ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「住民票」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「住民票」に関する情報が集まったページです。

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」サービス開始 何が必要? どうすれば使える?
デジタル庁と厚生労働省が、新型コロナウイルスのワクチン接種の証明書として利用できるアプリの配信と運用を開始した。アプリの概要と、アプリの使い始め方を簡単に紹介する。(2021/12/20)

aiko、「ナイナイANN」で年下ファンとの結婚報告 「矢部さんとユーミンには連絡しました」→岡村「俺にはなんにも…」
2020年10月の岡村さんの結婚発表の際、すでに結婚間近だったaikoさん。(2021/12/18)

DXはデンマークに学べ 茨城・守谷、行政手続きスマホで完結へ
DXを先進国に学び、行政のデジタル化を進めようと、茨城県守谷市は同県内の自治体で初めて、駐日デンマーク大使館とDXに関する覚書を締結した。同国の知見や技術を取り入れ、将来的には市民が市役所を訪れなくても済むことを目指している。(2021/11/25)

接種券がいつまでも来ない? 新型コロナワクチンの追加接種前に引っ越した人が注意すべき点
忘れないようにしましょう。(2021/11/22)

本音で語る、静岡市での暮らしとビジネスのメリット:
PR:1カ月分のお試し費用を補助! 体験者に聞く、今こそ静岡市にオフィスを構えるべき理由
コロナ禍により、地方移住やサテライトオフィス開設の機運が高まる中、注目を集めているのが静岡市だ。1カ月分のテレワーク費用補助や、サテライトオフィス費用の補助など豊富な制度を用意しているだけでなく、さまざまなビジネスメリットや、生活のしやすさから注目を集めている。今回は、実際にサテライトオフィスを開設し、移住した人に話を聞いた。(2021/11/18)

マイナカード、20日から保険証対応 普及期待も遅れ
マイナンバーカードが健康保険証として利用できる仕組みが、全国の医療機関や薬局で順次導入される。普及の後押しとなることが期待されるが、カードを所持することによるメリットは依然少なく、個人情報を政府に監視されるのではとの不安も根強い。(2021/10/19)

リモート化に立ちはだかる「紙」業務にどう挑む?:
PR:これが究極の業務効率化! AI OCR×RPAで目指すバックオフィスの新戦略
いまだ根強く、職場にはびこる「紙」業務は、人的リソースが不可欠なアナログ作業の筆頭。リモートワークを阻害する要因でもあるため、ペーパーレス化を急ぐ企業も多い。そこで今、再注目されているのがOCRだ。リーズナブルかつ高精度で広く普及し始めた最新AI OCRの実力とは?ペーパーレス化を入り口としたバックオフィス変革、その糸口を探る。(2021/10/14)

保険証の代わりにマイナンバーカードで受診、病院で「マイナ受付」はじまる
保険証の代わりにマイナンバーカードで病院を受信できる「マイナンバーカードの保険証利用」をデジタル庁と厚生労働省が始める。すでに医療機関の2.7%に当たる6190施設で稼働。1万7032施設(同7.4%)で提供準備が完了しているという。(2021/10/11)

クラウド型の住基システムで一時障害 142市町村で住民票発行できず 現在は復旧
TKCの自治体向けクラウド型住基システム「TASKクラウド」で障害が一時発生し、全国142市町村で住民票の発行などができなくなったと発表した。現在は復旧済み。8日夜のシステム更新で適用したプログラムの破損が原因だという。(2021/9/9)

「私はデジタルの専門家でもエンジニアでもない」――石倉洋子デジタル監の発言が話題に 質疑での発言全文
デジタル庁の事務方トップ「デジタル監」に就任した石倉洋子氏の発足式での発言が物議を呼んでいる。石倉デジタル監は報道陣との質疑応答で何を言っていたのか。一問一答形式でまとめた。石倉デジタル監はPythonに挑戦した経験もあるという。(2021/9/2)

省庁間の縦割りの打破が課題 デジタル庁発足
国全体のデジタル化を主導するデジタル庁が業務を開始した。業務の大きな柱は新型コロナウイルス禍で露呈した行政のデジタル化の遅れをどう挽回するかだ。平成の約30年間、日本は電子立国を掲げながら電子政府の取り組みは遅々として進まなかった。省庁間の縦割りと地方自治体の格差という行政の効率化を阻む壁を、デジタル化によってどう乗り越えるか、新組織の実力が試される。(2021/9/2)

子供に5000円分の電子地域通貨を配布 群馬県みなかみ町
群馬県みなかみ町は、子育て支援策として、0〜15歳(中学3年生)までの町民に5000ポイント(5000円分)の電子地域通貨を付与したキャッシュレスカード「ミナカミハート」を配布した。「コロナ禍でも家族で楽しめる事業を行うことで、少しでもストレスが軽減されれば」(子育て健康課)という。(2021/8/10)

またすごいのが来たー! ドバイ警察、スピード違反も自動で取り締まる「自動移動式交番2号機」を採用 開発は日本の三笠製作所
近くに交番がないなら交番を動かしちまえばいいじゃないか、という近未来感ある力業。(2021/8/6)

給付金オペレーションの裏側 自治体が体験した激動の2週間、奄美市役所の場合
「10日後に給付金手続き開始せよ」に自治体はどう対応したか。2020年4月、急きょ体制整備が命じられた給付金受付業務。システムも手続きも未整備の中、200の自治体の「手作業地獄」回避に貢献した人物が当時を振り返った。(2021/3/4)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(11)ブロックチェーン(5):
「ブロックチェーン」に永遠の愛を誓う 〜神も法もかなわぬ無敵の与信システム
今回は、ブロックチェーンについて“技術用語を使わずに”説明してみました。さらに、ブロックチェーンを使用するアプリケーションとして、「借家システム」「ブロックチェーン投票」「ブロックチェーン婚」を紹介します。(2021/2/8)

コロナワクチン接種、マイナンバーで管理 平井大臣が提案 「今回使わなくて、いつ使うのか」
平井卓也デジタル改革担当相が会見で、新型コロナウイルスのワクチンを接種した国民の情報管理にマイナンバーを活用すべきと主張した。(2021/1/19)

脱ハンコ完了:
PR:福岡市から日本のDXを進める高島宗一郎市長を直撃「福岡がロールモデルとなり日本を変える」
(2020/12/17)

「RPGみたい」「めんどくさい」 運転免許に旧姓を併記しようとしたら詰んだ 一体なぜ……?
手間や時間がかかる落とし穴にご注意。(2020/12/4)

PR:自治体向けビジネス拡大を目指すアプリベンダーが乗り越えるべき「LGWAN対応の壁」とは
国が掲げる「クラウド・バイ・デフォルト」の原則をきっかけに、地方公共団体でもクラウド化の波が一層強まりつつある。ただし、彼らにクラウドサービスやアプリケーションを提供する事業者にとって頭の痛い課題が、自治体専用ネットワーク「LGWAN」への対応だ。しかしこの課題をいち早くクリアすることで他社より優位に動けるだろう。素早く、効率的にこの課題を乗り越える方法を聞いた。(2020/11/25)

婚姻・離婚届に印鑑が不要になる? 最近の経験者からちょっと言わせてくれ
婚姻届と離婚届の両方を経験して間もないという小寺信良さんからの意見。(2020/10/19)

口座悪用防止やペーパレス化を支援:
金融機関の本人確認を代行 LINE Payが2021年にサービス開始へ
LINE Payは、銀行口座保有者の本人確認を「LINE」で可能にするサービスを提供する。金融機関の継続的な顧客管理を目的とする。今後は、金融以外の領域におけるさまざまな認証や簡単な申請、来店予約などに応用する。(2020/10/7)

LINEで住民票請求から手数料支払いまで――マイナンバーカードを使った公的個人認証、LINE Payが対応へ
LINE Payが公的個人認証サービス(JPKI)に対応。例えば、住民票が必要な際、自治体のLINE公式アカウントで質問に答えて必要事項を送信した後、JPKIを通じて本人確認し、手数料をLINE Payで支払って郵送で受け取る――といった使い方を想定。(2020/9/24)

助言か命令か:
「総務省は常識を逸脱」 渋谷区と総務省が対立の“住民票LINE交付”巡り、技術提供会社が国を提訴
渋谷区と総務省が対立していた「住民票」問題。交付申請の際、LINEで本人確認する点を総務省は問題視して「事実上法令違反」とする通知を出していた。一方、総務省の対応は違法だとして技術提供会社が国を提訴した。(2020/9/11)

「LINEで住民票」に国が“待った”→開発企業が国を提訴「イノベーションを阻害している」
LINEを使って住民票の写しを請求できるサービスについて、総務省が「法律上問題がある」などと自治体に利用しないよう通知したことは不当だとして、同サービスの開発・運営しているベンチャー企業が、総務省を提訴した。(2020/9/11)

PR:上限5000円分のポイントがもらえる「マイナポイント」とは? おトクな活用術を試してみた
9月からスタートした「マイナポイント」の予約・申込方法を解説します。(2020/9/15)

恋愛・結婚のかたち:
“3年おきに名字を交換する結婚”――「自分の姓」「相手の姓」どちらかでもない、第3の選択肢
新しい形の恋愛・結婚について考えていく連載「恋愛・結婚のかたち」(全5回)。第5回は、「3年おきに離婚、相手の名字で再婚」という結婚をして“名字を交換”している夫婦に話を聞きました。(2020/8/9)

恋愛・結婚のかたち:
婚姻届の代わりの住民票「妻(未届)」 “普通に結婚”したかったアラサー女性が事実婚を選ぶまで
新しい形の恋愛・結婚について考えていく連載「恋愛・結婚のかたち」(全5回)。第3回は、「普通に結婚」するものだと思っていた30歳の女性が事実婚を選択するまでを聞きました。(2020/8/7)

マイナポイントの還元に必要な「マイナンバーカード」を取得するには?
マイナポイント事業は、マイナンバーカード所有者がキャッシュレス決済事業者を選択し、購入金額またはチャージ金額に対して25%の金額やポイントを還元するというもの。キャッシュレス決済事業者は1つしか選べず、選んだ後の変更もできないので、利用者にとっては最初の選択が重要となる。最大の特徴は、「マイナンバーカードが必須」という点だ。今回は、マイナンバーカードの取得方法を説明する。(2020/7/9)

体験:ベルリン発、話題のチャレンジャーバンクN26とは何か
ドイツ・ベルリンで話題の一つが、新しい銀行であるチャレンジャーバンクだ。注目すべきは、わずか10分で口座が開設できてしまうことにある。競合も出てきている中、そのビジネスモデルにも迫る。(2020/7/11)

那覇では申請者の15%に:
コロナ休業で生活苦しく、特例貸し付けに留学生殺到
新型コロナの影響による休業や失業で収入が減った人の生計を支援する国の特例貸し付けに、アルバイトが激減して生活に苦しむ沖縄県内の外国人留学生らの申請が殺到している。(2020/6/29)

窓口で「書かない」「触らない」 住所変更届などデジタル化、宝塚市とNECが実験
兵庫県宝塚市で、住所変更の届出などをデジタル化する実証実験がスタート。事前にWebサイトから申請内容を入力しておき、窓口でQRコードを読み取って申請書を印刷する。NECのシステムを活用する。(2020/6/19)

自分のことを知らない世界で生きる 宇宙移民の困難な現実を描く漫画『バクちゃん』を今こそ勧めたい
【1話試し読みつき】移民の現実を描き出す、切なくて温かい物語。(2020/6/13)

IT活用で変化する自治体の今:
行政にアジャイルなITプロジェクトは実現可能か? 市川市・高山市の「窓口改革」から学ぶポイント
連載第3回となる本稿では、自治体の主要業務でもある「窓口業務」「行政手続」の改革に、内製の手法で取り組んでいる事例を紹介したい。(2020/6/12)

前澤友作氏、今度は夫婦100組に100万円 「前澤カップル基金」スタート
ZOZO前社長の前澤友作氏が、全国の夫婦を応援する企画「前澤カップル応援基金」を始めた。アンケートに回答した夫婦の中から、抽選で100組に100万円を配布する。事実婚も含め、カップルそれぞれが1回ずつ応募できる。締め切りは6月14日午後11時59分。(2020/6/11)

マイナンバーカードで給付金10万円をスマホから申請、さらに5000円還元もゲットする方法
特別定額給付金の申請と受け取りが始まっています。マイナンバーカードがあれば、申請はスマホで済みます。オンラインでの申請方法について解説しましょう。(2020/5/31)

1人10万円「特別定額給付金」まとめ画像を総務省が公開 基準日に生まれた人はもらえる?
詳細なQ&A集も公開されています。(2020/5/1)

1人10万円の現金給付、どうやってもらう? 申請方法などのまとめ
郵送かオンラインですが、オンラインには「マイナンバーカード」が必要。(2020/4/21)

DV被害者支援団体、新型コロナの影響で児童虐待やDVの悪化懸念 国に対策を求める
夫の在宅ワークで暴力やモラハラが発生したケースも。(2020/3/31)

新型コロナ〜経済を救うには「現金支給」と「軽減税率」しかない
「スピード感が重要」だが……。(2020/3/26)

auじぶん銀行、アプリでの口座開設機能を拡充 顔認証で最短翌営業日から取引可能に
auじぶん銀行は、3月18日にスマホアプリでの口座開設機能を拡充。ユーザーが申し込み時に撮影したデータを元に顔認証機能を提供し、キャッシュカード到着前でも最短翌営業日からATMでの入出金など各種取引が利用できるようになる。(2020/3/18)

週末エンプラこぼれ話:
法律と効率、顧客のためにどう折り合う? 2週間かかった住宅ローン契約を「実印ほぼ廃止」で1日にした銀行が考えたこと
デジタルの時代、職場からなくならない「印鑑フロー」に悩むのは銀行も一緒だ。契約書処理の負担に悩んでいたソニー銀行は、住宅ローン契約から実印と印鑑証明をほぼなくして電子サインに移行した。当初行内からはためらいの声も上がったというが、法的な証明能力と効率性のバランスを維持する方法を、同行はどう見つけたのか。(2020/2/28)

月2万9800円から 「クルマのある生活」をLINEで申し込んで月単位で試せるサービスが登場
試せる、ってどういうこと?(2020/2/21)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
コンビニが「命を削る現場」に 25年前に指摘された“やりがい搾取”の危険性
コンビニの24時間営業の是非が議論になっているが、重視すべきなのは利益が出るかどうかではなく、オーナーたちの厳しい働き方をどのように変えるか。25年前、コンビニがまだ新しい業態だったころにも“危険性”は指摘されていた。その内容とは……(2020/2/14)

渋谷区、公式LINEで住民票と税証明書を申請可能に 本人確認にLINE BRAINの顔認証AIを活用――実証実験へ
渋谷区は、LINE公式アカウントで住民票と税証明書の申請サービスを2020年4月に開始する予定で、その認証に必要な「eKYC(オンライン本人確認)」に「LINE BRAIN」の顔認証技術とAI OCRを採用する。実用化を前に、2020年2月から区庁職員を対象に実証実験を開始する。(2020/2/4)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIは民主主義をアップデートするのか? 統治とテクノロジーの関係
司法・行政・立法機関においてAIはどのように活用されていくのか。世界の事例を基に考える。(2020/1/10)

岐阜県高山市役所、サイボウズのPaaS「kintone」導入 死亡手続き・観光調査のシステムを自ら開発
サイボウズが、業務用システムの開発に対応したPaaS「kintone」を、岐阜県の高山市役所に提供。業務効率化に向けた実証実験を行う。同市役所の職員が、市民の死去に伴う手続きで使用するシステムと、観光者数の統計調査システムを設計・開発する。(2020/1/8)

1000点を超える貴重なアーカイブが一堂に会する「シルバニアファミリー展」 行ってみたらシルバニア村に移住したくなりました
住民票を移したいです。(2019/12/27)

乱立するサブスクビジネス 成否のカギを探る:
ただの田舎暮らしではない! 月4万円「全国住み放題」サービスが獲得したい“共感”とは
月4万円で「全国住み放題」というサービス「ADDress」が注目されている。とはいっても、ただ物件を用意するだけのサービスではない。そこには、テクノロジーを活用して最先端のライフスタイルを実践しようとする人の“共感”を呼ぶコンセプトと仕組みがある。(2019/12/25)

自治体IaaSの障害、全面復旧は週明けに 「データ全消失」のうわさは否定
自治体向けIaaS「Jip-Base」で障害が発生し、全国約50の自治体のシステムに影響が出ている件で、日本電子計算が「12月9日の全面復旧を目指す」と発表。(2019/12/6)

参院選2019 まだ迷っている人へ送る「投票先の選び方」
納得のいく選択をするために。(2019/7/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。