ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「sRGB」最新記事一覧

4Kディスプレイも選べる、外付けGPUも接続できる:
黒いアルミボディーに1680万色キーバックライト――男心をくすぐる12.5型Ultrabook「Razer Blade Stealth」をひもとく
ゲーミングデバイスでおなじみのRazerから、質感の高いアルミボディーや1680万色から選べるバックライトキーボード、そして外付けGPUをつなげばゲーミングPCにもなる「Razer Blade Stealth」が登場。MacBook AirやNew XPS 13をライバルに見据える薄型軽量ノートPCの実力は?(2016/6/21)

構成は違うのに価格は同じってそりゃ上位機種買うよ:
MSI、GTX 950Mを搭載した13.3型ゲーミングノートPC
エムエスアイコンピュータージャパンは、NVIDIA GeForce GTX 950Mを搭載したゲーミングノートPC「GS32 6QD Shadow」2機種を発表した。構成は違うが価格は同じとのことだ。(2016/6/3)

Core M搭載:
ビジネスの現場でも“狭額縁”で差をつける! デルの新「Latitude 13 7000」を検証する
ディスプレイのベゼルがほとんどない“狭額縁”デザインが高い評価を受けているデルのNew XPSシリーズだが、そのコンセプトを受け継いだマシンがビジネス向けモデルの「Latitude」にも追加された。(2016/6/3)

EIZO、映像制作のプロ向け液晶「ColorEdge CG247X」
EIZOは24.1型カラーマネジメント液晶ディスプレイ「ColorEdge CG247X」を6月3日に発売する。Adobe RGBカバー率は99%の他、DCI-P3カバー率も98%を実現した。(2016/5/20)

次世代の自発光パネル:
ソニー、微細なLEDを敷き詰めた自発光ディスプレイ「CLEDIS」を商品化――「Crystal LED Display」の技術がベース
ソニーは、極めて微細なLEDを用いる独自のディスプレイ技術「CLEDIS」(クレディス)を発表した。2012年のCESで参考展示した「Crystal LED Display」の技術をベースに開発したもの。(2016/5/19)

ソニー、独自の新ディスプレイ技術「CLEDIS」製品化 光源に微細なLED素子
ソニーは、微細なLED素子を光源とする独自の高画質ディスプレイ技術「CLEDIS」(クレディス)を用いた新方式のディスプレイユニットを発売する。(2016/5/19)

光源サイズ0.003mm2:
ソニー、微細LEDの自発光ディスプレイを商品化
ソニーは2016年5月19日、画素ごとに微細なLED素子を配置した自発光ディスプレイを商品化すると発表した。(2016/5/19)

GTX 970Mを固定利用可能:
性能と価格のバランスが光る快適ゲーミングノート「G-GEAR note N1583J」徹底レビュー
ゲーミングPCブランド「G-GEAR」に加わった新鋭機「G-GEAR note N1583J」シリーズは、最新クアッドコアCPUとGeForce GTX 970Mを搭載しつつ、快適なゲームプレイを期待するユーザー視点に立ったバランスのよい1台だ。(2016/5/19)

ディスプレイ回転でキーボードが変形:
“Yogaスタイルで自由を手に入れた” 14型の2in1モデル「ThinkPad X1 Yoga」の実力を探る
ThinkPad X1シリーズに、ディスプレイが360度回転する2in1スタイルの「Yoga」が加わった。ThinkPad X1 Carbon譲りの薄型軽量ボディーでありながら、マルチなスタイルで使えるのがメリットだ。(2016/5/17)

超短焦点小型プロジェクター「LSPX-P1」とフォトストレージ「おもいでばこ」を組み合わせたら「最強フォトアルバム」が完成した
品薄で入手困難なソニーのポータブル超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」をバッファローのフォトストレージ「おもいでばこ」と組み合わせてみたら、思いもよらない感動体験ができました。(2016/5/15)

5月末までの期間限定で超特価:
速さと容量を両立する大容量SSD搭載ノートPCの魅力
SSDの高速起動は一度体験してしまうと元に戻れない。とはいえ、SSDはHDDに比べるとまだ高価だ。高速起動と十分なストレージ容量を両立したいなら……(2016/5/13)

手軽につなげて高性能:
時代を先取り! 「USB Type-C拡張機能」対応の新型デバイスを選ぶ
話題の新型インタフェース「USB Type-C」には便利な拡張機能があり、それを活用したディスプレイなどの新製品が登場しつつある。注目のデバイスをピックアップしてみた。(2016/5/7)

レノボ ThinkVision P27:
CAD設計者に最適な薄型・狭額縁デザインの4K2K液晶モニター
レノボ・ジャパンは、CAD設計者をはじめとするプロフェッショナルユーザー向け27型4K2Kワイドモニター製品「ThinkVision P27」の販売を開始した。(2016/4/25)

マウス社長インタビュー:
誰もが“作る”時代に――クリエイター向けPCブランド「DAIV」始動
マウスコンピューターが新たに立ち上げたクリエイター向けPCブランド「DAIV」。同社小松社長に新ブランド設立の背景や製品に込めた思いを聞いた。(2016/4/12)

LTE対応SIMスロット搭載:
一度手にすればきっと驚く――約798gで世界最軽量2in1の11.6型「LAVIE Hybrid ZERO」に迫る
NECパーソナルコンピュータの「LAVIE Hybrid ZERO」シリーズは、とことん軽量を追究したノートPCだ。2016年春モデルとしてラインアップに加わった11.6型モデルの実力をチェックしてみよう。(2016/4/8)

LG、USB Type-C接続にも対応した27型4Kディスプレイ「27UD88-W」
LGエレクトロニクス・ジャパンは、USB Type-C接続に対応した4K表示対応27型液晶ディスプレイ「27UD88-W」を発表した。(2016/3/29)

ザ・ThinkPad:
ビジネスモバイルの決定版となりうる王道モデル「ThinkPad T460s」の実力に迫る
最近のThinkPadといえば「X1」シリーズが勢いづいているが、王道のTシリーズだって負けていない。パフォーマンスと持ち運びやすさを両立した新モデル「ThinkPad T460s」の実力を見たら、欲しくなること間違いなし?(2016/3/29)

レノボ、狭額縁27型4Kディスプレイ「ThinkVision X1」「ThinkVision P27」を発表
USB Type-Cを搭載した4Kディスプレイなど計2製品を発表。(2016/3/23)

ノートPCもデスクトップPCもより快適に:
PR:Windows 10をもっと便利にする「マルチディスプレイ」活用テク
スタートメニューの復活をはじめ、デスクトップUIがより使いやすくなった「Windows 10」には、「マルチディスプレイ」の操作性を高めるための工夫も見られる。実際にWindows 10搭載のノートPCとデスクトップPC、そして2台のディスプレイを使って、マルチディスプレイ活用テクニックを見ていこう。(2016/3/18)

スペック外の魅力を求めて:
「Surface Book」徹底検証――触れば分かる上質感は37万円の価値アリ?
日本マイクロソフトが放つハイエンドな2in1ノートPC「Surface Book」。37万2384円(税込)のハイエンドモデルを検証し、スペック表では分からない価値を探る。(2016/3/17)

バッテリー駆動9時間以上の実力派:
11.6型モバイルノートPCが“3万円台”から買える! 優しいデザインと質感が魅力の「New Inspiron 11 3000」に迫る
デルの11.6型モバイルノートPC「New Inspiron 11 3000」は、9時間以上のバッテリー駆動やeMMC/SSDのストレージの採用など、低価格でありながら快適に使えるバランスの取れたマシンに仕上がっており、ライトユーザーやサブノートPCを探しているユーザーにオススメだ。(2016/3/15)

LGエレ、21:9表示対応のウルトラワイド液晶ディスプレイ計8機種を投入
LGエレクトロニクス・ジャパンは、アスペクト比21:9となるウルトラワイド表示対応液晶ディスプレイ4シリーズ計8機種を発表、3月24日に販売を開始する。(2016/3/10)

デルが提示する2in1の答え:
「New XPS 12 2-in-1」徹底検証 驚きを与える4Kディスプレイが魅力の“2in1”タブレット
デルの「XPS」シリーズに、4Kディスプレイを搭載する2in1「New XPS 12 2-in-1」が登場した。キックスタンド付きのFolioスリムキーボードや、最新の第6世代Core Mプロセッサ、USB 3.1 Type-C/Thunderbolt 3など、最新スペックを多数搭載するモンスタータブレットの中身を検証しよう。(2016/3/11)

実機を写真でチェック:
ゲームで勝つための通信環境を――ASUSが最大転送速度2167Mbpsの無線LANルーター最上位モデルなど計3製品を発表
ASUS JAPANが、ゲーミング用途に最適な無線LANルーターと34型湾曲ディスプレイ、さらにUSB Type-Cケーブル1本で接続できる15.6型モバイル液晶の計3製品を発表した。(2016/3/7)

2in1より魅力的?:
「VAIO Z」クラムシェルモデル徹底検証――性能だけでなく使い勝手も最上級か
タブレットへの変形機構は不要というユーザーの声に応えて追加された「VAIO Z」クラムシェルモデル。スペック表では分からない使い勝手に迫る。(2016/3/2)

圧倒的スペック+スマホ連携で新次元へ:
これぞゲーミングディスプレイの最先端 EIZO「FORIS FS2735」徹底レビュー
ゲーミングディスプレイ市場では後発となるEIZOだが、新モデル「FORIS FS2735」は同社が業務用製品などで培った技術や新機能を惜しげもなく投入し、業界をリードするような先進スペックを実現した。その実力をじっくり検証していこう。(2016/2/28)

マウス、Quadro搭載クリエイター向けノートPC「DAIV-N」
マウスコンピューターは、クリエイター向けPC「DAIV」のラインアップに15.6型ノートPCモデル「DAIV-N」シリーズを追加した。(2016/2/24)

パフォーマンスを徹底検証:
「Surface Pro 4」Core i7上位モデルに23万円強の価値はあるか?
遅れて発売された「Surface Pro 4」のCore i7搭載上位モデル。Core i5モデルに比べてパフォーマンスはどの程度の差があるのか、各種ベンチマークテストでじっくり検証する。(2016/2/24)

4Kディスプレイの威力は肉眼で分かる?――「Xperia Z5/Z5 Premium」を比較してみた
「Xperia Z5 Premium」のウリは、何といっても4K表示可能な液晶を搭載していること。しかし、スマートフォンの小さな画面でその美しさを体感できるのだろうか? Xperia Z5と比較してみた。(2016/2/17)

2000Rの湾曲:
エイサー、ゲーミング「Predator」ブランドから35型の湾曲ゲーミングディスプレイ
日本エイサーは、ゲーミングシリーズ「Predator」から、35型湾曲のゲーミングディスプレイを発表した。(2016/2/10)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Surface Book」日本版レビュー Appleの牙城を切り崩すキッカケとなるか
ついに日本でも販売が開始された「Surface Book」。ハイスペック構成のモデルを入手したので、早速デジタルフォト用途などに使ってみた。(2016/2/5)

Cherry Trail搭載タブレット:
低価格2in1デバイスは、10.1型と8.9型のどちらが買いか?
Cherry Trail世代のSoCを搭載した新「mouse」ブランドの低価格Windowsタブレット「MT-WN1001」と「WN892」を徹底レビュー。サイズの違いで何が変わる?(2016/2/4)

iiyama、3440×1440ピクセル表示対応の34型ワイド液晶「ProLite XUB3490WQSU」
マウスコンピューターは、アスペクト比21;9となる34型ワイド液晶ディスプレイ「ProLite XUB3490WQSU」を発表した。(2016/2/2)

Skylake-H×GTX 960M×Adobe RGB 4K液晶:
「New XPS 15」徹底検証 豪華スペックの4K狭額縁ノートPCがスゴい
狭額縁デザインで話題の「XPS」シリーズに15.6型ディスプレイを備えた「New XPS 15」が登場。Adobe RGBカバー率100%の4Kディスプレイや第6世代Coreの4コアCPU、NVIDIA GPUを搭載し、クリエイティブ用途にもピッタリだ。その実力をじっくり検証する。(2016/1/22)

エイサー、湾曲デザインの34型ゲーミング液晶「X34bmiphz」
日本エイサーは、アスペクト比21:9の湾曲パネルを採用した34型ゲーミング液晶ディスプレイ「X34bmiphz」を発表した。(2016/1/21)

デル、“世界最薄”ベゼルを実現した23.8型フルHD液晶「U2417H」
デルは、ベゼル幅5.3ミリのスリムデザイン筐体を採用した23.8型フルHD液晶ディスプレイ「U2417H」を発表した。(2016/1/20)

マイクロソフト Surface:
Windows 10搭載「Surface Book」はCAD業務でも活用可能
日本マイクロソフトは、「Windows 10」搭載の最新ノートPC「Surface Book」の販売を2016年2月4日から開始すると発表した。(2016/1/15)

CADニュース:
CADを多用する設計業務にも使えるWindows 10搭載「Surface Book」
日本マイクロソフトは、「Windows 10」搭載の最新ノートPC「Surface Book」の販売を2016年2月4日から開始する。(2016/1/13)

Skylake-H×GTX 970M×GPU Switch:
GTX 970Mの性能をフルに生かせるハイパワーマシン「mBook P」実力検証
マウスコンピューターブランドの製品ながらG-Tuneに匹敵する性能を持つ15.6型ノートが「mBook P」シリーズの最上位モデル「MB-P960X2-M64」だ。ゲームもクリエイティブユースも死角なし!(2016/1/8)

2015年PC USER「ベストチョイス」:
2015年に編集部が最も注目したノートPC
今年発売された製品の中からジャンル別に注目モデルを選出するアワード企画。ノートPC部門のベストチョイスは?(2015/12/31)

理想のクラムシェル:
「New XPS 13」徹底検証 未来を先取りした狭額モバイルノートPC
狭額縁デザインで人気を集めた「XPS 13」が、美しい見た目はそのままに新色ゴールドを追加、さらに第6世代Coreプロセッサー「Skylake」を搭載し、さらなる進化を果たした。前世代機に比べてパフォーマンスはどのくらい向上したのか、詳しく検証しよう。(2015/12/26)

Surface Pro 4完全検証(3):
「Surface Pro 4」の進化したディスプレイと筆圧ペンを徹底レビュー
高精細ディスプレイと筆圧ペンは、「Surface Pro 4」の大きな魅力だ。今回はこの2つを「Surface Pro 3」「Surface 3」と比較し、どれほど進化したのかを確かめる。(2015/12/23)

本日発売!:
「VAIO S11」徹底レビュー これぞ待望のSIMフリーLTEモバイルノートPC
SIMロックフリーLTE対応、小型軽量タフボディ、第6世代Core+PCIe SSD、USB 3.1 Type-C/Thunderbolt 3、見やすい液晶と打ちやすいキーボード、長時間バッテリー駆動……年末に本命モバイルノートPCの登場か?(2015/12/18)

2015年PC USER「ベストチョイス」:
2015年に編集部が最も注目したディスプレイ
今年発売された製品の中からジャンル別に注目の一品を選ぶアワード企画。ディスプレイ部門の「ベストチョイス」は、新たな進化の方向性を打ち出したエンターテインメント向け27型モデルだ。(2015/12/17)

高性能でコスパもすごい:
大画面フルスペックのパワフルノート「m-Book W」で“下克上”再び
17.3型ボディに第6世代CoreとGeForce GTX 960Mを搭載し、さらにPCIe 3.0 x4接続の爆速SSDまで詰め込んだ「m-Book W MB-W830X-SH」。このスペックでゲーミングPCブランドじゃないだと……?(2015/12/15)

ASUS、165Hz駆動に対応した27型WQHD液晶ディスプレイ「ROG Swift PG279Q」
ASUSTeKは、165Hzの高速リフレッシュレート表示をサポートした27型液晶ディスプレイ「ROG Swift PG279Q」を発表した。(2015/12/10)

PC向けの独自SIMプランも用意:
「VAIO S11」発表――SIMフリーLTEに最適化した11.6型モバイルノートPC
VAIOが新設計の11.6型モバイルノートPCを投入。SIMロックフリーLTEに対応したことに加えて、PCでのデータ通信に最適化した独自の格安プリペイドSIMプランも用意する。(2015/12/9)

「Skylake-H」×「GTX 970M」:
「GPU Switch」で外部GPUを固定利用! 高速ゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i5710」実力検証
最新CPUと高性能GPUを搭載し、超高速SSDを搭載。さらに外付けグラフィックスを固定で利用できる機能により常にハイパフォーマンスを発揮できるゲーミングノートPCがG-Tuneに登場。速いぞ!(2015/11/25)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPad Pro」と「Surface Pro 4」が似ていると思ったら大間違い
日本でほぼ同時に発売されることとなった「iPad Pro」と「Surface Pro 4」。どちらも筆圧ペンとキーボード付きカバーを組み合わせて利用できる高機能なタブレットだが、実は全く違うタイプの製品であると覚えておきたい。(2015/11/12)

大きいiMacとすごく大きいiMac:
4K/5Kの新型iMacはどのくらい速くなった?
21.5インチiMac 4K Retinaと27インチiMac 5K Retinaを並べて評価。第1回はOS X環境下で簡単なベンチマークテストを実行し、システムパフォーマンスを見ていく。(2015/11/6)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。