ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

「HyperTransport」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「HyperTransport」に関する情報が集まったページです。

COMPUTEX TAIPEI 2011:
AMDブースで“Llano”対応をうたう!──「A75」チップセット搭載マザーボード図鑑
COMPUTEX TAIPEI 2011で、未発表ながら公開されたAMDのA75チップセットは、どうも、「Llano」に対応するという。ならば、展示サンプルで予習しなくては。(2011/6/3)

COMPUTEX TAIPEI 2011:
AMD、次世代CPUに対応する「AMD 9シリーズ」チップセット
AMDは、COMPUTEX TAIPEI 2011の開催に合わせて、チップセットの新モデル「AMD 9シリーズ」を発表した。同社の“次世代CPU”をサポートするAM3+に対応する。(2011/5/31)

AMD、6コアとデュアルコアのPhenom IIで最上位モデル
AMDは、6コア搭載の新モデル「Phenom II X6 1100T Black Edition」とデュアルコアの新モデル「Phenom II X2 565 Black Edorion」を発表した。(2010/12/7)

5分で分かった気になる、3月のアキバ事情:
CPUのコア数がインフレ状態になった3月
コンシューマー初の6コアCPU「Core i7-980X」が登場した3月のアキバ。ワークステーション向けでは6コア/12コアCPUの販売も始まった。(2010/3/31)

AMD、最大12コア搭載の4P対応「Opteron 6100」シリーズ発表
日本AMDは、3月29日にOpteronの新シリーズ「Opteron 6100」シリーズを発表した。2P、4Pシステムの構築が可能で、上位ラインアップでは12コアを搭載する。(2010/3/29)

古田雄介のアキバPickUp!:
「まさかこんなに速いなんて」――SATA 3.0対応SSDがマザー選びの基準を変える!?
SATA 3.0に対応する初のSSD「RealSSD C300」シリーズが登場し、注目を集めている。その少し前にはSATA 3.0に対応したAMD 890GXマザーも登場しており、にわかにドライブ選びの基準が変わりそうな勢いだ。(2010/3/8)

クアッドコアのAthlonだっ!──AMD、「Athlon II X4 」シリーズを発表
AMDは、Athlon IIで初となるクアッドコアモデルの「Athlon II X4 630」と「Athlon II X4 620」を発表した。Max TDPは95ワットに設定されている。(2009/9/16)

HP、イスタンブール搭載「xw9400」発表
HPが6月に発表したサーバに続けて、「6コアAMD Opteron プロセッサ」搭載のハイエンドワークステーションを発表した。(2009/7/2)

“TWKR”なPhenom IIの6GHzオーバーデモを“kwsk”解説
日本AMDは、「Phenom II X4 42 Black Editon TWKR」のライブデモを公開。“1トライ約1000円”の液体窒素をふんだんに使った冷却で6GHzオーバーに挑んだ。(2009/6/30)

「Six-Core AMD Opteron」:
AMD、サーバ向け6コアプロセッサ「Istanbul」発表
米AMDの「Six-Core AMD Opteron」搭載サーバは、HP、IBM、Sunなどから6月中に出荷される見通しだ。(2009/6/2)

1万円未満のシリーズ最上位モデル「Athlon X2 7850 Black Edition」登場
AMDは、4月28日にAthlon X2シリーズの新モデルとして「Athlon X2 7850 Black Editon」(Athlon X2 7850 BE)を発表した。実売価格は8000円前後になる見込みだ。(2009/4/28)

Nehalem登場前夜:
プロセッサとともに進化するブレードサーバのラインアップ
インテルは、2009年3月末(日本では4月)に「Nehalem」という開発コード名で呼ばれていた新しいプロセッサ「Xeon 5500番台」(Nehalem-EP)の発表すると予測されている。これを機にサーバ製品のラインアップを更改するベンダーも多く、またIBMによるSun買収報道が出るなど、ベンダー同士が合従連衡する動きも活発化してきた――。(2009/3/24)

“響き”から“うたかた”へ:
あの天才ハッカーが愛したPCはどう進化したか?――「HP TouchSmart tx2」
ちょっと通好みのノートPCが欲しいなら、マルチタッチ対応のタブレット機能が付いてお手ごろ価格の「HP TouchSmart tx2 Notebook PC」はどうだろう?(2009/3/4)

AMDの6コアプロセッサ「Istanbul」、今年下半期にリリース予定
AMDでは、「Istanbul」のコードネームで呼ばれる同社初の6コアプロセッサを今年下半期にリリースする予定だ。Intelの6コアXeonチップへの対抗を狙う。AMDの新プロセッサは、現行の45nmのAMD Opteronプロセッサと共通のソケットを採用する。(2009/2/26)

イマドキのイタモノ:
“Kuma”は冬眠はしない──K10世代デュアルコアの「Athlon X2 7000シリーズ」で費用対効果を考える
長らく「kuma」の名で知られていたAthlon X2 7000シリーズがようやく登場した。デュアルコアだけどK10最高クロックな1万円以下CPUは、苦しい懐を救済してくれるのか。(2008/12/15)

元麻布春男のWatchTower:
AMD、45ナノ“Shanghai”Opteron発表──Denebは「Phenom II」に
AMDのCPUがようやく45ナノプロセスルール世代に到達した。“Shanghai”世代Opteronの特徴とこの先のロードマップを紹介する。(2008/11/13)

最新動向をチェック:
CPUとプラットフォームに見るPC秋冬モデルのトレンド
2008年のPC秋冬モデルでは、各社の主力ノートPCにデュアルコアCPUが採用され、Vistaをより快適に利用できる環境が整ってきた。そのトレンドを整理しよう。(2008/10/22)

Studio×Puma:
デルが放つ“Puma”な「Studio 1536」を間近に見た
デルの個人向けPCで「Inspiron以上、XPS未満」というポジションに位置付けられる「Studio」シリーズ。そのAMDモデルの実力はいかに。(2008/9/17)

2008年PC秋冬モデル:
大画面化してブラックボディも用意されたボードPC――「VALUESTAR N」
人気を集めるNECのボードPC「VALUESTAR N」がフルモデルチェンジを果たし、ラインアップの拡充とカラバリ展開を実現した。(2008/9/2)

組み込み向け「x86」の現状に迫る
パソコン向けとして広く認知されてきたx86系プロセッサ。これが、最近では組み込み機器においても検討の俎上に載るようになってきている。実際、Intel社やAMD社、VIA社らは、組み込み機器をターゲットとしたx86系製品をいくつも提供している。本稿では、この3社の過去、現在、そして将来の動向を基に、組み込み分野におけるx86系プロセッサの可能性を探ってみたい。(2008/9/1)

ペンでもタッチでもOK:
Pumaに衣替えした10万円を切る激安タブレットPC「HP Pavilion Notebook PC tx2505/CT」の実力は!?
低価格なタブレットPCとして人気が高い「HP Pavilion Notebook PC tx2000」シリーズ。最新モデルでは内部を一新しながら10万円以下の価格を実現。その実力に迫る。(2008/8/26)

「Nehalem? もちろんウェルカムだ」――IDF目前にAMDが優位性をアピール
8月19日(米国時間)に始まるIDFを目前にした15〜18日にかけて、AMDは関係者向けのブリーフィングを行い、45ナノプロセスルールに関する最新情報でライバルを“けん制”した。(2008/8/20)

イマドキのイタモノ:
「AMD 790GX」でAMDプラットフォームの頂上を目指す
現在、Phenomの最上位モデルは先日発表されたPhenom X4 9950 Black Editionだ。この最速PhenomとAMDの最新鋭チップセットを組み合わせた「最高のAMD」を体感する。(2008/8/6)

6万円台のマルチコア搭載PC:
トリプルもクアッドもドンと来い──「HP Pavilion Desktop PC v7460jp/CT」を試す
トリプルコアもクアッドコアも搭載できる、メーカー製スリムデスクトップPCの貴重な選択肢「HP Pavilion Desktop PC v7460jp/CT」をチェックした。(2008/7/15)

イマドキのイタモノ:
Phenom X4 9350eとAMD 780Gで、パワフルな省電力システムは実現するか
Phenomの“e”シリーズはクアッドコアなのに省電力という面が自作PCユーザーから支持されているという。そこで、先日発表されたPhenom X4 9350eとAMD 780Gマザーを組み合わせた、「パワーパフォーマンス」を試してみた(2008/7/11)

AMD、Phenom X4の最速Black Editionと省電力新モデルを発表
AMDは、7月1日にPhenom X4の新製品3モデルを発表した。発表後まもなく日本でも出荷が開始される予定だ。(2008/7/1)

AMD、クアッドコアOpteronの新モデル発表
新しいクアッドコアOpteron SEは「データセンターを容易にスケールアップできる」とAMDは主張している。(2008/6/10)

COMPUTEX TAIPEI 2008:
Pumaのごとくスタートダッシュを狙うAMD――「Turion X2 Ultra」発表
AMDは、Centrino 2の延期を尻目にノートPC向け新プラットフォーム“Puma”の出荷を開始。発表会では、東芝製ノートPCや外付けGPUも公開された。(2008/6/6)

AMD、2009年に6コアプロセッサ投入
AMDは2009年後半に6コアプロセッサ「Istanbul」を、2010年前半に12コアプロセッサ「Magny Cours」を提供する。(2008/5/8)

イマドキのイタモノ:
B3ステップで本格離陸なるか──「Phenom X4 9850 Black Edition」で占う
待望の、本当に待望の、待ちに待った、待たされた、B3ステップのPhenomがやってくる。トリプルコアと低消費電力タイプ、そして、Black Editionまでやってくる。(2008/3/27)

2008 International CES:
ASUSルームで未発表のマザーボードを見る
CESといっても、PCパーツベンダーも登場する。もっともノートPCの展示がメインだが、よく見れば未発表の「nForce 780a SLI」マザーボードに「Wii?」ベアボーンが紛れている。(2008/1/11)

イマドキのイタモノ:
AMDからのクリスマスプレゼント──「Phenom 9600 Black Edition」で遊ぶ
恥ずかしながら、これが“初Phenom”なんですよ。え、あなたさんも、おたくさんも、そちらさんもですか。なーんだ、みんな、そうなんだー。(2007/12/25)

イマドキのイタモノ:
悩めるへクター氏を救えるか?──「Phenom 9900」ベンチマークテストで2008年のAMDを占う
AMD Financial Analyst Dayで「失敗したことは非常に屈辱的だ」とCEOが告白したPhenomの立ち上がり。2008年登場予定モデルの先行レビューで、その“見通し”を予想する。(2007/12/15)

AMD、2009年に8コアCPUや「CPU+GPU」チップを投入
AMDが8コアプロセッサ「Montreal」やGPUとCPUを同じチップに載せた「Swift」など、今後のロードマップを明らかにした。(2007/12/14)

イマドキのイタモノ:
“ネイティブ”は“ネイティブ?”に勝るか──Phenom出荷直前レビュー
19日に発表されたAMDのクアッドコアCPU「Phenom」がいよいよ出荷される。この記事を読んで、会社の昼休みにショップに駆けつけるかどうかは「自由だぁぁぁぁっ!」(2007/11/22)

“ネイティブ?”と挑発するクアッドコア「Phenom」登場
AMDは「真のクアッドコア」CPUと、新世代チップセットの「AMD 7シリーズ」を発表。これらと先日登場した最新GPUで構成される新しいプラットフォーム「Spider」を立ち上げた。(2007/11/19)

Cray、「ハイブリッド」スーパーコンピュータ発表
Crayの次世代スーパーコンピュータは、スカラー処理とベクター処理を組み合わせたハイブリッド型だ。(2007/11/7)

イマドキのイタモノ:
倍率変更がフリーになった“黒箱”で遊ぶ──Athlon 64 X2 5000+ Black Edition
最初のBlack Editionが登場したとき、多くのユーザーは「これが最後でしょう」と思ったが、AMDの土居“アニキ”が「これは遊べるっ」とイチオシする真打ちが登場した。(2007/9/25)

「ユーザーに負担をかけないクアッドコア」──“Barcelona”Opteronに実装された機能
9月10日に発表された“Barcelona”クアッドコアOpteron。ここでは、リリース資料に含まれなかった“Barcelona”の機能について紹介したい。(2007/9/11)

AMD、Transmetaに出資
AMDが、事業再編を進めるTransmetaに、750万ドルの出資を行った。(2007/7/7)

COMPUTEX TAIPEI 2007:
AMDブースで“DTX”の動向をチェックする
Barcelonaに注目のAMDだが、コンシューマーユーザーとしてはDTXも気になるところ。具体的に動き出しそうな新フォームファクタの現状を紹介。貴重な「あの人」にもようやく会える。(2007/6/8)

COMPUTEX TAIPEI 2007:
Hall 2で気になる次期ハイエンドマザーの「対応メモリ」と「PCI Express x16スロット」
すでに、出荷も始まっている次期チップセット搭載マザーだが、ハイエンドモデルはまだ姿を見せていない。Hall 2で「Intel X38」「AMD RD790」マザーの気になるスペックをチェックした。(2007/6/6)

「獅子の力強さと鷲の機動力を」──AMD、次世代ノートPCプラットフォーム「Griffin」「Puma」を公表
AMDは5月18日に、次世代のノートPC向けプラットフォームの概要を明らかにした。現在開発中のこのプラットフォームは2008年半ばに登場する予定だ。(2007/5/18)

古田雄介のアキバPickUP!:
AMDイベントのウラでIntel製CPUに価格改定の動き
TSUKUMO eX.前でAMDがイベントを開催。題して「DIYの未来予想図II+ 〜ところでII+って何? え?! 2+?!〜」……何だこのタイトル。(2007/4/23)

AMD、3GHzのデュアルコアOpteron立ち上げ
新Opteron「Opteron 2222 SE」「8222 SE」は2週間以内に広範に提供開始される。AMDは性能を誇っている。(2007/4/6)

NVIDIAがnForce 680i“LT”SLIを発表──「Designed by NVIDIA」マザーはXFXから
NVIDIAは3月26日(日本時間)に、インテルプラットフォーム向けチップセット「nForce 680i LT SLI」を発表した。チップの出荷はすでに開始されており、採用マザーボードはまもなく日本でも登場する予定だ。(2007/3/26)

AMD Ignite Tour 2006:
PR:AMD Opteron™がデータセンターの課題を解決する 「Ignite Tour」開催
日本AMDが初の企業向けイベント「AMD Ignite Tour 2006」を12月5日に開催。AMD Opteron™プロセッサの優位性が導入事例などをもとに解説された。(2006/12/5)

AMD、「Opteronでデータセンターの課題を解消」
12月5日、AMDはOpteronプロセッサを中心とした最新のソリューションおよび成功事例などを紹介する初の企業向けイベント、「AMD Ignite Tour 2006 〜Discover and Accelerate〜」を開催した。(2006/12/5)

イマドキのイタモノ:
Core2ユーザーもNVIDIA SLIが使えるぞっ──nForce 680i SLIの「最高級」な性能に迫る
Core2 Duo、Core2 Quadと新規格のCPUがこれから続々登場するインテル製CPU。しかし、ゲーマーにとってNVIDIA SLIが使えないのはイタかった。しかし、このチップセットがその悩みを解決してくれるのだ。(2006/11/20)

2つのデュアルコアCPUと4枚のグラフィックスカードが載ります:
AMD向けチップセット「nForce 680a SLI」発表
AMDとATIの合併でNVIDIAのAMD対応チップセットの動向が気になるところ。しかし、彼らはすこぶるハイエンドな製品を登場させた。(2006/11/9)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。