ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「日本HP Ultrabook「HP ENVY14 SPECTRE/HP Folio 13」など」最新記事一覧

関連キーワード

PR:必要なのは柔軟性と俊敏性――アイデア・エコノミー時代のITインフラとは
オンプレミスやクラウドのITリソースを、ニーズにあわせて自由自在に組み合わせ、新しいビジネスの要求に迅速かつ柔軟に対応できるITインフラをいかに実現するか。HPEの提案は、「ハイパー・コンバージド・インフラストラクチャ」である。(2016/6/9)

薄型軽量金属ボディで気になる表面温度は?:
わずか1キロなのにマグネシウムリチウム&カーボンで頑丈な「HP EliteBook Folio 1020 G1 Special Edition」徹底チェック(後編)
12.5型2560×1440ピクセル表示ディスプレイにCore Mを搭載したファンレス1キロのノートPCが登場した。その“Special Edition”な使い心地と処理能力に迫る。(2015/6/22)

Specialなのにキャンペーンで13万8000円(税別):
わずか1キロなのにマグネシウムリチウム&カーボンで頑丈な「HP EliteBook Folio 1020 G1 Special Edition」徹底チェック(前編)
12.5型2560×1440ピクセル表示ディスプレイにCore Mを搭載したファンレス1キロのノートPCが登場した。その“Special Edition”な機能と品質に迫る。(2015/6/16)

HP、現行モデルのWindows 10アップグレード対応を明らかに
7月29日以前に購入した対象モデルは、HP SmartFriendを利用してWindows 10にアップグレード可能だ。(2015/6/9)

薄さそのまま性能向上:
相変わらず薄い「HP ZBook 14 G2 Mobile Workstation」の“第五世代”性能を試す
モバイルワークステーションは分厚い! というイメージを塗り替えたZBookシリーズ。そのコンパクトな14型ディスプレイ搭載シリーズに新モデルが登場した。(2015/4/23)

これがうわさの「ホログラム3D」だ:
VRディスプレイ「HP Zvr」の“手に取るようなグリグリ感”を試してきた
ちょっといかつい独特の姿と“バーチャルリアリティ”ディスプレイというユニークなカテゴリーで発表当初から話題になっていたディスプレイが日本初登場。(2015/3/5)

コラボメニューにPC購入特典満載のイベントカフェ「LUIDA’S CAFE with HP」が3月12日オープン
HPの「OMEN」「ENVY Phoenix」と「ドラゴンクエストX オンライン」のコラボレーション特設カフェが期間限定で出現。PCを購入すると限定グッズがもらえる。(2015/3/3)

これぞ大人のゲーミングノート:
厚さわずか19ミリの「HP OMEN 15」で上質デザインと高性能を愛でる
ごつい!でかい!となりがちなゲーミングノートPCだが、HPの新モデルは“Ultrabook”相当の薄さでPCゲームを快適に動かしてしまう。(2014/12/26)

仕事にもUltrabookを:
タフでなければ仕事はできない――米軍調達基準の14型Ultrabook「HP EliteBook 1040 G1」
アルミボディの薄いデザインが目を引くUltrabookでありながら、米軍調達基準をクリアする堅牢性を確保した“お仕事マシン”、それが「HP EliteBook 1040 G1」だ。(2014/7/10)

3画面出力も可能:
すごく小さい“お仕事マシン”――「HP EliteDesk 800 G1 DM/CT」
日本HPの「HP EliteDesk 800 G1 DM/CT」は、容積わずか1.05リットルのコンパクトボディにハイパフォーマンスなCPUを搭載できるのが魅力。映像出力を3系統備え、ビジネスマシンにぴったり!!(2014/6/24)

注目タブレット速攻レビュー:
「HP Omni 10」――10.1型WUXGA&Atom Z3770搭載で5万円を切るWindows 8タブレット
つや消しの黒いボディにBay Trail-T世代のAtom Z3770を搭載する「Omni 10」は、5万円を切る価格を実現した10.1型Windows 8.1タブレットだ。(2014/5/2)

注目PC速攻レビュー:
「HP EliteBook Revolve 810 G2」――これぞ質実剛健! ビジネス向けのコンパクト“2in1”
米軍調達基準の堅牢性を備え、変形機構でノートPCとしてもタブレットとしても使えるモバイルPC「HP EliteBook Revolve 810 G2」は、“お仕事マシン”の筆頭候補だ。(2014/4/4)

最新PC速攻レビュー:
「HP ENVY Recline 23-m240jp Beats SE」――情熱の赤が所有欲を刺激する!!
日本HPの「HP ENVY Recline 23-m240jp Beats SE」は、鮮烈なデザインが印象的なBeats Audioスペシャルエディションモデルだ。(2014/3/25)

日本HP、法人向けノート「EliteBook Folio 1040」「EliteBook 820」にLTEモジュール搭載モデルを追加
日本ヒューレット・パッカードは、14型Ultrabook「EliteBook Folio 1040」と12.5型モバイルノートPC「EliteBook 820」の2製品にLTEモジュール搭載のバリエーションモデルを追加した。(2014/3/14)

日本HP、タブレットスタイルで使える11.6型コンバーチブルPCなど法人向け2モデル
日本HPは法人向けPCのラインアップとして、14型の「HP EliteBook Folio 1040 G1」と11.6型の「HP EliteBook Revolve 810 G2」を発表。3月中旬に発売する。(2014/2/5)

最新PC速攻レビュー:
「Let'snote MX3」――パナソニック流の“全部入り”新世代モバイルを徹底検証
Let'snoteの新シリーズ「MX」は、360度回転する12.5型フルHD液晶を搭載した2in1デバイス。軽量タフボディにUltrabookで最高クラスの性能を備え、光学ドライブやペン、高速無線LAN、WiMAXなども内蔵した“全部入り”といえる仕上りだ。(2014/1/17)

2014 CES:
Intel、次世代UI技術「RealSense」を正式発表――3D Systemsと協業し3Dスキャン技術の提供も
米Intelは「2014 International CES」のプレス発表会において、ジェスチャー、音声認識、顔認識などを実現する「Intel RealSense」を発表。その第1弾製品として、Ultrabookなどへの組み込みを前提としたモーションセンサーモジュール「Intel RealSense 3Dカメラ」を披露し、2014年度下期以降、PCメーカー各社から搭載製品がリリース予定であることを明らかにした。(2014/1/8)

最新PC速攻レビュー:
「HP ENVY 14 TouchSmart Sleekbook」――14型“3200×1800”IPS液晶+Beats Audio搭載のアルミノートを試す
「HP ENVY 14 TouchSmart Sleekbook」は、非常に高精細な液晶ディスプレイ、パワフルなスピーカー、充実の基本性能を高級感あるアルミボディに凝縮した「ホームモバイル」向け14型ノートPCだ。その実力をじっくりチェックする。(2013/11/7)

2013年PC秋冬モデル:
“Z”が待望のモデルチェンジ、795グラムの超軽量+2560×1440の超高解像度仕様に──「LaVie Z」
NECの超軽量ノートPC/Ultrabook「LaVie Z」が待望のモデルチェンジ。「795グラム」「2560×1440」「Haswell化」「ブラックカラー追加」「タッチモデルも用意」と注目ポイントをたくさん携えて進化した。【フォトレビュー付き】(2013/10/15)

14型Ultrabook、30型ワイドの液晶ディスプレイも登場:
「日本も世界もシェア1位、それでもハングリー精神は忘れない」――日本HPの新ワークステーション発表会
日本HPがワークステーション製品のモデルチェンジを行った。製品群のブランドを「Z」に統一し、高いクオリティの製品を目指し続けることをアピールした。(2013/10/3)

ビジネスPC部門のトップが語る:
「働き方が変わればデバイスも変わる」――HPが考えるこれからのビジネスPC
市場が縮小傾向にある個人向けPCとは対照的に、ビジネス向けPCの市場は拡大を続けている。HPのビジネスPC責任者がビジネス用デバイスに起こっているトレンドの変化や、今後の戦略について説明した。(2013/9/13)

新Ultrabook「Latitude 7000」シリーズが登場:
前年比20%超成長でシェア急拡大のデル、新ビジネスPC投入で“逆襲の第2章”へ
デルがビジネス向けPCのラインアップを一新。CPUを“Haswell”世代に刷新したほか、堅牢かつ軽量なUltrabookなどの新製品を投入し、国内法人PCシェアを一気に高める狙いだ。(2013/9/13)

7型から21.5型まで:
「多様化するニーズに対応、“主要ベンダー”として突き進む」――日本HPがAndroid端末にも注力する理由
日本HPがAndroidタブレット3製品を発表した。今後はWindowsとAndroidのマルチOSでデバイスを開発するとアピールしたが、これにはスマートフォンに慣れたライトユーザーを取り込みたいという狙いがある。(2013/7/30)

「Surface Pro」の“ここ”が気になる:
第3回 性能はUltrabook並だがスタミナに不安あり?――「Surface Pro」
「Surface Pro」の国内発売に合わせて、日本向けモデルの特徴や気になるポイントを追っていく。今回は本機のパフォーマンスや、弱点と言われるバッテリー動作時間をチェックする。(2013/7/12)

世界PC出荷台数、5期連続の減少 LenovoがHPから首位奪う──IDC調べ
IDCの4〜6月期の世界PC市場調査によると、同四半期のPC出荷台数は11.4%現の7563万台。メーカー別ランキングではLenovoがHewlett-Packardから首位を奪った。(2013/7/11)

「Ultrabook表参道コレクション」開催中:
“女子会”や“合コン”にぴったりのUltrabookはどれ?
大人フェミニンを意識したUltrabookでさりげなくモテ度をアップすれば、PCマニアの視線も釘付けになるはず。ワンランク上のデジタルライフで友だちに差をつけたいなら必ずチェックしてみて!!(2013/7/8)

多くの人が使えてこそ:
価格を重視するHPの開発戦略――「革新的なデバイスでも、安くなければ“イノベーション”ではない」
HPが中国で開催しているプライベートイベント「HP World Tour 2013」では、新製品の紹介とともに製品開発/投入の戦略も語られた。HPは新デバイスの開発時に、普及価格帯で提供することも重視するという。その理由とは。(2013/6/26)

Windows 7も選択可能:
11.6型で米軍基準の“頑丈”コンバーチブルPC――「HP Elitebook Revolve 810」を試す
「HP Elitebook Revolve 810」は、伝統的なスタイルのコンバーチブル型モバイルノートPCだ。米軍調達基準を満たす頑丈で上質なボディ、打ちやすいキーボード、そしてWindows 7も選べる仕様に注目したい。(2013/6/18)

COMPUTEX TAIPEI 2013:
“RetinaなFMV”や“IPSなLet'snote”か!?――Intelブースで見つけた未発表ノートPC
2013年のCOMPUTEX TAIPEIがついに開幕。Intelブースには同社製CPUを搭載したPCやタブレットの最新モデルが多数展示してあるが、中には未発表モデルも紛れ込んでいる。特に富士通とパナソニックのUltrabookは見逃せない存在だ。(2013/6/4)

日本HP、“XP搭載PC”の下取り額を増額する「買い替え支援キャンペーン」を開始
日本ヒューレット・パッカードは、同社製PC購入時にWindows XP搭載PCの下取り額を“最大1万円”増額する「Windows XPパソコンからWindows8パソコンへみんなで乗り換えようキャンペーン」を開始する。(2013/5/16)

低予算で選ぶならこんなPC?:
7万円台でタッチもGPUも諦めない――デカ薄ノート「HP Pavilion TouchSmart Sleekbook 15」実力診断
HPが注力する大画面な薄型ノートPCに、15.6型のタッチ対応モデルが登場。価格は5万円台から、外部GPUを搭載しても7万円台で収まる。タッチ対応で低価格なPCが欲しいなら、チェックしてみては?(2013/4/11)

薄いだけじゃ満足できぬ:
米軍調達基準を満たすタフな14型Ultrabook――「HP EliteBook Folio 9470m」に迫る
薄くて頑丈で信頼できるノートPCが欲しい。それなら、個人でもビジネス向けモデルをチェックしてみては? この「HP EliteBook Folio 9470m」は実用重視の14型Ultrabookだ。(2013/2/19)

バッテリー駆動で外出先でもプリント、コピー、スキャンが可能に:
PR:ビジネスを加速させるモバイル複合機――「HP Officejet 150 Mobile AiO」実力診断
モバイルIT機器、ワイヤレスブロードバンド通信、クラウドサービスが普及し、時間と場所を選ばないワークスタイルが注目される中、物足りないのはプリント、コピー、スキャンの環境ではないだろうか? 「HP Officejet 150 Mobile AiO」は従来の不可能を可能にする、バッテリー標準搭載のモバイル対応A4インクジェット複合機だ。(2013/2/18)

こんなプリンタが欲しかった!?:
もはやA4複合機だってモバイルの時代――「HP Officejet 150 Mobile AiO」を攻略する
ありそうでなかったモバイル仕様のA4複合機が日本HPから登場。業務の効率改善はもちろん、個人で導入してもこれまでの据え置き型A4複合機にないメリットを生かせそうだ。今回はバッテリーでの利用も含め、その実力をガッツリ検証する。(2013/2/6)

業務利用を徹底追求した新世代クライアントPC:
PR:ビジネスに最適なUltrabookとは?――「HP EliteBook Folio 9470m」という回答
ノートPCのトレンドは薄型のUltrabookだが、ビジネスに必要なポート類や拡張性を犠牲にした製品も多い。「HP EliteBook Folio 9470m」はこうしたビジネスニーズを網羅し、幅広い業務での活躍が期待できる新世代のクライアントPCだ。(2013/1/31)

2013年PC春モデル:
クアッドコアAPU搭載で4万円台のスタンダードノートを投入――日本HPのノートPC春モデル
日本HPが個人向けノートPCの2013年春モデルを発表した。15.6型Ultrabookのラインアップを拡充したほかは、スペック強化が中心のアップグレードとなった。(2013/1/24)

2013年PC春モデル:
着脱可能バッテリーを備えた15.6型Ultrabookが登場――「HP Pavilion Ultrabook 15」
ユーザーが購入しやすい、低価格Ultrabookのラインアップを拡充するHPは、2013年発モデルで5万円台の15.6型Ultrabookを投入した。(2013/1/24)

2013年PC春モデル:
薄型大画面UltrabookがフルHDに進化――「HP ENVY Ultrabook 6-1200」
日本HPの15.6型Ultrabook「HP ENVY Ultrabook 6」の春モデルは、ディスプレイがフルHDに対応し、外付けGPUを搭載するなど、性能が大幅に向上している。(2013/1/24)

7万円でタブレットとノートPCのいいとこ取り:
コスパ抜群のセパレート型ハイブリッドPC――「HP ENVY x2」でWindows 8を堪能する
ガチャッと画面を外せばタブレット、ガチャッと戻せばノートPC……。磁石のアシストによる、この「ガチャッ」という感覚がたまらない。「HP ENVY x2」は、実にクールなセパレート型ハイブリッドPCだ。意外な低価格も目を引く。(2013/1/11)

初めてのPCは何がいい? と聞かれたら:
タッチ対応で、Windows 8時代のスタンダードマシンに進化――「HP ENVY TouchSmart Ultrabook 4」を試す
Windows 8が出た今、これからノートPCを買うなら、家用のマシンもタッチ操作ができると快適だ。HPのタッチ対応Ultrabookは、使いやすさとコストパフォーマンスを高いレベルで両立しており、“初めてのPC”として勧められるマシンに仕上がっている。(2012/12/6)

不便な薄いボディに意味はない:
HPの工業デザイナートップが語る「ビジネスに使える」デザインの条件
HPの最新Ultrabookは、Macbook Airより「1.5ミリ」だけ厚い。しかし、その1.5ミリがビジネスユーザーに与える“利便性”は、限りなく大きいという。(2012/11/15)

意外と簡単で意外と丈夫:
デルの「XPS 12」でクラムシェルとタブレットを“くるり”と変えてみた
2012年秋に登場するUltrabookはコンバーチブルタイプが主役だ。デルの新モデルが採用する“くるりと回るディスプレイ”に不安はないか?(2012/10/23)

価格は7万円前後と判明:
ビジネスに最適化されたデバイスを――日本HP、Windows 8タブレット「HP ElitePad 900」発表会
日本HPが、ビジネス向けのWindows 8タブレット「HP ElitePad 900」を発表。発表会では、ビジネス向けデバイスとしてどう作り込んだか、そして法人市場へどう取り込むかを説明した。(2012/10/18)

14型Ultrabookも投入:
日本HP、ビジネス向けのWindows 8タブレット「HP ElitePad 900」
日本HPがビジネス向けのWindows 8タブレットやUltrabookを発表。豊富なセキュリティ機能や、米軍調達基準をクリアする堅牢性を特徴とする。(2012/10/18)

ビジネスニュース 業界動向:
HPとLenovo、PC市場トップの座をめぐりデッドヒートに
2012年第3四半期のPCの出荷台数において、Hewlett-Packard(HP)とLenovoが首位を争っているという。長引く低迷が懸念されているPC市場だが、回復の兆しも見えている。(2012/10/16)

2012年PC秋冬モデル:
ラインアップを集約し、Trinity搭載機を投入――日本HPのノートPC秋冬モデル
日本HPが個人向けノートPCの2012年秋冬モデルを発表した。既存のモデルは、ブランド名の整理に伴い、ラインアップを集約しつつ、AMDの新APUを搭載する機種を投入した。(2012/10/12)

2012年PC秋冬モデル:
タッチ対応液晶を搭載した“Windows 8世代”の14型Ultrabook――「HP ENVY TouchSmart Ultrabook 4」
日本HPの2012年秋冬モデルとして登場した「HP ENVY TouchSmart Ultrabook 4」は、14型ワイドのタッチ対応ディスプレイを搭載するUltrabookだ。(2012/10/12)

2012年PC秋冬モデル:
2万9820円からのAMDモデルも用意、14型の標準スリムノート──「HP Pavilion Ultrabook 14/Sleekbook 14」
日本HPの14型スタンダードスリムノートは、インテルCPUのUltrabookとAMD APUの“Sleekbook”の2ラインで展開。特にAMDモデルは2万9820円からとする低価格さが魅力だ。(2012/10/12)

GeForce+Office搭載で10万円切り:
エイスースのUltrabookは「ZENBOOK」だけじゃない――大画面Ultrabook「S56CM」を試す
ASUSTeKが日本市場向けに投入した「S56CM」は、15.6型サイズのUltrabookだ。ASUSのUltrabookと言えばZENBOOKシリーズが有名だが、本機もZENBOOKに負けないデザイン性とコストパフォーマンスのマシンなのだろうか。(2012/10/11)

Beats Audio対応のクアッドスピーカー搭載:
スペック、デザイン、価格――3拍子そろったUltrabook「HP ENVY SPECTRE XT 13-2000」を検証する
HPの13.3型Ultrabook「HP ENVY SPECTRE XT 13-2000」が日本に上陸した。HPらしい手堅い作りの中に、音質やデザイン、質感へのこだわりが感じられるマシンだ。(2012/9/5)

2012年PC夏モデル:
質感、音質にこだわった13.3型Ultrabook――「HP ENVY SPECTRE XT 13-2000」
日本HPが13.3型ワイド液晶ディスプレイを搭載するUltrabook「HP ENVY SPECTRE XT 13-2000」を発表した。Beats Audio対応のスピーカーを4基搭載するなど、音質や質感にこだわっており、同社は“ワンランク上のUltrabook”とうたう。(2012/8/30)

Mac、PC、プリンタ、カラマネ液晶、WiMAXルータなど全20種類:
リニューアル記念! 新生PC USER、Mobile、LifeStyleスタートキャンペーン
PC USER、Mobile、LifeStyleのリニューアルを記念して、プレゼントキャンペーンを行います。UltrabookやデスクトップPC、プリンタ、WiMAXルータなどなど、計20種類の賞品を用意しました。奮ってご応募ください!(2012/8/20)

重さも厚さも増えるが、メリットもある:
やっぱりあると便利です――光学ドライブ搭載Ultrabook「Inspiron 14z」を試す
デルの14型Ultrabook「Inspiron 14z」は、256GバイトSSDと外付けGPUを搭載しても、10万円を切るコストパフォーマンスに優れたベーシックモデル。光学ドライブを内蔵するのも大きな特徴だが、Ultrabookには必要なのだろうか。(2012/8/6)

2012年PC夏モデル:
ガラスのUltrabookが“Ivy Bridge”世代に進化――「HP ENVY14-3100 SPECTRE」
日本HPの14型Ultrabook「HP ENVY14-3100 SPECTRE」は、高硬度のガラスを多用したボディはそのままに、基本スペックを強化した。(2012/7/25)

15.6型サイズで厚さ19.8ミリ!:
これぞ新世代のスタンダードノートか?――「HP ENVY6-1000」にUltrabook普及のカギを見た
日本HPが発表した15.6型Ultrabook「HP ENVY6-1000」は、今後メインストリーム向けPCのスタンダードになると同社はアピールする。その理由は何か? 実際に使って確かめてみた。(2012/7/13)

16.65ミリ厚に“4コア”Ivy Bridgeを内蔵:
クアッドコア×グロッシーカーボンでUltrabookを圧倒せよ――「VAIO Z 15周年記念モデル」徹底検証
Ultrabookもいいけど、もっと高性能で上質なモバイルノートPCが欲しいと考えているなら、「VAIO Z」の2012年夏モデルは実に魅力的だ。特にこの15周年記念モデルは、物欲を大いに刺激してくれる。(2012/6/27)

HPのPC&プリンティング事業はどうなる:
「事業統合は今が絶好の時期」――米HPトッド・ブラッドリー上級副社長が語る
米Hewlett-Packardでプリンティング&パーソナルシステムズ部門を率いるトッド・ブラッドリー氏が来日し、今後の事業戦略について語った。(2012/6/25)

2012年PC夏モデル:
第3世代Core i5搭載Ultrabookが6万円台から――「HP ENVY6-1000/HP ENVY4-1000」
日本HPがUltrabookのラインアップに15.6型と14型の2機種を投入した。メインストリーム向けに価格を抑えたバリューモデルだが、デザインや音質にもこだわった製品となっている。(2012/6/19)

店頭/直販モデルを4台まとめて集中テスト:
ソニー初のUltrabookはやっぱり気になる――「VAIO T」特大レビュー(後編)
Ultrabookに生まれ変わった「VAIO T」は、期待通りの実力を発揮してくれるのか? レビュー後編では仕様が異なる4台のVAIO Tを集め、パフォーマンス、スタミナ、騒音、発熱を検証する。(2012/6/19)

GIS 2012:
「PC+プリンタの出荷台数、1秒あたり4台のペースに」――中国市場、Ultrabookに注力するHP
米Hewlett-Packardが5月9日から5月10日の2日間にわたり、中国上海で開催したイベント「Global Influencer Summit 2012」では中国市場、そしてUltrabookへの注力が繰り返し語られた。日本市場向け製品の投入はあるのだろうか。(2012/5/11)

GIS 2012:
HPが上海で発表したUltrabook詳報、そして謎の“Sleekbook”とは?
米HPが明らかにした新製品は、13.3〜15.6型のUltrabookをはじめ、Sleekbook、バッテリー駆動の小型複合機、Linux内蔵ディスプレイなど多岐にわたる。ん、Sleekbookって何だ?(2012/5/10)

GIS 2012:
HPが上海でIvy Bridge世代のUltrabookを発表――「HP ENVY Spectre XT」など3機種
米HPは13.3型/14型/15.6型ワイド液晶搭載のUltrabook「HP ENVY Spectre XT」「HP ENVY 4 Ultrabook」「HP ENVY 6 Ultrabook」を発表した。いずれも第3世代Coreを採用する。(2012/5/10)

3面カーボンファイバー!!:
求めたのは圧倒的な軽さ――重さ1キロを切る11.6型Ultrabook「LuvBook X」
マウスコンピューターがUltrabookに参入するという情報をキャッチ。ボディの3面にカーボンファイバーを採用することで、985グラムの重量を実現したという。正式公開前の製品だが、試作機を入手したので紹介しよう。(2012/4/26)

タブレット vs Ultrabook:
Core i7搭載タブレット「TW3A-A31C77H」の性能をUltrabookと比べてみた
オンキヨーが世界初とうたう第2世代Core i7搭載タブレットPC「TW3A-A31C77H」は、ノートPC並みの性能を持ったタブレットを目指して開発された製品だ。その実力はどうなのか、同じCPUを搭載するUltrabookとパフォーマンスを比べてみた。(2012/4/16)

安さか、美しさか――HPの「新時代」ウルトラブック2機種を比較する
HPが春から展開していたウルトラブック2機種が出そろった。あらためて2機種の特徴を振り返ってみよう。(2012/4/13)

Ultrabookを選ぶ5つの理由とは?
今までのノートPCはとにかく重い。一時期話題になった「Netbook」も仕事でバリバリ使うには性能・機能があまりにチープだった。そんな我慢も、もう終わる。「Ultrabook」がモバイルワークを新時代に導いてくれるのかを検証する。(2012/3/30)

日本HP、14型ワイド液晶搭載Ultrabook「HP ENVY14 SPECTRE」の発売日を確定
日本ヒューレット・パッカードは、同社製Ultrabook「HP ENVY14 SPECTRE」の発売日を決定した。(2012/3/29)

本田雅一のエンベデッドコラム(13):
(本来は)MacBook Airの後追いではない――インテルの「Ultrabook」が本当に目指すもの
「Ultrabook」は、しばしばMacBook Airの“マネ”だといわれることがある。軽量・薄型、そして洗練されたデザインは確かに似ている。しかし、インテルがUltrabookで本当に目指しているのは、見た目やスペックだけでは表すことのできない、“日常の道具”としての進化なのだ。(2012/3/27)

日本HP、ガラスのUltrabook「HP ENVY14 SPECTRE」の販売を延期
日本HPは、14型ワイドノートPC「HP ENVY14 SPECTRE」の発売日を4月中旬に延期すると発表した。(2012/3/19)

ミスキャンパスもHPを応援:
日本HP、移動式PCショールーム「Love PC, Love HP.トレーラー」を運行開始
日本HPは、HPの個人向けPCを体験できる移動式ショウルーム「Love PC, Love HP.トレーラー」の運行を開始した。東京、大阪、名古屋などの各都市を周遊する。(2012/3/8)

この質感、シビレるだろう?:
ガラス張りの“プレミアムUltrabook”――「HP ENVY14 SPECTRE」に誘惑される
安さもキーワードの1つであるUltrabookだが、価格競争が加熱し過ぎると、仕様が画一化してきて、面白みがなくなったりもする。日本HPの「HP ENVY14 SPECTRE」は、思い切って高級志向に振ることで、既存のUltrabookに一石を投じる存在だ。(2012/3/2)

世界PCシェア1位を守るため、Ultrabookに注力:
「PC選びにもっとこだわりを」――HP ENVY14 SPECTRE発表会
日本HPはUltrabook「HP ENVY14 SPECTRE」の製品発表会を開催。デザインや質感、素材など細部にわたるこだわりを紹介し、「スペックや価格だけでPCを選んでほしくはない」と訴える。(2012/2/22)

2012年PC春モデル:
日本HP、ガラスを多用した高級志向の14型Ultrabook「HP ENVY14 SPECTRE」
「HP ENVY14 SPECTRE」は“プレミアムUltrabook”を標ぼうする高級志向の14型Ultrabook。ディスプレイ、天面、パームレスト、タッチパッドにガラスを用いたデザインが特徴だ。(2012/2/22)

直販モデルがお買い得:
性能とデザインの美しい融合――「ENVY15-3000」にうっとりした
ENVYブランドを冠した日本HPの新鋭機「ENVY15-3000」。前回のフォトレビューに続いてパフォーマンスや使用感をチェックしていこう。これはいいものだー。(2012/2/8)

本日発売!:
“ナナキュッパ”の13.3型Ultrabookは意外にスゴい――「HP Folio 13-1000」に迫る(後編)
7万9800円という低価格が目を引く13.3型Ultrabook「HP Folio 13-1000」は、どこまで“使える”のか? パフォーマンス、バッテリー、発熱、騒音をじっくりテストした。(2012/2/2)

美麗デザイン、確かな実力:
PR:「HP Folio13-1000」は遅れてやって来た“Ultrabook™の本命”か
薄型軽量なモバイルノートPCが「欲しいけど高い」といった時代はもはや過ぎ去った。インテルが推進するUltrabook™は、ユーザーのPC環境をここ数年で一変させる可能性を秘めている。その第1世代製品として日本HPが投入した「HP Folio13-1000」は、優れたコストパフォーマンスが際立つ1台。もはやノートPC選びに妥協は不要なのか。(2012/1/31)

極上の15型ワイドノート:
写真で見る「HP ENVY15-3000」
HPの高級ブランド「ENVY」に追加された15.6型ワイドノートPC「HP ENVY15-3000」。その美しいデザインと使い心地を追求した豪華なギミックを写真と動画で見ていこう。(2012/1/24)

これは、お値段以上か?:
Core i5+128GバイトSSD搭載の13.3型Ultrabookが8万円切り――「HP Folio 13-1000」に迫る(前編)
HP初のUltrabook「HP Folio 13-1000」が日本上陸。ワールドワイドでPCを多数展開する同社らしい手堅い作りと低価格が魅力の1台だ。2回に渡ってレビューをお届けする。(2012/1/23)

2012年PC春モデル:
8万円を切る13.3型ワイドのUltrabook――「HP Folio 13」
日本HPが投入する“Ultrabook”は、13.3型ワイドのボディにCore i5と128GバイトSSDを搭載し、約9時間のバッテリー性能を実現。直販価格は7万9800円だ。(2012/1/19)

2012 Internatinal CES:
HP、ゴリラガラス筐体のUltrabook「ENVY 14 Spectre」を発表
銀と黒のガラスで覆われた薄型ノートPC「Spectre」は、3月に日本でも発売の予定だ。米国での価格は1400ドル。(2012/1/10)

HP、同社初のUltrabook「HP Folio 13」を発表
HPが、Intelが提唱する薄型ノートPC「Ultrabook」の「HP Folio 13」と、ENVYシリーズの新モデルを発表した。(2011/11/17)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。