連載
» 2015年08月11日 06時00分 UPDATE

Windows 10のツボ(4):Windows 10の新機能「Game DVR」でアプリやゲームの動画/静止画をキャプチャする

Windows 10にはOSの標準機能としてビデオキャプチャ機能「Game DVR」が搭載されている。起動中のゲームやアプリケーションで簡単に動画/静止画キャプチャが行える。

[山口恵祐,ITmedia]

OSの標準機能としてキャプチャ機能が搭載された

 「Windows 10」で追加された「Game DVR」機能は、Xboxアプリの機能の1つ。キャプチャしたいアプリケーションの起動中に、キーボードショートカットの「Windows」+「G」を押すと、「ゲームバー」と呼ばれるコントローラーがポップアップする。ここからワンタッチで動画/静止画のキャプチャが可能だ。

ゲームバー WindowsキーとGキーで呼び出せる「ゲームバー」

 中央のカメラアイコンを選択するとスクリーンショットの撮影、赤い録画ボタンを選択すればビデオキャプチャが開始される。キャプチャ中は右上に小さく経過時間が表示される。動画ファイルは、ユーザーフォルダのビデオの中にmp4形式で保存される。動画品質は「普通」と「高」から選択でき、筆者の環境では前者のビットレートが8000kbps、後者が16000kbpsだった。

ゲームをキャプチャ ゲームをプレイしている経過をキャプチャできる。しばらくするとゲームバーは最小化して右上に経過時間が表示される。設定で非表示にすることも可能だ。

バックグラウンドで録画しておけば名場面も逃さない

 ゲームを常にバックグラウンドでキャプチャするモードも搭載する。ここぞというときに15秒から1分の間で時間をさかのぼって録画することができるので、突然のシャッターチャンスを逃しにくい。他にも即座に録画を開始できるキーボードショットカットなども用意され、使い勝手は良好だ。

ゲーム録画の設定 バックグラウンドでキャプチャを続けることも可能。バッテリー駆動時や負荷の高いワイヤレスディスプレイ使用時にはキャプチャを行わないといった細かい設定もできる

簡単なカット作業も

 Xboxアプリ内にあるゲーム録画のページでは、撮影したキャプチャの管理やXbox Liveへの動画共有、不要部分のカットといった簡単な動画編集も可能。OSに標準機能として搭載されることで、使用のハードルも低く、動画サイトへ気軽にプレイ動画をアップしたいゲーマーにとって便利なツールとなりそうだ。また、キャプチャできるアプリはゲームに限らないので、アプリの使い方を解説する動画を作成するなど、活用の幅は広い。

ゲーム録画の設定ゲーム録画の設定 すぐに録画を開始するキーボードショートカットなども用意(写真=左)。Xboxアプリ内で簡単な動画編集も可能だ(写真=右)

→・Windows 10のアクションセンターに表示されるボタンを自分好みにカスタマイズする

「Windows 10のツボ」バックナンバー

関連キーワード

Windows 10 | Microsoft


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.