ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「就職情報サイト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「就職情報サイト」に関する情報が集まったページです。

過去最高に:
新入社員の63%「仕事よりもプライベート優先」
マイナビが18年4月入社の新入社員を対象に意識調査を実施。仕事よりもプライベートを優先したいという声が大多数を占めた。(2018/4/26)

電機大手、IT人材の争奪激化 19年度新卒採用 ソニー33%増、東芝2倍以上
電機大手の2019年度新卒の採用計画が出そろった。ソニーは前年度比33%増、東芝は2倍以上と採用増を計画。好業績を追い風に、IoTやAIなどの開発を担うIT人材の囲い込みを図る。(2018/4/9)

忖度せず「逆質問」すべし:
「この会社、何かヘンだな」 就活で役立つ“ブラック企業”を見破るワザ
19年卒の学生向け就職活動が始まってから1カ月。就活生は内定獲得に向けて日々努力しているが、世の中には長時間労働などがまん延する“ブラック企業”が依然として存在する。就活生が企業の“ブラック度”を見抜くには、どんな取り組みが必要なのか。“ブラック企業アナリスト”こと新田龍さんに話を聞いた。(2018/4/3)

自分に似合う「就活メイク」、スマホアプリからバーチャルでお試し
バーチャルメイクアプリ「YouCam メイク」がリクナビと連携して就活生向けのメイクルック8種を配信。自分の魅力を生かす就活メイクを試すことができるという。(2018/3/7)

DTI SIM、マイナビやTwitterなどがカウントフリーになる就活生向けプラン「20's SIM」
DTI SIMは、就活生に人気が高い「マイナビ(就職情報サイト)」「マイナビ学生の窓口」「YouTube」「Twitter」「radiko.jp」のデータ通信量がカウントフリーになる就活生向けの新プラン「20's SIM」を提供開始。公衆Wi-Fiスポットも利用できる。(2018/1/29)

有利なのは:
履歴書は定型フォームを使うべき? 写真は貼るべき?
就職でも転職でも履歴書は必要だ。履歴書を書く場合、定型フォームを使ったほうがいいのか、それとも自由型フォームを使ったほうがいいのか。写真を貼りたくない人もいると思うが、貼ったほうがいいのか、それとも貼らないほうがいいのか。戦略コミュニケーションの視点で考える。(2017/12/18)

就活の「お祈りメール」っていつから存在してるの? 学生から人事担当者まで徹底調査してきた
「祈られすぎて神になりそう」(2017/12/17)

常見陽平のサラリーマン研究所:
なぜあの人が? 採用活動に駆り出される社員の共通点
会社の採用ページ、就職ナビ、会社説明会、面接、内定者懇親会などに駆り出される社員はどのようにして決まるのか。人選の基準は、単に優秀かどうかだけではない。選ばれる人の共通点とは……。(2017/11/3)

コンサルタントが語る組織活性化のポイント:
若手社員が辞めない職場づくりとは?
若手社員(とくに入社3年未満)が会社に求めているものとは?(2017/9/18)

キャリアの選択肢広げる:
逆求人サービス「OfferBox」に“博士向け”新サイト登場
就活サイト「OfferBox」を運営するi-plugが、博士号を持つ人材に特化した就活サイト「OfferBox Ph.D.」を開設。(2017/8/31)

PR:挑み続けるリクルート ── そのサービスを支える、柔軟、セキュアで持続可能なアプリケーション基盤
企業が生き残るためにはデジタル化とグローバル化が欠かせない。ネットへと主戦場を移してきたリクルートのビジネスでは、アプリケーションをどれだけ安全かつ安定的に配備できるかが成否のカギを握る。(2017/8/7)

キャリアニュース:
人材領域に特化したAIエンジンで企業と学生を支援する新サービス
マイナビは、三菱総合研究所と共同で、AIエンジン「HaRi」を活用した新サービスを開発した。人材領域に特化したHaRiの学習/判断能力によって、企業の採用活動や学生の企業研究をサポートする。(2017/7/28)

トラベル系が人気:
昨年1位の電通は23位に 18年卒就職人気ランキング
みん就の就職人気企業ランキングで、昨年1位だった電通が23位へと大幅ダウン。(2017/4/13)

社員の印象が決め手:
インターン参加の就活生、9割が「企業の好感度上がった」
2018年卒大学生の約9割が「インターンに参加した企業の印象が良くなった」と答えていた――マイナビ調べ。(2017/3/10)

ES代わりにリーチ棒!? 就活生が優遇を賭けて麻雀で勝負する早期就職採用イベント開催
麻雀は人間性が顕著に出るゲームなので、就職採用の場としてはよさそう。(2017/1/31)

8月22日〜9月末、機械系、電気・電子系の学生対象:
「エンジニア人生」を疑似体験、メイテックが学生向け1日インターンシップを開催
メイテックグループが、「エンジニア職」希望の学生向けキャリアシミュレーションプログラムを開催。夏休み期間中、全国4カ所で合計10回行われる。(2016/8/10)

就職活動を再点検せよ
6月1日は、就職・採用活動の解禁日でした。どんな環境下でも採用が順調に進む人は確かにいますが、ほとんどの学生はなかなか自分の思う通りに選考が進まないのが現状です。今回は、就活が思うように進まない人に向けた「就活再点検」です。(2016/6/8)

まだ君は間に合う! 現役エンジニアに聞く、学生のときにやっておくべきこと(6):
IT以外の企業も含め多くの人と直接かかわろう――サイボウズのWebアクセシビリティ技術者
本連載では、IT企業の最前線で活躍するトップエンジニアに、学生時代に行った就職活動の内容や、これから就職活動を行う学生へのアドバイスを聞く。今回は、サイボウズで「kintone」の開発に携わる一方で、Webアクセシビリティの研究に取り組む小林大輔氏に伺った。(2016/3/31)

いま“逆求人型”の就活が必要とされるワケ
いま“逆求人型”の就活が盛り上がりを見せている――。就活定番のイベントといえば合同企業説明会、いわゆるゴウセツ。しかしいま、こうした従来の就活スタイルを変える新しい風も吹き始めているという……。(2016/3/25)

リクルート、初乗り運賃が無料になる「就活応援タクシー」を実施
リクルートと東京ハイヤー・タクシー協会は、タクシーの初乗り運賃が無料になる「就活応援タクシー」を実施。「リクナビ2017LIVE」や東京駅のタクシー乗り場前でチケットを配布する。(2016/3/22)

就活のトリセツ(6):
俺、もうだめぽ?――自己分析しても、やりたいことが分からない!
いよいよ就活解禁。順調に活動を進める人がいる一方で、最初の一歩が踏み出せない人も少なくない。この時期に数多く出現する「やりたいことが分からない」就活生に、勝利の女神はほほ笑むのか?(2016/3/17)

就活のトリセツ(4):
リクナビ、マイナビだけじゃない――「就活ナビサイト」使い倒しマニュアル<前編>
IT業界への就職を考えている学生のために就活のイロハを伝授する連載「就活のトリセツ」。第4章は、マイナビやリクナビなどの就活ナビサイトを徹底解説する。(2016/1/28)

まだ君は間に合う! 現役エンジニアに聞く、学生のときにやっておくべきこと(3):
技術イベントを会社探しと自分磨きに――Git勉強会を仕切るmixiの若きリファクター
本連載では、IT企業の最前線で活躍するトップエンジニアに、学生時代に行った就職活動の内容や、これから就職活動を行う学生へのアドバイスを聞いていきます。今回は、学生向けGit勉強会の開催に向け中心的な役割を担った国分佑樹氏に、就活生に向けたメッセージを伺った。(2015/12/10)

ネットを使った就活で、不安を感じたこと
インターネットを使った就職活動でどのような不安を感じ、どのようなことに困りましたか? 現在就活を行っている(または終えた)大学4年生と社会人1年生に聞いた。連合調べ。(2015/7/2)

ドメイン登録サービス「Google Domains」一般提供開始
Googleが昨年6月に招待制でスタートしたドメイン登録サービス「Google Domains」が米国で一般に公開された。新たに「.company」「.coffee」など60以上のドメインが追加されている。(2015/1/14)

学生に直接アタック:
企業の関心は就職サイトからターゲティング採用に
経団連による就活開始時期の繰り下げによって、企業、学生ともに方向転換を迫られている。そうした中、より良いマッチングを重視した取り組みが広がりつつある。(2014/12/11)

企業の採用方針が若干変化:
新卒求人に“特化型”、範囲を広げる「美大・芸大生専門」就職マッチングサービスの狙い
文系、理系、そして“美系”も──。就活サイトに「美大・芸大生専門」とする特化型サービスが範囲を拡大している。その背景と狙いとは。(2014/3/26)

バルマー体制への不満が噴出?
Microsoftの新CEOサトヤ・ナデラ氏にIT業界が突きつけた課題
Microsoftの3代目CEOに就任したサトヤ・ナデラ氏。同氏は迷走中のMicrosoftを再生できるのか? IT業界のさまざまな人から、Microsoftとナデラ氏に対するコメントを集めた。(2014/3/19)

15年卒の就職人気IT企業ランキング、1位はNTTデータ ヤフー、グーグル、日立などランクアップ
2015年卒業予定の学生の就職人気IT企業ランキングを楽天が発表した。1位は昨年に続きNTTデータ、2位は楽天、3位はNTTコミュニケーションズだった。(2014/3/17)

IoT? クラウド? モバイル?
CIOとアナリストに聞いた、2014年に投資すべきテクノロジー
2014年は何にIT投資すべきなのか? 企業は何にIT投資するつもりなのか? さまざまなソースから、2014年の展望と課題を占う。(2014/2/26)

「[en]学生の就職情報」終了へ “ソー活”普及などで「役割に区切り」
「[en]学生の就職情報」が来年3月末で終了へ。就活サイトに頼らない採用手法が拡大したため、「当社の就職情報サイトの果たしてきた役割に区切りをつける」としている。(2014/2/24)

就活生に肉おごります 転職サイト「ビズリーチ」がお腹をすかせた学生向けの「肉リーチ」オープン
肉をおごってくれるのは、ビズリーチ社員の有志で結成した「日本肉英会」の皆さんです。(2014/1/23)

誠 Weekly Access Top10 特別編:
年収二極化、体罰問題、就職難――2013年、Business Media 誠で最も読まれた記事は?
2013年ももう終わり。東京オリンピック開催決定、半沢直樹、PC遠隔操作事件などさまざまな話題がありましたが、Business Media 誠で最も反響があった記事は何だったのか。ランキング形式で発表します。(2013/12/26)

「我々の取り組みを茶化し、無効化する」――ドワンゴ、オールアバウトの就活生「奨励金」支給を批判
「一石を投じようとした我々の取り組みを茶化し、無効化しようとするものです」――ドワンゴは、同社が就活生から徴集する「受験料」とほぼ同額の「奨励金」を支払うと発表したオールアバウトを批判する文書を公開した。(2013/12/13)

これからの働き方、新時代のリーダー:
就活生・転職者必読! 経産省女性室長に聞く、「ホワイト企業」の入り方
流行語にもなった「ブラック企業」に対し、非ブラック企業の中でもさらに優良な“ホワイト企業”を紹介した本が出版された。ホワイト企業とは何か。ホワイト企業を探すにはどうしたら? 経済産業省の坂本里和さんに聞いてみた。(2013/12/13)

新卒採用制度めぐりドワンゴがオールアバウト批判 受験料への対抗企画「とても残念」
新卒採用に受験料制度を導入して話題になったドワンゴが、その案内ページに「受験するとお金がもらえる会社のご案内」を追加しました。(2013/12/12)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
就活生がこの時期にやるべき、たった2つのこと
12月1日、就職活動が解禁になりました。リクナビやマイナビといった就活サイトがオープンし、焦っている学生もいるでしょう。でも、焦っても仕方がありません。就活生がまずすべきこととは……?(2013/12/2)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
数年で会社をやめる若手社員に共通していた「意識」とは?
採用時に優秀だと見込まれ、期待されていた就活生が希望した仕事に就けないのはなぜか。入社して数年で辞めてしまう若手に共通していた意識とは? この2つは実は裏表、根っこの部分は同じ話なのです。(2013/11/25)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
魔法の言葉「視野を広げる」が、就活をお手軽化させる!
最近の大手就活サイトのトレンドともいえるのが「効率」。就活生が効率良く就職活動を進められる機能を盛り込んだサービスが続々誕生している。(2013/11/18)

就活・転職のフシギ発見!:
新・モーレツ社員が「ぶら下がる」時、上司はどうするべきなのか?
イマドキの若手社員には、会社を辞めないが頑張らない「新・ぶら下がり社員」と、「人生=仕事」という「新・モーレツ社員」が増えています。なぜそうなるのか、そしてぶら下がる社員に出会ったら周囲はどう対応すべきなのでしょうか?(2013/10/28)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
なぜイマドキの20代は「新・ぶら下がり社員 or 新・モーレツ社員」になってしまうのか?
仕事と人生を丸で表すとして、あなたにとってその関係性は? ペンと紙を用意してそれぞれの丸を描いてみてください。あなたが描いた絵はコラムのどのタイプだったでしょうか……?(2013/10/21)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
有名大学じゃなくても大丈夫――就活に成功するための4つの方法
テレビや新聞の「就活は大変」という報道を見るたびに不安になっている学生も多いのでは。今回は就活に失敗しないための方法をこっそり伝授します。就活サイトのプロデューサー、サカタさんの教える4つの方法とは……?(2013/10/14)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
バイトテロと「自分らしく生きる」ことの近くも遠くもない関係
バイト先でいたずらを撮影、Twitterで炎上するバイトテロ。「相手の立場に立って考えろ」と大人は思いますが、「考えても分からない」若者が一定数存在するのでは? とサカタさんは指摘します。(2013/9/16)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
結果には原因がある――若手社会人が「こんなはずじゃなかった」と早期離職する原因
さまざまな情報があふれている現代、それは就職活動でも同じです。就活中に企業や業界について調べたはずなのに、「そんなはずじゃなかった」と入社して数年で会社を辞める若手が減らない原因とは?(2013/9/9)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
「世の中の役に立ちたい」気持ちが強すぎる若手社会人が陥りやすいワナとは?
「今やっている仕事が世の中の役に立っていると思えない。人の役に立つ仕事がしたい」そう熱望するあまり会社を辞めてしまう若手社会人は少なくありません。やる気があり、当事者意識を持って仕事に取り組める人材だからこそのジレンマとは……。(2013/9/2)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
「こじらせている就活生」に対して、社会人がやってはいけないこと
大学生から就職についての相談を受ける人が増える時期です。最近はいろいろな人に話を聞き、セカンドオピニオンを求めるという学生も増えているのですが、「アドバイスを受けた結果、余計混乱する」という事態が起きているといいます。(2013/8/26)

ビジネスに直結したソフトウェア開発を推進――性能や品質の向上に取り組むリクルートテクノロジーズ
「リクナビ」や「SUUMO」「カーセンサー」など、日本最大級の情報サービスを展開するリクルート。そのサービスに不可欠なITソリューション。ビジネスに直結するソフトウェア開発をいかに推進しているのか。(2013/8/5)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
ハローワークで“やりたいこと”を探してみたけどなかった、という話
居酒屋で隣り合わせた男性の「やりたいことは、ハローワークでは見つからないな、マジで」という言葉に、思わず聞き入ってしまったサカタさん。就活に至るまでの、キャリア教育の難しさとは?(2013/7/22)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
企業は若手社員に「我慢すること」「実行力」を求めはじめている
前回、若手社員が「成長したい」と言って会社を辞める現象についての記事の中で、「彼らが仕事で重視しているのはお金ではない」と書きました。彼らが求めるものと、企業側が若手に求めるものとは深刻にズレているようです。それは……。(2013/7/16)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
「キャリアアップ」のために会社を辞める若手社員の本音とは
「このままこの会社にいても成長できると思えないから、辞めます」……こんな言葉を聞いたことはないでしょうか。若手社会人は「お金のために働かない」のはどうやら本当らしい。それでは何のために働くのでしょうか?(2013/7/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。