ニュース
» 2011年06月07日 07時30分 公開

iOS 5は2011年秋リリース:iOS 5+iCloudで大きな変貌を遂げるiPad、iPhone、iPod touch (3/3)

[園部修,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

「iCloud」サービスとは

 iCloudは、Appleが提供する新しいクラウドサービスだ。メールや文書ファイル、データのバックアップなどに使える5Gバイトまでのストレージスペースと、写真や音楽データの同期サービスが利用できる。iOS 5のリリースと同時にサービスを開始予定で、ほとんどのサービスは無料で提供される。

 既存の「MobileMe」ですでに提供しているメールサービスなども融合したもので、基本的には今までMacやPCと同期して保存していたデータや設定値の多くをネットワーク上のサーバで預かりつつ、複数あるiOSデバイス間ではデータの自動同期を行うものだ。ただMobileMeサービスは「最初から作り直した」としており、サービスの内容は大きく変わる見込み。

 App StoreやiBookstoreで購入したアプリやコンテンツは、すべてiCloudのサーバに記録される。iCloud導入後は、同じApple IDを登録した最大10台までのデバイスで同じアプリやコンテンツが利用可能になる。

 このiCloudサービスは、iOS対応デバイスを複数持っているユーザーにはメリットが大きく、例えばiPhone 4とiPad 2を使っている人の場合、iPhone 4で購入したアプリがiPad 2にも入れられる、iPad 2で途中まで作成したKeynoteのファイルをiPhone 4で呼び出して移動中に仕上げる、といったことが簡単にできる。

 このiOSデバイス内の各種データをiCloud上に預かる「iCloud Backup」では、メールの既読・未読情報はすべて同期されるほか、PagesやNumbers、Keynoteなどで作成したオフィス文書もバックアップしたうえで同期する。開発者向けに提供されるiCloud Storage APIを利用すれば、iCloudにファイルを保存するアプリも作成可能だ。

 写真のデータは、「Photo Stream」機能により、iOS搭載デバイス間で同期させることができる。iPhone 4で撮影した写真をiPad 2で閲覧する、といったことが容易に行えるようになる。写真のデータは通常のiCloudのストレージエリアとは別の領域を利用し、デバイス側には最新の1000枚を同期し、iCloud側では最長30日間写真を保存する。

 また、長らくうわさになっていたiTunesのクラウド化も、iCloudにより一部実現される。「iTunes on iCloud」という名のこのサービスは、iTunes Storeで過去に購入した楽曲が、同じApple IDを持つiOSデバイスにダウンロード可能になる。

 なお、ユーザーがリッピングした楽曲の場合は、iTunes on iCloudは利用できない。この場合はiCloud Backupを利用してバックアップする必要がある。米国では、「iTunes Match」というサービスが提供予定で、これを利用することで、さまざまなiOSデバイスで楽曲が共有可能だ。iTunes Matchを利用すると、iTunes Store内に手持ちのCDからリッピングした楽曲と同じ曲があった場合、年額24.99ドルで、iTunesから購入したものと同じデータが手に入り、iTunesで購入した楽曲データと同じように複数のiOSデバイスで同期ができる。データはDRMフリーの256Kbps AACファイルとなる。

 異例の「予告」をしたうえで、盛りだくさんの発表が行われたWWDC 2011。今回の発表を受けて、どのようなアプリが生まれるのか。そしてiOS 5が登場するとき、新しい端末は出るのか。2011年秋に向けて、大きく期待が膨らみそうだ。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう