キーワード
» 2008年05月28日 17時00分 UPDATE

アキバ百景 Vol.14:リテールボックスアート

アキバには名所や名物が溢れている。メイドさん? おでん缶? いえいえ、それだけではありません。

[古田雄介,ITmedia]

リテールボックスアート

場所 PCパーツショップ各店

解説 PCパーツショップの店内では、CPUやグラフィックスカードの空き箱を積み上げて作った広告素材をよく見かける。例えば、Core 2 Duo E8xxxシリーズが潤沢に入荷するようになった4月後半、「新型Core 2 再入荷しました」のPOPと一緒に、リテールボックスで作った造形物を置くショップが一気に増えた。以下の画像は、その「リテールボックスアート」事例だ。

og_akibah_001.jpgog_akibah_002.jpgog_akibah_003.jpg BLESS秋葉原本店にて撮影。スタンダードなタワー型(画面=左)。ドスパラ秋葉原本店は、ビル型を採用。ただし、こちらは中身の入った在庫を積み上げたもの(画面=中央)。クレバリー1号店のCore 2ロボ。成人男性と同じくらいの高さがあった(画面=右)

 リテールボックスアートについて聞くと、ある店員さんは「だって箱があまっていたし、ちょっと組み立てたくなるじゃない?」と語った。

 多くのショップでは、自社ブランドのオリジナルPCにリテールボックスで入荷したCPUを使う場合があるため、新製品のパーツでも大量の空き箱が出るというわけだ。ちなみに、これらのショップブランドPCは、別売りのCPUクーラーを採用することも多く、リテールのCPUクーラーさえもジャンク品として大量に出回ることがある。

 あるショップの店長は「アキバでは、どんな廃材もむだにしません。地球にやさしいですよね」と誇らしげにコメントしていた。ま、箱はすぐに捨てるんでしょうけど。

用例1 「このロボ、実はペノムの箱?」「コレ(Core)ジャナイロボ……」

用例2 「Core 2ロボか……手塚先生、もうすぐですよ」



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.