ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「開発コード名」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「開発コード名」に関する情報が集まったページです。

美しいディスプレイと圧倒的パワー 時代の先端を行くモバイルPC「XPS 13」
スリムベゼルのモバイルPC「XPS 13」を徹底レビュー。(2018/6/22)

Synopsysが調査:
あなたのソフトはOK? オープンソースのリスク分析
大半のソフトウェアプログラムが、脆弱(ぜいじゃく)性やライセンス違反の問題を抱えている――。Synopsys(シノプシス)のソフトウェアインティグリティグループ(SIG)は、「2018オープンソースセキュリティ&リスク分析(OSSRA)」レポートについて、その概要を発表した。(2018/6/21)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「次世代Surface」にまつわる3つの開発コード名 2018年後半に何が出る?
ここ数年は秋に「Surface」ブランドの新ハードウェアを投入してきたMicrosoft。2018年後半以降の新機種に関係すると思われる3つの開発コード名を追う。(2018/6/18)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
AIチップ搭載の「HoloLens 2」は2019年初頭に大幅値下げで発売か
次世代モデルのうわさが度々聞こえてくるMicrosoftの「HoloLens」。ハードウェア、ソフトウェア、ボディー、そして価格まで、大幅な変更の可能性が語られている。(2018/6/15)

すごいなこりゃ……EVになってもこのオーラ ポルシェ初の爆速EV「タイカン」誕生
ついにあの量産スポーツEVの車名が決定、2019年に生産開始へ。【画像17枚】(2018/6/12)

その意味は……:
ポルシェ初のピュアEVスポーツ、名前は「Taycan」に決定
独ポルシェは、開発コードネーム「Mission-E」と呼んできた同社初の電気自動車を「Taycan」と名付けたと発表した。(2018/6/11)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(25):
高速で安全なアップグレード展開のためのWindows 10の新機能と改善点
本連載第23回では、Windows 10 April 2018 Update(バージョン1803)で行われた既存の企業向け機能の強化、改善を紹介しました。今回は、機能更新プログラム配信の改善点と、地味ながらも知っておいて損のない、新機能の1つを紹介します。(2018/6/8)

性能はIntel「Skylake」の9割?:
「Cortex-A76」でノートPC市場も狙う、Armの戦略
Armは2018年5月31日(米国時間)、新しいモバイル向けCPUコア「Cortex-A76」を発表した。同社によると、Intelの最新「Core」プロセッサ(開発コード名:Skylake)の9割に相当する性能を実現できるという。(2018/6/7)

COMPUTEX Taipei 2018:
x86の40周年に「Core i7-8086K Limited Edition」 年内登場の28コアCPUもデモ
Intel 8086の発売40周年記念で「Core i7-8086K Limited Edition」を発表。(訂正あり)(2018/6/5)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows on Snapdragon」に早くも次世代モデルが登場か
まだ製品数が少なく、日本市場への投入もないことから、徐々にユーザーの興味が薄れつつあるような「Windows on Snapdragonデバイス」だが、ここに来て次世代モデルのウワサも聞こえてきた。(2018/6/4)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(25):
リーマンショックも影響? “蔵出しFPGA”の真相を探る
前回に続き、2017年発売ながらチップに開発した年を意味する「2009」と刻まれていたIntel製FPGA「Cyclone 10 LP」を取り上げる。さらに多くのCycloneシリーズ製品のチップを観察し、2009年に開発されたチップであるという確証を探しつつ、なぜ2017年の発売に至ったのかをあらためて考察していく。(2018/5/31)

古田雄介のアキバPickUp!:
Radeon入り最強NUC「HADES CANYON」がアキバで大人気
Radeon RX Vega Mを統合したCPU「Kaby Lake G」を採用するハイエンドNUC「HADES CANYON」が登場。上位で税込み12万5000円という価格帯ながら好調に売れている。(2018/5/29)

頭脳放談:
第216回 量子コンピュータがやってくる?
Intelが量子コンピュータのプロセッサを発表した。普通のコンピュータなら何百万年もかかる計算も、量子コンピュータなら一瞬で解ける、などといわれているが、今回のプロセッサにはそこまでの性能も汎用性もないようだ。それでも、着々と量子コンピュータの足音が近づいて来ているようだ。(2018/5/29)

組み込み開発 インタビュー:
複雑化するソフトウェア開発、3つの解析で品質を確保する――シノプシス
シノプシス(Synopsys)と言えば、ケイデンス・デザイン・システムズ(Cadence Design Systems)、メンター・グラフィックス(Mentor Graphics)と並び、半導体向けEDA(回路設計自動化)ツールの大手ベンダーとして広く知られてきた企業だ。2017年度の売上高は約27億米ドル(約2960億円)で、従業員は約1万2000人にのぼる。(2018/5/16)

組み込み開発ニュース:
組み込み機器向け高速起動ソリューションがx86アーキテクチャに対応
ユビキタスは、x86アーキテクチャのインテル「Atom」プロセッサや「Apollo Lake」に対応したLinux/Androidシステムの高速起動ソリューション「Ubiquitous QuickBoot」を発売した。(2018/5/15)

コンテナ関連の機能も充実、「R2」は廃止
「Windows Server 2019」はAzure連携を大幅強化、CALは値上げか
Microsoftの新しいサーバOS「Windows Server 2019」は、同社のクラウドサービス群「Microsoft Azure」との連携を含め、さまざまな点で強化を図る。注目すべき強化点をまとめた。(2018/5/3)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(48):
MMCを置き換えるサーバ管理ツール、「Windows Admin Center」が正式リリース
開発コード名「Project "Honolulu"」として開発され、テクニカルプレビューが提供されてきた新しいWindows管理ツールが「Windows Admin Center」として正式に公開されました。(2018/4/18)

CW:モバイルアプリ開発の最前線(前編)
多様なサイズ、解像度、形のモバイル端末に対応する開発ツール
モバイルアプリ開発の課題は今も昔も変わらない。多様化するサイズやフォームファクターにどうやって対応すべきか。モバイル開発に使える各種ツールをまとめた。(2018/4/17)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
バグ問題でWindows 10春の大型アップデート「1803」配信開始に“待った”か
「Redstone 4(RS4、1803)」の開発コード名で呼ばれ、最近では「Spring Creators Update」の名称がうわさされているWindows 10の2018年春アップデートだが、一般ユーザー向け配信の前に“待った”がかかった状態のようだ。(2018/4/16)

IntelがノートPC向けで初の6コア「Core i9」発表 新施策の「Core i+」とは?
IntelがCoffee Lakeマイクロアーキテクチャ採用の「第8世代Core」プロセッサ新モデルを発表。ノートPC向けプロセッサでは初となる6コアの最上位モデルをはじめ、ノートPC向けとデスクトップPC向けのラインアップを拡充した。(2018/4/4)

工場見える化:
古い機械でも後付けで簡単見える化、HMI技術が生きた「横取り君」が示す価値
シュナイダーエレクトリックは、従来展開していたHMI製品で培った技術を生かし、簡単に工場内の機器情報を取得できる見える化製品を2017年から展開。もともと町工場からの依頼を受け開発したという現場発のニーズを捉え、中小企業から大企業まで幅広い引き合いを得ているという。(2018/4/3)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(23):
AMDは2016、Intelは2014……。最新CPUチップの刻印が意味するもの
今回は、脆弱性問題で揺れるAMDやIntelの最新プロセッサのチップに刻まれた刻印を観察する。チップに刻まれた文字からも、両社の違いが透けて見えてくる。(2018/4/2)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
2018年春のWindows 10大型アップデートが完成か 見え始めたRedstoneの終わり
2018年4月に配信が始まる予定のWindows 10次期大型アップデート。いよいよ完成のとき、一昔前のWindows OSでいえば「RTM(Release To Manufacturing)」の時期が到来したようだ。(2018/3/30)

福田昭のストレージ通信(96) STが語る車載用埋め込み不揮発性メモリ(9):
マイコン大手ルネサスの埋め込みフラッシュメモリ技術
今回は、ルネサス エレクトロニクスのマイコン用埋め込みフラッシュメモリ技術「SG(Split Gate)-MONOS(Metal-Oxide-Nitride-Oxide-Silicon)」を解説する。(2018/3/30)

PR:A5サイズの超小型ゲーミングPC「G-GEAR alpha」シリーズ徹底レビュー
TSUKUMOのゲーミングPCブランド「G-GEAR」に超小型デスクトップPC「G-GEAR alpha」が登場した。ほぼA5サイズのコンパクトなボディーにゲーミング性能を詰め込んでいるのが魅力。早速その実力を検証していこう。(2018/3/28)

Xilinx ACAP:
Xilinxが新アーキテクチャ投入「シリコンの進化だけでは追い付けない」
Xilinxが新カテゴリー製品となる「Adaptive Compute Acceleration Platform」(ACAP)を発表した。Zynqなどよりも柔軟な“プログラマブル”製品であり、2018年中のテープアウトを予定する。(2018/3/27)

2019年に出荷へ:
AI性能20倍、Xilinxが7nm世代製品「ACAP」発表
Xilinxは2018年3月19日(米国時間)、7nmプロセスを用いる新たな製品群「ACAP」(エーキャップ)を発表した。新たなプログラマブル演算エンジンなどを搭載し、現行のFPGA製品よりも20倍高いAI(人工知能)演算性能を発揮するという。(2018/3/20)

VAIO S11・S13の「ALL BLACK EDITION」を2台まとめて徹底検証する
第8世代Coreに独自チューニングを施し、さらなる性能向上を図った新しい「VAIO S11」と「VAIO S13」。その特別な新色モデルの「ALL BLACK EDITION」を2台まとめて徹底レビューする。(2018/3/8)

古田雄介のアキバPickUp!:
GPU入りRyzenの人気で対応mini-ITXマザーが品薄に
GPU機能搭載のRyzen「Raven Ridge」は発売以来品薄傾向が続いているが、最近はCPU以上に、Raven Ridge対応mini-ITXマザーの在庫状況が心配されるケースが増えている。(2018/3/5)

Intel、修正版対策パッチのリリース状況一覧を公開 BroadwellやHaswellにも対応
不具合を修正したマイクロコードアップデートは、今回新たに「Broadwell」「Haswell」向けの正式版が公開された。(2018/3/1)

PR:超小型ボディーにIntel Coreを搭載 顧客の声から生まれた「Endeavor ST40E」
エプソンダイレクトから登場したEndeavor ST40Eは、容積わずか0.74l(リットル)の超小型デスクトップPCだ。ただ小さいだけでなく、小ささを生かした意外な用途に使える工夫が盛り込まれている。(2018/2/26)

Intel、不具合修正の脆弱性対策パッチを追加リリース Kaby Lake以降の世代に対応
Intelは「Skylake」「Kaby Lake」「Coffee Lake」を搭載したプラットフォーム向けのマイクロコードアップデート正式版を、OEM向けにリリースした。(2018/2/22)

“美しすぎるモバイルPC”が第8世代Coreで進化 「HP Spectre 13」実力検証
日本HPから登場した「HP Spectre 13」は造形美と機能美を追求をしたモバイルノートPCだ。第8世代CoreやThunderbolt 3など先進技術を盛り込み“美しすぎるノート”が生まれ変わった。(2018/2/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
海外特需は去っても、なお根強いマイニングブーム
一時の熱狂ぶりが一段落したマイニングブームだが、関連パーツの売れ行きと品薄傾向は相変わらずだ。ブームが去って定番化したとの声も聞かれるようになっている。(2018/2/19)

PR:圧倒的パワーで現場の生産性を高めるPC「Endeavor Pro5900」
エプソンダイレクトの新鋭機「Endeavor Pro5900」は、Intel最新の第8世代Coreを搭載したタワー型デスクトップPCだ。設計や開発、ビデオ編集など、パフォーマンスを必要とする現場の生産性を大きく改善させる製品だ。(2018/2/19)

PR:世界的オーバークロッカーが手掛けたスペシャルPC 「G-Master Spear Z370 Taichi OC」徹底検証
サイコムのゲーミングPC「G-Master」シリーズからASRockとのコラボモデルが登場。厳選したパーツと専用UEFIにより、全コア4.8GHzのオーバークロック性能と安定性を両立したスペシャルモデルだ。(2018/2/16)

2018年半ばに正式リリース予定:
機械学習やオブジェクト検知の新プロセッサを提供――Arm、機械学習IPスイート「Project Trillium」を発表
Armは、高度な機械学習やニューラルネットワーク機能などを提供するIPスイート「Project Trillium」(開発コード名)を発表した。(2018/2/15)

古田雄介のアキバPickUp!:
仮想通貨マイニング需要に陰り
2017年末から右肩上がりの盛り上がりを見せていたマイニングブームだが、ここに来て勢いが落ち着いていた感がある。また、GPU内蔵Ryzenも連休明けから売り出されている。(2018/2/14)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
次世代のWindows 10とウワサされる「Polaris」とは何か
Microsoftがデスクトップ、ノート、2in1タブレットなどのPC製品向けに“新しい”Windows 10を開発中とのウワサがある。「Polaris」と呼ばれるこの新OSの謎を追う。(2018/2/9)

AMDから最新APU「Raven Ridge」が届いたぞ! まずは中身を速報だー
っていうか箱でけーよ!(2018/2/8)

車載情報機器:
複数のHMIが協調するコックピットの実現へ、仮想化が貢献
コックピットの進化に向けて、ハイパーバイザーを用いた仮想化により複数のHMIを統合制御するデモンストレーションを各社が「CES 2018」で披露した。(2018/1/30)

モバイルの枠を超えるパワー! 「Surface Book 2」完全レビュー
上質感あふれる美しいデザイン、第8世代Core i7とGTX 1050による高性能、先進のインタフェース。「Surface Book 2」はまさに“プレミアム”だ。(2018/1/29)

世界最小の13.3型ノートPC「New XPS 13」日本上陸
デルがXPS 13の新モデルを発表。狭額縁ディスプレイの美しいデザインで知られるXPS 13がさらに進化し、クラス最小サイズを更新。第8世代Coreや4K UHDディスプレイなど最新スペックにアップデートした。(2018/1/26)

PR:クアッドコアCPUでモバイル戦闘力を強化 一新された「レッツノート CF-SV7」徹底分析
多くのビジネスユーザーに支持されてきた「SZ」シリーズの後継として、最新の第8世代Coreを採用しクアッドコアCPUの性能を手に入れた「レッツノート CF-SV7」が登場。その「モバイル戦闘力」はいかほどか。(2018/1/26)

東芝、法人向けモバイルPCに最新のWindows 10 Fall Creators UpdateとCPUを追加
東芝クライアントソリューションが、法人向けPCのラインアップを一新。モバイルPCにIntelの第8世代および第7世代Coreプロセッサを追加した。(2018/1/23)

東芝、法人向けA4ノートPCに第8世代と第7世代Coreプロセッサを追加、Windows 10 FCUに対応
東芝クライアントソリューションが、法人向けPCのラインアップを一新した。A4ノートPCの「dynabook B」シリーズはCPUの強化が中心だ。(2018/1/23)

Intel、脆弱性対策パッチによるリブート増加問題やパフォーマンスへの影響について説明
「Meltdown」「Spectre」と呼ばれるCPUの脆弱性の対策パッチによってリブートが増加する問題や、サーバのパフォーマンスに及ぼす影響を調べたベンチマークの結果について報告した。(2018/1/19)

VAIO、独自チューニングで高速化した第8世代Coreノート 特別仕様の「ALL BLACK EDITION」も
VAIO初の第8世代Coreプロセッサ搭載モデルが登場。独自のチューニング「VAIO TruePerformance」により、プロセッサのパフォーマンスを高めているのが特徴だ。(2018/1/18)

ボカロ&ボイロ「東北ずん子」「結月ゆかり」ら登場 秋葉原で「合成音声キャラ」のライセンス商談会
秋葉原で「合成音声キャラ」のライセンス商談会が開催される。キャラクターとのタイアップや、自社キャラクターに声をつけるといった要望に応える。(2018/1/10)

プロセッサの脆弱性、Microsoftの対策パッチでパフォーマンス大幅低下も
Microsoftによると、2015年代以前のプロセッサを搭載したPCや、Windows Serverでは、対策パッチを適用すると、パフォーマンスに相当な影響が出ることが分かった。(2018/1/10)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。