ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「ThinkPad Tablet」最新記事一覧

熊本地震による各PCメーカーの特別修理サービスまとめ
4月14日に発生した熊本地震に伴い、各PCメーカーは被災者に対して特別な修理サービスを開始しています。(2016/4/18)

ホワイトペーパー:
シドニー大学が「最良のデバイス」と認めたWindows 8搭載タブレットPC
約5万人が学ぶシドニー大学のデジタルラーニング導入プロジェクトで、学生も担当者も教員も認めた最良のデバイスはWindows 8搭載の「ThinkPad Tablet 2」だった。生の声と利用風景を動画で紹介する。(2015/3/3)

2015年PC/タブレット春モデル:
ファンレスになって薄くなって軽くなった──レノボ「ThinkPad Helix」
CPUをCore M vProシリーズに変更してファンレスボディを実現。キーボードでは、トラックポイント搭載の“プロ”と軽量バージョンも用意した。(2015/2/10)

PR:日本で研究開発されたレノボのThinkPadタブレット その5つの魅力に迫る
レノボ・ジャパンのThinkPadタブレット最新モデル「ThinkPad 8」と「ThinkPad 10」は、伝統のブランドに恥じぬ性能の高さと堅牢性を兼ね備えたタブレットだ。(2014/11/27)

注目タブレット詳細レビュー:
ハイスペックで選びたいWindows 8.1タブレット「ThinkPad 10」
レノボのThinkPad 10は、解像度が1920×1200ピクセルのIPS液晶ディスプレイを搭載したWindows 8.1タブレットだ。その性能にフォーカスして検証してみた。(2014/9/12)

「ThinkPad 10 for SoftBank」が登場、法人向け料金プランも発表
「ThinkPad 10 for SoftBank」の発売が9月16日に決定。「スマ放題」対応の「法人タブレットプラン」を提供開始する。(2014/9/11)

注目タブレットレビュー:
アレと何がどう違う?「ThinkPad 10」をオプションと一緒に使ってみる
ThinkPad Tablet 2の後継にして、ThinkPad 8の10.1型ディスプレイ搭載モデルが登場。その周辺機器と一緒に使い勝手を試してみた。(2014/8/22)

構造設計の工夫で携帯性と堅牢性を両立:
「ThinkPad 10」を支える新技術に迫る
レノボ・ジャパンが7月に発表したタブレット端末「ThinkPad 10」は、構造設計を工夫することで携帯性と堅牢性を両立させつつ、最新のプロセッサを搭載することでノートPCに匹敵する処理性能を実現している。ThinkPad 10に搭載された新技術の一端が明らかになった。(2014/8/7)

開発エンジニアのこだわり:
「ThinkPad 10」で目指したもの――レノボ・ジャパン技術説明会
レノボ・ジャパンは、10.1型Windowsタブレット「ThinkPad 10」に関する技術説明会を実施。製品投入の背景やそのコンセプトを語った。(2014/8/6)

法人タブレットも続々、Surface対抗モデルも レノボが法人向け10インチタブレット
レノボ・ジャパンが10インチのビジネスWindowsタブレット「ThinkPad 10」を投入。業務シーンに望まれる堅牢性や作業性、セキュリティ機能を備え、低廉モデルは6万円台を実現。「業務PCの入れ替えならこちらを」と提案する。(2014/7/8)

SoftBank 4G LTE対応タブレット「ThinkPad 10 for SoftBank」が登場
ソフトバンクモバイルの高速データ通信サービス「SoftBank 4G LTE」および「SoftBank 4G」に対応したタブレット「ThinkPad 10 for SoftBank」が登場する。発売は9月中旬以降。(2014/7/8)

2014年PC夏モデル:
LTE対応モデルも9月中旬に──レノボ・ジャパン「ThinkPad 10」
ThinkPadシリーズに10型ディスプレイ搭載タブレットの新モデルが登場。ThinkPad Tablet 2と比べて2倍の性能を発揮。キーボードなどオプションも充実している。(2014/7/8)

注目PC速攻レビュー:
やっぱり気になるキーボードを集中チェック! 「LaVie Tab W」
「LaVie Tab W」は、OSにWindowsを導入したタブレットのラインアップ。新モデルではキーボードが使いやすくなったという。ならば、ますはそこに注目してみよう。(2014/6/17)

提督限定にあらず(条件付き):
Lenovo Miix 2.8を仕事で使っていますがなにか
とはいえ、すべては“ZAGG”なキーボードのおかげです。(2014/4/18)

SOHO/中小企業に効く「タブレット」の選び方(第4回):
仕事に即戦力なタブレットを選んでみた――iPad以外も実力派モデルが続々
これまでは各OSごとにタブレットの特徴や、目的ごとの向き不向きを紹介してきた。今回は仕事向けのタブレットをOS別にピックアップしていこう。(2014/2/6)

最新タブレット速攻レビュー:
「ThinkPad 8」──「とにかくハイスペック」が魅力、1920×1200液晶搭載8型Windowsタブレット
人気のBay Trail-T世代CPU+Windows 8.1+8型クラスのタブレットに、レノボ・ジャパンからもう1つ物欲が沸くモデルが登場。ThinkPadブランドを冠した「ThinkPad 8」はどこが優れているか、まずは簡易レビューを実施する。(2014/1/29)

2014年PC&タブレット春モデル:
高解像度な注目モデル続々、ハイスペック8型タブ“ThinkPad 8”、第2世代“X1 Carbon”など──レノボ「ThinkPad」新モデル
レノボ・ジャパンがビジネス向けモデル「ThinkPad」シリーズの新モデルを発表。1920×1200解像度の8型タブレット「ThinkPad 8」、2540×1440解像度の14型プレミアムノート「ThinkPad X1 Carbon」、360度回転ヒンジの「ThinkPad Yoga」の3シリーズを投入する。(2014/1/28)

2014年タブレット春モデル:
1920×1200解像度が光る、Thinkブランドのハイスペック8型Windowsタブレット──「ThinkPad 8」
人気のMiix 2 8に続き、Thinkブランドの8型Windows 8.1タブレットも登場。「ThinkPad 8」は、430グラムの軽量ボディに1920×1200ドットの高精細ディスプレイを採用し、「より高性能」を望むこだわり層/ビジネス層に訴求する。(2014/1/28)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
動き始めた「教育のIT化」 その課題と解決策は
モバイルやクラウドといったITの新たな潮流は、教育現場の在り方を大きく変えようとしている。一方で、IT活用に当たって課題を抱える教育現場は多い。こうした課題を解決する具体策を探る。(2014/1/28)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
医療の未来を切り開くICT活用ガイド
これまで以上に質の高い医療サービスの提供、経営の効率化が求められている医療機関。それを支えるIT基盤にはクラウド/仮想化技術、地域医療連携、モバイル端末の有効利用など新たなトレンドが生まれている。(2014/1/20)

2014 International CES:
Lenovo、1920×1200解像度の8型Windowsタブレット「ThinkPad 8」発表
Lenovoより、“ThinkPad”ブランドのBay Trail-Tな8型Windowsタブレットが登場。1920×1200ドット表示に対応する高精細ディスプレイ+約430グラムのボディを採用する。(2014/1/6)

最新タブレット速攻レビュー:
「dynabook Tab VT484」──「映像/テレビ系機能」に優れる8型Windows 8.1タブレット
Bay Trail-T世代のCPU+8型クラスの小型ボディを採用する「Windows 8.1タブレット」が人気だ。スペックはおおむね横並びだが、東芝「dynabook Tab VT484」はどの点がポイントになるだろうか。(2013/12/12)

レノボ“八八艦タブ”の実売予想価格も:
レノボ・ジャパン、「YOGA TABLET」で日本向け3G対応モデルに言及
レノボ・ジャパンは「YOGA TABLET」ワイヤレスWANモデルの日本投入の可能性を示唆。Windows 8.1タブレット「Miix 2」の出荷時期と実売予想価格にも言及した。(2013/10/30)

ThinkPad X1 Carbonロードテスト:
第8回 ThinkPadキーボードのキーマップをカスタマイズする
ThinkPad X1 Carbonのキーボードにも、ちょっと気に入らない部分はある。それならちょっと変更してしまえばいいのである。(2013/10/10)

ThinkPad X1 Carbonロードテスト:
第7回 ThinkPadファンが「X1 Carbonのキーボード」に感心したところ
ThinkPadを選ぶ理由の1つに「キーボード」がある。改めてじっくり使って分かったThinkPad X1 Carbonのキーボードのよさをピックアップしてみた。(2013/9/26)

「とにかく堅牢、信頼できる」──ThinkPadが支える、レーシングチーム「TEAM IMPUL」の裏側
星野一義氏が監督を務める国内有数のレーシングチーム「TEAM IMPUL」。スーパーフォーミュラでは2013年4月よりレノボ・ジャパンがメインスポンサーとなり、全日本選手権スーパーフォーミュラシリーズを戦っている。その現場でどのようにレノボ製品──特にプロフェッショナルのためのマシン「ThinkPadシリーズ」が使われているか、TEAM IMPULの裏側を見た。(2013/9/24)

ThinkPad X1 Carbonロードテスト:
第6回 ThinkPadの「6列プレシジションキーボード」を改めて考える
前回は長年のThinkPadユーザー兼ファンとして7列配列について思うところを書いた。今回はThinkPad X1 Carbonが搭載する6列キーボードを改めて確かめてみる。「あくまでThinkPadキーボードに惚れている個人的な意見」なことはご容赦いただきたい。(2013/9/11)

デジタイザ内蔵のフルHD液晶を検証:
「dynabook V713」実力診断(中編)――ペンで“紙のような書き心地”を味わえるか?
東芝の新Ultrabook「dynabook V713」は、ペン入力に最適化したディスプレイも大きな特徴だ。筆圧検知に対応したデジタイザスタイラスの書き心地をチェックする。(2013/8/2)

SMB向けモデルは7万台から/これはTP Tab2……?:
NEC、590グラム+LTE内蔵可のビジネスWindows 8タブレット「VersaPro タイプVT」
NECがWindows 8搭載のビジネスタブレット新モデルを投入。10.1型で590グラムの薄型軽量ボディを特長とし、モバイル利用を積極展開する層向けの業務マシンとして提案。LTEモジュールもオプションで実装可能。(2013/8/1)

「ThinkPad」とタブレットを共存、“新しい働き方”を導入せよ:
「タブレット普及で、PCの重要度はさらに増す」──レノボの「PC+」法人市場戦略
レノボ・ジャパンが法人向けクライアント全5シリーズを発表。国内ではNEC レノボ・ジャパングループで、ワールドワイドではLenovoグループ全体で推進する「PC+」の法人市場向け戦略と“ThinkPadシリーズならでは”の点を改めて解説した。(2013/7/17)

ユーザーの実感としては法人だけじゃもったいない:
“法人向け販売現場の実感”としてXi対応ThinkPad Tablet 2に期待するドコモ
レノボ・ジャパンは、7月17日にNTTドコモの「Xi」に対応したThinkPad Tablet 2を紹介する説明会を行い、NTTドコモも、Xi対応のメリットを訴えた。(2013/7/17)

「ThinkPad Helix」ロードテスト:
第5回 出張時もWディスプレイに──「Helixのスタンドモード」をビジネス活用するちょっとしたコツ
変形・着脱できる万能さが特長のビジネスマシン「ThinkPad Helix」。Helixにはスタンドモードという形状もあるが、プライベート用途以外にどんなことができるかを考察する。(2013/7/10)

「Surface Pro」の“ここ”が気になる:
第2回 筆圧ペンは使いやすい?――「Surface Pro」
「Surface Pro」の国内発売に合わせて、日本向けモデルの特徴や気になるポイントを追っていく。第2回はSurface Proのディスプレイと、付属のデジタイザスタイラスによるペン入力をチェックする。(2013/7/10)

「ThinkPad Helix」開発チームインタビュー:
メカニズムは? サポートは? ホントにThinkPadなの?──「ThinkPad Helix」の気になるところを聞いてきた(後編)
新世代のThinkPadと銘打つ「ThinkPad Helix」だが、現ThinkPadユーザーとしていくつか気になる疑問もある。後編はそんな細かい疑問をいくつか確認する。(2013/7/5)

「ThinkPad Helix」開発チームインタビュー:
メカニズムは? サポートは? ホントにThinkPadなの?──「ThinkPad Helix」の気になるところを聞いてきた(前編)
普段はClassic ThinkPad、時にはタブレット。着脱・変形機構を採用した新世代のThinkPad「ThinkPad Helix」はどんな経緯で開発されたか。「本当にThinkPadシリーズなのか?」の疑問を解消すべく、レノボ・ジャパン「大和研究所」のThinkPad Helix開発チームに話を聞いた。(2013/7/4)

ThinkPad X1 Carbonロードテスト:
第5回 ThinkPadの「7段配列キーボード」が表現していたこと
7段配列は永遠に不滅です! ThinkPad X1 Carbonを語る時、避けて通れないのがかつての「7段配列キーボード」。これについては言いたいことが大いにある。(2013/7/2)

力重の「ブレインストーミング考」:
ThinkPad、iPad、REGZAタブレットの3端末、こう使い分ける
タブレットやPCがたくさんある人にオススメしたい運用法を紹介する。いくつか利点が発見できるかもしれないので、ぜひ一度試してほしい。(2013/7/1)

「変形合体タブレット」が変える業務の現場――インテルが最新事例を披露
ノートPCとしてもタブレット端末としても利用できる“コンバーチブルPC”を業務で活用する企業が徐々に増えつつあるようだ。その最新事例を紹介する。(2013/6/28)

Windowsストアから更新、ISOファイルは後日提供:
「Windows 8.1 Preview」のダウンロード提供開始
Microsoftは開発者会議「BUILD 2013」の開催に合わせて、Windows 8.1のプレリリース版「Windows 8.1 Preview」を公開した。Windowsストアから無料でインストールできる。(2013/6/27)

ほかのPCに浮気してごめんなさい:
うぉぉ、これだ!──「ThinkPad Bluetoothワイヤレス・トラックポイント・キーボード」の打ち心地にうっとりする
日本ユーザーの熱い要望で製品化されたという「ThinkPad トラックポイント・キーボード」。うぉぉ、これはいいぞ!。他社PCでもやもやと感じていたキーボードへの不満がパァァァと晴れたのであった。(2013/6/25)

「ThinkPad Helix」ロードテスト:
第4回 かなーり心地よいHelixの「変形+着脱」機構、各モードのメリットを再確認してみる
ThinkPad Helixには、ラップトップモード、スタンドモード、タブレットプラスモード、タブレットモード、4つのスタイルに変形する機構がある。これを使っていくうえで基本となるのは、やはりラップトップモードとタブレットモードになるだろう。(2013/6/20)

ThinkPad X1 Carbonロードテスト:
第4回  やっぱいいぜ、X1 Carbon──「オンリーワン」な魅力を再確認
今さらながらThinkPad X1 Carbonのロードテストを開始する。Haswellや"2in1"がキーワードだが、なぜどちらでもないX1 Carbonなのか? それは「これもまたオンリーワン」な魅力を再確認したこと、そしてもうすぐHaswell搭載のThinkPadが出てしまうかもしれないからだ。じゃいつやるのか? 今でしょ! ということで。(2013/6/19)

Xi対応の法人向けタブレット、レノボが発表
レノボ・ジャパンは、Xiに対応した法人向けタブレット「ThinkPad Tablet 2 for DOCOMO Xi」を発表した。(2013/6/18)

レノボ、ThinkPad Tablet 2に「Xi内蔵」モデル
レノボ・ジャパンがLTE内蔵タイプのビジネス向けThinkPad Tablet 2を投入。ドコモのXi対応モジュールを採用する。【更新】(2013/6/18)

「ThinkPad Helix」ロードテスト:
第3回 ThinkPad Helixを「ThinkPad視点」でチェックしてみた(後編)
ThinkPad Helixは「本当に、ThinkPadなのか」。もちろんメーカーがそう言っているのでそうなのだが、旧来ThinkPadユーザーとしては、キーボードとトラックポイント、搭載インタフェース+使い勝手はひとまずしっかり確かめたいのである。(2013/6/5)

これぞ一挙“三”得:
PR:Office 365とWindows 8タブレット、そして4Gモバイルルーターを低コストで導入できるたった1つの方法
ソフトバンクBBの「BBWorks Office 365特別販売キャンペーン」なら、マイクロソフトの「Office 365」、Windows 8タブレット「ThinkPad Tablet 2」、そして「SoftBank 4G」対応ルーターをまとめて、かつ低コストに導入できる。(2013/5/27)

「ThinkPad Helix」ロードテスト:
第2回 ThinkPad Helixを「ThinkPad視点」でチェックしてみた(前編)
合体・変形タブレットとして異彩を放つThinPad Helixだが、果たして本当に“ThinkPad”なのか。現ThinkPadユーザーの筆者が「ThinkPad視点でどうか」について、まずはスペックからチェックする。(2013/5/24)

「ThinkPad Helix」ロードテスト:
第1回 もっとじっくり写真で見る「ThinkPad Helix」
どちらも妥協しない性能──「ThinkPad Helix」を使い出すと、ぬぬ? おっ! んん? ほほう! と、なにやら疑問符と感嘆符がたくさん出てくるのがこそばゆい。まずは“ThinkPadならでは”なポイントを含めて、本体を写真でじっくり眺めてみよう。(2013/5/16)

Windows Embedded 8搭載:
ThinkPad Tablet 2のシンクライアント版登場、MRYが販売
重量600グラムの軽量タブレットThinkPad Tablet 2に、業務向けのシンクライアント版が登場。シンクライアントソリューションを展開するMRYがレノボ・ジャパン協業で展開する。(2013/4/23)

モバイル市場では覇者となるか
Windows 8タブレットがiPadを超える日――企業の選択は
多くの企業が従業員へのタブレット配布を検討している。そうした中、調査会社、米Moor Insight & Strategyのアナリストは、iPadではなくWindows 8タブレットを推奨している。(2013/4/22)

これが、近い将来のPCの姿か:
写真と動画で見る「ThinkPad Helix」──分解モデルも公開
PCもタブレットも「どちらも妥協しない」──。LenovoのハイブリッドUltrabook「ThinkPad Helix」が国内でもいよいよ登場する。外観+分解モデルとともに、Lenovo大和研究所が工夫を込めたポイントをチェックする。(2013/4/9)

触れちゃうのは日本でここだけ!:
“動く”ThinkPad Tablet 2がヨドバシAkibaで展示開始
ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaのレノボ カスタムショップでThinkPad Tablet 2と専用キーボードの展示が始まった。(2013/3/22)

知られざる“お絵描き”性能に迫る:
筆圧1024段階で5万円台のWindows 8タブレット――「Latitude 10」は漫画家を満足させられるか?
1024段階の筆圧レベルに対応し、画面に直接お絵描きできる“液晶ペンタブレット”的なWindows 8タブレット――それがデルの「Latitude 10」だ。10.1型のピュアタブレットは果たしてイラスト制作に耐える能力を持っているのか? 新米漫画家が試す。(2013/3/21)

Windows 8タブレットを教室で活用 都内の小学校、MSとレノボが支援
Windows 8搭載タブレットPCを教室で活用する「21世紀型スキル育成授業」を東京・港区の青山小がスタート。MSとレノボとともに学習効果を検証する。(2013/2/21)

青山小学校にThinkPad Tablet 2を導入:
児童ひとり1台のWindows 8タブレットを──「21世紀型スキル育成授業」、MSとレノボが共同で支援
小学校にWindows 8タブレットを導入し、児童への学習効果を検証する「21世紀型スキル育成学習」が東京・青山小学校で実施。児童の学力やコミュニケーション力向上のためのツールとして将来的な効果が期待される。(2013/2/21)

PC USER 週間ベスト10:
“2万円切り”NUCベアボーンで超小型PCを手軽に楽しむ(2013年2月11日〜2月17日)
先週のアクセスランキングでは、アキバのPCショップで目立った新製品情報、容量無制限のオンラインストレージ、MacBookファミリーのアップデート、PC新モデルのレビューなどが上位に入りました。(2013/2/18)

ビジネスにもプライベートにも使えるWindows 8【後編】:
防水、防塵機能も――いま買えるWindows 8搭載タブレットの魅力
米Microsoftの新OS「Windows 8」は、用途に合わせて2つのユーザーインタフェースを使い分けられ、タブレットにも利用できる点が特徴だ。後編ではWindows 8を搭載したタブレットの特徴を見ていこう。(2013/2/18)

まさに“200番台”のThinkPad……:
ThinkPad Tablet 2専用のBluetoothキーボードを使ってみたのです
600グラムを切るボディでフルWindowsが動くThinkPadのタブレットには専用のキーボードがある。これと一緒に使ってみると……、おお、これを待っていたんですよ。(2013/2/14)

9時間超えのロングライフバッテリーも魅力:
“質実剛健”で高コスパ、5万円で買えるWindows 8タブレット「Latitude 10」実力診断
デルのビジネス向けWindows 8タブレット「Latitude 10」が個人向けにも発売された。実用優先の仕様と低価格、そして長時間のバッテリー動作が魅力的な製品だ。(2013/2/1)

PC USER 週間ベスト10:
AndroidからWindows 8に乗り換えた「ThinkPad Tablet 2」の実力は?(2013年1月21日〜1月27日)
先週のアクセスランキングでは、タブレットの注目モデル、PC周辺機器メーカーの裏話、アキバのPCショップ情報、NASの導入リポートなどがランクインしました。(2013/1/28)

まさに黒板:
待っていたぞ! と叫びながらThinkPad Tablet 2を急いで使ってみた
2012年10月の発表以来、「早く出荷してー! 」と叫んでいた人を少なからず知っている。そんな彼らが待っていた実物がようやく登場。うーん、薄い! 軽い! 黒い! (2013/1/25)

若干数ってどのくらい……:
レノボ・ジャパン、ThinkPad Tablet 2の販売を1月25日に開始
ThinkPad Tablet 2が“日付が変わったころ”から販売を開始する、が、初回分日本割り当て台数がなくなり次第、販売を終了するという。(2013/1/24)

年末の旅行と年明けの取材に間に合いませんでした:
個人向けThinkPad Tablet 2、出荷が2013年1月下旬に遅れる
CPUに“Clover Trail”世代を採用し、Windows 8 Proを導入するThinkPad Tablet 2が、法人向けモデル大量受注の影響で個人向けモデルの出荷が延期になった。(2012/12/19)

PC USER 週間ベスト10:
アキバで約100万円のマシン、気になる中身は?(2012年11月12日〜11月18日)
先週のアクセスランキングでは、アキバのPCショップ情報、Windows 8搭載モバイルノートPC、Windows 8(海賊版も……)、タブレットなどの記事がトップ10に入りました。(2012/11/19)

Bluetoothキーボードも小さな基板も見ました:
レノボ・ジャパン、「ThinkPad Tablet 2」技術説明会
CloverTrailなAtomとWindows 8を導入するThinkPad Tablet 2は、スペックだけを見ても初代から大きく進化した。出荷はまだ先という第2世代を大和のメンバーが解説する。(2012/11/16)

“2”はClover TrailでWindows 8:
レノボ・ジャパン、Windows 8 Proを導入した「ThinkPad Tablet 2」
ThinkPadシリーズの“2代目”タブレットは、ARMからClover Trail、AndroidからWindows 8 Proに進化した。出荷開始は2012年内を予定している。(2012/10/26)

Lenovo、「IdeaPad Yoga 13」など4モデルのWindows 8端末を発表
Lenovoが、Windows 8/RT搭載のUltrabookとタブレットを4機種発表した。タブレットにもなるUltrabookの「IdeaPad Yoga 13」は10月26日に発売だ。(2012/10/10)

アジア太平洋州とラテンアメリカのトップがTokyoに:
本体の薄さはキーボードに優先する──Lenovo幹部が語る“これからのThinkPad”
2012年になって、ThinkPadはその姿を大きく変えた。「ThinkPadのコンセプトは変わらない」と内藤氏は語るが、その思いはLenovo全体で共通なのだろうか。(2012/9/5)

PC USER 週間ベスト10:
ソニーの新タブレットとモバイルPCに期待高まる(2012年8月27日〜9月2日)
先週のアクセスランキングでは、海外と日本で発表されたAndroidタブレットやUltrabookの新機種が注目を集めました。家庭向けプリンタの秋冬モデルも出始めています。(2012/9/3)

ThinkPad Tablet 2もチラ見せ:
「ThinkPad X1 Carbon」が薄く軽くなった理由
レノボ・ジャパンが8月29日に行った製品説明会では、ThinkPad X1 Carbonにとどまらず、内藤氏が“ThinkPad開発の20年”を振り返り、歴代ThinkPadも集結した。(2012/8/30)

Windows RT搭載端末、Samsung、Lenovo、Dellも発売へ ASUSに加え
Microsoftが、ARM版Windows「Windows RT」搭載端末を、ASUS、Lenovo、Samsung、Dellが発売すると発表した。(2012/8/14)

「Metroスタイル」は「Windows 8スタイル」に?──米ZDNet報道
Microsoftは、ライブタイルが特徴のWindows 8およびWindows Phoneのユーザーインタフェースの呼称を「Metro」から「Windows 8」に変更するようだ。Lenovoは既に公式ページでMetroスタイルアプリを「Windows 8アプリ」としている。(2012/8/10)

Lenovo、「Windows 8 Pro」搭載タブレット「ThinkPad Tablet 2」を発表
Lenovoが、10月26日の「Windows 8」発売に合わせて「Windows 8 Pro」搭載の10.1インチタブレットを発売する。(2012/8/10)

ThinkPadが発売20周年 LenovoがWindows 8タブレット「ThinkPad Tablet 2」を発表
LenovoはThinkPad20周年を記念して、既に発表しているUltrabook「ThinkPad X1 Carbon」と「T430u」に加え、Windows 8搭載タブレット「ThinkPad Tablet 2」を発売する。(2012/8/9)

理科室内に電子黒板とタブレット――今どきの中学校の“IT授業”を見てきた
MSやレノボなどと共同でICT教育に取り組む中学が“IT授業”を公開。その様子をレポートする。(2012/6/22)

レノボ、秋葉原/名古屋に直販店舗「レノボ・カスタムショップ」をオープン
レノボ・ジャパンは、CTOカスタマイズショップ「レノボ・カスタムショップ」を「ビックカメラ名古屋駅西店」「ソフマップ秋葉原本館」の2店舗にオープンすると発表した。(2012/6/20)

PCをいつ買えばいいかって? いまでしょう:
きっとみつかるベストなPC──「ThinkPad Xシリーズ」バイヤーズガイド
「PCを買いたいが、数ある製品からなにを選べばいいのやら」というあなた。バイヤーズガイドでベストマッチの1台をお勧めします。今回は、人気のThinkPad Xシリーズです。(2012/5/9)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Windows 8は創造性を犠牲にしないか?――開発責任者インタビューを終えて
タッチ操作を重視したWindows 8のユーザーインタフェース設計は正しい進化なのか。Windows開発責任者のインタビューで納得した部分もあったが、疑問は残る。(2012/5/8)

スマホとPCに接続できるデュアルポートUSBメモリ「JF-UFDP4S」
USB Micro-B端子とUSB A端子を搭載したUSBメモリ「JF-UFDP4S」が登場。スマートフォンやタブレットとPC間で直接のデータ移動が可能となる。(2012/4/13)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
解像度の呪縛から逃れようとするWindows 8
アップルが推し進めるiOSとRetinaディスプレイを組み合わせた高画素密度体験。これにマイクロソフトはどう対抗していくのか? Windows 8の解像度を考える。(2012/4/12)

2012 International CES:
“Medfield+IceCreamSandWich”をLenovoブースでねっちり観察
PC USER的な2012 International CESの主役は、“Z77”マザーに未発表Ultrabook、そして、“MedFeild+Android”デバイス。これらをじっくり紹介しよう。(2012/1/17)

ThinkPad Tabletの“重要な”もう1面を知る:
ThinkPad Tabletでシステム管理者が幸せになる理由
これまでのAndroidデバイスは、システム管理者にとって“制御不能”な邪魔者だった。しかし、ThinkPad Tabletは、“制御可能”なAndroidタブレットとして登場した。その付加価値を確認する。(2011/12/14)

PC USER 週間ベスト10:
2画面タブレット開発秘話にソニーの底力を感じる(2011年12月5日〜12月11日)
先週のアクセスランキングでは、2画面Androidタブレット「Sony Tablet P」の開発者インタビュー&分解記事が人気でした。自作PC支援記事や週末アキバ特価リポートも注目を集めています。(2011/12/12)

やっぱりThinkPadのキーボードだ:
ThinkPad Tablet キーボード・フォリオ・ケースは“幸せな打ち心地”か
ThinkPad Tabletの発表会で、本体以上に注目されたのが“キーボード”を内蔵したケースだ。「本体と一緒に購入する」と前評判も高い人気オプションの実力は?(2011/12/6)

レノボ、“SIMフリー対応3G版”の「ThinkPad Tablet」など3製品を直販で提供
レノボ・ジャパンは、「ThinkPad Tablet」「ThinkPad X220」「ThinkPad X220 Tablet」の直販カスタマイズメニューに「SIMフリー対応3G」を追加した。(2011/11/24)

ビックカメラ、新宿西口店に「レノボ カスタムショップ」を開設
ビックカメラは、レノボ製ノートPC/周辺機器などの販売を行う「レノボ カスタムショップ」を新宿西口店に開設する。(2011/11/22)

安いだけじゃ勝負にならない:
ICONIA TAB A100の“+α”を探してみる
7型ワイド、というと“A1”の影響で“安価”という印象が強い。しかし、性能も「付加価値」も大事だよ、と日本エイサーがいう“A100”も気になるのだなあ。(2011/11/10)

新CEOはiPadを進化させることができるか
ジョブズ氏亡き後のApple:アフター・ジョブズを占う
Appleは、同社復活の象徴であるジョブズ氏を失った。これはApple興隆の終わりを意味するのか、それともさらなる躍進の始まりなのか。(2011/11/4)

往復10時間の鉄道旅でも使ってみた:
2万円を切る「IdeaPad Tablet A1」に不安はないか?
10.1型モデルが主流のAndroidタブレットにレノボ・ジャパンが7型モデルを投入。しかも、価格は2万円を切るという。え、ちょっとそんなに安くて大丈夫ですの? (2011/10/21)

ThinkPadなタブレットってやっぱ違う:
「ThinkPad Tablet」は“ThinkPadと呼ぶに値する”タブレットなのか?
黒いボディに赤いドットのアクセント。見た目はまさにThinkPadシリーズだ。そんな“最強のビジネスツール”なAndroidタブレットを個人が使うとどうなる?(2011/10/19)

これがプロフェッショナルツールだ!:
“大和”魂のAndroidタブレットデバイスはここが違う!──ThinkPad Tablet技術説明会
ビジネス利用を重視したThinkPad Tabletは、後発のAndroidタブレットデバイスながら、「ほかのものとはわけが違う」という。なにがいったいどう違うのか?(2011/9/30)

レノボ、Android 3.1搭載タブレット「ThinkPad Tablet」を同社直販で販売開始
レノボ・ジャパンは、Android 3.1/10.1型タッチパネル搭載タブレット端末「ThinkPad Tablet」の直販取り扱いを開始した。(2011/9/27)

NetbookにWindows 8を入れてもいいですか:
何も考えずに「Windows Developer Preview」をインストールしてしまった
米国のBUILDで公開されたWindows 8(いまだ仮称)は、新しいMetro UIや軽快な挙動で意外と評判がいいという。ならば、Developer Previewで確かめてみる?(2011/9/22)

Androidタブレットで女子大生も遊んでみた!:
レノボのAndroidタブレットってDOなのよ?──「IdeaPad Tablet K1」を持て遊ぶ
レノボの「IdeaPad Tablet K1」は、Tegra 2を搭載してOSもAndroid 3.1と、競合の10.1型モデルとほぼ共通のスペック。でも、使い勝手は“違う”らしい。(2011/8/25)

Lenovo、ビジネス向けAndroidタブレット「ThinkPad Tablet」を米国で発売
HPはTouchPadの販売を終了するが、世界PC市場3位のLenovoがビジネスに特化したタブレットを発売した。(2011/8/24)

ねっと知ったかぶりβ版(8/1〜8/5)レノボのタブレットやHuaweiのスマートフォンが発表
注目ニュースをまとめてお届けする「ねっと知ったかぶり」。今週はレノボのタブレットデバイス「ThinkPad Tablet」やHuaweiの新スマートフォン「Vision」の発表に注目が集まりました。(2011/8/5)

OSはなにを選ぶ?Hybridはどうなる?──レノボ本社のタブレットデバイス責任者に聞く
じつをいうと、レノボは“MID”のころからタブレットデバイスを積極的に取り組んでいる。IdeaPad Tabletシリーズで本格始動した同社の戦略をトップに聞いた。(2011/8/4)

タブレットなのにキーボードの打ち心地?:
ビジネス、コンシューマーに特化したAndroidタブレットをアピール
レノボ・ジャパンは、8月2日に同社が発表したタブレットデバイス「ThinkPad Tablet」と「IdeaPad Tablet K1」の製品説明会を行った。(2011/8/2)

「ThinkPad Tablet」をレノボが発売 「IdeaPad Tablet」も
レノボからAndroid 3.1搭載「ThinkPad Tablet」「IdeaPad Tablet 」が登場。(2011/8/2)

レノボ・ジャパン、ビジネス向け機能を実装した「ThinkPad Tablet」
レノボ・ジャパンは、8月2日にAndroid 3.1を導入した10.1型ワイド液晶ディスプレイ搭載のタブレットデバイス「ThinkPad Tablet」を発表した。(2011/8/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。