ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「デジタルハリウッド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「デジタルハリウッド」に関する情報が集まったページです。

パワハラ自体は無罪も、企業の「調査方法」に違法判決⁉ 内部調査で厳守すべき“3つのルール”とは
従業員からハラスメントを申告された場合、相談窓口の担当者や人事は「大変なことだ、とにかく調査を!」と焦る気持ちがあるかもしれません。しかし、ハラスメントの調査方法が適切でなかった場合、パワハラの相談者や行為者が企業に対し訴訟を起こすリスクも考えられます。(2021/8/18)

ワクチン接種の有無「職場に○×で貼り出し」はNG? 企業が絶対にしてはいけない対応例
「従業員が自ら接種を希望しているから問題ナシ」──企業側はこのように認識しがちだが、実は拒否しづらい状況を作ってしまっている可能性もある。訴訟リスクを避けるため、企業はどう対応すべきなのか。(2021/6/22)

企業の「ワクチン接種強要」 法的に問題になるケースとは?
大企業を中心に新型コロナウイルスワクチンの職域接種が検討、実施され始めていますが、心配されるのがワクチン接種を巡るハラスメントです。法的にも問題になりえるような行為と、企業が注意すべきポイントを解説します。(2021/6/22)

「部屋着を見せて」セクハラとの合わせ技も リモハラで“アウト”なのはどこから?
リモートワークの拡大とともに、注目されるようになった「リモートハラスメント(リモハラ)」。画面の向こう側が相手のプライベートな空間であるということに配慮できず、不適切な言動を取る人が問題視されています。(2021/6/17)

カメラは常時ONで監視、数分おきに報告……テレワークで出現「束縛リモハラ上司」に違法性はある?
「部下が見えない」不安に陥った上司たちの一見、行き過ぎと思われる監視行為や不適切な言動は、違法となりえるのでしょうか? リモハラの違法性や、企業が取るべき対応について検討していきます。(2021/6/16)

教育、ゲーミング、コンテンツ作成の裾野を広げる――「インテル PC FES 2021」開幕
PCを使った教育、ゲーミングやクリエイション(写真/動画編集や3D CG作成)を普及させるべく、インテルがオンラインイベントを開催している。PCメーカーを始めとするパートナー企業の協力のもと、さまざまなコンテンツを配信する。(2021/5/26)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
DX推進は、いかに戦略と体制を確立し、人材を育成するかが成功のカギ――サツドラ独自のDX戦略とは
AIカメラなどの先端テクノロジーの活用や異業種連携により、店舗のデジタル化にいち早く乗り出したサツドラ。コロナ禍では、AIカメラソリューションをわずか2週間で共同開発した。サツドラ独自のDX戦略を学ぶ。(2021/1/13)

「変化できる企業」に:
PR:起業家育成、プログラミング教育、デジタルコイン サツドラが北海道で仕掛ける地域コネクティッドビジネスとは?
(2020/12/2)

デジタルハリウッドのエンジニア起業家養成スクールに第1期生20人が入学 北海道から起業家コミュニティーを創出
デジタルハリウッドは、自社が運営する起業家・エンジニア養成スクール「G's ACADEMY」の新業態「G's ACADEMY UNIT_」を札幌に開校。定員15人を上回る第1期生20人が入学した。(2020/11/24)

ドラッグストアから地域コネクティッドビジネスへ :
サツドラ富山浩樹社長が語る「ウィズコロナ時代のチェーンストア戦略」
規模の追求という従来の基本戦略が機能不全を起こしつつある今、新時代のチェーンストアビジネス戦略はどうあるべきなのか――。サツドラホールディングスの富山浩樹社長に聞いた。(2020/10/23)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「経営の役割分担と相互けん制」で、会社経営の安定と成長が両立できる
With/Afterコロナ時代の中小・ベンチャー企業に求められるのは、経営チーム、「経営の役割分担と相互けん制」による経営だ。(2020/6/25)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「上司」としての、その立ち振る舞い、OKかNGか
部下たちを変えようとする前に、まず「上司」の自分から変えてみませんか?(2020/4/2)

障害という「未解決の領域」に挑む:
PR:寝たきりでも働ける“分身ロボットカフェ”主催者、吉藤健太朗に聞く「テクノロジーで描く孤独のない未来」
(2020/2/3)

障害とは「テクノロジーの敗北」:
重度障害で寝たきりでも働ける「分身ロボットカフェ」――親友の死、引きこもりの苦悩を乗り越えた吉藤オリィが描く「孤独にならない社会」
ロボットが接客して、注文を取り、コーヒーを運ぶ。それだけでなく客と雑談し、メールアドレスの交換もしている。東京・大手町でオープンした「分身ロボットカフェ DAWN ver.β2.0」でのことだ。ロボットを動かすのは遠く離れた場所で寝たきりで生活する、重い障害のある人をはじめとした外出困難な人たちで、2020年までの常設化を目指している。オリィ研究所所長の吉藤オリィさんに、分身ロボットカフェのプロジェクトが未来をどのように変えていくのか聞いた。(2019/12/4)

「かつてないほどの優先度」 マイクロソフトがAI人材育成に本気な理由 経営層など対象
日本マイクロソフトが、経営層やビジネス変革を進める経営企画担当者などに向けたAI学習プログラムを提供。無料のオンラインコンテンツと、有料のワークショップを用意する。(2019/9/11)

最終回直後「あなたの番です」何もかにも大ハズレ推理反省会 だが衝撃のラスト「車椅子」の謎を大胆考察してみる
「予想を裏切ってくれるという予想」を裏切った展開!(2019/9/9)

最終回直前考察「あなたの番です」 二階堂と黒島の愛も翔太との友情も壊れないでほしい、菜奈ちゃんへの愛も信じたい 3条件を満たす解決ルートを推理
だが、黒島を愛した男たちはつぎつぎと死んでいる事実。(2019/9/8)

19話直後考察「あなたの番です」黒幕は二階堂でも黒島でもない説 「ゾウさんですか、キリンさんですか」本当の愛が試される最終回を大胆推理
ラスト、二階堂の衝撃の行動! その真意を考察する。(2019/9/2)

19話直前考察「あなたの番です」犯人は黒島か田宮か尾野か――最終展開を予想 翔太寝落ち後に事件が起こる現象がやっぱり気になる
尾野幹葉と内山達生共犯説に翔太が迫る!(2019/9/1)

18話直後考察「あなたの番です」田宮と黒島のアリバイに疑惑? 菜奈ちゃんのパズルのピースに隠されたモノの正体を推理
最終回に向けて犯人当てダービー開催!(2019/8/26)

18話直前考察「あなたの番です」石崎洋子と尾野幹葉が果たす役割は? 最終話ラストシーンを大胆推理
大ヒット米ドラマ「ツイン・ピークス」との共通点。(2019/8/25)

17話直後考察「あなたの番です」田宮、黒島、南、内山が「高知」で結びついた! 内山が本当に殺したのは誰なのか推理
二階堂と黒島の恋愛、そこに強引に割り込む尾野が恐ろしい。(2019/8/19)

17話直前考察「あなたの番です」黒島のポーズから口角上げの動機を推理 二階堂スーパーアクション&大活躍を予想
人差し指1本を口元にもってきて「しーっ」。(2019/8/18)

16話直後考察「あなたの番です」いかにも怪しい黒島ちゃんが黒幕ではない理由、ストーカー内山の死が意味するものを推理
田宮が隠しカメラで見たものは……。(2019/8/12)

16話直前考察「あなたの番です」口角を上げている人と殺している人は別人説 不連続殺人事件の真相を推理
口角を上げているのは田中圭?(2019/8/11)

15話直後考察「あなたの番です」神谷殉職とウエハース、片脚ナシ死体の衝撃、こうなったら水城刑事が怪しいのか推理
口角が上がっている死体は6人。(2019/8/5)

15話直前考察「あなたの番です」黒島沙和生存説、田中哲司の正体、そもそもどうして交換殺人になったのか……一気に噴出した謎を推理
みんなで歌おう!「♪ぼくら理科の子科学の子」(2019/8/4)

14話直後考察「あなたの番です」黒島ちゃんの運命は? 脅迫状「やることをやれ」の意味と早苗たちの勘違いを検証
「助かる説」提唱します。(2019/7/29)

14話直前考察「あなたの番です」北川そらくん死なない説 目覚めた久住が「佐野ー!」と叫んだ理由も推理
「新たな犠牲者が!?」の「!?」が怪しい。(2019/7/28)

13話直後考察「あなたの番です反撃編」 看護師・桜木るり(筧美和子)は何者か? 14話“花火の夜の犠牲者”は誰なのか推理
田中圭「その話はたぶん恋だね」。(2019/7/15)

13話直前考察「あなたの番です反撃編」“02号室”の並びから浮かび上がる真犯人 総一と黒島の秘密を推理
田中哲司が引っ越してくる。(2019/7/14)

12話直後考察「あなたの番です反撃編」真犯人は榎本総一説を推す! 次々に明かされた新事実を整理してみた
袴田吉彦殺しの犯人はやっぱりアイツら。(2019/7/8)

反撃編「あなたの番です」ヒント動画を考察 二階堂忍(横浜流星)の初恋と黒島紗和(西野七瀬)双子説の関係を推理
横浜流星がかいでいるのは西野七瀬の匂いだ。(2019/7/7)

「あなたの番です反撃編」青川エルの正体を推理してみた 横浜流星に「常識なし」とプロファイルされた田中圭は犯人にたどりつけるのか
第2章から放映直後考察レビューをスタート。(2019/7/1)

衝撃のラスト「あなたの番です」特別編を推理 今夜スタート第2章「反撃編」真相到達の糸口は「双子説」「二重人格説」?
田中圭眠りすぎじゃないか説。(2019/6/30)

第1章推理反省会「あなたの番です」田中圭は本当に回復したのか? 原田知世は本当に? 予想のななめ上展開を徹底検証
第2章のオランウータンタイムを予想する。(2019/6/23)

“第1章”最終回目前「あなたの番です」徹底推理 今週死ぬのは誰なのか? どこまでが早苗の犯行? 第2章の展開を予想する
「10話で田中圭が死ぬ」というのはどうだろうか。(2019/6/16)

1話に決定的ヒントがあった! 「あなたの番です」402号室早苗の隠し部屋にいるのは誰か? 新黒島メモから犯人を推理
木村多江一家がやっぱり怪しい。(2019/6/9)

徹底推理「あなたの番です」犯人と真相3つの可能性 クソあにきが殺されるまでの二転三転、脚本の巧さ
それでも黒幕は存在しない説を推す。(2019/6/2)

「あなたの番です」児嶋佳世殺しの犯人は? 6話「黒島メモ」を元にさらに推理してみた
ゴルフバッグから足! 令和の「犬神家の一族」発動。(2019/5/26)

「あなたの番です」袴田吉彦(久住譲)が袴田吉彦(本物)を殺したい――ドラマに「ポイントカード」自虐をぶっこんできた5話 “3人の実行犯”を推理
この世界には、袴田吉彦が演じる久住譲と、袴田吉彦が演じる袴田吉彦が存在している。(2019/5/19)

「あなたの番です」犯人を徹底考察 赤池家殺害の犯人と「ジュリアに傷心」&ケーキの真相はこれだ
殺された人物の謎を徹底検証、黒幕までいないのではないか説。(2019/5/12)

こっそり嫁いびりをする姑、キレて道ばたで絶叫する嫁「あなたの番です」3話 人間関係が地獄絵図
メンチカツメンチカツメンチカツメンチカツメンチカツメンチカツメンチカツメンチカツメンチカツ……。(2019/5/5)

キンプリ永瀬廉&なにわ男子道枝駿佑が好演「俺のスカート、どこ行った?」 ブラック部活問題を描いた2話にグッとくる
古田新太のズラが取れるのは大きな伏線なんだろうか。(2019/5/4)

秋元康原案「あなたの番です」2話でわかった全真相、NGT48事件とも重なるメッセージから読み解く
全真相、そして今後の展開予想を記す。(2019/4/28)

古田新太が女装家の教師を快演。土10「俺のスカート、どこ行った?」はジェンダーバイアスを恐れない傑作の予感
バイアスがあるのはしょうがない、だけど、変えていこう、そのたびごとに考えていこうという意志。(2019/4/27)

原田知世×田中圭「あなたの番です」初回からの大量登場人物とストーリーを完璧整理、交換殺人の真相に迫るポイントを推理してみた
誰も信じられないマンション住民たちをまとめてみました。(2019/4/21)

嵐・大野智は何と戦い何を失い何から自由になったのか 初地上波「忍びの国」を今見ると、シンクロっぷりがはんぱない
4月2日20時57分よりTBS系列でゴールデン初放送。(2019/4/2)

「SPAJAM2019」予選が開始、育成型ハッカソン「スパジャム道場」も
3月8日から「スマートフォンアプリジャム2019(SPAJAM2019)」の予選受付がスタート。全国6地域7会場でハッカソン形式の予選を行い、温泉で開催となる本選への参加資格を競う。また、SPAJAM本選出場者などのエキスパートクリエイターが実戦形式でアプリ制作に必要なスキルを伝授する育成型ハッカソン「スパジャム道場」も開催する。(2019/3/11)

Web出願システムから「UCARO」へ
青山学院大学が「出願から入学手続きまで丸ごとIT化」した理由
青山学院大学は大学入試業務の効率化を進めるべく、出願から入学手続きまでの一連のプロセスをIT化した。その理由とは何か。具体的なメリットは。同校入試課の鈴木博貴氏に聞いた。(2019/1/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。