ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ワークスアプリケーションズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ワークスアプリケーションズ」に関する情報が集まったページです。

働き方改革関連法施行後の「自己防衛術」:
悪質手口から有休を守れ! あなたにもできる「ブラック企業との戦い方」
働き方改革関連法で注目されるのが年5日の「有給休暇の取得義務」――。取得させないように動く経営者からいかにして自分を守るのか?(2019/4/16)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
「データサイエンティスト・ラプソディ」 なぜ優秀なAI人材は転職するのか
「優秀なデータサイエンティストを採用できない」「人材が定着しない」――そう嘆く前に、まずは自分たちの組織の体制や環境を見直してみましょう。とがったAI人材を許容できる環境作りはできていますか?(2018/12/21)

上位の利用製品名も調査
RPA推進する大企業、IT化遅れる中小企業 2018年の業務ツール利用状況
2018年11月19日にMM総研が発表した国内企業・団体の業務ソフトウェア利用に関する調査結果によると、大企業でRPAツールへの関心が高まる一方、中小企業では業務ソフトウェアの導入が遅れている。(2018/11/27)

クラウド勤怠管理システムの選び方
勤怠管理システム3つの選択肢を徹底比較、自社に合った製品選びのポイントは?
勤怠管理のITツールは3つに大別できる。高機能タイムレコーダー、オンプレミスの勤怠管理システム、クラウド勤怠管理システム、という3つの製品の違い、メリットとデメリットを比較する。(2018/10/18)

U&Iターンの理想と現実(49):
徳島編:東京は僕を選ばなかった――Uターンで起業したエンジニアの逆転人生
1DKから脱出できず、満員電車には慣れず、都会の距離感が解せず、友人もできず――「ITエンジニア U&Iターンの理想と現実」。徳島編は「東京に選ばれなかったエンジニア」が、徳島で人生を取り戻すお話です。(2018/10/4)

話題の、あの人:
「社員から支持されるIT社長」ランキング 孫正義氏、藤田晋氏など上位 1位は……?
IT企業の経営者の中で、社員から高い支持を得ている人物は?――Vorkers調べ。(2018/7/19)

実践的・フォロー充実の会社が人気:
就活生に聞く「インターンに行ってよかった企業」ランキング 1位は……?
インターンシップに参加した学生が「ためになった」と感じたのはどの企業?――ビズリーチ調べ(2018/5/30)

脆弱性にまみれた世界で戦う人たち――バグハンター、CSIRT、レッドチーム
ランサムウェア「WannaCry」のインパクトが記憶に新しい中、ウクライナやロシアを中心に感染を広げた「NotPetya」が登場した直後の開催となった、2017年6月の@ITセキュリティセミナー。レポートシリーズ第2回は、脆弱(ぜいじゃく)性に関する講演を中心に紹介する。(2017/8/23)

製造ITニュース:
インフォアのクラウドERPは「オンプレミスとの併存が容易」
インフォアジャパンが、クラウドベースのERPの最新動向について説明。ERPのクラウド化が進む中で必然的に生まれる、オンプレミスとクラウドが併存するハイブリッドERPについて、同社のソリューションを使えば構築が容易なことを訴えた。(2017/6/16)

製造業IoT:
Society 5.0による真の働き方改革へ、サイバーダインとワークスが提携
サイバーダインとワークスアプリケーションズ(ワークス)は、日本政府が推進する「Society 5.0」や「Connected Industries」の実現を目指し、サイバーダインのサイバニクス技術とワークスアプリケーションズのAI技術を組み合わせた次世代システムの共同開発に向けて業務提携すると発表した。(2017/5/16)

欲しいのは「AI」ではなく、何ができるか
「AI」が可能にする自動売り上げ予測――次の業務システムが向かう先とは
「人工知能」技術がさまざまなサービスで活用されるようになってきた。企業の業務において、AI技術はどのような可能性を持つのだろうか。ERPの視点から考えてみた。(2017/2/28)

アナリストオピニオン:
「次世代ERP」のリリースラッシュが起きているのはなぜか
新コンセプトのERP製品が相次いで発表されている。従来型のERPから大きく刷新されているため、これらの製品は「次世代ERP」「モダンERP」と呼ばれ、新しいタイプのERPと見なされている。本稿では次世代ERPの最新事例として2つの製品を紹介する。(2017/1/31)

IT導入完全ガイド:
AIを活用する次世代ERPの実力
人工知能を活用する次世代型ERPの代表的な製品として、ワークスアプリケーションズの「HUE」とSAPジャパンの「SAP S/4HANA」を取り上げ、その特徴とユーザーメリットを紹介する。(2016/8/26)

賃借対照表や損益計算書の作成が自動になる?
人工知能がいよいよビジネス実用段階に? 業務システムはどう変わる
過去に何度か「人工知能」(AI)ブームが到来しているが、今回のブームではビジネス活用が本格的に進む可能性がある。その理由と、AIが業務システムに与える影響を考える。(2016/8/9)

UI/UX勉強会を開催:
PR:人工知能搭載の次世代型ERPの開発現場から、エンタープライズアプリケーションのUI/UXとエンジニアの在り方を考える
ERPパッケージを開発・販売するワークスアプリケーションズが新たにリリースした「HUE」――世界で初めて人工知能(AI)を搭載し、これまでのエンタープライズアプリケーションとは異なる発想で開発され、ユーザビリティの高さで大きな注目を集めている。「HUE」がどのようなコンセプトで開発され、開発の現場では何が行われているのだろうか。ワークスアプリケーションズの「HUE」の開発部隊の中のUI/UXチームのメンバーに話を伺った。(2016/7/15)

アリエル・ネットワークが消滅へ 親会社ワークスが吸収合併
ワークスアプリケーションズは、100%子会社のアリエル・ネットワークを7月1日付けで吸収合併すると発表した。(2016/5/27)

Great Place to Work Institute Japan:
「働きがいのある会社」ランキング2016年版、第1位は?
Great Place to Work Institute Japanは、日本における「働きがいのある会社」ランキングの2016年版を発表した。(2016/3/7)

キャリアニュース:
2016年版、日本の「働きがいのある会社」ランキング
Great Place to Work Institute Japanは、日本における「働きがいのある会社」ランキングの2016年版を発表した。製造業からも3社が、20位以内にランクインしている。(2016/3/4)

製造IT導入事例:
マイナンバー制度対応の新人事システムにERPパッケージを導入
ワークスアプリケーションズは、同社のERPパッケージ「COMPANY」シリーズの「COMPANY 人事・給与」「COMPANY Web Service」「COMPANY 就労・プロジェクト管理」を、日本触媒が新人事システムに採用したと発表した。(2016/2/25)

「パートナー同士が補完し合える」:
拡大するAWSのパートナーエコシステム、「拡大を望んでいる」とサーバーワークス大石氏
アマゾンウェブサービスジャパンは2016年1月22日、同社の2016年におけるパートナー戦略を説明した。この場に、AWSのパートナー4社が参加。サーバーワークスの大石良氏は、パートナーが補完し合い、新たなビジネスが生まれると話した。(2016/1/22)

PR:スピード経営時代、企業が選ぶべきクラウドERPは?
 2016年は、ERP市場が大きく動く年になるかもしれない。これまでオンプレミスが当たり前だったERPのクラウド利用が、いよいよ本格化し始めているからだ。激しいシェア争いを繰り広げるグローバル対応ERPベンダー各社の最新動向を追った。(2016/1/12)

経沢香保子の「ベンチャー魂は消えない」:
再び自宅で起業、2回目の挑戦だからこそのこだわりとは?
2度目の起業を決めた私は、同じ思いを共有できる創業メンバーの募集を始めた。そこで思ってもみなかったことが次々と起きたのだ。(2015/11/11)

特集 情シスが率先して実施する「企業のマイナンバー対応」:
間に合う? マイナンバー対応 「進んでいる企業」はこうしている
マイナンバー制度の開始まであと数カ月。果たして対応は間に合うのか。法令順守のためにいち早く策を講じてきた企業に、「どうしているのか」取り組みのポイントを聞いた。(2015/7/31)

IT導入・活用事例:
島根県、コスト削減に向けて給与システムを刷新
6年間で約8億5000万円の経費削減を達成した島根県は、手作業によるコストの削減に向けて給与システムも更改した。(2014/9/25)

高信頼と高性能を実現する技術とは【第3回】
ワークスアプリケーションズが太鼓判を押す高機能OS、その最新事例とは
大手企業向けERPパッケージ「COMPANY」シリーズを開発・販売するワークスアプリケーションズがCOMPANYシリーズをアウトソーシング社にわずか1週間で導入。短期導入を実現したのはある高機能OSだった。(2014/3/10)

DB集約・統合とサービス化に向けて:
プライベートクラウドDBaaSを指向したOracle Exadata Database Machine X4
オラクルが「データベースアプリケーションのプライベートクラウドでの統合に最適」として、データベース専用マシンを発表。マルチテナントアーキテクチャ型データベースの利点を生かしながら、OLAP/OLTP混在環境でのパフォーマンスおよび信頼性向上を目指してハードウェア/ソフトウェアを刷新する。(2014/1/21)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
ソニーとの合弁も BPOを武器に躍進するInfoDeliverの次の一手
約10年前に現在のビジネスモデルの基礎を築いたInfoDeliverは、ソニーと共同で新会社を設立するなど、強みであるビジネス・プロセス・アウトソーシングを軸にビジネス拡大を図る。(2013/10/29)

シンガポールに新拠点 ワークスアプリケーションズ
最先端の技術研究などを行うための新事業所をワークスアプリケーションズがシンガポールに設立した。(2013/4/23)

人事システム「COMPANY」をAWSで運用
【事例】ミサワホームはなぜ人事システムをクラウドに移したのか
システムを徐々に拡張し、最終的に1万人規模の人事情報を管理する。ミサワホームが考えるこのようなシステム構築にはクラウドの柔軟性が必須だった。注目を集める「ERP on AWS」の事例を紹介する。(2013/4/10)

人材管理ベンダーのインフォテクノスが戦略説明会
人材マネジメントシステム製品を提供するインフォテクノスコンサルティングが2013年のビジネス方針などを発表した。(2013/2/19)

EC/通販 市場調査:
「スマートフォン」「ソーシャルメディア」「O2O」がEC運営者の関心事項、ワークスアプリケーションズ調査
ワークスアプリケーションズは2月5日、EC/通販運営企業担当者のECサイトリニューアルに関する意識調査の結果を発表した。(2013/2/5)

ミサワホームグループ、AWSを基盤とする人事システムを採用
ミサワホームは既に導入している人事パッケージをクラウドでグループ各社に展開する予定だ。(2013/1/23)

タレントマネジメント製品紹介【第11回】
「COMPANY」がタレントマネジメントで目指す“進化するベストプラクティス”
国産の人事・給与パッケージとして大企業を中心に広く使われている「COMPANY」。同社はユーザー企業の要望を受けて数年前からタレントマネジメントの機能を製品に盛り込んできた。その特徴とは。(2012/12/20)

タレントマネジメントシステムで人材を可視化
【事例】三菱ケミカルがグローバル人材データベース整備で選んだ製品とは
事業のグローバル展開には海外人材の活用が鍵――そう考えた三菱ケミカルホールディングスは海外のグループ企業も含めた人材の可視化を実現するデータベースの整備を始めた。実現のために選定した製品とは。(2012/12/3)

日本空港ビルデングが基幹システムを刷新
【事例】羽田空港ビルを支えるERPはどう選ばれたか
羽田空港のターミナルビルを管理し、多数の店舗を運営する日本空港ビルデングが財務会計、人事給与、流通サービスなどの基幹システムを刷新した。同社のビジネスを支えるシステムとして選ばれたERPとは?(2012/11/15)

【IFRS】米国決定後に急いで決める?
日本のIFRS決定は2013年末以降か、元IASB理事が明かす今後の論点
日本のIFRS適用への判断は「米国が決めたら4カ月以内に決めるという声も聞こえてくる」という。(2012/11/12)

ホワイトペーパーレビュー
中堅・中小企業のERP選びが分かる3つのホワイトペーパー
中堅・中小企業がERPを導入する際に課題となるコストや業務要件、運用管理に関わる問題をどう解決するか。ERP選びの参考となるホワイトペーパーを紹介する。(2012/9/26)

ワークスアプリ、クラウド型ERPに運用サービスを追加へ
Amazon EC2上でERPパッケージ「COMPANY」を利用できるパッケージにおいて、運用管理やセキュリティ対策の新サービスを提供する。(2012/9/13)

クラウドERP製品カタログ
ERPの機能をクラウドサービスとして利用する――そんな使い方が広がっている。ライセンスや運用管理のコストを抑えることができ、データ保護も期待できる。主要製品を紹介する。(2012/8/8)

PR:IBM PureSystemsへの対応を加速するISV
4月にIBMが世界で同時に発表した「IBM PureSystems」は、エキスパートの知見を活用することで、ITライフサイクル全体のさまざまな作業負荷を軽減、TCOの削減を可能にする。システムに最適化されたソリューションとして、IBM製品に加え、グローバルで100社以上のISV製品が利用可能だ。日本でいち早く対応した4社のISVからの声をそのソリューションとともに紹介する。(2012/6/29)

iOS端末の普及・促進を目的とした「iOSコンソーシアム」設立
企業におけるiPhone/iPadの利用を促進し、さまざまなサービス・ソリューションを生み出すことを目的とした任意団体「iOS コンソーシアム」が設立した。(2012/6/21)

IT業界の転職人気企業、今年も1位はGoogle Appleも上昇
DODAがまとめた転職人気企業ランキングによると、IT業界では前年に続いてGoogleが1位に。Googleは総合でもトップ。(2012/6/18)

Smarter Computingの実現に向けた現実解とは:
PR:企業ITの新たな地平を切り開くPureSystems
企業活動におけるITの重要性がさらに高まる中で、多くの企業がシステム整備や運用にまつわる課題に頭を抱えている。これらのコストをいかに削減すべきか――。その1つの“解”としてIBMが2012年4月に全世界で同時に発表したのが、コンピューティングシステムの新分野と呼ぶ「エキスパート・インテグレーテッド・システム」だ。(2012/5/8)

導入事例:
富国生命、人事・給与システムをクラウド化へ
ワークスアプリケーションズと日本ユニシスの製品およびサービスを組み合わせた環境を構築する。(2012/3/21)

クラウドERP製品カタログ【第8回】ワークスアプリケーションズ
「COMPANYシリーズ」をAmazon EC2で運用、パブリッククラウド選択の背景は
ERPパッケージ「COMPANYシリーズ」がAmazon EC2に対応した。企業はハードウェアコストを負担することなく人事システムなどを構築できる。プラットフォームにAmazon EC2を選んだ理由は「進化スピードの速さ」だ。(2012/2/20)

クラウドHot Topics(6):
企業ITへの取り組みを強化するAmazon Web Services
今世紀最大のIT潮流といっても過言ではないと思われる「クラウド」「クラウドコンピューティング」「クラウドサービス」。本連載では、最新の展開を含めて、クラウドをさまざまな側面から分析する。(2012/1/5)

【IFRS】IFRS先行企業インタビュー【4】
伊藤忠商事に聞く、固定資産管理とIFRSプロジェクト
資産除去債務への対応を目的に大手商社の伊藤忠商事が固定資産管理システムを刷新した。選んだのは「COMPANY Assets Management」。製品選択の理由と早期適用を予定しているIFRSプロジェクトについて聞いた。(2011/9/5)

日本ユニシスとワークスアプリケーションズ、ERPパッケージの販売で協業
日本ユニシスは、ワークスアプリケーションズのERPパッケージの代理店販売を開始したほか、同パッケージのクラウド基盤を提供した。(2011/8/1)

【IFRS】「COMPANY Assets Management」採用
伊藤忠商事、IFRS早期適用を見込んで資産管理システム刷新
今後のIFRS適用で必要になる機能を無償で提供することを評価した。(2011/7/22)

成長機会は世界にいくらでもある――ネクストの井上社長
閉塞感のある日本経済の中でも、もちろん勢いのある企業は存在する。不動産の情報サイトを運営するネクストもその1社だ。新時代の経営感覚を持つネクストの井上高志社長に話を聞いた。(2011/2/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。