ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「牧ノブユキの「ワークアラウンド」」最新記事一覧

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
ネットで買った製品に開封した形跡が……あなたならどうする?
ネットで製品を注文したところ、パッケージに開封した形跡のある製品や、パッケージが汚れていたり、退色していたりする製品が届いた。そんなことはないだろうか。最近になってよく耳にするようになったこの問題は、スルーしても構わない場合と、今後そこからの購入は止めたほうがよい場合、両方のケースがある。(2017/11/25)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
新規参入が「モノはいいけどサポートは残念」になる理由
あるジャンルでは名の知れたメーカーがいきなり新ジャンルに進出したり、未知のメーカーがある日突然ラインアップを一斉投入し、驚かされることがある。こうしたケースではたとえ製品そのものがよくできていても、思わぬところで足をすくわれることも多い。(2017/10/31)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
購入者が知らない、店頭サンプル品をめぐる醜い争い
量販店店頭における製品のサンプル展示は、通販サイトへの対抗策という意味もあり注力する店が増えつつある。そこで用いられるサンプル製品は基本的にメーカーが負担するわけだが、現場ではその伝票処理を巡ってさまざまなせめぎ合いがある。(2017/9/23)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
認証テストよりグッドデザイン賞を気にする開発担当者たち
IT関連製品の拡販にあたり、第三者機関による認証は、製品の信頼性を高めるうえで効果的なのは言うまでもない。しかしメーカーの開発担当者の中には、これらにあまり注力することなく、全く畑違いとも言える賞にこだわる人々がいる。(2017/8/25)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
人気モデルの「世界○カ国で先行販売」に日本が入らない理由
人気のスマホやゲーム機では、まずある国や地域で発売し、そこが一段落したら別の国や地域で発売するという、いわゆる先行販売のシステムがよく用いられる。これは生産数の限界ゆえにやむを得ずそうなっているように見えるが、実際にはさまざまな事情が関係していることもしばしばだ。(2017/8/5)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
人気の激安モデル終息にみる「売れすぎると製品寿命が縮む」法則
自社で製品を製造・販売しているメーカーでは、自社ブランドの製品、いわゆるリテール製品を扱う事業部とは別に、OEMビジネスを専門に行っている事業部が存在することが多い。この種のOEMビジネスでは、売れすぎたことが製品の寿命を縮めることがある。(2017/7/30)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
人気スマホ、ゲーム機……発売日に潤沢な在庫がないのはなぜ?
人気の高いスマホやゲーム機では、発売直後に必ずと言っていいほど品薄が発生する。なぜメーカーは発売日に潤沢な在庫を用意できないのだろうか。(2017/6/24)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「仕様書と違うから作り直せ」は通用しない? メーカーが語らないOEMビジネスの実情
OEMやODMのビジネスでは、要求した本来の仕様とは異なる製品が外注先からメーカーへと納品されてきても、メーカー側が泥をかぶらざるを得ないケースが多い。契約に従って外注先に責任を取らせるのが難しい理由とは?(2017/5/27)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「外注したら仕様と違う製品が送られてきた」 メーカーの悲劇はなぜ繰り返される?
OEMやODMのビジネスを手掛けるメーカーにとって、要求した本来の仕様とは異なる製品が外注先から納品されてくるのは日常茶飯事だ。なぜそのようなミスが起こるのか、そしてなぜ繰り返されるのか、その裏事情について見ていこう。(2017/5/24)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
量販店の売り場ごとに「電源タップ」が違っていたら要注意?
電源タップのように、量販店の複数の売り場で販売される製品は、その売り場によって異なるメーカーの製品を取り扱っていることが多い。最も優秀なメーカーの製品を全店統一で扱った方が効率的に思えるが、なぜそうしないのだろうか。(2017/5/18)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
リスキーな製品にあえて手を出すメーカーの事情とは?
既存の製品カテゴリーだけで売り上げの維持や上昇が見込めないメーカーにとって、新規カテゴリーへの参入は特効薬だ。しかし、ブルーオーシャンな市場がそうそうあるわけではなく、リスクがある製品カテゴリーを選ばざるを得ない場合もある。(2017/4/24)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
量販店のアクセサリー棚はさながら売れ筋ランキング?
PCやスマホのアクセサリーを作っている、俗にサードパーティーと呼ばれるメーカーは、本体機器の販売動向をかなり正確に把握しており、それはラインアップに反映されている。つまり量販店の売場を見れば、あまりメジャーではない製品の販売動向や規格の浸透状況も一目瞭然だったりするのだ。(2017/4/20)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
その購入ボタンを押す前に 知っておきたい「売れ筋ランキング」の中身
製品の販売数は実数で公表されないため、調査会社や販売店が独自に集計した販売ランキングや売れ筋ランキングが役に立つ。しかし、それらの集計方法を知らないと実態を正しく把握できないので注意が必要だ。(2017/3/18)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
製品写真をよく見せるテクにだまされない方法
写真を信じて通販で製品を購入したところ、思っていたサイズや色と違ってがっかりするのはよくあること。これらはメーカーがホンモノ以上に見せるためのテクニックを駆使していることも少なくない。(2017/1/21)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
同じ価格なのに「欲しくない方のPC」を猛プッシュしてくる店員の謎
量販店でPCを買おうとした際、ほぼ同じ価格でありながら、A社とB社の選択肢のうち、店員がやたらとA社をプッシュしてくる……といったことがある。こうした場合、「インセンティブ」が絡んでいることが多い。(2016/11/22)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
なんだか質が落ちてない? サポート窓口の向こう側で起きていること
メーカーにとってサポート部門は重要だがコストが掛かる。コスト削減のため、さまざまな対策が取られるが、ユーザー視点では疑問符が付くようなことも少なくない。(2016/11/5)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
無駄じゃない? 小さな製品のパッケージが巨大になる理由
本体が小型化し、マニュアルの簡略化やドライバCDの省略も進んだが、店頭で目にするPC周辺製品のパッケージは相変わらず巨大だ。パッケージの小型化が進まない理由について、メーカー側と販売店側それぞれの事情を探ってみよう。(2016/10/1)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
反則スレスレの手口で店舗に新製品をねじ込むメーカー営業マン
店頭に製品を並べたのに売れないならまだしも、店舗に製品を導入することさえできなければ、それはメーカーの営業マンの責任だ。そのため、会社に対して責任を果たしたことをアピールするため、あの手この手を使って店舗に製品を送り込もうとする。(2016/8/27)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
もう「自称オリジナル」にダマされない 隠れ海外OEM製品の見抜き方
自社開発力がなく、リスクを回避して手っ取り早く知名度を上げたい新興メーカーは、海外OEM製品を自社製品として販売するケースがある。最近クラウドファンディングでも見られるOEM元隠しの手口には、メディア関係者ですらだまされることも少なくない。(2016/7/31)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「これまでなかった新発想の製品」をライバルメーカーはなぜ軽視するのか?
「これまでなかった新発想」などと華々しいうたい文句で登場する新製品に対して、ライバルとなるメーカーは意外なほど興味を示さず、静観していることがほとんどだ。これは決して製品化するための技術力や企画力がないわけではない。(2016/6/26)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
同じ型番の製品を買ったら仕様が違っていた そんなのアリ?
製品の仕様が変わると型番も変わるのが常識だが、さまざまな事情から同じ型番のまま販売が継続されることもある。中にはメーカーのサポート担当者が知らないうちに、製品の仕様がこっそりと変えられているケースまで存在するのだ。(2016/5/25)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
PC周辺機器界に「ペヨング」は生まれない?
「ペヨング」のような特売を意識したブランドは多くの業界に存在するが、PC周辺機器業界では、量販店で特売に使われるという意味では同様ながら、明らかな格落ち製品となるケースがしばしばだ。その理由について見ていこう。(2016/4/24)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
言うだけ無駄? こんな要望はメーカーに採用されない
メーカーにどれだけ適切な方法で意見や要望を伝えても、全く相手にされないのには理由がある。言っても無駄な要望とは?(2016/3/16)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「なぜ、この製品をこうしないのか」 メーカーがあなたの要望を聞かないワケ
製品に対する意見や要望をメーカーに伝える際、その表現や伝達ツールの選び方が間違っていると、せっかくの伝えようとする努力も無に帰してしまう。今回はこうした、メーカーに対する効果的な要望の出し方について、あらためて考えてみたい。(2016/2/16)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「これじゃ日本では売れないよ」 海外のPC周辺機器にありがちな残念ポイント
海外のPC周辺機器やアクセサリは、そのままでは国内で販売できないものも多い。色や形状、製品の特性など、思わぬところに日本のユーザーから敬遠されるポイントがあったりするからだ。(2016/1/16)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「どうしてこうなった……」という製品がロングセラーになる理由
「こんなの売れるわけないじゃん」という製品が、意外と延命できてしまうことは、PC周辺機器やアクセサリの業界では少なくない。こうした場合、コンシューマー市場とはまた異なる、表からは見えにくい販路が存在しているケースは少なくない。(2015/12/15)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
Appleに負けない高級な化粧箱を! でもコストは大丈夫?
簡素だったり海外製そのままのパッケージが増えている一方、スマホやタブレット、音楽プレーヤーなど価格が高めの製品ではパッケージの高級化が著しい。そんなにパッケージにコストをかけられるのかとも思うが……。(2015/11/25)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
もはや隠す必要なし? 「海外パッケージそのまま」が増えた理由
Webサイトに掲載されている製品情報は日本語なのに、いざネットで注文して届いてみたら海外パッケージだった……ということは、PCのサプライやアクセサリ製品ではよくある。こうしたケースが増えている背景をたどってみた。(2015/11/17)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
あなたも疑われている? 敵は身内にあり?――量販店を悩ます「万引問題」の裏側
単価が高く薄利なPC周辺機器業界では、目に見えるところと見えないところ、さまざまな万引対策が行われているが、それには客以外を想定した対策も含まれていたりする。(2015/10/28)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
あなたが知らない過剰在庫の世界――作りすぎた製品はどう売りさばかれるのか?
メーカーが下請け先に製品の製造を依頼する場合、一定の数量を買い切ることが契約書に明記される。メーカーはどれだけ製品の売れ行きが悪くても、その数量は必ず仕入れなくてはならないため、あの手この手を使ってさばかなければならない。(2015/9/27)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「大量導入で好調」は真実なのか? メーカーの過剰在庫を疑う
IT系製品のメーカーが、ある法人に自社製品を大量導入したと、誇らしげにアピールすることがある。しかしこの対象が「私立学校」で、かつ導入のタイミングが「もうすぐ決算のタイミング」であれば、これは別の意味合いを持っている可能性もあるのだとか。(2015/8/24)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
家電量販店の明暗は思わぬ場所にも現れていた――メーカー関係者が語る“熱意の差”
家電量販店は業績不振と言われるが、大きく減収減益したところもあれば、健闘しているところもある。その明暗は、あるイベントでの状況とほぼ一致していると、メーカー関係者の間でささやかれている。(2015/7/26)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
人気機種のアクセサリで勝手に商売、メーカーはなぜ怒らない?
PCやスマホ、タブレットが新しく発売されると、それに合わせてサードパーティ各社から周辺機器やアクセサリが発売されるのは、この業界ではすっかり見慣れた光景だ。本体メーカーは、自社製品に関係する製品を勝手に作って売られても怒らないのだろうか。(2015/7/2)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「お客様の声から生まれた製品」が世界を変えられない理由
「お客様の声から生まれた製品」といったフレーズはよく耳にするが、後世に名を残すような大ヒットの電気製品となると、なかなか思いつかないのではないだろうか。(2015/5/11)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
店頭に現物を置かない「カード展示」は“諸刃の剣”か?
家電量販店では、製品の現物を展示せず、型番や価格が書かれた「カード」だけを並べている風景をよく見かける。このカードによる展示はさまざまなメリットがある一方、自らの首を締めかねない諸刃(もろは)の剣でもあるのだ。(2015/4/27)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「再発防止に努めます」が製品をダメにする?
発売した製品について、何らかのクレームに直面すると、担当者は「再発防止に努めます」と言わざるを得ない。しかしクレームの程度を考慮せずに再発防止に務めることで、業務フローにかかる負担は増え、そしていずれ製品開発へ影響を及ぼす事態へとつながっていく。(2015/3/20)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「この人気商品、他の売場でも販売すればいいのに」が実現しないワケ
同じ量販店でPC売場のマウスを文具売場に持って行くなど、「これまである売場で展開していた製品を、別の売場で展開する戦略」は、簡単そうに見えて意外に難しい。そこには価格のズレやバイヤーのプライドなど、さまざまな要因が渦巻いている。(2015/2/27)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「他店価格よりも高ければお知らせください」は一石二鳥のワザ?
家電量販店には「地域最大級」「他店価格よりも高ければお知らせください」「オープン価格」など、分かるようで分からないような言葉が存在する。こうした曖昧な表現はなぜ生まれて定着したのだろうか。(2015/1/29)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
店頭の陳列面積で売れ筋製品が分かる……というわけでもない事情
量販店の棚を見ていると、1つの製品が1列だけ並んでいることもあれば、複数の列にまたがって陳列されている場合もある。複数列にまたがっている製品はイコール売れ筋と思いがちだが、実はケースバイケースだったりすることをご存じだろうか?(2014/12/24)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
下取りされたスマホはどこへ行くのか? 周辺機器の買い替えキャンペーンと何が違うのか?
新製品の拡販につきものの下取りキャンペーン。ここで引き取られた製品は、その後どのような末路をたどるのか。iPhoneなどのスマートフォンのほか、現物の引取が発生しないことが多い、PC周辺機器の買い替えキャンペーンについても併せて見ていこう。(2014/10/24)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
妙に店頭でプッシュされる製品、果たしてベストな選択なのか?
量販店の店頭で目立つ「この製品売れています!」という貼り紙。そう言われると気になってしまうが、売れているからといって、必ずしも製品が優れているとは限らない。そこには、販売店が特定の製品を優先的に売るようになる仕組みが隠されているのだ。(2014/9/24)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
想定外に「安っぽく見える」製品ができてしまった……どうやって売る?
ようやく完成した製品の見た目がチープで、売価が高く感じられるというのは、メーカーが頭を悩ませる問題の1つだ。当然、メーカーはあの手この手を使って、何とかして拡販しようとする。その手法を見ていこう。(2014/8/19)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「取説いらずの使いやすい製品」が日本で生まれにくい理由
IT関連の機器は「学ばなくてもすぐ使える」のが理想だ。しかしながら、ハードウェアの開発を行っている現場では、こうした考え方はまだまだ浸透していない。そのズレはどんなところにあるのだろうか。(2014/7/27)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「保証期間が切れた直後に壊れるタイマー付き製品」は実在するか?
ネットで見かけるPC関連の陰謀論に「某製品は保証期間の終了直後に故障するトラップ付き」というものがある。果たして、現実的にこんなことがあり得るのだろうか?(2014/6/30)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
タッチパネルにより「物理ボタン」は消えゆく運命なのか?
スマートフォンをはじめ、従来は機器に搭載されていた物理ボタンが、タッチパネルに取って代わられようとしている。この急激な流れの影には、タッチパネルの信頼性向上やユーザーの慣れといった要因以外に、メーカーのさまざまな思惑が絡んでいる。(2014/5/16)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
ワゴンセールはなぜ安いのか? そして買いなのか?
PC周辺機器やアクセサリでは、仕入れ価格が50%を下回ることはまずない。しかし家電量販店に足を運ぶと、処分価格と称して半額セールや100円均一セールが行われていたりする。これらはどのようなスキームで実現されているのだろうか。(2014/4/22)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
Windows XPを使い続けたいユーザー、もう捨てたいメーカー
Windows XPの延長サポート終了によって、PC周辺機器メーカーやソフトウェアベンダーはようやくその呪縛から解き放たれようとしている。しかし今回、XPの移行がスムーズに行われなかったことで、将来的なOSの販売体系に変化が起こるかもしれない。(2014/3/26)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「予告編詐欺」な製品が増えているワケ
画期的な製品だと派手に発表された製品を予約し、やっと入手できたと思ったら、まるで「その域に達していなかった」──こうしたケースが近年増えている。その理由は一体何か。そして、こうした地雷を踏んでおきながら「お布施」と割り切ってよいものか。(2014/2/21)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「残念仕様」はこうして隠される――PC周辺機器コストカットの手口
露骨にスペックダウンした製品をわざわざ選ぶ人はいない。それゆえPC周辺機器メーカーは、気づかれずにコストを下げるよう苦心する。そうした手口の数々を紹介しよう。(2014/1/20)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「このメーカー、同じような製品出しすぎ?」の裏で起きている争い
PC周辺機器やアクセサリでは、同じメーカーなのに明らかにターゲット層がかぶる2つの製品ラインアップが存在することが多い。その裏には、さまざまな要因が潜んでいる。(2013/12/13)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。