ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ソフトウェアキーボード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ソフトウェアキーボード」に関する情報が集まったページです。

Google Chrome完全ガイド:
Google Chromeでアカウント登録時のパスワードを自動生成する
Google Chromeバージョン69から、Webサービスなどのログインアカウント登録時にパスワードを自動生成できるようになりました。その使い方と注意点を説明します。(2018/9/19)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「HoloLens」が最新プレビュー版でついに日本語ネイティブ対応
HoloLens向け次期Windows 10アップデートの開発プレビュー版「HoloLens RS5 Preview」がリリースされた。目玉は日本語のネイティブ対応だ。(2018/8/6)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10次期大型アップデート「RS5」はどうなる? 開発中盤のまとめ
2018年秋に一般公開される予定のWindows 10次期大型アップデート。開発コード名で「Redstone 5(RS5)」と呼ばれるこのアップデートでは何が変わるのだろうか。プレビュー版における開発中盤までの更新状況をまとめる。(2018/7/28)

Surface Book 2を漫画家がガチで仕事に使ったらどうなる?
漫画「AIの遺電子」で第21回文化庁メディア芸術祭マンガ部門の優秀賞を受賞した山田胡瓜氏が「Surface Book 2」をレビュー。仕事で使ってみた結果は……?(2018/7/27)

“中の人”が明かすパソコン裏話 MR特集(2):
オフィスワークで「VR」は使えるのか? Windows MRで「Office」試してみた
メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。前回に引き続き「Windows MR」を紹介。今回は自宅のノートPCで試してみました。(2018/7/9)

“中の人”が明かすパソコン裏話:
音声入力がはやっても、PCのキーボードがなくならない理由
メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。スマートフォンで主流になりつつある、音声入力やフリック入力。それでもPCのキーボードがなくならない理由とは?(2018/2/6)

TwitterのCEOは「iPhoneだけ」で仕事する 「iPhone Xは最高」
Twitter CEOのジャック・ドーシー氏は、「iPhone X」を「最高だ」と評価する。彼の仕事道具はiPhone XとApple Watchだけ。PCやiPadも持っていないという。(2017/11/21)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10次期アップデートは「AirDrop」のような共有機能を追加
2018年3月ごろに配信される予定のWindows 10次期大型アップデート「Redstone 4」。その開発プレビュー版では、興味深い新機能や機能強化が増えつつある。(2017/11/15)

山根康宏の中国携帯最新事情:
IFAで見た中国スマホ 18:9の縦長ディスプレイが新しいトレンドに Huaweiも?
ディスプレイの縦横比が従来の「16:9」よりも縦長な「18:9」のディスプレイを採用した製品が中国メーカーで増えている。IFA 2017の新製品を見たところ、その傾向が進んでいることが顕著に分かった。新型iPhoneもこのトレンドに拍車を掛ける?(2017/9/5)

PR:“快”を実感できるストレスフリーPC「VAIO S13」
オフィスでも外出先でも快適に使えること――そんな幅広いワークスタイルに最適なクライアントPCを探しているならば、VAIOの主力ノートPC「VAIO S13」に注目したい。(2017/7/12)

PR:本当にモバイルで使えるPCの新基準「VAIO S11」
企業に多様な働き方が求められる中、モバイルワーク向けにはどのようなノートPCを選定すべきか。「VAIO S11」はその答えの1つを提示する。(2017/7/5)

PR:「VAIO」をビジネスPCに選ぶ5つの理由
政府主導でワークスタイル改革の取り組みが本格化する中、「VAIO」の法人導入が進んでいる。そこには長年培ってきた世界有数のPC開発・生産技術に裏付けられた「5つの提供価値」があった。(2017/6/28)

キャンペーンも実施:
「子供」の次は「シニア」――TONEがシニア向け対応を強化
家族全員が使えるスマホを目指して、トーンモバイルの「TONE」がバージョンアップする。主眼は、50歳以上の「シニア層」だ。(2017/5/26)

ポケモンGOをやるならiPhoneかAndroidか スマホの違いを生かすテク3選
小技から禁断の技(?)まで。(2017/4/30)

CloseBox:
未完成だが大きな可能性 Apple純正アプリ「Clips」を試してわかった自動字幕と可変BGM
自分が撮影したビデオにハリウッドの巨匠がサントラの尺をぴったり合わせてくれるって知ってました?(2017/4/10)

立ちどまるよふりむくよ:
梯郁太郎氏はなぜAppleから距離を置いたのか
DTMステーションに掲載された2011年の梯郁太郎氏インタビュー「亡くなったローランド創業者・梯郁太郎さん、スティーブ・ジョブズを語る」が超絶面白かったので、Apple側の動きを中心に補完的な情報をまとめてみた。(2017/4/4)

長所と短所をまとめた
ノートPCの“キーボード”主要技術を比較、今選ぶべきは?
最新のノートPCが採用するキーボードの種類は、実にさまざまだ。どれが使いやすいのか。主要なキーボード技術の良い面といまひとつな面を整理しよう。(2016/12/11)

iOS 10とSiriで変わるビジネスアプリの世界
2016年9月14日に正式リリースされたiOS 10とwatch OS 3。この新OSは、iPhoneやiPad、Apple Watchのビジネス活用にどのようなインパクトをもたらすのか。(2016/9/28)

リモコンを変えるソニーの「HUISプロジェクト」が第2弾商品を発表――「プレステ4」も操作可能に
ソニーの新規事業創出プログラムから生まれた「HUIS(ハウス)プロジェクト」が第2弾商品となる「HUIS BLUETOOTH CRADLE」および専用アプリ「HUIS UI CREATOR」を発表した。電子ペーパーを活用した学習リモコン「HUIS」の利便性を高める周辺機器とソフトウェアだ。(2016/8/18)

「モバイル・ファースト」時代のWindows最前線:
気になるContinuumや発熱は? 「MADOSMA Q601」レビュー
6型大画面と金属ボディーに生まれ変わった新しい「MADOSMA」。大きくなったことで使い勝手はどう変わったのか。発熱や無線Continuumなど、気になる点をチェックした。(2016/8/9)

仕事の道具としては洗練が進む
「iPhoneがつまらなくなった」おかげで企業のモバイル活用が楽になっている
最近のスマートフォンは新モデルが出ても代わり映えしない。発表会のWeb実況を見て「つまらない」と発言するのがイマドキの“できるユーザー”らしい。だが、仕事の道具としては「いいこと」もあるそうだ。(2016/8/3)

iPhoneの「Apple TV Remote」リモコンアプリ公開 テキスト検索も可能
AppleがWWDC 2016で披露したiPhoneをApple TVのリモコン代わりにするアプリがようやく公開された。同じネットワーク内のApple TVを操作できる。Siriやソフトウェアキーボードによるテキスト入力での検索が可能。(2016/8/2)

iPadの裏面にQWERTYキーボード追加 「T-BLADE」秋に発売へ
iPadの裏面にQWERTYキーボードを追加できるBluetoothデバイス「T-BLADE」が秋に登場。(2016/7/7)

出たな変態ガジェット:
iPad air2/Pro 9.7専用の背面Bluetoothキーボード「T-BLADE」
タブレットの背面にキーボードを配置しようという発想。(2016/7/7)

ハイレゾ入門機:
上位機に迫る機能を持った新エントリー! Astell&Kern「AK70」を徹底解剖
Astell&Kernのハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤーに、新製品「AK70」が加わる。イヤフォンのバランス接続に対応するなど上位機に迫るスペックを実現しつつ、珍しいボディーカラーを採用するなど、さまざまな意味で注目のモデルだ。さっそくチェックした。(2016/7/7)

これはコレクターズアイテム:
生粋のVAIOファンによる「VAIO Z × BEAMS限定モデル」レビュー
人気ブログ「ソニーが基本的に好き。」の管理人であり、ソニー製品やVAIOを取り扱うショップのオーナーでもある筆者が、衝動買いしてしまったVAIO Z×BEAMSコラボモデルをレビューします。(2016/6/24)

GUIの次へ:
Mac版のSiriは操作革命を引き起こすか!? 林信行が「macOS Sierra」をレビュー
WWDC 2016で発表された最新macOS「Sierra」の魅力を林信行が解説する。Mac版Siriはマウス操作が世に広まって以来の、最大の操作革命になるかもしれない。(2016/6/23)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
これでWindows 10を導入する気になる? 公開1年記念アップデートで変わること
強引な無料アップグレード施策が物議を醸す「Windows 10」。今夏に控えた大型アップデート「Anniversary Update」でOSとしての完成度、評価は高まるだろうか。(2016/6/23)

「iOS 10」発表 Siriとアプリの連携やメッセージの表現力強化など10の新機能が追加
Appleいわく「史上最大のアップデート」。(2016/6/14)

Apple、iPadでコーディングして学べる「Swift Playgrounds」を無償提供
プログラミングを学ぶのにMacはいらない。iPadがあれば。(2016/6/14)

アップルPickUp!:
Appleのアクセシビリティは視覚障がい者の目にどう映ったか
使いやすいということ、誰にでも使えるということ。(2016/5/25)

「Android Wear 2.0」のリリース決定 アプリの単体動作や手書き文字入力に対応
GoogleがAndroid Wearのメジャーバージョンアップを発表しました。この秋リリースする2.0では、スマホなしの単体アプリが作れるようになるほか、ウォッチフェイスのComplications対応、手書きやキーボードでの文字入力対応などが盛り込まれます。(2016/5/19)

セルフィーの実力診断も:
「iPhone SE」発売から1カ月使って実感した長所と短所
これまでと違う“小さいけど高性能”な「iPhone SE」には、発売前からさまざまな反応がありました。落ち着いて、発売から1カ月使って実感した長所と短所を紹介します。(2016/5/1)

US配列しかないが……:
「9.7型iPad Pro」+「Smart Keyboard」は仕事の文字入力にどこまで使える?
Appleが「9.7インチiPad Pro」用に開発したキーボードカバー「Smart Keyboard」は仕事の文字入力にどの程度対応できるのか。その実用性を確かめてみた。(2016/4/27)

HoloLens Emulatorアプリ開発入門(1):
HoloLensのAR世界を疑似体験できる、エミュレーターの基礎知識とインストール、基本的な使い方
拡張現実(AR)用ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」のエミュレーターを使ってHoloLens用アプリの作り方を解説する本連載。初回は、その概要と環境構築方法、基本的な使い方について。(2016/4/14)

山市良のうぃんどうず日記(63):
もしもキーボード配列が誤認識されていたら……
Windowsに限ったことではないのですが、PCを使っていて、絶対に正しいパスワードを入力しているはずなのに、受け付けてくれないという経験はありませんか。キーボードの種類(配列)が誤認識されていることが原因かもしれません。(2016/4/11)

モバイルの2大OSを比べてみた
iPhone搭載の「iOS」を好む人と、「Android」が大好きな人の違い
Appleの「iOS」とGoogleの「Android」。この2つの最大の違いはカスタマイズ性だ。新たにスマートフォンを購入する場合は、カスタマイズする/しないのトレードオフ関係を、大局的に検討する必要がある。(2016/3/27)

「Windows 10」プレビュー(ビルド14291)公開、Edgeの拡張機能や日本語サポート強化
MicrosoftがWindows 10 Insider Previewの最新ビルド「Build 14291」をFast Ring向けにリリースした。Edgeが拡張機能に対応し、携帯配列の日本語入力ソフトキーボードや日本語手書き入力機能などが追加された。(2016/3/18)

ITと教育:
iPadの可能性――筑波大×附属桐が丘特別支援学校のアプリ開発
特別支援学校に導入されたiPadの活用事例からITの可能性を考える。(2016/3/17)

PR:営業マンにピッタリ!! デスクでも外出先でも活躍する富士通のWindowsタブレット
今、営業現場を中心にWindowsタブレットを導入する企業が増えているという。外出先に持ち運んでさまざまなビジネスシーンで活用できるだけでなく、オフィスのメインPCの代替としても十分に機能するからだ。(2016/3/14)

Apple幹部、「Apple Music」のユーザー数や「Apple TV」新機能をポッドキャストで語る
Appleの2人の上級副社長、エディ・キュー氏とクレイグ・フェデリギ氏が米ブログメディアDaring FireballのPodcast番組に出演し、これまで公表していなかった「Apple Music」の加入者数や「Apple TV」の数カ月先にリリース予定の新機能について語った。(2016/2/15)

一目ぼれは正解だったか:
Windows 10スマホ「NuAns NEO」をXperiaマニアが買って使ってみた
今までXperiaシリーズを使い続けてきましたが、Windows 10 Mobile搭載スマートフォンの「NuAns NEO」は一目ぼれして買ってしまいました。ファーストインプレッションをお届けします。(2016/2/10)

使ってみないとわからなかった、Windows 10 MobileのワイヤレスContinuum
Windows 10 MobileスマートフォンをデスクトップPCのように使えるという、話題のContinuum機能を試してみた。(2016/2/4)

2015年PC USER「ベストチョイス」:
2015年に編集部が最も注目したタブレット
今年発売された製品の中からジャンル別に注目モデルを選出するアワード企画。タブレット部門のベストチョイスは?(2015/12/29)

「Firefox 43」安定版リリース──64ビット版追加や検索機能向上
Mozillaが「Firefox 43」の安定版をリリースした。ようやくWindowsの64ビット版がダウンロードできるようになった他、検索機能やトラッキング保護機能が向上した。セキュリティ関連では「最高」2件を含む16件の脆弱性が修正された。(2015/12/16)

タブレットのキラーキーボードたるやいなや
徹底レビュー:外付けキーボードの決定版「Microsoft Universal Mobile Keyboard」を使ってみた
タブレットをビジネスの現場で使うユーザーが増えている。モバイルOS対応のビジネスアプリの普及で本格的なビジネスドキュメントも可能になってきた。しかし、そのためには使える外付けキーボードが欠かせない。(2015/12/13)

日立システムズ×日本マイクロソフト対談:
PR:「Surface Pro 4」で企業のワークスタイルはもっと変わる!
モバイル端末の進化などを追い風に、ワークスタイル変革があらゆる企業で着実に進みつつある。そうした中、タブレット型パソコンとして大きな注目を集めているのが、マイクロソフトの「Surface」だ。果たしてSurfaceは企業の業務をどう変えるのか。日本マイクロソフト Windows本部 Surface Marketing シニアプロダクトマネジャーの小黒信介氏と、Surfaceのユーザー企業であり、ソリューションパートナーでもある日立システムズ ネットワークサービス事業部 ネットSaaS推進本部 本部長の服部太郎氏が、その可能性について語り合った。(2015/12/11)

dGPU搭載モデルを入手:
US先行発売の「Surface Book」開封レビュー
日本での発売は2016年の予定ですが、USで先行発売された「Surface Book」のハイスペックモデルをいち早く入手しました。SurfaceもMacBookも使っているソフトウェアエンジニアの筆者が、パッケージの開封からリポートします。(2015/11/4)

医療用手書き入力アプリも活用
「iPad」で業務を効率化した徳永薬局が目指す“在宅調剤”の理想像
首都圏西部を中心に在宅医療に注力をしている徳永薬局では、「iPad」を活用した情報共有基盤を整備して在宅調剤の業務効率化を進めている。(2015/10/28)

PCの買い換えは企業を成長させるチャンス!:
PR:企業の進化を後押し クライアントPC買替えで実現したい5つのポイント
企業のクライアントPCは、ビジネスの“生命線”である。クラウド/モバイル時代の今、クライアントPCにはこれまでにはない新たな要件が求められるようになった。本稿では企業がクライアントPCの導入/更新時に検討すべきポイントを紹介する。(2015/10/23)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。