ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「牧ノブユキの「ワークアラウンド」」最新記事一覧

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
同じ型番の製品を買ったら仕様が違っていた そんなのアリ?
製品の仕様が変わると型番も変わるのが常識だが、さまざまな事情から同じ型番のまま販売が継続されることもある。中にはメーカーのサポート担当者が知らないうちに、製品の仕様がこっそりと変えられているケースまで存在するのだ。(2016/5/25)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
PC周辺機器界に「ペヨング」は生まれない?
「ペヨング」のような特売を意識したブランドは多くの業界に存在するが、PC周辺機器業界では、量販店で特売に使われるという意味では同様ながら、明らかな格落ち製品となるケースがしばしばだ。その理由について見ていこう。(2016/4/24)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
言うだけ無駄? こんな要望はメーカーに採用されない
メーカーにどれだけ適切な方法で意見や要望を伝えても、全く相手にされないのには理由がある。言っても無駄な要望とは?(2016/3/16)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「なぜ、この製品をこうしないのか」 メーカーがあなたの要望を聞かないワケ
製品に対する意見や要望をメーカーに伝える際、その表現や伝達ツールの選び方が間違っていると、せっかくの伝えようとする努力も無に帰してしまう。今回はこうした、メーカーに対する効果的な要望の出し方について、あらためて考えてみたい。(2016/2/16)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「これじゃ日本では売れないよ」 海外のPC周辺機器にありがちな残念ポイント
海外のPC周辺機器やアクセサリは、そのままでは国内で販売できないものも多い。色や形状、製品の特性など、思わぬところに日本のユーザーから敬遠されるポイントがあったりするからだ。(2016/1/16)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「どうしてこうなった……」という製品がロングセラーになる理由
「こんなの売れるわけないじゃん」という製品が、意外と延命できてしまうことは、PC周辺機器やアクセサリの業界では少なくない。こうした場合、コンシューマー市場とはまた異なる、表からは見えにくい販路が存在しているケースは少なくない。(2015/12/15)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
Appleに負けない高級な化粧箱を! でもコストは大丈夫?
簡素だったり海外製そのままのパッケージが増えている一方、スマホやタブレット、音楽プレーヤーなど価格が高めの製品ではパッケージの高級化が著しい。そんなにパッケージにコストをかけられるのかとも思うが……。(2015/11/25)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
もはや隠す必要なし? 「海外パッケージそのまま」が増えた理由
Webサイトに掲載されている製品情報は日本語なのに、いざネットで注文して届いてみたら海外パッケージだった……ということは、PCのサプライやアクセサリ製品ではよくある。こうしたケースが増えている背景をたどってみた。(2015/11/17)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
あなたも疑われている? 敵は身内にあり?――量販店を悩ます「万引問題」の裏側
単価が高く薄利なPC周辺機器業界では、目に見えるところと見えないところ、さまざまな万引対策が行われているが、それには客以外を想定した対策も含まれていたりする。(2015/10/28)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
あなたが知らない過剰在庫の世界――作りすぎた製品はどう売りさばかれるのか?
メーカーが下請け先に製品の製造を依頼する場合、一定の数量を買い切ることが契約書に明記される。メーカーはどれだけ製品の売れ行きが悪くても、その数量は必ず仕入れなくてはならないため、あの手この手を使ってさばかなければならない。(2015/9/27)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「大量導入で好調」は真実なのか? メーカーの過剰在庫を疑う
IT系製品のメーカーが、ある法人に自社製品を大量導入したと、誇らしげにアピールすることがある。しかしこの対象が「私立学校」で、かつ導入のタイミングが「もうすぐ決算のタイミング」であれば、これは別の意味合いを持っている可能性もあるのだとか。(2015/8/24)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
家電量販店の明暗は思わぬ場所にも現れていた――メーカー関係者が語る“熱意の差”
家電量販店は業績不振と言われるが、大きく減収減益したところもあれば、健闘しているところもある。その明暗は、あるイベントでの状況とほぼ一致していると、メーカー関係者の間でささやかれている。(2015/7/26)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
人気機種のアクセサリで勝手に商売、メーカーはなぜ怒らない?
PCやスマホ、タブレットが新しく発売されると、それに合わせてサードパーティ各社から周辺機器やアクセサリが発売されるのは、この業界ではすっかり見慣れた光景だ。本体メーカーは、自社製品に関係する製品を勝手に作って売られても怒らないのだろうか。(2015/7/2)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「お客様の声から生まれた製品」が世界を変えられない理由
「お客様の声から生まれた製品」といったフレーズはよく耳にするが、後世に名を残すような大ヒットの電気製品となると、なかなか思いつかないのではないだろうか。(2015/5/11)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
店頭に現物を置かない「カード展示」は“諸刃の剣”か?
家電量販店では、製品の現物を展示せず、型番や価格が書かれた「カード」だけを並べている風景をよく見かける。このカードによる展示はさまざまなメリットがある一方、自らの首を締めかねない諸刃(もろは)の剣でもあるのだ。(2015/4/27)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「再発防止に努めます」が製品をダメにする?
発売した製品について、何らかのクレームに直面すると、担当者は「再発防止に努めます」と言わざるを得ない。しかしクレームの程度を考慮せずに再発防止に務めることで、業務フローにかかる負担は増え、そしていずれ製品開発へ影響を及ぼす事態へとつながっていく。(2015/3/20)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「この人気商品、他の売場でも販売すればいいのに」が実現しないワケ
同じ量販店でPC売場のマウスを文具売場に持って行くなど、「これまである売場で展開していた製品を、別の売場で展開する戦略」は、簡単そうに見えて意外に難しい。そこには価格のズレやバイヤーのプライドなど、さまざまな要因が渦巻いている。(2015/2/27)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「他店価格よりも高ければお知らせください」は一石二鳥のワザ?
家電量販店には「地域最大級」「他店価格よりも高ければお知らせください」「オープン価格」など、分かるようで分からないような言葉が存在する。こうした曖昧な表現はなぜ生まれて定着したのだろうか。(2015/1/29)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
店頭の陳列面積で売れ筋製品が分かる……というわけでもない事情
量販店の棚を見ていると、1つの製品が1列だけ並んでいることもあれば、複数の列にまたがって陳列されている場合もある。複数列にまたがっている製品はイコール売れ筋と思いがちだが、実はケースバイケースだったりすることをご存じだろうか?(2014/12/24)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
下取りされたスマホはどこへ行くのか? 周辺機器の買い替えキャンペーンと何が違うのか?
新製品の拡販につきものの下取りキャンペーン。ここで引き取られた製品は、その後どのような末路をたどるのか。iPhoneなどのスマートフォンのほか、現物の引取が発生しないことが多い、PC周辺機器の買い替えキャンペーンについても併せて見ていこう。(2014/10/24)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
妙に店頭でプッシュされる製品、果たしてベストな選択なのか?
量販店の店頭で目立つ「この製品売れています!」という貼り紙。そう言われると気になってしまうが、売れているからといって、必ずしも製品が優れているとは限らない。そこには、販売店が特定の製品を優先的に売るようになる仕組みが隠されているのだ。(2014/9/24)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
想定外に「安っぽく見える」製品ができてしまった……どうやって売る?
ようやく完成した製品の見た目がチープで、売価が高く感じられるというのは、メーカーが頭を悩ませる問題の1つだ。当然、メーカーはあの手この手を使って、何とかして拡販しようとする。その手法を見ていこう。(2014/8/19)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「取説いらずの使いやすい製品」が日本で生まれにくい理由
IT関連の機器は「学ばなくてもすぐ使える」のが理想だ。しかしながら、ハードウェアの開発を行っている現場では、こうした考え方はまだまだ浸透していない。そのズレはどんなところにあるのだろうか。(2014/7/27)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「保証期間が切れた直後に壊れるタイマー付き製品」は実在するか?
ネットで見かけるPC関連の陰謀論に「某製品は保証期間の終了直後に故障するトラップ付き」というものがある。果たして、現実的にこんなことがあり得るのだろうか?(2014/6/30)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
タッチパネルにより「物理ボタン」は消えゆく運命なのか?
スマートフォンをはじめ、従来は機器に搭載されていた物理ボタンが、タッチパネルに取って代わられようとしている。この急激な流れの影には、タッチパネルの信頼性向上やユーザーの慣れといった要因以外に、メーカーのさまざまな思惑が絡んでいる。(2014/5/16)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
ワゴンセールはなぜ安いのか? そして買いなのか?
PC周辺機器やアクセサリでは、仕入れ価格が50%を下回ることはまずない。しかし家電量販店に足を運ぶと、処分価格と称して半額セールや100円均一セールが行われていたりする。これらはどのようなスキームで実現されているのだろうか。(2014/4/22)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
Windows XPを使い続けたいユーザー、もう捨てたいメーカー
Windows XPの延長サポート終了によって、PC周辺機器メーカーやソフトウェアベンダーはようやくその呪縛から解き放たれようとしている。しかし今回、XPの移行がスムーズに行われなかったことで、将来的なOSの販売体系に変化が起こるかもしれない。(2014/3/26)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「予告編詐欺」な製品が増えているワケ
画期的な製品だと派手に発表された製品を予約し、やっと入手できたと思ったら、まるで「その域に達していなかった」──こうしたケースが近年増えている。その理由は一体何か。そして、こうした地雷を踏んでおきながら「お布施」と割り切ってよいものか。(2014/2/21)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「残念仕様」はこうして隠される――PC周辺機器コストカットの手口
露骨にスペックダウンした製品をわざわざ選ぶ人はいない。それゆえPC周辺機器メーカーは、気づかれずにコストを下げるよう苦心する。そうした手口の数々を紹介しよう。(2014/1/20)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「このメーカー、同じような製品出しすぎ?」の裏で起きている争い
PC周辺機器やアクセサリでは、同じメーカーなのに明らかにターゲット層がかぶる2つの製品ラインアップが存在することが多い。その裏には、さまざまな要因が潜んでいる。(2013/12/13)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
見た目が変わらない新製品、あなたは買いますか?
新製品だが、デザインは旧来のまま――こうした製品が最近増えつつある。一見すると手抜きに見え、買い替える価値がなさそうに思えるが、考え直すべきかもしれない。(2013/11/19)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
開けたら最後、もう元に戻せない――頑丈・複雑すぎる製品パッケージは何のため?
「安い製品なのにすごく頑丈な箱で信頼できる」だったり「中身が見えるブリスターパックで安心できる」なんて思ったら、すでにメーカーの術中かも……というお話。(2013/10/24)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「コンセプトモデル」が発売に至らない3つの理由
コンセプトモデルと称してイベントでお披露目される新製品。これらはさまざまな思惑で会場に持ち込まれ、そもそも発売を前提としていないケースもあるのだとか。(2013/9/20)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「初回ロット」は見送るべきか?
ハードウェアの製造プロセスには、さまざまな問題が発生する。それらは改善される場合もあれば、何らかの事情で根本的な解決がなされないまま出荷に至る場合もある。中には、製品を支援しようとするユーザーの善意が、アダになることも……。(2013/8/27)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
不採用の理由は、PCに“詳しすぎる”から……だと?
PC周辺機器メーカーでは、あまりPCに詳しすぎる人は社員として採用しないか、より慎重に見極めるという不文律がある。人一倍の「こだわり」を持つ彼らが、現場に与える悪影響とは何か。(2013/7/31)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「販売店>>>>メーカー」を揺さぶる“限定”大作戦
あらゆる業界で「限定カラー」や「初回特典つき」の製品が増えつつある中、PC周辺機器などでもこうした例が増えつつある。新発売プロモーションの一環のように見えるが、実は違った面も……。(2013/6/19)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
とあるiPhoneアクセサリが開発中止に追い込まれた事情
資金調達に成功しながら、開発中止となったCerevoの巻き尺付きiPhoneケース。この一件は、国内サードパーティ各社が悩んでいる「ある問題」と共通項がみられる。(2013/5/17)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
不人気でも“カラバリ”が増えていくミステリー
発売済みの製品に、後からカラーバリエーションが追加投入されることはよくある。これは果たして売れている証拠だろうか? それともその逆なのだろうか?(2013/4/23)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
それいけ! ズッコケ“異業種”参入組み
デジタルガジェット市場に異業種が“メーカーとして”参入するケースが増えている。しかし、トラブル発生>終息となることも少なくない。どーしてそーなるの! (2013/3/26)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
地方から「郊外型大規模店舗」が消える理由
過大な在庫を抱えていつ閉店するか分からない「地方の大型店」は、いつ爆発するか分からない時限爆弾だ。これは、大量返品から身を守るべく暗躍するメーカーの物語である。(2013/2/15)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
経営を統合すると量販店から客が消える
経営統合のメリットに「仕入れ統合によるボリュームディスカウント」を挙げる家電量販店は多い。しかし、PC周辺機器メーカーには、迷惑千万な話だったりする。(2013/1/23)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
“あれ”が“あの”販売店に“ない”理由
あるメーカーの製品がある販売店にない場合、販売店関係者が「俺たちの影響力」と自慢していたら、実はメーカーの“思惑”だったりするから、この業界面白い。(2012/12/20)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
ちょっと待て! いや待つな! 保護シートの初回ロットがややこしい
売り手的にも買い手的にも、同時発売同時購入が常識のiPhoneやiPadの保護シート。しかし、初回ロットの出来が“的外れ”ということが“少なからず”ある……。(2012/11/20)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
iPhone 5からDockコネクタがなくなってボクたちは泣いた
iPhone 5が採用するLightningコネクタ。ユーザーに買い替えを迫るこのモデルチェンジは、サードパーティーと部材メーカーにも“天変地異”的な衝撃を与えた! (2012/10/16)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
口コミレビューで“なかったこと”にする方法
「Kobo Touch」で製品以上に話題となった口コミレビューの“非表示”対応。その是非はともかく、この種の問題でメーカーができる対応に何があるのだろうか。(2012/8/7)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
本体メーカーとサードパーティーの「持ちつ持たれつ」
PCやスマートフォンの本体メーカーと周辺機器やアクセサリのサードパーティー。二人三脚で事業を展開する彼らの関係に、ちょっとした変化が起きている。(2012/7/25)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
リアル店舗でせめぎあう「都合のいい店員」と「都合のいい客」
「実物を見ないとよく分からないので、量販店の店員に聞いて決める」というあなたは、量販店の店員にうまく利用されているだけの「お人好し」かもしれない。(2012/6/28)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
ビックとコジマのハザマで震えるメーカー営業マン
量販店が合併すると仕入れが一本化できて効率的! というのは、量販店の事情。製品を納入するメーカーは、実にありがたくないイベントだったりする。(2012/5/16)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「初回ロット即完売」に釣られる
「初回ロット即完売」「初回入荷分が即日完売」といったフレーズで売れ行きが好調と判断するのは早計だ。ええ! どうして! だってお店にぜんぜんないじゃん! (2012/4/18)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「新しいiPad」で混乱して困惑する人々
誰もが驚いた「新しいiPad」という名前。アップルがこの名称に込めた狙いとは? そして、最も困惑しているのは、ユーザーではなく意外な彼らだったりするという。(2012/3/23)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。