ニュース
» 2012年10月01日 17時51分 UPDATE

年内に発売予定:ソニーモバイル、Xperia Vの日本市場向けモデル「Xperia AX」を発表

ソニーモバイルが、2012年8月に海外で発表した「Xperia V」の日本向けモデル「Xperia AX」を開発し、年内に日本へ投入することを発表した。

[田中聡,ITmedia]

 ソニーモバイルコミュニケーションズが10月1日、LTEに対応した新型スマートフォン「Xperia AX」を発表した。日本で年内に発売される予定。採用キャリアやカラーバリエーションは明らかにされていないが、ドコモのCEATEC JAPAN 2012向け特設サイト(外部リンク)には、「Xperia AX SO-01E」をCEATECで先行展示することが明かされおり、ドコモから発売されるとみていいだろう。

 Xperia AXは、8月に発表されたグローバルモデル「Xperia V」を日本市場向けにカスタマイズしたモデル。Xperia arcで好評のアーク形状に4.3インチのHD液晶を搭載している。防水/防塵性能に加え、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信などの日本向け機能もカバーしている。OSはAndroid 4.0.4。

photophoto 8月に発表された「Xperia V」。Xperia AXはこのVがベースになっている。ただしカラーバリエーションやデザインの一部は変更される可能性がある

 新たに「モバイルブラビアエンジン2」を採用し、コンテンツに応じてシャープネスを調整することで、従来よりも映像を美しく表現できる。1300万画素カメラには、暗い場所や逆光時にも自然な明るさの写真を撮影できる「プレミアムおまかせオート」や、9種類のエフェクト撮影効果を撮影前に確認できる「ピクチャーエフェクト」といった新しい撮影モードを搭載。音楽機能も強化し、ソニーの高音質技術を用いた「ClearAudio+(クリアオーディオプラス)」も採用した。ソニー共通のメディアアプリ「WALKMAN」「アルバム」「ムービー」アプリも継承している。

 Xperia VでもおなじみのNFCも備えており、NFCを搭載したXperiaスマートフォンやソニー製機器にかざすだけで、Bluetoothなどの接続設定をすることなくペアリングができる“ワンタッチ機能”をサポートしている。例えば、Xperia AXのスピーカーで聴いている音楽を、ソニーのワイヤレスステレオヘッドセット「MDR-1RBT」や、ワイヤレススピーカーシステム「SRS-BTM8」「SRS-BTV5」で簡単に再生したり、Xperia AXで閲覧しているWebサイトを「VAIO Duo」や「VAIO Tap20」に転送してPCで閲覧したりできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.