ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ヘッジファンド」最新記事一覧

Gartner Insights Pickup(28):
機械学習でビジネスインテリジェンスを向上させる
なぜ今、機械学習に投資すべきなのか。(2017/8/18)

TU-Automotive Detroit 2017レポート:
コネクテッドカーがもたらす自動車データ流通の衝撃
コネクテッドカーによって自動車データが流通する未来に向けて、転換期を迎える自動車業界。米国ミシガン州で開催された「TU-Automotive Detroit 2017」のレポートを通してその激動をお伝えする。次代のアマゾン、ウーバーといわれる、自動車データ流通で注目を集めるベンチャー・Otonomo CEOのベン・ボルコフ氏へのインタビューも行った。(2017/6/22)

「グレー」指摘も:
日産のルネサス株売却で波紋、仲介の日興に批判も
SMBC日興証券が仲介した日産によるルネサスエレクトロニクス株式のブロックトレードが、市場に波紋を広げている。(2017/6/15)

ビットコイン急騰急落、何が起きているのか 注目すべきは「中国」
1ビットコイン15万円台から34万円超まで急騰した後、急落したビットコイン。その背景、動向を解説。(2017/6/2)

3営業日連続で1万9000円下回る:
日経平均は反落、円高進行で先物主導の売り
4月4日の株式市場で、日経平均は反落。(2017/4/4)

“いま”が分かるビジネス塾:
AIに投資を任せる時代 市場はどう変わる?
このところ人工知能(AI)技術を活用した資産運用サービスへの関心が高まっている。投資の世界にAIの技術が導入されれば、多くの人にとって恩恵がもたらされる可能性がある。一方で、資産運用の多くがAIで行われるようになった場合、市場の動きはどうなるのかという疑問も生まれてくる。今回は、AIによる資産運用に関する期待と課題について述べていく。(2017/1/10)

メカトロニクス戦略を強化:
シーメンスがメンターを45億ドルで買収へ
ドイツSiemens(シーメンス)が、Mentor Graphics(メンター・グラフィックス)を45億米ドルで買収すると発表した。(2016/11/15)

ひろゆき氏が「4chan」の資金難を投稿で告白 運営のための3つの選択肢を提示
去年に4chanの管理人となり運営していました。(2016/10/5)

金融業界とHadoop(1):
欧米の金融業界は今、どうHadoopを活用しているか
Hadoopは、欧米の金融関連サービス業界でどう活用されているか。米Hortonworksの金融サービス業界担当ゼネラルマネージャーへのインタビューで得た情報を、2回に分けてお届けする。今回は金融業界におけるHadoopのユースケースを概観する。(2016/9/28)

手に持ったのは銃ではなくコンピュータ
サイバー攻撃者はどのようにもうけているのか? 驚異の手口を分析する
増える金銭を目的としたサイバー攻撃。その手口とは一体どのようなものなのだろうか。実際に発生した事件をみつつ、その手口を紹介する。(2015/10/23)

【連載】グローバリゼーションという長い旅 第4回:
海外の市場と投資家の調査からはじまるグローバリゼーション
今回は企業が事業のグローバル化を推進する際に選ぶべき市場、投資家とのリレーション構築の方法などについて、実践的なノウハウを紹介します。(2014/12/2)

経済評論家・山崎元の「エンジニアの生きる道」(7):
ノーベル賞受賞で考える、技術の成果は誰のもの?
圧倒的技術成果を出したエンジニアが所属企業に求めるべきは、社長表彰、ボーナス、それとも……?(2014/11/11)

HPとEMCの合併交渉打ち切りか
HPとEMCの合併交渉が打ち切られたもようだ。(2014/10/15)

経済破綻はなぜ起こったか? タイ編
『世界はすでに破綻しているのか?』から、タイでの事例を紹介。(2014/10/7)

藤田正美の時事日想:
中国経済で“気になる”動き――他人事ではない、Xデーはいつ?
「危ない、危ない」と言われ続けている中国経済は、本当に大丈夫なのか。最近もある金融商品が危ないという噂が流れたが、“謎の買い手”が登場して、問題は収束。これまで大きな破たんはなかったが、今後は……。(2014/9/3)

投資は個人でやるよりプロに任せるべき、その理由とは?
不況の影響もあり、一般の人々の間でも注目を集めている資産運用。ハイリスクという印象もある「ヘッジファンド」の実際とはどのようなものなのでしょうか。(2014/7/8)

参加費なんと1億円! 史上最大のポーカートーナメントがラスベガスで始まる
スケールでかすぎ。(2014/6/30)

工場売却の可能性は高い?:
岐路に立つIBMの半導体事業 〜従業員はどう捉えているのか〜
「IBMが半導体の製造工場を売却する可能性がある」。この報道は決して新しいものではない。HDDやノートPC、サーバなどハードウェア事業を縮小しているIBM。同社の半導体事業も大きな岐路に立たされている。(2014/6/27)

国内への投資は“危険”? 投資のエキスパートが語る
今国内への投資をするのは“危険”と植頭隆道氏。氏の著書から紹介します。(2014/5/27)

藤田正美の時事日想:
貿易赤字が膨らむ日本、国債信用に更なる危機
日本の国際収支を表す経常収支が財務省から発表された。辛うじて黒字を保っているものの、貿易赤字は膨らむ一方だ。政府が財政再建の道筋を示さなければ、ヘッジファンドに日本国債を売られてしまうリスクがある。(2014/2/12)

アイカーン氏、Appleに1500億ドルの自社株買いを“強く推奨”
Appleの株式を約20億ドル保有する“物言う投資家”カール・アイカーン氏が、ティム・クックCEOに1500億ドル規模の自社株買いを実行するよう強く推奨したとツイートした。(2013/10/2)

アイカーン氏、「Apple株を大量保有し、クックCEOと話し合った」とツイート
物言う投資家のカール・アイカーン氏が、Appleのティム・クックCEOとさらなる自社株買いについて話し合ったとツイートした。(2013/8/14)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/7/23)

伊吹太歩の世界の歩き方:
タックスヘイブンに流れる日本の「税金」を取り戻せ
自国で納めるべき法人税を、税率の安い海外の子会社で支払う。オリンパスの粉飾決算にも関係していたタックスヘイブンが、メディアを騒がすようになった。(2013/7/18)

今後の株式市場はどうなる? 天才投資家のアドバイス
世の中の流れを知り、上手く市場を見極めるには? 天才投資家の成功例からその考え方を学びます。(2013/6/25)

相場英雄の時事日想:
大臣の発言は都合が良すぎないか――マーケットを利用したツケ
日本株式市場の値動きが荒くなっている。新聞やテレビニュースの見出しには「乱高下」の文字が躍り、大臣からは「?」な発言が飛び出した。アベノミクス効果による“上昇相場”は、そろそろ息切れしてきたのではないだろうか。(2013/6/13)

グリーとDeNAが年初来安値=5月15日
5月15日の東京株式市場で、グリーとDeNAが年初来安値を更新。今期2度目の下方修正となったグリーは大きく値を下げた。(2013/5/15)

相場英雄の時事日想:
その買い推奨はホンモノ? 強気市況の陰に“お寒い事情”
アベノミクスなどの影響を受け、株式市場が沸いている。株価は先々の企業や日本経済全体の姿を写す鏡とされるが、その格言はホンモノなのか。ソニーを取り上げ、分析してみた。(2013/4/11)

AppleのクックCEO、ヘッジファンドによる提訴は「ばかげている」
Appleのティム・クックCEOがGoldman Sachsのカンファレンスで、株主還元や廉価版iPhoneの可能性の質問に答えた。(2013/2/13)

Apple、ヘッジファンドの要求受け株主還元拡大を検討中と発表
Appleが、株主のヘッジファンドGreenlightの要求を受け、株主への還元拡大について検討していると発表した。(2013/2/8)

藤田正美の時事日想:
安倍自民が進むのは“いつか来た道”になるのか
国会での首班指名に先立って、今後打つ手を明らかにしている自民党の安倍総裁。その目指す道は、“いつか来た道”になるのだろうか。(2012/12/25)

BE ソーシャル! 第1章「そして世界は透明になった」:
第4回 科学的管理法、プロパガンダ、株主資本主義
エドワード・バーネイズは叔父である心理学者フロイトの理論を群集心理に応用し、科学的な宣伝手法を考案した――。2012年11月発売予定の斉藤徹氏の新著「BE ソーシャル!」から、「はじめに」および、第1章「そして世界は透明になった」を6回に分けてお送りする。(2012/11/2)

Re:Work !:
仕事以外に何がある? 会社を離れた時間の過ごし方
働き方には、人それぞれ「適性」がある。今回は仕事もプライベートも充実して過ごしているライフネット生命保険の堅田さんの話から、忙しい中でも時間を作り出す方法などを探ってみたい。(2012/8/9)

ニコニコ超会議は4億7000万円の大赤字、想定の倍以上 「次はもう少し計画的に」と来年開催も
4月に開いた「ニコニコ超会議」の赤字額は、予想を大きく上回る4億7000万円。川上会長は「ちょっとやりすぎちゃったかな」と反省しつつも、来年も超会議を開催する計画を明らかにした。(2012/7/18)

相場英雄の時事日想:
ソニー株式は“モニュメント銘柄”に……忘れ去られるか、崖っぷち
ソニーの株価が1000円を割り込み、年初来安値を更新した。株価は企業の価値や将来性を映す鏡だ。だが、現状、ソニーの企業としての存在感は、限りなく薄まっているのではないだろうか。(2012/6/14)

米Yahoo!のCEOに学歴詐称疑惑 大手株主が解雇を要求
米Yahoo!の再建策に不服で委任状争奪戦を展開している最大手株主のThird Pointが、スコット・トンプソンCEOの学歴詐称を指摘し、同氏の解雇を求めた。(2012/5/7)

相場英雄の時事日想:
「新聞は分かりにくい」……そう感じている人にオススメの新聞
新聞を読んでいて「いまひとつ理解できない」「解説記事が難しいなあ」と感じたことがある人も多いのでは。そんな人にオススメの新聞がある。それは「小学生新聞」だ。(2012/3/8)

藤田正美の時事日想:
野田改造内閣がやるべきこととは
1月13日に改造内閣を発足させた野田首相。岡田克也氏を副総理にすえ、消費税増税と社会保障の一体改革への決意を語るが、消費税を2015年までに10%にしたところで、本当に社会保障は持続可能になるのだろうか。(2012/1/16)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
価値あるコネの作り方
ビジネスの成功法則は「人脈」にあり、とは古今東西共通の認識だが、ソーシャル・ネットワーキングが急成長しているなか、知り合いの多さを成功だと勘違いしてはいないだろうか。本物のビジネス・リレーションシップを構築する手法とは?(2011/12/28)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
米国株高を受けて買い先行となるも、相変わらず閑散とした相場で伸び悩み
(2011/12/26)

FACTAより早く、オリンパス株を空売りしていたゴールドマンサックス
7月にオリンパスのM&Aに関する疑惑をいち早く報じたとされる月刊FACTA。しかし、ゴールドマンサックスはFACTAの記事が出る前から、オリンパス株を空売りしていたのである。(2011/11/25)

山形豪・自然写真撮影紀:
ハゲワシという鳥の存在意義
頭のはげ上がった大型の猛禽「ハゲタカ」(ハゲワシ)、その習性からあまり良いイメージがないのも事実だが、衛生環境を維持する非常に重要な存在である。(2011/10/21)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
前日の大幅高の反動もあって冴えない展開
(2011/10/12)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
為替に振らされながら指数は小動き
(2011/9/30)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
大幅高の反動の割りに上値が重い
(2011/8/8)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
連休前の大幅高の反動や円高、米国株安を受けて大幅下落
(2011/5/6)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
売り先行で始まったものの午後から買い直されて堅調
(2011/2/28)

ビジネスニュース 事業買収:
無線チップのCSR、ビデオチップのZoranを6億7900万米ドルで買収へ
(2011/2/23)

せかにゅ:
MacBook ProとiMac、2011年前半に新型登場のうわさ
「Mac OS X Lion」搭載のMacBook Proと、価格を引き下げたiMacが2011年前半に登場するとうわさされている。(2010/12/17)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
米国株高や円安を好感して大幅高
(2010/12/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。