ニュース
» 2013年02月21日 16時00分 公開

インテルとAMDとNVIDIAの次の一手は?:大解説! 省電力なCPUとSoCの最新事情を整理する (4/4)

[本間文,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

モバイル向けモデルの開発を急ぐインテルとAMD

 インテルもまた、低価格スマートフォン市場に向けて積極的に動いている。インテルは、開発コード名“Lexinington”と呼ぶ「Atom Z2420」を低価格スマートフォン向けのモバイルCPUとして投入する計画で、シングルコアながらHyper Theading Technologyで2スレッド処理に対応するCPUは、動作クロック1.2GHzで動作する。グラフィックスコアにはPowerVR系列の「SGX540」を採用するほか、1080pのHDエンコードにも対応するビデオ機能や、最大500万画素のイメージセンサーに対応するイメージプロセッサなどを統合する。

 インテルでモバイルプロセッサ事業を統括するマイク・ベル副社長は、今後も、Clover Trail+などのタブレットデバイスと高性能スマートフォン向け製品とは別に、低価格スマートフォン向けのCPUを開発していく意向を示す。

開発コード名“Lexington”こと「Atom Z2420」の特徴(写真=左)。Lexingtonを搭載するスマートフォンのリファレンスデザイン(写真=中央)。スマートフォン向けSoCのロードマップ(写真=右)

 AMDも、将来的にARMコアをスマートフォンやタブレットデバイスなどのクライアント向け製品に採用する可能性もあるなど、市場動向に応じて柔軟な開発を行なっていく考えだ。AMDでは、2014年にARMコアを採用したサーバ向けプロセッサを市場に投入する計画だが、モバイルデバイス市場の動向によっては、x86コアだけではなく、ARMコアも選択肢の一つとしてロードマップを検討していく考えを示している。

 2013年は、PC業界のメジャープレイヤーたちも、スマートフォンとタブレットデバイスに向けた製品で新しい道を模索するターニングポイントとなりそうだ。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう