新モデルを発表 日本HP
日本HPは、無停止型サーバソリューションの新ハイエンドモデル「HP Integrity NonStop BladeSystem NB56000c」を発表した。(2013/10/1)

製品動向:
データベース性能最大化を目指したHPブレードサーバ「NB56000c」 移行アセスメントも実施
 日本ヒューレット・パッカードはデータベースの処理性能最大化を目指した無停止サーバのハイエンドモデル「HP Integrity NonStop BladeSystem NB56000c(以下、NB56000c)」を発表した。同時に「NonStop SQL移行推進プログラム」を開始、他社データベースサーバから同製品への移行促進を図る。(2013/10/1)

各社自慢の統合インフラを徹底比較(後編)
統合プラットフォーム製品ベンダー“ビッグスリー”の強みと弱み
ITインフラをシンプルにし運用管理を効率化するとして企業の注目を集めている統合プラットフォーム製品。Cisco、VCE、NetAppの製品を紹介した前編に続き、後編ではDell、IBM、Hewlett-Packardの製品を紹介する。(2013/5/10)

2013年新春特集 「負けない力」:
Will to Winの精神 日本HP・小出社長
PC、サーバベンダーとのイメージが根強いHP。しかし、近年ではハードウェアはもとより、ソフトウェア、ソリューション、コンサルティングといった「フルポートフォリオ」を掲げる。日本のIT市場で同社が目指すものとは何か。小出伸一社長に聞く。(2013/1/7)

導入事例:
日本政策投資銀行がVDIを構築、2500台で利用
新本店への移転をきっかけにPCを仮想デスクトップに置き換えていくという。(2012/12/26)

日本HP、ProLiant Gen8サーバやインフラ管理用クラウドポータルなどを発表
発表されたHP ProLiant Gen8シリーズやインフラ管理用クラウドポータル、ラックの新機能などは、システム運用管理のさらなる効率化や自動化を支援するという。(2012/10/11)

Windows Server 2012 パートナーインタビュー:
PR:日本HPがWindows Server 2012のポテンシャルを最大限に引き出すプラットフォームを提供できる理由とは
日本ヒューレット・パッカードは、ワールドワイドでマイクロソフトと密接なパートナー関係を築いており、業界唯一の「フロントラインパートナーシップ」を結ぶ両社のその歴史は長期にわたる。その成果の最たるものといえる「HP ProLiantサーバー Generation 8」やWindows Server 2012の有力なソリューション「HP BladeSystem」の肝であるI/O仮想化テクノロジー「HP バーチャルコネクト」について担当者に聞いた(2012/10/10)

日本HP、ブレード型ワークステーションを発売
HP PloLiant Gen8サーバ技術を採用したワークステーションとネットワーク仮想化モジュールを発売した。(2012/8/31)

日本HP、インメモリ技術によるアプリケーションサーバ高速化パッケージを発売
「Red HatJBoss Data Grid」とHP製のハードウェアを組み合わせて提供する。(2012/8/29)

日本HP、HANA対応アプライアンスのラインアップを拡充
インメモリDB「SAP HANA」に対応した新たなアプライアンス製品を日本HPが国内で販売開始する。(2012/6/28)

日本HP、無停止サーバに高速化機能の強化版を追加
ストレージにSSDを利用できるほか、コア単位の新たなライセンスを導入する。(2012/4/17)

日本HP、VMware vSphereに最適化したアプライアンスを発売
VMware vSphere 5にハードウェアや管理ツール、運用支援サービスなどを組み合わせたアプライアンスを提供する。(2011/9/27)

仮想化とクラウドのための検証環境を提供 日本HPとヴイエムウェア
HPのブレードサーバと3PARのストレージ、VMwareのvSphereの構成による検証環境を日本HPの本社に開設した。(2011/8/4)

ビジネス分析で「時間短縮」、日本HPがDWHアプライアンスを発表
日本HPは、2月に買収したVerticaの技術を採用したハイエンド向けと、中堅・中小企業向けのデータウェアハウス製品を発表した。(2011/7/12)

ANAがプライベートクラウドを導入、ネット予約の運用基盤に
全日空のインターネット予約サイト「ANA SKY WEB」を運用するシステム基盤をCTCらが構築した。資産はCTCが保有する。(2011/6/14)

HP DISCOVER 2011 Report:
「Amazon S3に価格で負けない」――HPのパブリッククラウドはストレージサービスから
米国ラスベガスで開催された「HP DISCOVER 2011」では、同社のクラウド戦略――特に今夏に開始予定のパブリッククラウドサービスに対する言及が目立った。(2011/6/13)

HP DISCOVER 2011 Report:
「シスコより優れている」 ネットワーク市場での覇権を目指すHP
ラスベガスで開催中のHP DISCOVER 2011では、ドナテッリ上級副社長がシスコに対する対抗意識もあらわに、製品比較をしてみせた。また、Itaniumプロセッサの継続についてもコミットメントが表明された。(2011/6/9)

日本HP、プライベートクラウドの構築・運用支援サービスを立ち上げ
プライベートクラウド環境の早期導入と運用効率化を支援する「HP CloudStart」サービスを日本HPが発表した。「クラウド事業本部」も組織化した。(2011/5/19)

HP、企業向けクラウドサービス製品を発表
HPが、自社データセンターで運営するパブリッククラウドサービス、プライベートクラウド構築向けパッケージ製品、ハイブリッドクラウドサービスなどを発表した。日本では今夏提供開始の予定だ。(2011/1/26)

仮想環境のプーリングと自動化が鍵
プライベートクラウド向けインフラを検討する
プライベートクラウドを検討する企業が注意すべきポイントと、インフラのビルディングブロックとなる主な製品を紹介する。(2010/11/4)

NEWS
日本HP、クラウド型統合に向けたブレードサーバ新機種を発表
日本HPはインテル Xeonプロセッサ搭載ブレードサーバ製品群の新機種を発表。I/O仮想化を実現するモジュールに対応し、より柔軟なITインフラ統合を実現する。(2010/10/14)

HP、プライベートクラウド構築システム「CloudStart」を発表
HPが、プライベートクラウドを約30日で構築できるというターンキー型サービス「CloudStart」を発表した。(2010/8/31)

特集:仮想化構築・運用のポイントを探る(3):
グランドデザインの設計なくして仮想化の成功はない
データセンターのスペース容量や増え続けるサーバの使用エネルギーなどに頭を悩ませていたアステラス製薬は、240台の仮想サーバで構成される仮想化環境を構築することで、課題解決の糸口をつかんだ。サーバの仮想化に悪戦苦闘する企業が多い中、同社が成功したポイントは徹底した“準備”にあるという。(2010/7/20)

日本HP、仮想デスクトップ向けSANストレージソリューションを発表
日本HPは、仮想デスクトップ環境のインフラ向けSANストレージと、1000ユーザー環境でのサーバやストレージなどの推奨構成を発表した。(2010/7/20)

日本HP、HPC向けスケールアップサーバ製品群を発表
日本HPは、国内製造業の投資意欲は回復期に入ったとし、HPC/CAE分野向けスケールアップサーバを投入する。(2010/7/8)

Weekly Memo:
HPの新UNIXサーバにみるクラウド戦略の真意
日本HPが先週発表したミッションクリティカルシステム向けのUNIXサーバ新製品には、同社のクラウド事業にかける強い思いが込められているようだ。(2010/5/6)

NEWS
東洋ビジネスエンジニアリングら3社、IFRS対応に向けた製造業向け統合基幹システムで協業
東洋ビジネスエンジニアリング、日本ヒューレット・パッカード、日本オラクルの3社は、製造業向け統合基幹業務システムのグループ展開を支援するソリューションの提供を開始した。(2010/1/19)

日本オラクル、日本HP、B-EN-Gの3社、製造業向けERP導入で協業
日本オラクル、日本ヒューレット・パッカード、東洋ビジネスエンジニアリングの3社は、製造業向けERPのグループ展開を支援することで協業すると発表した。(2010/1/18)

Cisco・EMC連合に対抗:
HP、統合仮想化環境を構築する「Converged Infrastructure Architecture」発表
CiscoとEMCがデータセンター仮想化の新アライアンスを発表した翌日、HPもデータセンター仮想化支援アーキテクチャとパートナープログラムの拡大を発表した。(2009/11/5)

特集:実用フェイズに入った仮想化(4):
運用ルールの徹底が、仮想化活用の必須条件──アステラス製薬
近年、仮想化技術は急速に浸透しつつあるが、そのメリットを享受するためには配慮すべきポイントがある。2006年から仮想化技術を導入しているアステラス製薬に、これまでの取り組みと活用の要点を聞いた。(2009/9/16)

CTC、Solaris搭載のHPサーバを発売
伊藤忠テクノソリューションは、UNIX OS「Solaris」を組み込んだ日本HPのx86サーバを発売する。(2009/8/26)

1.25Uにメモリ256Gバイト、HP ProLiant BLラインの最上位機種が発表
日本HPは、HP ProLiant BLラインでは最上位モデルとなるブレードサーバ「HP ProLiant BL685c Generation 6」をはじめとする幾つかの新製品を発表した。特にブレードサーバは1.25Uサイズにメモリ256Gバイトを搭載可能にしている。(2009/5/21)

CiscoのUCS対抗:
HP、データセンター自動化システム「BladeSystem Matrix」発表
HPがCiscoのUnified Computing Systemに対抗し、“オールインワン”のデータセンター仮想化ソリューション「BladeSystem Matrix」を発表した。(2009/4/21)

StorageWorks EVAの新モデル投入:
日本HP、仮想ストレージソリューションを強化
日本HPはミッドレンジストレージの新モデルEVA6400/8400を国内投入するとともに、仮想化ソリューション、アセスメントサービスの強化を発表。ユーザー企業におけるストレージ管理コスト削減を図るという。(2009/4/15)

内蔵HDDは必要? 不要?:
ブレード活用のトレンドはSANブートか
かつてのブレードサーバに搭載されていたストレージは、信頼性や堅牢性が十分とは言い難いものだった。しかし、ブレードサーバの進化とともに、ストレージをめぐる環境も改善されつつある。(2009/3/30)

Nehalem登場前夜:
プロセッサとともに進化するブレードサーバのラインアップ
インテルは、2009年3月末(日本では4月)に「Nehalem」という開発コード名で呼ばれていた新しいプロセッサ「Xeon 5500番台」(Nehalem-EP)の発表すると予測されている。これを機にサーバ製品のラインアップを更改するベンダーも多く、またIBMによるSun買収報道が出るなど、ベンダー同士が合従連衡する動きも活発化してきた――。(2009/3/24)

Hyper-Vも選択肢に:
ブレードサーバが仮想化プラットフォームとして選ばれる本当のワケ
ブレードサーバは、サーバ統合を目的として導入されるケースが多い。この際、サーバを物理的に集約するだけでなく、サーバ仮想化技術を導入する例も増えつつある。なぜ、ブレードサーバがサーバ仮想化のプラットフォームとして選ばれるポイントはどこにあるのか?(2009/3/19)

本格的な普及期を迎える?:
この春、ブレードサーバのトレンドを読む
厳しい経済情勢の中、多くの企業がITコストの削減に躍起になっている。だが、いくら景気が悪くとも企業が扱う情報量は否応なく増え、それに対処するためのITへの投資は欠かせない。最も効率のよいITへの投資は何か。その解としてさらに注目されているのが、ブレードサーバだ。(2009/3/18)

日本HP、ブレードサーバ向けメザニンスロット用SSDを発表
日本HPは、ブレードサーバ製品のPCI Expressインタフェースに接続して利用するメザニンスロット用の半導体ストレージを発表した。データベースのキャッシュ用ストレージなどの用途が想定される。(2009/3/16)

HP、ProLiantでSolarisをサポートへ
HPは、Solarisを搭載したHP ProLiant、HP BladeSystemを販売する。Solarisが持つ仮想化技術をProLiantやBladeSystemで利用できる。(2009/2/27)

ホワイトペーパー:
主要3メーカーのブレードサーバのワット性能を徹底比較
アセスメントサービス会社の米Principled Technologiesが、主要3メーカーのブレードサーバを対象にワット性能の比較検証を行った。その結果、最も優れたワット性能を発揮したのはどのサーバだったのか? (提供:デル)(2009/2/17)

NEWS
HPが「ブレードのノウハウをつぎ込んだ」LANスイッチ、データセンター向けに最適化
日本HPはデータセンターでの運用に最適化したL3 GbEスイッチ「ProCurve 6600」を発表。同時に、スイッチにVoIPやWAN最適化などのアプリ機能を追加して統合利用するソリューションも展開する。(2009/1/30)

日本HP、シンクライアントをセットで半額提供するキャンペーン
日本ヒューレット・パッカードは、シンクライアント/ブレードPCなどをセットにし半額で提供するキャンペーンを開始する。(2009/1/15)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。