ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビジネスマンの不死身力」最新記事一覧

ビジネスマンの不死身力:
固定概念を手放す思考法
固定概念にとらわれると、ネガティブな思考がつきまとい、行動や成果に結び付きにくくなります。固定概念を1つずつ手放し、自身の可能性を最大限に引き出す思考法をお伝えします。(2010/7/17)

ビジネスマンの不死身力:
あなたを助ける広い視野
広い視野を持つことは、ビジネスにおける課題解決やアイデア創出を導きます。広い視野は、日常のふとした情報収集や思考習慣を変えることで、徐々に身に付いてくるものです。(2010/7/3)

ビジネスマンの不死身力:
新しいスキルを抵抗感なく職場に導入する方法
現場を円滑にするために新しいスキルを披露しても、周囲に受け入れられないことはよくあります。学んだスキルを失敗なく伝えるためには、「現状を肯定する」「小出しにする」「専門用語を使わない」といった工夫を心掛けてみるといいでしょう。(2010/6/19)

ビジネスマンの不死身力:
「本当のプラス思考」になる方法
目の前の嫌な出来事も、見方を変えればポジティブな側面がある。プラスに考える思考習慣を作るヒントをお伝えしよう。(2010/6/12)

ビジネスマンの不死身力:
「得意な五感」と学習効果の関連性
新たな技術や情報の学習に悩む人は、得意な五感を活用したインプットとアウトプットをお勧めする。(2010/5/29)

ビジネスマンの不死身力:
信頼を生む専門知識の伝え方
専門用語の多用は顧客との間に壁を作り、意思疎通を難しくしてしまう。難しい言い回しや横文字を使わずに、分かりやすい言葉を意識して伝えることで、顧客から信頼を獲得できるようになる。(2010/5/8)

ビジネスマンの不死身力:
メールによる関係の悪化を防ぐ方法
電子メールのやりとりで意見が食い違い、関係が悪化してしまった経験はないだろうか。今回は、こうした誤解を防ぎ、意思疎通を図るためのポイントを紹介しよう。(2010/4/24)

ビジネスマンの不死身力:
新入社員が前向きになる一言を
新入社員への声の掛け方1つで、働きやすい職場は生み出せる。彼らの不安や悩みを解消する会話のポイントは「体験を話す」「ポジティブな言い換えをする」ことだ。(2010/4/10)

ビジネスマンの不死身力:
「聞く姿勢」は職場で苦しむ仲間を救う
ストレスフルな職場で苦しむ仲間を増やさないためには、相手の話を「聞く」ことが有効だ。真剣に話を聞くことが、相手にとって救いの一手になる。(2010/3/27)

ビジネスマンの不死身力:
働きやすい職場は「問い掛け」から生まれる
もっと自分で考えて仕事をしてほしい――。仲間に対してこう思ったことはないだろうか。自発的な行動を導くには、相手の気付きを生み出す「問い掛け」がキーになる。(2010/3/20)

ビジネスマンの不死身力:
あなたの一言で職場は変わる
「働きやすい職場にするために、できることをしたい」。こんな思いを持つ方がすぐに実践できるのが会話の工夫だ。職場を変える鍵の1つである「褒める」ことの効用を、改めて考え直してみたい。(2010/3/13)

ビジネスマンの不死身力:
職場を変える「会話のチカラ」
ものごとの伝え方1つで、それを受け取った人の行動や考えは大きく変わる。もしあなたの職場がコミュニケーション不足でギスギスしていても、ほんの少しの会話の工夫で「働きやすい職場」を作ることができる。(2010/3/7)

ビジネスマンの不死身力:
不測の不具合が発生――相手にどう伝えるべきか?
不具合が起こった場合、相手にその状況をそのまま伝えていないだろうか。顧客が本当に知りたい情報は実は別にある。今回は、相手の立場に立って的確な情報を伝えるための工夫をお伝えする。(2010/2/20)

ビジネスマンの不死身力:
チームを前向きにする発言、できていますか
考えや思いがチームに浸透しない……。もしこんな悩みを抱えている場合、少し発言を工夫するだけで、あなたの言葉が相手に伝わるようになる。ポイントは「ねばならない」という表現を「したい」に言い換えることだ。(2010/2/11)

ビジネスマンの不死身力:
苦境を乗り越える「感謝力」の磨き方
感謝の気持ちが企業に浸透すれば、社員の仕事への取り組み方や顧客との接し方が変わる。「感謝力」を高めるために、経営層やリーダーがすべきことは何だろうか。(2010/1/23)

ビジネスマンの不死身力:
新年に描いた夢のかなえ方
2010年が始まり、年初に今年の夢や目標を描いた方も多いはずだ。だが仕事に忙殺され、目標倒れで終わってしまうようではもったいない。年初に描いた夢をわくわくしながら実現するための方法をお伝えしよう。(2010/1/9)

ビジネスマンの不死身力:
さよなら、難しいコーチング
業務を円滑に進めるためにコーチングの要素を取り入れたアプローチは有効だ。だがスキルの習得や実践が難しい、と挫折してしまうマネジャーも少なくない。そこで今回は仲間とともに成果を挙げるコーチングのコツを紹介しよう。(2009/12/22)

ビジネスマンの不死身力:
「今年もやらなかった」で終わらないために
年の瀬が押し迫る中、年初に立てた目標は結局手を付けずじまい……。こうした事態は、目標に向けて行動を起こす理由をはっきりさせることで回避できる。(2009/12/12)

ビジネスマンの不死身力:
主語は「わたし」に――相手の心に響く伝え方
話し相手に意思や思いを伝えることは難しい。相手の気分を害さずに気持ちを伝えるには、話す内容の主語を「あなた」から「わたし」に変えてみるといい。(2009/11/21)

ビジネスマンの不死身力:
疲弊しない会議を実現する4つのステップ
時間が長くて結論が出ない……こんな会議に出くわすことはないだろうか。会議の目的や決めごとをきちんと定めるというちょっとした工夫を凝らすことで、「参加者が疲弊しない会議」は実現する。(2009/11/7)

ビジネスマンの不死身力:
やる気を生み出すには「とにかく、やってみる」
大きな目標だけを追っていても仕事のモチベーションは上がらないものだ。やる気を生み出すには「とにかく、手を付けてみる」ことを心掛けるといい。(2009/10/24)

ビジネスマンの不死身力:
「ホウレンソウ」がうまく回らない理由
情報共有がうまくできずに苦い思いをしているリーダーは少なくない。一方でメンバーはリーダーに悩みを聞いてほしいと思っている。この差は、「ホウレンソウ」の考え方を少し変えることで埋められる。(2009/10/10)

ビジネスマンの不死身力:
心のつかみ方――説得せずに周りを巻き込む
新規プロジェクトを立ち上げても、意欲的な参加者が集まらない……。こうした失敗を回避し、周りの人を巻き込んでいくための「心のつかみ方」を考えてみよう。(2009/9/26)

ビジネスマンの不死身力:
「目標未達」を挽回できるちょっとした工夫
もしあなたが目標未達のメンバーを指揮するリーダーなら、「なぜ計画通りに進まなかったのか」と問いただすよりも、メンバー自身が考えて次の行動に移せるような問い掛けを意識してみよう。(2009/9/12)

ビジネスマンの不死身力:
「好き」の共通点を探そう
自分のキャリアに不安を感じている場合、仕事や趣味を一段上の視点から見つめ直してみよう。そこを貫く軸を見つけることで、あなたの才能はより生かされるようになる。(2009/8/29)

ビジネスマンの不死身力:
お盆休みは知人に仕事のことを話そう
お盆休みは仕事のことをさっぱり忘れたいと考えている方も、自分の仕事を親戚や知人に積極的に話してみよう。自分の仕事を人に理解してもらうという経験は、あなたのキャリアに必ず生きてくる。(2009/8/8)

ビジネスマンの不死身力:
「正しい肩書き」が作る未来のあなた
自分のキャリアにつながるセルフイメージをどう設定するかによって、あなたの可能性は大きく変わる。「肩書きを付けること」は、世間一般のキャリアプランにまどわされない働き方を実現する1つの方法だ。(2009/8/1)

ビジネスマンの不死身力:
知らぬ間に築いていた「セルフイメージ」を疑おう
エンジニアとしてのキャリアアップを不安に感じる人が少なくない。これは誤った「セルフイメージ」の理解から生じるものだ。思い込みに左右されない働き方を目指そう。(2009/7/25)

ビジネスマンの不死身力:
「褒める」効用――ほめられサロン、JR脱線事故対応に学ぶ
ミスを指摘してメンバーの心身を疲弊させるのではなく、いいところを見つけて積極的に褒めることが、チームを1つにまとめるための近道になる。(2009/7/11)

ビジネスマンの不死身力:
仕事の遅延をなくす「ゴールからの問い掛け」
第1四半期が終わる6月、当初決めた計画はスムーズに進んでいるだろうか。遅延が生じている時は、スケジュールの立て方や進ちょくの確認にひと工夫加えてみよう。(2009/6/27)

ビジネスマンの不死身力:
五感の強み、生かせていますか?
ビジネス上の課題を解決するためには、漫然とではなく、自分の五感の強みを意識して考えてみると、思いもよらない解決策に結びつくことがある。これはなぜだろうか。(2009/6/13)

ビジネスマンの不死身力:
「ダメ営業・コンサル」の域を抜け出せ
自分の経験を得意気に話し出す営業やコンサルタントを顧客は信用しない。ではこれらの職種に必要な能力は何か。コーチングの視点から考える。(2009/5/30)

ビジネスマンの不死身力:
五月病を乗り越える6つのステップ
ゴールデンウィーク明けは「五月病」に陥りやすい。特にIT業界では、上司や顧客とのコミュニケーションなどから、自覚している以上のストレスを抱えることが多い。「五月病かな」と思った時に実践しておきたい6つのステップを紹介しよう。(2009/5/5)

ビジネスマンの不死身力:
「早食い」する気がしなくなるお話
「早食いの人は太る」とよくいわれます。満腹信号が脳に届くのには時間が掛かるために食べすぎてしまうというのが定説ですが、それだけではありません。(2008/7/27)

ビジネスマンの不死身力:
「夜食は太る」の科学
「夜遅く食べると太る」とよくいわれますが、企業業績の厳しい折、日々残業に精を出すビジネスマンも多いと思います。この説の根拠について考えてみましょう。(2008/6/15)

ビジネスマンの不死身力:
健康診断の季節、正しい受け方教えます
健康診断の季節がやってきました。でもいきなりのダイエットや禁酒は禁物です。(2008/5/24)

ビジネスマンの不死身力:
GW最後のミッションは睡眠管理
眠気の原因になっている疲労をゴールデンウィーク中に取り除きたいという人も多いでしょう。夜ぐっすりと眠り、朝快適に起きるためには、何を心掛ければいいでしょうか。(2008/5/5)

ビジネスマンの不死身力:
常套句「酒は飲んでも飲まれるな」
ビジネスマンの資本は健康です。「不死身力」があれば壁を乗り越えられます。花見や歓迎会など人が集まる機会が多いこの季節といえばお酒。今回はアルコールとの付き合い方を考えます。(2008/4/5)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。