ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「差別化」最新記事一覧

Microsoft、スマートフォン部門で1850人削減 「撤退はしない」とマイヤーソン氏
Microsoftが、最大1850人の人員削減を含むスマートフォンハードウェア部門の縮小計画を発表した。ナデラCEOは「電話事業では差別化できる分野にフォーカスする」としている。Windows & Devicesの責任者であるテリー・マイヤーソン氏は社内メモで、「縮小するが撤退はしない」「素晴らしい新端末を開発する」と語った。(2016/5/26)

省エネ機器:
「グローバル環境先進企業」を目指す三菱電機、総合電機の幅を生かし開発加速
三菱電機は、家庭から宇宙までの幅広い製品分野を持つ強みを生かし、事業部や製品を横断したソリューションを提案することで、エネルギー産業において差別化につなげていく方針だ。(2016/5/24)

デル・ソフト、未知のマルウェア対策に参入 後発優位とアピール
UTMで利用可能なマルウェア対策サービスを提供する。他社サービスと同様ながら後発だとして、3段階のサンドボックス解析を採用するなど差別化を図ったという。(2016/5/18)

高音質通話にタップレス発信、スマート領域も充実――ドコモ16年夏モデルは「サービス」で差別化
ドコモが2016夏モデルの発表会を開催。新端末よりも新機能、サービス、グループ会社の商品に多くの時間が割かれ、盛りだくさんかつ、サービス事業の強化を印象づける内容だった。(2016/5/16)

NANDフラッシュとDRAMを手掛ける数少ないメーカー:
Micron、ストレージ分野の事業展開を強化
NAND型フラッシュメーカーやDRAMメーカーの数が減っていく中、両方を手掛けるMicron Technologyは、自社が「独自のポジションを築いている」と自負する。より差異化を図るべく、メモリメーカーというよりも、ストレージシステムのビジネスに力を入れていきたい考えだ。(2016/4/19)

格安SIM定点観測:
特定サービスの通信料無料に潜む課題――2016年3月音声通話編
昨今シェアを伸ばしつつあるMVNOが、特定サービスのみ通信料を無料にするサービスを導入した。MVNOサービスの差別化の軸となりうるサービスだが、法的には“大きな”課題がある。(2016/4/16)

日立が2足型ロボット「EMIEW3」発表 「Pepper」とどう差別化?
2足型ロボット「EMIEW3」を日立が発表。接客サービス用途を想定している点でソフトバンクの「Pepper」と似ているが、足元に差別化のポイントが込められている。(2016/4/8)

IT資格Watch!(7):
特定分野のスキルはもはや差別化の材料にならない――シスコがエキスパートレベル資格「CCIE」を改訂する理由
シスコは、同社の認定資格のエキスパートレベルに位置する「CCIE(Cisco Certified Internetwork Expert)」の改訂を2015年11月27日に発表した。新制度の施行が約5カ月後に迫った今、CCIE改訂の概要とその狙いをあらためて整理する。(2016/3/1)

すごい差別化戦略:
スターバックスに異変? 「居心地のよさ」追求のジレンマ
今や世界を代表するカフェといえるスターバックスコーヒー。同社の差別化ポイントを踏まえ、問題点および改善点について何か挙げることができますか?(2016/2/27)

mineoは“楽しい”MVNOに――格安SIM差別化のカギを握る新戦略
料金や品質での差別化が難しくなりつつある格安SIM。「mineo」を展開するケイ・オプティコムは、「楽しさ」という新しい軸をプラスする。mineoで掲げる“楽しいMVNO”の姿とは?(2016/1/26)

清水建設、工期短縮で差別化 インドネシア戦略「ノー」と言わない細やかな対応
「ASEAN経済共同体(AEC)」が昨年末に発足し、経済圏が拡大する東南アジア。日本の建設業界も現地での事業展開を活発化させており、大手ゼネコンなどが日本の円借款を活用した道路や鉄道、オフィスビルなど建設を手掛ける。(2016/1/14)

オートモーティブワールド2016:
クアルコムの電気自動車向けワイヤレス給電技術、DD方式コイルで差異化
クアルコムは、「オートモーティブワールド2016」で、同社の電気自動車向けワイヤレス給電技術「Halo」を紹介。米国の規格策定活動などで提案しているDD方式の受電コイルのメリットなどについて説明した。(2016/1/14)

ITmediaスタッフが選ぶ、2015年の“注目端末&トピック”(ライター太田編):
2016年はWindows 10 Mobileとポイントサービスの動向に注目!
MVNOとSIMロックフリースマホが大きな注目を集めた2015年。多くのメーカーが市場に参入し、機種ごとの差別化が難しくなる中でも印象に残った製品とサービスを2016年も引き続き注目したい。(2015/12/25)

魅力的なアルミボディ:
「Surfaceを意識しました」――HP Elite x2 1012 G1がビジネスに最適な2in1である理由を聞いた
日本HPが発表した2in1タブレット「HP Elite x2 1012 G1」は、日本マイクロソフトの「Surface」シリーズと似ている点も多い。しかし、ビジネス向けとしてしっかり差別化を図っているという。来日した米HPのアネリーズ・オルソン氏に製品のコンセプトを聞いた。(2015/12/18)

IoTは「やるか否か」ではなく「いつやるか」が重要:
PR:「分析を生かせない」「何をすれば良いか分からない」企業も、 “Cognitive”でこう変わる
IoTの可能性が多くの企業に認識されていながら、国内企業では成功事例はまだ少ない。では企業がIoTをビジネスに生かし、スピーディかつ着実に差別化を図る上では、どのような障壁や課題があるのだろうか。日本アイ・ビー・エム株式会社 アナリティクス事業 テクニカル・リードの土屋敦氏に、課題解決のアプローチと、そのために求められる具体的手段について話を伺った。(2015/12/15)

The Future of Making Things:
PR:ものづくり環境が激変する今だからこそ知っておきたい未来への提案
ものづくりを取り巻く環境の急速な変化、従来の差別化戦略の形骸化など、自らの環境やこれからのビジネスを危惧する声が日増しに高まっている。そうした中、オートデスクは「The Future of Making Things ―創造の未来―」というメッセージを掲げ、ものづくりの未来に向けた取り組みを推し進める。(2015/12/10)

ad:tech tokyo 2015 リポート:
「コンテンツ」「テクノロジー」「データ」 WWP幹部が語る、生き残るための差別化戦略
デジタルを活用したコンテンツ配信が当たり前になった今、企業は何を重視して消費者にメッセージを届ければよいのか。どんなコミュニケーションを取れば他社と差をつけられるのか。(2015/12/2)

Weekly Memo:
AWSのナンバー2が語るパートナーエコシステムの差別化戦略
クラウドサービスで躍進を続けるAWS。その大きな原動力であるパートナーエコシステムの取り組みについて、米国本社ナンバー2のアダム・セリプスキー氏に話を聞いた。同氏が語る競合他社との差別化戦略とは――。(2015/10/26)

「デザイン」と「サポート」で差別化――HTCがSIMフリー市場に本格参入する狙い
HTCがSIMロックフリースマートフォン2機種を日本で発売する。2014年から多くのメーカーがSIMフリー市場に参入するなか、HTCはどのような武器を持って攻勢をかけていくのだろうか?(2015/10/2)

勝ち抜くための組織づくりと製品アーキテクチャ(8):
製品アーキテクチャによる差別化と競争優位性
今回は製品アーキテクチャの概念的な部分から、差別化や価値をいかに設計に組み込むかについてお伝えしたい。皆さんの企業と顧客の製品がどのタイプのアーキテクチャを持つかが、自社を優位に立たせる観点で重要だ。デジタル家電や自動車業界の例から、電機業界が進むべき方向を考察する。(2015/9/30)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
欧州のエッセンスで差別化を――日本のSIMフリー市場に進出するALCATELの勝算
ALCATEL(アルカテル)のブランドを冠したスマートフォン「IDOL 3」を2015年8月から販売し、日本市場への製品展開を本格化させたTCLコミュニケーション。今後の日本市場の展開について、同社の日本市場を担当するキーパーソンに話を聞いた。(2015/9/28)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモがiPhone発売に向けて「PREMIUM 4G」を全面アピール――1700円への値下げに追随されたKDDIは「3GB」を徹底訴求へ
ドコモ・KDDI(au)・ソフトバンクがそろってiPhoneを扱うようになって3年目を迎えた。iPhoneそのものでの差別化が図れなくなり、各キャリアはネットワークや料金面でのアピールに力を入れている。(2015/9/25)

KDDI、iPhone 6sは「通信速度」で差別化 LTEは受信最大225Mbpsに、WiMAX 2+にも対応
KDDIはiPhone 6s/6s PlusでWiMAX 2+にも対応。キャリアアグリゲーション技術も導入し、最大225Mbpsと速さをアピールする。(2015/9/11)

IFA 2015:
4Kとハイレゾの市場を広げるには?――ソニーの“次の一手”
「4K」「ハイレゾ」というキーワードも、最近ではごく自然に聞くようになってきた。対応しただけでは差別化の難しい状況の中、ソニーはどのような戦略を描いているのだろうか。IFAのカンファレンスとブース展示から見えてきたものは……。(2015/9/8)

顧客視点の経営を:
PR:コストセンターからの脱却! 利益を生み出すアフターサービスとは?
製品のコモディティ化が進み、他社との差別化がいっそう難しくなる中、アフターサービスの強化による顧客満足度の向上が企業に強く求められている。これまでコストセンターと見られていたアフターサービスを真のプロフィットセンターにするために必要な条件とは何か。(2015/9/7)

秋ビール、差別化のカギは「配色」にあり?
秋ビールの季節になりました。秋ビールと言えば紅葉がデザインされたパッケージが多いので、今まで似たり寄ったりでしたが、今年は差別化された商品が登場。色とデザインの視点から分析したところ……。(2015/9/1)

DevOpsの目的は「現場の効率化」ではなく、サービスの「スピーディな」差別化:
PR:既存資産を“ビジネスに役立つDevOps環境”に変えるには
ビジネス展開にスピードが求められている今、あらためてDevOpsが注目されている。すでに取り組んでいる企業もあるが、「各開発・運用現場の効率化」という部分最適でとどまっていて、本来の目的である「リリースサイクル短縮によるビジネスの差別化」にうまくつながっていないケースが多いという。その理由とは何か? 確実に「成果」を獲得できるDevOps成功のポイントを聞いた。(2015/9/1)

MVNOに聞く:
カウントフリー機能が契約の“ひと押し”に――シェア1位を維持する「OCN モバイル ONE」
MVNO市場でシェア1位の「OCN モバイル ONE」を展開しているNTTコミュニケーションズが、差別化を図る新たな一手として「カウントフリー機能」を提供する。この新機能を含む最近の取り組みについて聞いた。(2015/8/31)

後発のVMwareが苦戦している理由
注目度“高”のハイパーコンバージド市場、VMwareの「EVO:RAIL」に勝算は?
VMwareが「EVO:RAIL」と「EVO:RACK」でハイパーコンバージドインフラ市場に参入する。問題は競合製品との差別化だ。VMwareの参入はVDIを導入する企業にとって何を意味するのか。(2015/8/12)

米国の先行事例も紹介
第3のデスクトップ仮想化製品「Ericom Connect」の実力を見る
安価なデスクトップ仮想化製品を提供するイスラエルのEricomが、後継製品「Ericom Connect」の国内提供を開始した。従来製品との違い、先行するCitrix、VMwareとの差別化ポイントはどこにあるのか。(2015/8/11)

「Netflixは追い風」:
「放送の強み生かす」 生中継と4Kで攻めるスカパー!
スカパーJSATが、7月30日の決算説明会で4K配信や生中継など同社の強みを伸ばして他社と差別化する戦略を発表。110度CS左旋偏波による4K放送についても改めて公表した。(2015/7/31)

どれを買えばいいの?:
Windows 10のエディション別機能比較
米Microsoftは、「Windows 10」のエディション別機能比較表を公開した。コア機能はすべて共通、ビジネス向け機能で差別化されている。(2015/7/6)

OpenStack環境のストレージ選定ポイント【第2回】
OpenStackストレージ、主要5社の差別化ポイントをまとめた
OpenStack対応のストレージ製品を提供する主要5社にフォーカスし、各社の開発貢献度や製品ラインアップ、特徴について紹介する。(2015/6/15)

ビジネスニュース 企業動向:
XiaomiがLeadcoreと提携、プロセッサの自社開発で差異化図る
中国のスマートフォン市場で勢いを増しているXiaomi(シャオミ)が、プロセッサを自社で開発し、スマートフォンの差異化を図ろうとしている。そのため同社は、中国のLSIチップメーカーであるLeadcore Technologyと提携して、とりわけ特許ポートフォリオの強化に努めたい考えだ。(2015/5/21)

良い商品を力いっぱい提供する:
使いやすさの革新で差別化――富士通2015年スマホ・ケータイ夏モデル発表会
富士通が2015年に発売する携帯電話の新商品発表会を開催。東芝の担当者によるTransferJetの説明や、アップアップガールズ(仮)のトークショーも行われた。(2015/5/18)

新機種より物販重視?:
2015夏のauはリアルへの取り組みを加速 モバイルと結びつけて“生活革命”を
「スマホ・タブレットの進化がひと段落した」と言われる今日この頃。2015年夏のauは「モバイル」と「リアル」をつなげる取り組みの強化で、競合他社との差別化を図る。(2015/5/15)

車載情報機器:
「サイバーナビ」の車載音楽ストリーミング機能、「MIXTRAX」で差異化
パイオニアは、レコチョクと共同開発した車載情報機器向けの音楽ストリーミング機能「ミュージッククルーズチャンネル」と、同機能を搭載したカーナビゲーションシステム「サイバーナビ」の2015年夏モデルを発表した。約100万曲の楽曲から、ドライブの状況や目的に合わせてレコメンドする機能が特徴の1つだが、パイオニアは独自技術「MIXTRAX」によって差異化を果たしたという。(2015/5/11)

MVNOに聞く:
バリュープログラム+3つの“し放題”で差別化を――「NifMo」の戦略を聞く
ニフティがMVNOとして提供している「NifMo」は、当初からセット端末を販売し、ショッピングに応じて通信料に還元する「バリュープログラム」を提供。そして「3つのし放題」を打ち出すなど、独自色が目立つ。そんなNifMoの戦略を担当者に聞いた。(2015/5/8)

安いだけではダメ:
freebit×CCC――トーンモバイルが「TONE」で変える5つのこと
5月5日、「Tのスマホ」こと「TONE」が始動する。安さばかりに目を向けられがちなMVNO市場だが、TONEは日本のスマホ環境を取り巻く5つのことを“変える”ことで、差別化を図る。(2015/5/1)

ESEC2015 開催直前情報:
到来したIoT時代、位置情報と無線通信で差別化を図るユーブロックスジャパン
IoT/M2Mを語る際に重要となる無線通信と位置情報。ユーブロックスジャパンはセルラー、測位モジュールに加えて短距離無線モジュールを製品ポートフォリオに追加、ESEC2015ではデモを交えて無線通信と位置情報の活用を紹介する。(2015/4/20)

Database Expert基礎用語解説(2):
フラッシュストレージの差別化ポイントとDBAがチェックしておきたい機能
データベースを格納するフラッシュストレージ製品の選定では、「ファームウエア」の機能がストレージの性能と同じほど重要な要素になる場合があります。その理由と関連する機能を見ていきましょう。(2015/4/21)

日本の少子高齢化はビジネスチャンス――データ分析で2020年以降の日本を元気に
IoTの世界では、さまざまなデバイスでデータが作成され、蓄積されていく。このデータを有効活用することで、ビジネスを差別化することができる。データ分析は、来るべき2020年の社会をいかに変化させるのだろうか。(2015/4/13)

3Dプリンタの可能性を探る(7):
25年間培ってきた3Dプリンティング技術を個人にも――造形品質と仕上げで差別化
3Dプリンティング技術を軸にビジネスを展開してきたベルギーのMaterialise(マテリアライズ)。創業25周年の節目に、同社 日本法人であるマテリアライズジャパン 代表取締役社長 ヨウ・アンセウ(Jo Anseeuw)氏に、同社の取り組みと3Dプリントサービス事業「i.materialise」の特長、他サービスとの違いについて伺った。(2015/4/7)

モノづくり最前線レポート:
ハードだけで差別化する時代の終えん! 日本通信がVAIO Phoneで目指すモノ
日本通信とVAIOは、協業によりVAIOブランドのスマートフォン「VAIO Phone」を発表した。製造元は日本通信でVAIOは製品デザインに関わった。日本通信 社長の三田聖二氏は「ハードだけでは差別化できない。ハード、通信、アプリを組み合わせて最適化し始めて付加価値が生まれる」と述べている。(2015/3/13)

価格や性能だけの差別化は過去――問題解決型コミュニティで消費者の心をつかむ
作り手である企業がどれだけ価格や性能の優位性をアピールしても、本当の価値は消費者が知っている。それでは消費者の本音をいかに聞き出し、製品に反映して、新たな価値を創出すればよいのか。(2015/3/9)

「フラット35」だけで住宅ローン業界6位、メガバンクと戦うSBIモーゲージの躍進を支えるのは?
ノンバンクながら住宅ローン累計実行金額が2兆5000億円にも達するというSBIモーゲージ。フラット35の取り扱いシェア1位を走る同社の差別化ポイントは「圧倒的な速さ」だった。(2015/2/27)

ITでビジネスを変革。デジタル時代のテクノロジリーダーたち(1):
システムとビジネスの確立をリード。世界に向けて“日本取引所グループの差別化”を図ったエンジニア
IT活用の在り方が企業の収益・ブランドに直結するデジタル時代、エンジニアの役割はどのように変わっていくのだろうか? 本連載では、ITでビジネスをけん引する各業種のテクノロジリーダーたちを取材。デジタル時代のエンジニア像を追う。(2015/2/23)

「薄く・軽く」ではない――新「VAIO Z」が開拓する市場 “究極の道具”でタブレットと差別化
新「VAIO Z」は高速レスポンスや長時間駆動などにこだわった「モンスターマシン」だ。タブレットやスマホには実現できない、ハイスペックPCならではのパフォーマンスを求めるビジネスユーザーに訴求する。(2015/2/16)

石川温のスマホ業界新聞:
ソニーXperiaがSo-netと組んで格安スマホ市場に参入 ━━日本通信「VAIOスマホ」とのガチンコ勝負で勝つのはどっち?
ソニーモバイルの「Xperia」とソネットのモバイル通信サービスを組み合わせた新サービスが登場することが発表された。日本通信の「VAIOスマホ」とはどう差別化されるのか。(2015/2/6)

わずか3カ月でグローバルに最適化された環境に刷新:
ニトリの海外成長戦略を担う、「お、ねだん以上。」のクラウドサービス
ローコスト開発と競合他社との差別化という相反するニーズ、そして変化が激しいグローバル市場に対応しながらも継続的に革新していくために──。2032年度までに世界3000店舗の達成を目指すニトリが選んだIT基盤は何か。(2015/2/3)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。