写真で解説する「Windows Phone IS12T」(ソフトウェア編)UIは使いやすい? バッテリーの持ちは?(2/3 ページ)

» 2011年07月28日 10時14分 公開
[田中聡,ITmedia]

ブラウザ、日本語入力、Officeソフト

 ブラウザにはInternet Explorer 9を採用し、HTML5にも対応している。マルチタッチにも対応しており、ピンチイン/アウトが可能。ダブルタップをして拡大/縮小もできる。スクロールも高速だが、適度にブレーキがかかるので、強くフリックしなければスクロールしすぎることもない。このあたりのさじ加減もうまくできていると感じた。詳細は動画記事を参照。タブにも対応しているが、ブラウザ画面上にタブは表示されず、サブメニューからタブを表示する必要がある。なお、Flashの表示はできない。

photophotophotophoto URL入力欄は画面下に表示される。その右にある「…」を押すとサブメニューが現れる(これは他のアプリも同様)(写真=左端)。サブメニューも画面下部に現れる(写真=左中)。ブラウザの設定(写真=右中)。表示中のタブ。画面下部の「+」を押すと新しいタブが開く(写真=右端)
photophoto ピンチイン/アウトの操作もできる

 日本語対応に伴い、入力システム(MS-IME)にもこだわった。テンキーとQWERTYキーのソフトウェアキーボードを使えるほか、テンキー向けに「カーブフリック」という新たな入力方法を採用した。スマートフォンではおなじみ、上下左右の4方向にフリックして入力できるほか、濁点と半濁点の付く文字もワンフリックで入力できる。例えば「ぎ」を入力する場合、「か」キーを右フリックして「き」を呼び出し、「き」の右上に出る「゛」をなぞるようにフリックすればよい。慣れればより高速に入力できそうだ。

photophotophoto iPhoneやAndroid向けiWnnなどと同じく4方向にフリックして文字を打つ(写真=左)。濁点や半濁点が付く文字の場合、半濁点が左上、濁点が右上に表れ、その方向にフリックすると濁点/半濁点付きの文字を入力できる。写真は「ば」を入力したもの(写真=中、右)

 Windows Phoneの強みでもあるOfficeソフトとの連携機能も充実させた。Office 2003、2007、2010のPowerPoint、Word、Excelの読み込みと編集ができる。25Gバイトのストレージを無料で使えるWindows Live SkyDriveとも連携しており、作成した文書を手軽にバックアップ、共有できる。Office文書は「Officeハブ」に集約され、端末やSkyDrive、Office 365、SharePointに保存したファイルを一元管理できる。

photophotophotophoto 「Officeハブ」では、本体やクラウド上に保存したOfficeファイルの閲覧と編集もできる(写真=左端、左中、右中)。OneNoteも利用可能(写真=右端)
photophotophotophoto 手軽に編集や共有できるのが魅力だ
photophotophoto カメラは有効約1320万画素を搭載。撮影は側面のシャッターキーから行う。「Milbeaut Mobile」エンジンにより、高速で写真が保存される。自動シーン認識やフォトライトにも対応。1280×720ピクセルの動画も撮影できる

バッテリーの持ちは?

 スマートフォンといえば気になるのがバッテリーの持ち。IS12Tは1460mAhという比較的大きなバッテリーを採用していることに加え、Windows Phoneの省電力設計によって低消費電力を実現している。説明員は「バッテリーの持ちは非常に良い」と話していた。Windows Phoneでは複数のアプリを使う場合、バックグラウンドでアプリは動作せず“一時停止”する。Androidでは裏で動いているアプリが多いためバッテリーの消費が早まりがちだが、Windows Phoneではそうした事態を防げる。また、アプリは戻るキーを押すことで終了する。これはどのアプリにも共通しており、必ずしも戻るキーでアプリを終了できるとは限らないAndroidよりも分かりやすい。

 Windows Phone 7.5ではマルチタスクを拡張し、(開発者側の作り込みで)バックグラウンドでアプリを動作させることが可能になる。Twitterやニュース系のアプリの起動後に最新情報をすぐに閲覧したいといったときに重宝する。ただし前述のとおり、裏で動くアプリが多いほどバッテリーを消費しやすくなる。そこで、IS12Tには「バッテリーセーバー」機能を用意し、バッテリー残量が一定量まで減ると、メールの自動受信やバックグラウンド起動などがオフになる。ドコモの「ecoモード」のように、何%でオンにするなど、残量(%)に応じた設定はできないが、省電力の一助になるだろう。

photophoto バッテリーセーバー(写真=左)。クリアキーを長押しすると、直近で使ったアプリが最大6件表示される(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月24日 更新
  1. 「株主はドコモの月額料金を半額にしてほしい」「NTTの社名変更は?」 NTT株主総会の質疑応答まとめ (2024年06月21日)
  2. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  3. “ミッドレンジの王者”OPPOを猛追するモトローラ 「OPPO Reno11 A」vs「moto g64 5G」に注目 (2024年06月22日)
  4. ドコモ販売ランキング:実質2万円以下で2年使える「iPhone 14」が1位に【6月10日〜6月16日】 (2024年06月22日)
  5. Huawei待望のカメラフォン「Pura 70 Ultra」に注目 20万円超えでも「欲しい」と思える仕上がり (2024年06月23日)
  6. 現行Androidスマートフォンの価格まとめ【2024年6月編】 「OPPO Reno11 A」「moto g64 5G」を安く買えるのはどこ? (2024年06月24日)
  7. マイナンバーカードで本人確認できる「デジタル認証アプリ」が登場 使い始めるには? (2024年06月24日)
  8. 「完全ワイヤレスイヤフォン」ってそんなに良いもの?(そもそも有線の方が良くないですか?) (2024年06月22日)
  9. 光るスマホ「Nothing Phone(2a)」の背面、実は日本製のポリカーボネート樹脂だった (2024年06月22日)
  10. ダイソーで550円の「(USB)Type-Cイヤホン」を試す 万が一に備えた代替品としては十分だが、音がちょっと気になる (2024年06月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー