ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「所得税」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「所得税」に関する情報が集まったページです。

連載「情報戦を制す人事」:
【定額減税】人事に必要な対応は? 住民税・所得税別にポイントを徹底解説
住民税・所得税から定額を減税する「定額減税」が2024年6月に、いよいよ始まります。企業が把握しておくべき住民税・所得税、それぞれの減税事務の概要と注意すべきポイントについてご紹介します。(2024/5/29)

小川製作所のスキマ時間にながめる経済データ(23):
パートタイム労働者の賃金が低いのは世界共通なのか? 国際比較で確かめる
ビジネスを進める上で、日本経済の立ち位置を知ることはとても大切です。本連載では「スキマ時間に読める経済データ」をテーマに、役立つ情報を皆さんと共有していきます。今回はパートタイム労働者の統計データを国際比較してみます。(2024/5/27)

定額減税の給与明細への明記義務化、経理現場で不満爆発 作業約50時間増える試算も
6月から始まる定額減税を巡り、政府が給与明細に所得税の減税額の明記を義務付けたことで、企業の経理現場などでは不満が爆発している。国民に早く減税を実感して欲しいという政府の思惑が見え隠れするが、事務負担が増える現場にとっては「ありがた迷惑」だ。(2024/5/24)

経理現場で不満爆発 作業約50時間増える試算も、なぜ?
6月から始まる定額減税を巡り、政府が給与明細に所得税の減税額の明記を義務付けたことで、企業の経理現場などでは不満が爆発している。(2024/5/24)

社労士・井口克己の労務Q&A:
「有給を使い切って退職」と「買い取って早めに退職」 会社・社員にとってお得なのは?
【Q】従業員から「退職したいので、使い切れなかった年次有給休暇を買い取ってほしい。それができないなら、有給休暇を使い切るまで在籍する」と言われました。退職する従業員の年休を買い取ることには、どのような問題がありますか?(2024/5/23)

小川製作所のスキマ時間にながめる経済データ(22):
1990年代から給与総額はどう変化した? 一般労働者とパートタイマーで比べてみる
ビジネスを進める上で、日本経済の立ち位置を知ることはとても大切です。本連載では「スキマ時間に読める経済データ」をテーマに、役立つ情報を皆さんと共有していきます。今回は「現金給与総額」に注目します。(2024/5/14)

円安の「恩恵」数十兆円 “国民に還元”せよ 円安はGDPにプラス要因
外国為替市場の円相場は一時、1ドル=160円まで円安ドル高が進んだ後、政府・日銀の為替介入とみられる動きがあり、乱高下している。「円安=悪」という論調も多いが、元内閣参事官で嘉悦大教授の高橋洋一氏は「日本経済にとって円安の恩恵は大きい」と説く。(2024/5/2)

PayPay証券、PayPay資産運用でiDeCo(個人型確定拠出年金)の受付を開始
PayPay証券は4月16日、「PayPay資産運用」でiDeCo(個人型確定拠出年金)の受付を開始した。みずほ銀行のiDeCoは国民年金被保険者が加入できる、個人が任意で加入する私的年金制度。申し込みはオンラインで行える。(2024/4/17)

漫画「薬屋のひとりごと」の作画担当・ねこクラゲ氏に“脱税容疑”報道 Xで事実と認めて謝罪 「すでに全額納付済み」
共同通信は4月1日、青年向け漫画雑誌「月刊ビッグガンガン」で連載中の作品「薬屋のひとりごと」の作画担当者・ねこクラゲ氏が所得税法違反の容疑で告発されたと報じた。ねこクラゲ氏はXで確定申告を怠っていたと明かし、報道内容を事実と認めた。(2024/4/1)

Mobile Weekly Top10:
スマホとマイナンバーカードで確定申告ができるなんて、いい時代になったものだ
所得税/贈与税に対する確定申告について、マイナンバーカードとスマートフォンだけでできるケースがあることをご存じでしょうか。パソコンがなくても電子申告できるとは、良い時代になったものです。(2024/3/16)

働き方の見取り図:
なぜ私たちは働きづらいのか 「働き方の壁」を言語化して初めて分かること
働きづらさの背景には、さまざまな「働き方の壁」が存在する。それらを言語化していくと、誰もが働きづらさをはっきりと認識できる。働き手の周りにはどんな「壁」が立ちはだかっているのか。(2024/3/14)

8億ユーロを投資した工場は稼働目前だった:
AppleがマイクロLED搭載「Apple Watch」の開発を中止か 戦略見直しを迫られたams OSRAM
ams OSRAMは、マイクロLED戦略の中核となるプロジェクトが「予期せぬキャンセル」となったことから、同戦略の見直しを行うと発表した。同社は顧客名を明かしていないが、市場調査会社などはAppleがマイクロLED搭載「Apple Watch」開発を中止したことによるものと見ている。(2024/3/6)

フリーランスになって初めての「確定申告」 やってみて分かった“意外”な落とし穴(後編)
2023年夏に、勤め先であったアイティメディア社を退職してフリーランスとなった筆者。面倒な確定申告を、いかに手間なく簡単に、かつお得になるようにやってみたという趣旨のもと、SaaSを存分に活用した実体験をお届けしたい(後編)(2024/2/28)

「鬼畜と言われた」 子どものお小遣いから保険料を“天引き” リアルすぎる「明細書」に反響「いい税教育」
小4から介護保険料まで取るとか少子高齢化すぎる。(2024/2/25)

今さら聞けない「春闘」とは 給料が上がる? 社労士が分かりやすく解説
2月に入って徐々に「春闘」という言葉を聞く機会が増えてくるかと思います。そもそも「春闘」とはどういうものなのでしょうか? 社会保険労務士が分かりやすく解説します。(2024/2/15)

「賃上げできない企業」は今、何をすべきか
大企業を中心に、賃上げに積極的な動きが見られる。一方で、原資が少ない中小企業などにおいては、賃上げの意思決定は容易ではない。そうした企業はどのような対応を取るべきなのか。(2024/1/31)

楽天グループ、繰延税金資産700億円を取り崩し
楽天グループは、2023年12月期連結業績で繰延税金資産の一部取り崩しを実施すると発表した。(2024/1/11)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
今年の漢字は「税」だが“本当の増税ラッシュ”は来年から 企業が取るべき対策とは?
「税」が今年の漢字となったとはいえ、増税は2024年度からが本番となる。また、原則的には「税金」ではないものの、給与から直接天引きされる社会保険料の高騰も踏まえると、企業や一般家計はますます切り詰めた生活となる可能性がある。(2023/12/15)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
賃金は上がっても「130万円の壁」は不変……経済を悪化させる政府の“怠慢”
コロナ禍と円安が招いた大幅な物価の高騰は、日本の一般家計における大きな悩みの種になっている。名目の賃金から物価上昇率を加味した実質賃金は足元で16カ月連続のマイナスとなっており、国民の実質的な所得は大きく削られている。(2023/10/6)

高根英幸 「クルマのミライ」:
ガソリン価格が高い! 税金の代わりに“財源”を確保する方法とは
ガソリン価格の高騰が止まらない。庶民の生活にダメージを与えているわけだが、価格を下げるためにどのような手があるのか。(2023/9/15)

労働市場の今とミライ:
ウワサの「サラリーマン増税」の真意 政府はなぜ、転職の活性化に期待するのか
政府税制調査会が検討を打ち出した、退職金増税を含むいわゆる「サラリーマン増税」が国民の不安を招き、大きな注目を集めた。政府はこうした増税案も含む「三位一体の労働市場改革」で、どんな社会を目指しているのか。その真意を人事ジャーナリストの溝上憲文氏が解説する。(2023/9/12)

悲願のIPOへ:
ソフトバンクG「反転攻勢の切り札」アームは上場間近 3Q連続赤字もファンド事業は黒字に
ソフトバンクグループは8月8日、2023年4〜6月期の連結決算(国際会計基準)の最終損益が4776億円の赤字と、3四半期連続で赤字だったと発表した。(2023/9/5)

インボイスで荷物届かなくなる? 競馬界にも激震 制度直前、高まる反対熱 「“消費税のネコババ”は誤解だ」
消費税のインボイス制度のスタートが10月1日に迫る中、反対の声が熱を帯びている。インボイスに反対する有志が、が東京・霞ヶ関で記者会見を開き、財務省の担当者などに署名を手渡した。(2023/9/4)

アナリストの“ちょっと寄り道” 調査データの裏側を覗こう:
「スマートシティー」にも活用広がる ブロックチェーン活用サービスの最前線を解説【前編】
「お試しPoC」を終えて普及期に入るブロックチェーン。決済や資金調達、スマートシティーや地方創生などにおける最前線の活用事例を紹介しつつ、課題と展望をアナリストが解説する。(2023/8/25)

株式会社ベネフィット・ワン提供ホワイトペーパー:
PR:インフレ手当の効果と注意点、「福利厚生サービス」が代替案として有効な理由
物価高騰の影響から従業員の生活を守るため、「インフレ手当」を支給する企業が増加しているが、その導入に当たっては注意すべき点が幾つかある。課題を整理しつつ、その解決策となる福利厚生サービスの有効性を確認していく。(2023/8/17)

信託型ストックオプション、国税庁の“突然見解”で14億円特損 PKSHA Technology
AIベンチャーのPKSHA Technologyが、第3四半期決算で14億6600万円の特損を計上。国税庁が信託型ストックオプションに関して「給与所得」と見なす見解を発表したことを受け、役職員に代わって追加の源泉所得税を支払うという。(2023/8/15)

EU基金からの資金提供を受け:
スペイン初のチップ工場が誕生か、光半導体企業が計画
スペインの光半導体メーカーKDPOFが、スペインでは初となる商用チップの製造施設を建設する予定だという。本稿の後半では、半導体やハイテク関連の投資を公表している主な国/地域の投資額をまとめている。(2023/8/10)

イチから分かる! 楽しく学ぶ経済の話(4):
日本が「使えるお金」は世界何位? 家計や企業などの可処分所得を国際比較
勉強した方がトクなのは分かるけど、なんだか難しそうでつい敬遠してしまう「経済」の話。モノづくりに関わる人が知っておきたい経済の仕組みについて、小川さん、古川さんと一緒にやさしく、詳しく学んでいきましょう!(2023/8/9)

製造マネジメントニュース:
パナソニックHDは1Q最高益、IRA法で車載用電池が利益の源泉に
パナソニックHDは、2023年度第1四半期の連結業績を発表。米国IRA法による補助金や、パナソニック液晶ディスプレイの解散と債権放棄による影響などから過去最高の純利益を達成した。(2023/8/1)

労働基準監督署に聞いた:
リファラル採用のインセンティブ、何万円まで法律的に問題ない? 疑問を解説
リファラル採用を取り入れる企業が増えていますが、紹介のインセンティブはいくらが一般的なのでしょうか? また、何万円までの支払いであれば法律的に問題ないのでしょうか?(2023/7/31)

イチから分かる! 楽しく学ぶ経済の話(3):
私たちの給料は「付加価値の分配」の結果、ってどういうことだろう?
勉強した方がトクなのは分かるけど、なんだか難しそうでつい敬遠してしまう「経済」の話。モノづくりに関わる人が知っておきたい経済の仕組みについて、小川さん、古川さんと一緒にやさしく、詳しく学んでいきましょう!(2023/7/25)

ベンチャー財務やSaaS経営者に衝撃 税処理ひっくり返った「信託型SO」とは何か? 専門家に聞く
国税庁が示した見解により、信託型SOを巡る税処理が大きく変わり、企業の金銭的・事務的負担が増える可能性がある。影響を受けたスタートアップにはどんな負担がかかるのか。(2023/7/4)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
信託型ストックオプション「最大55%課税」でスタートアップが悲鳴 抱えていた“2つの欠陥”
スタートアップが優秀な人材獲得の一助にしている「信託型ストックオプション」。国税庁が原則として給与所得と見なすと発表したことで重税が懸念され、スタートアップが悲鳴を上げている。(2023/6/2)

少子化加速の危険性も?:
社会保険料も「税」である
社会保険料も「税」である。社会保険料の引き上げによって少子化が加速する可能性も。(2023/5/24)

個人事業主348人に聞く:
確定申告で困ったこと 3位「会計ソフトの使い方」、2位「税法の理解」、1位は?
弁護士ドットコム(東京都港区)は、個人事業主348人を対象に「確定申告に関する調査」を実施した。(2023/5/11)

加熱式が狙い撃ち:
たばこは課税の理解を得やすい“財政物資”か フィリップ モリス ジャパン副社長に聞く
防衛費増額の財源を賄うための増税などにより、たばこは1本相当で3円ほど引き上げられる。し好品を販売している企業に対しては厳しい視線が注がれる。フィリップ モリス ジャパン副社長に税負担について聞いた。(2023/5/12)

厳しさ増す経営環境:
たばこ税、防衛財源で“また”増税 フィリップ モリス ジャパン副社長の見解は?
防衛財源を確保するために再びたばこが増税され、値上げされる見通しだ。たばこ1本相当で3円ほど引き上げられる。フィリップ モリス ジャパン副社長に、課税対象になった立場としての事情を聞いた。(2023/5/11)

電動化:
ニデックは車載事業のV字回復へ、eAxleの収益改善が正念場を迎える
ニデックは2022年度(2023年3月期通期)の決算を発表した。(2023/4/26)

700社超が導入:
奨学金の返済、会社が肩代わり 企業・社員、双方のメリットは?
社員が学生時代に借りた奨学金の返済を、勤務先の企業が福利厚生の一環として、一部または全額を返済する制度の導入が全国の企業に広がっている。企業と社員の双方にとって、どのようなメリットがあるのか。(2023/4/21)

イーロン・マスク氏、X.AI社をネバダ州で登録 OpenAI対抗か
TwitterをXという企業に統合したイーロン・マスク氏が、Xと同じネバダ州にX.AIという新企業を設立したと複数のメディアが報じた。同氏はDeepMindなどのトップエンジニアに参加を呼びかけているという。OpenAIのアルトマンCEOはこの報道に「Concerning」とツイートした。(2023/4/16)

子育て中の親1016人に聞いた:
少子化対策になると思うこと 「病児保育」や「夜間保育」を上回る1位は?
「少子化対策になると思う政策」に関する調査を実施。結果は?(2023/3/27)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「リーマン級」の賃金減が到来 日本の賃上げを阻む「130万円の壁」問題
厚生労働省が発表した毎月勤労統計調査によると、1月は実質賃金が前年同期比で4.1%減となり、「リーマン級」の水準だった。一部企業では賃上げの動きも出ているが、まだまだ心もとない。その原因は「130万円の壁」にもありそうで……(2023/3/10)

「JAXAに寄付した」と多くのツイート H3ロケット失敗で「頑張ってほしい」の声集まる
3月7日にH3ロケットの試験1号機の打ち上げに失敗したJAXA。ライブ配信や報道などで失敗を知ったTwitterユーザーの間で、「JAXAに寄付をした」というツイートが多数投稿されている。(2023/3/7)

ITmedia ビジネスオンライン Weekly Top10:
『THE FIRST SLAM DUNK』興行収入100億円突破 感動したのは「音」
1週間の記事アクセス数を集計し、上位10記事を紹介する「Weekly Top10」。今回は2023年2月13日から20日までの7日間について紹介。(2023/2/24)

ITmedia ビジネスオンライン Weekly Top10:
外食チェーンの「朝食戦略」に触れて、気分は“パリジェンヌ”に
焼肉ライクの「朝焼肉セット」(580円)、なか卯の「250円の朝食」など、朝食に力を入れている外食チェーンを取材した。それぞれの朝食戦略とは?(2023/2/17)

確定申告スタート e-Tax便利に マイナカード読み取り1回、スマホから青色申告決算書も
2月16日、2022年分の確定申告期間がスタートした。ネットで電子申告できる「e-Tax」も機能強化されており、今年から便利になった点がいくつかある。(2023/2/16)

200人に聞いた:
負担に感じている税金 3位「所得税」、2位「住民税」、1位は?
「FX口座開設の教科書」を運営するARINAは、「最も負担に感じている税金」に関するアンケート調査を実施。回答とともに、その理由を尋ねた。(2023/2/11)

働き方の「今」を知る:
いくら「お願い」してもニッポンの賃金は上がらない──その3つの原因とは
岸田首相は1月4日の年頭会見で「賃上げを何としても実現する」と宣言した。しかし、いくら「お願い」してもニッポンの賃金は上がらない。筆者が解説する、日本の賃金が上がらない3つの原因とは?(2023/2/8)

無策の象徴:
空き家問題、放置してはいけない
国の無策の象徴である「空き家問題」。ここまで深刻化するまで国は何をしていたのか、そして今何をしようとしているのか、さらに「何をしようとしていない」のか。もう一度よく考えてみたい。(2023/2/3)

ITワード365:
【クイズ】「情報システムやソフトウェアの開発を自国でなく海外で行うこと」とは? 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2023/2/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。