ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「法科大学院」最新記事一覧

IIJmio meeting 13:
「悪ではないが、検討すべき課題がある」――IIJのゼロ・レーティングに対する考え
特定のアプリやサービスを使ったときのデータ通信量をカウントしない「ゼロ・レーティング」を採用するMVNOが増えているが、「通信の秘密」や「ネットワーク中立性」で議論の余地が残っている。IIJの考えは?(2016/10/31)

張本氏、箱根駅伝予選落ち大学に「内紛ある」発言 TBS系「サンデーモーニング」が抗議を受けて謝罪
中央大学陸上部の部長を務める野村修也弁護士がTwitterで抗議の意を示していました。(2016/10/20)

張本氏、中大陸上部の駅伝敗退に「内紛もある」とTBS系番組内でコメント 部長の野村修也弁護士が謝罪を求めてTwitterで怒りの反論
野村弁護士「私が学生の名誉を守らずに、一体誰が守るのでしょうか」。(2016/10/16)

「教授会等でもまったく報告されなかった」 同性愛を暴露され自殺した事件を受け、一橋大学のジェンダー社会科学研究センターがコメント発表
「8月5日の報道により初めてこれを知った」。(2016/8/9)

いまさら聞けないNDAの結び方(7):
中小企業が気を付けるべき「秘密情報の目的外使用禁止義務」とは?
オープンイノベーションやコラボレーションなどが広がる中、中小製造業でも必要になる機会が多いNDAについて解説する本連載。今回が最終回となります。今回も前回に続き、中堅・中小企業がNDAを結ぶに当たり留意すべき点を説明します。(2016/5/31)

いまさら聞けないNDAの結び方(6):
NDAにおける二大義務の1つ「秘密保持義務」とは何か?
オープンイノベーションやコラボレーションなどが広がる中、中小製造業でも必要になる機会が多いNDAについて解説する本連載。今回は前回に続き、中堅・中小企業がNDAを結ぶに当たり留意すべき点を説明します。(2016/3/18)

いまさら聞けないNDAの結び方(5):
NDAにおける上手な「秘密情報の定義」とは?
オープンイノベーションやコラボレーションなどが広がる中、中小製造業でも必要になる機会が多いNDAについて解説する本連載。今回は前回に続き、中堅・中小企業がNDAを結ぶに当たり留意すべき点を説明します。(2016/1/27)

いまさら聞けないNDAの結び方(4):
大手との協業、NDAを結ぶ前に「目的の明確化」が必要な理由
オープンイノベーションやコラボレーションなどが広がる中、中小製造業でも必要になる機会が多いNDAについて解説する本連載。今回からNDAを結ぶに当たり注意すべき点を説明します。(2015/12/16)

いまさら聞けないNDAの結び方(3):
「特許で保護するには適さないノウハウ」をどうやって保護するか?
オープンイノベーションやコラボレーションなどが広がる中、中小製造業でも必要になる機会が多いNDAについて解説する本連載。今回は、NDAを活用して秘密情報を開示する際、「特許で保護するには適さない情報(ノウハウ)」をどのように保護したらよいかという点について解説します。(2015/10/26)

明治大学、司法試験問題漏えいの教授を懲戒免職に
「著しく信用を傷つけ、名誉を汚す行為」としている。(2015/9/12)

明治大学、司法試験の問題漏えいで謝罪 「司法試験制度の根幹を揺るがしかねない事態」
漏えいした教員には厳正な対応を行うとしている。(2015/9/8)

いまさら聞けないNDAの結び方(2):
NDAを結ぶ前に「特許出願」を行うべき3つの理由
オープンイノベーションやコラボレーションなどが広がる中、中小製造業でも必要になる機会が多いNDAについて解説する本連載。今回はNDAを活用して秘密情報を開示する前にまず特許出願が必要だという点について解説したいと思います。(2015/9/4)

いまさら聞けないNDAの結び方(1):
オープンイノベーションとはいうけれど、大手と組んで秘密は守れる?
オープンイノベーションやコラボレーションなど、社外の力を活用したモノづくりが、かつてないほど広がりを見せています。中小製造業やモノづくりベンチャーでも「大手製造業と手を組む」ことは身近になってきました。でも、ちょっと待ってください。その取引は本当に安全ですか。本連載では「正しい秘密保持契約(NDA)の結び方」を解説していきます。(2015/8/6)

約2万人のユーザーを抱える有線/無線LAN
Cisco製品に悩まされたシティ大学ロンドンを救ったSDNの導入効果
英シティ大学ロンドンのネットワークはCisco製品で構成されていたが、さまざまな問題が顕在化してきた。同大学はSDNの導入によってこの問題を解決した。具体的な導入効果とは?(2015/7/23)

「協働学習」を支えるIT基盤に
桐蔭学園が「iPad」「MDM」「フィルタリング」を導入、選定の決め手は?
桐蔭学園は米Appleのタブレット「iPad」の導入に併せて、モバイルデバイス管理(MDM)とWebフィルタリングを導入した。その製品選定の理由とは。同校担当者に聞いた。(2015/6/17)

予備試験用の要件事実攻略に最適 岡口基一判事の『要件事実入門(初級者編)』
過去の予備試験の問題解説も収録。(2015/5/15)

司法試験を目指す社会人 勉強のポイント
(2015/4/7)

司法試験予備 一発合格する猛者の勉強法
(2015/3/24)

ああ、絶望(後編):
裁判官は優秀なはずなのに、なぜ“トンデモ判決”が出てくるのか
認知症のお年寄りが電車にはねられた――。この事故に対して、第一審判決は、奥さんだけでなく、別居をしている長男にまで請求を認めた。こんな“トンデモ判決”が、なぜ出てくるのか。最高裁などを歴任した瀬木比呂志氏に話を聞いたところ……。(2015/3/3)

ああ、絶望(前編):
エリート集団の裁判所が、「ブラック企業」と呼ばれても仕方がない理由
「裁判所」と聞いて「誠実で公平な人ばかりが集まっている」と想像する人も多だろう。しかし、本当にそうなのか。最高裁などを歴任した瀬木比呂志氏に、ジャーナリストの烏賀陽弘道氏が迫ったところ、信じられない事実が……。(2015/3/2)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
事件発生! そのとき検事は――検事の観察力、推理力、行動力をビジネスに生かす
凶悪事件、重大事件が発生した場合、検事は何を見て、何を考え、どう行動するのか。16年間、検事として培った観察力や推理力、行動力などを、ビジネスの世界で生かすには……。(2015/2/12)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
90日プランで見える結果をすぐに出す「初速思考」
どんどん行動するような「走れるだけのタイプ」でも、思考をめぐらしてプランを練り上げる「考えるだけのタイプ」でも頭打ちになる。初速を出すための3つのフェーズとは?(2015/1/8)

数々の難関試験を突破した“効率の良い試験勉強”とは?
資格試験のオンラインビジネス「資格スクエア」創業者が語る、誰もが実践すべき合理的な勉強法とは? 鬼頭政人さんご本人にお話をうかがいました。(2014/8/14)

片山被告、起訴内容全て認める 弁護士「悪魔が仮面をかぶっていた」
PC遠隔操作事件の公判で、片山被告は起訴内容を全て認めた。佐藤弁護士は「悪魔が仮面をかぶっていた」と述べ、彼を犯罪に駆り立てた「社会がかかえている悪魔」を解明すべきと訴えている。(2014/5/22)

音楽のデジタル化時代に著作権管理団体はどうなる JASRACがシンポジウム
JASRACシンポジウム「著作権集中管理団体に求められる役割とは」で、知財権に詳しい大学教授や弁護士らがデジタル時代の著作権管理のあり方や、ネット上に増え続けるコンテンツの管理方法などについて議論した。(2014/3/25)

医薬品ネット販売“再規制”に三木谷氏ら抗議 「“対面神話”は時代錯誤」 再び訴訟も
医薬品のネット販売を一部規制する方向で政府が最終調整に入ったことを受け、楽天の三木谷社長が会見。「“対面神話”は時代錯誤もはなはだしい」と痛烈に批判した。(2013/11/6)

法律家が見るサプライチェーンの知財侵害リスク(1):
グローバルサプライチェーンにおける知的財産盗用のリスク
全世界にサプライチェーンが広がる中、サイバーセキュリティに対するリスクは急速に高まっています。本連載では、知財の専門家が製造業のサプライチェーンに潜む情報漏えいリスクにどう向き合うかについて紹介。第1回では、企業の知財保護を支援するNPO法人CREATe.orgが、情報漏えいがどのように起こるかを解説します。(2013/9/26)

転職成功事例:
エネルギー関連会社の資材調達・購買からの転職
購買職を務め、国内外の企業との交渉を重ねる中で、法律知識の必要性を感じるようになったという園田さん。会社を退職し、大学院に進学して専門知識を学んだ後、転職活動を開始。厳しい転職活動になると予想していましたが……。(2013/6/5)

知財ニュース:
米国不正競争防止法で輸入禁止措置も――サプライヤの無許諾知財使用をチェックしていますか?
米国の各州が不正競争防止法による無許諾知財への規制を強めており、違法ソフトなど無許諾知財を利用して製造した企業に対し、罰金や輸入差し止めなどのリスクが強まっている。国際法律事務所のホワイト&ケース法律事務所はセミナーを開催し「製造業はサプライヤも含めた管理を徹底すべきだ」と警鐘を鳴らした。(2013/5/24)

ビジネスニュース:
iPhone対Androidの特許係争、AppleとHTCの和解後もまだ続く
Appleは台湾のHTCと、スマートフォン関連の特許のクロスライセンス契約を結んだ。だが、ある2人の専門家は、「MotorolaやSamsungといったAndroidメーカーとAppleの特許係争が終結に向かうことを示すものではない」との見解を示しているという。(2012/11/15)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
いま「反論する技術」が求められている。それは「違う立場の」の人と、感情ではなく、冷静に意見交換できる力。
わたしたちの先祖が長い歴史のなかで成長を遂げてきた、いまある社会のレベルおける冷静な対応が求められている。(2012/10/11)

ネットで広がる法律相談サービス 「弁護士の“食べログ”に」
「相談件数はここ数年で激増した」――法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」運営会社の元榮社長はこう話す。個人が持つモバイル端末と法律相談サービスの親和性をバネに、法律専門の口コミサイトとして成長していきたいという。(2012/10/5)

伊吹太歩の世界の歩き方:
米大統領選でうごめくハリウッドセレブたち
支持政党を隠しもしないセレブたちが大統領選を縁の下で支える? 資金集めパーティでは億単位でカネを集めるし、ダーティハリーがオバマ大統領にエアインタビューだってする。(2012/9/6)

伊吹太歩の世界の歩き方:
人権派の人殺し、本当は怖いオバマ大統領
ハーバード大学の法科大学院に学び、法律評論誌の編集長を務め、憲法学の教鞭を執った経歴を持つオバマ大統領。彼は“チェンジ”してしまった。(2012/6/28)

K.I.T.虎ノ門大学院 修了生+在学生の対談:
PR:キャリアアップしませんか? 大学院で知財を学んで
「学生のときにもっと勉強しておけばよかった」と後悔しているビジネスパーソンも多いのでは。でも、あきらめてはいけない。働きながら大学院に通う――しかも1年で修了できる大学院があるのだ。K.I.T.虎ノ門大学院の知的創造システム専攻を修了した羽矢崎聡さんと在学生のジョン・チョルファンさんの話を紹介しよう。彼らは大学院で何を学び、何を得たのだろうか。(2012/6/27)

多数のWebサイトが個人情報を無断で漏出――米研究者が調査結果を発表
Wall Street JournalやPhotobucketなど、調査対象サイトの6割以上が、何らかのユーザーデータをサードパーティーに提供していることが、スタンフォード大学法科大学院の調査で明らかになった。(2011/10/12)

アニヲタすぎる弁護士見参! 法律事務所を擬人化、CMを深夜アニメに BGMは初音ミク
深夜アニメ「魔乳秘剣帖」の放送開始直前にとある法律事務所のCMが流れた。初音ミクをBGMに、「ヲタク弁護士、見参」というメッセージが。一体何者だろうか……真相を確かめるべくアキバへ急行した。(2011/7/27)

ディルバート(225):
説得力は、見た目とプロフィールで決まる
(2011/7/1)

日本の原子力政策を訴える――法曹家の卵が原発の行政訴訟を起こした理由
福島第一原発の事故後、国の原子力政策にストップをかけようと行政訴訟を行った江藤貴紀氏。東京大学法科大学院を卒業し、司法家への道を歩み始めたばかりの江藤氏は、どのような思いから訴訟するに至ったのだろうか。(2011/6/9)

「共通番号制度」を徹底解説! MIAU「ネットの羅針盤」
MIAU(インターネットユーザー協会)主催の番組。今回は「共通番号制度」を取り上げ、これまでの経緯や、基礎年金番号や住民基本台帳番号との違い、国民総背番号制についてを解説する。司会は津田大介さん、ゲストは新潟大学法科大学院の鈴木正朝教授、産業技術総合研究所情報セキュリティ研究センター主任研究員の高木浩光さん。配信は6月13日20時0分〜6月13日21時30分。(2011/6/8)

「共通番号・国民ID制度を考える」 慶應SFC研究所がシンポジウム
「共通番号制度・国民ID制度を考える」と題した、慶應義塾大学SFC研究所プラットフォームデザイン・ラボ主催のシンポジウムをUstreamで配信する。パネリストは、東京工業大学の大山永昭教授、慶應大環境情報学部の神成淳司准教授、新潟大学法科大学院の鈴木正朝教授、産業技術総合研究所の高木浩光主任研究員、向井治紀内閣審議官、野村総合研究所の村上輝康シニアフェロー。モデレーターは慶應義塾大学の國領二郎総合政策学部長が務める。配信は5月24日18時0分〜5月24日20時30分。(2011/5/24)

ちきりん×磯崎哲也のマジメにおちゃらける(8):
メルマガで年収6億円? わ、わたしも始めてみようかしらん
人気ブロガー・ちきりんさんと公認会計士・磯崎哲也さんの対談連載も、とうとう最終回。磯崎さんは有料メルマガでさまざまな内容を書いているが、そもそもどのようなきっかけで始めたのだろうか。またメルマガを書くことの“つらさ”なども語ってもらった。(2010/12/28)

ちきりん×磯崎哲也のマジメにおちゃらける(7):
大企業が社員のクビを切れば、“いいこと”もあるのでは
大企業が社員のクビを切れば、“いいこと”もあるかもしれない――。なにやら物騒な発言に感じるかもしれないが、米国では大企業がリストラをすることは珍しくない。また優秀な社員がクビになることで、社会的なメリットもあるようだ。(2010/12/24)

ちきりん×磯崎哲也のマジメにおちゃらける(6):
ニホン人が、借金の恐さを知らないワケ
「家賃を支払うお金がないので」「会社の設備投資に」といった理由で、貸金業者からお金を借りる人もいる。しかし安易に借りる人は、借金の恐さを分かっていないのではないだろうか。この問題について、ちきりんさんと磯崎哲也さんが語り合った。(2010/12/21)

ちきりん×磯崎哲也のマジメにおちゃらける(5):
カネを返せなくなった……この人は本当に“弱者”なのか
人気ブロガー・ちきりんさんと磯崎哲也さんによる対談連載5回目。消費者金融などからお金を借りたものの、何らかの理由で「返せなくなった」というケースは多い。「借りた人=かわいそう、貸した人=悪」を強調する人がいるが、この考えに磯崎さんは異を唱えた。(2010/12/17)

ちきりん×磯崎哲也のマジメにおちゃらける(4):
消費者金融が、“イジメ”られている理由
2010年6月に改正貸金業法が施行された。上限金利が引き下げられたり、貸出総額が年収の3分の1までとなったり、消費者金融にとって“不利”な法律がなぜ施行されたのだろうか。その背景を、ちきりんさんと磯崎哲也さんが語り合った。(2010/12/14)

ちきりん×磯崎哲也のマジメにおちゃらける(3):
なぜニホンではベンチャー企業が育ちにくいのか
「日本はベンチャーに冷たい」といった声を聞くことがあるが、本当にそうなのか。ベンチャービジネスを取り巻く環境や課題について、公認会計士の磯崎哲也さんと正体を明かさないブロガー・ちきりんさんが語り合った。(2010/12/10)

ちきりん×磯崎哲也のマジメにおちゃらける(2):
元気がないと言われるが……ニホンの若者には何が足りないのか
「ニホンには元気な若者が少なくなった」といった声を聞くことがある、本当にそうなのだろうか。この問題について、正体を明かさないブロガー・ちきりんさんと公認会計士として活躍する磯崎哲也さんが語り合った。(2010/12/7)

ちきりん×磯崎哲也のマジメにおちゃらける(1):
え、水商売を? ちきりんさんの正体に迫る
人気ブロガーとして多くの読者が注目する、磯崎哲也さんとちきりんさん。Business Media 誠ではこの2人に登場していただき、全8回の対談をお送りする。社会問題などをマジメに“おちゃらけ”てもらったが、今回はちきりんさんの過去に迫ってみた。(2010/12/3)

PR:テンプル大学ジャパンキャンパス /(TUJ)/ ロースクール
(2009/7/13)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。