レビュー
» 2009年07月03日 16時16分 UPDATE

SSD+HDDの効果は!?:SSD+HDD/HDD/SSD搭載の新型「LaVie Light」3モデルを徹底的にテストした (1/2)

ラインアップを大幅に強化したNECの夏モデルで登場したNetbookの「LaVie Light」。ストレージやCPUが異なる全モデルをテストした。

[田中宏昌(撮影:矢野渉),ITmedia]

新型と旧モデルでベンチマークテストを実施

ht_0906ai01.jpg 上位モデルは3色のカラバリを用意する

 NECの新型Netbook「LaVie Light」は、大手国内PCベンダーらしく全10モデルの豊富なラインアップを擁する。詳細は下の関連記事に譲るが、ここではSSD+HDDのハイブリッド仕様で大容量バッテリーを備えた最上モデル「BL350」シリーズと、HDDと3セルの標準バッテリーを採用した「BL310」「BL300」シリーズ、そして春モデルと同じボディにSSDを搭載したエントリーモデル「BL100/TA」に加え、従来の春モデルでベンチマークテストを行った。

 ベンチマークプログラムを使ったテストのほか、OSの起動時間をはじめスタンバイや休止状態への移行/復帰時間なども計測しているので、製品選びの参考にしてほしい。なお、新型LaVie Lightは一部試作機での評価となったため、実際の製品とは異なる可能性がある。

ht_0906ai02.jpg 最上位のBL350シリーズ
ht_0906ai03.jpg ミドルレンジのBL310/BL300シリーズ
ht_0906ai04.jpg エントリーのBL100/TAは前モデルのボディを引き継ぐ


新型LaVie Light全モデルのスペックをチェック

 各モデルの主なスペックを下にまとめたが、夏モデルで登場した上位3モデルは新設計のボディを採用し、画面解像度や内部スペックも強化されている。それに対し、エントリーモデルとなるBL100/TAは従来機のボディや液晶ディスプレイはそのままに、ストレージをHDDからSSDに変更し、価格を引き下げた。なお、ミドルレンジのBL310とBL300の違いは、前者が「Office Personal 2007 2年間ライセンス版」をプリインストールしている点だけだ。

新型LaVie Lightの主なスペック
モデル BL350 BL310 BL300 BL100/TA
カラバリ パールブラック/パールレッド/フラットホワイト フラットホワイト
CPU Atom N280(1.66GHz) Atom N270(1.6GHz)
チップセット Intel 945GSE Express
メモリ 1GB PC2-4200(1GB DIMM×1)
ストレージ SSD 16GB+HDD 160GB HDD 160GB SSD 16GB
グラフィックス Intel GMA 950(チップセット内蔵)
ディスプレイ 10.1型ワイド光沢
解像度 1024×600ドット 1024×576ドット
有線LAN 100BASE-TX/10BASE-T対応
無線LAN IEEE802.11b/g/n IEEE802.11b/g
Bluetooth Bluetooth 2.1+EDR
バッテリー 6セル 3セル
バッテリー駆動時間 約7.4時間 約4.2時間 約3.2時間
ボディサイズ W285×D205.5×H27.5〜36.9ミリ W285×D183.5×H27.5〜29.8ミリ W250×D176.5×H31.3〜36.5ミリ
重量 約1.32キロ 約1.14キロ 約1.07キロ
オフィススイート Office 2007(2年間ライセンス版)
プリインストールOS Windows XP Home Edition(SP3)
実売価格 7万円前後 6万円前後 5万円前後

 それでは、ユーティリティを使って各モデルを見ていこう。まずは16GバイトのSSD(MLC)と160GバイトのHDDを搭載した最上位のBL350シリーズだ。

ht_0906ai05.jpght_0906ai06.jpght_0906ai07.jpg CPU-Z 1.51(画面=左と中央)とGPU-Z 0.3.4の画面(写真=右)。CPUはAtom N280(1.66GHz)だ

ht_0906ai08.jpght_0906ai09.jpght_0906ai10.jpg BL350シリーズのデバイスマネージャ画面

ht_0906ai11.jpght_0906ai12.jpght_0906ai13.jpg Intel Graphics Media Accelerator Driver for mobileの画面。ドライバのバージョンは新型/旧型LaVie Lightで共通だ(6.14.10.4906)

 こちらは160GバイトのHDDを搭載したミドルレンジのBL310とBL300シリーズの画面。

ht_0906ai14.jpght_0906ai15.jpght_0906ai16.jpg CPU-Z 1.51(画面=左と中央)とGPU-Z 0.3.4の画面(写真=右)

ht_0906ai17.jpght_0906ai18.jpght_0906ai19.jpg BL310/BL300シリーズのデバイスマネージャ画面

 16GバイトのSSD(MLC)だけを内蔵したエントリーモデルのBL100/TAの画面。

ht_0906ai20.jpght_0906ai21.jpght_0906ai22.jpg CPU-Z 1.51(画面=左と中央)とGPU-Z 0.3.4の画面(写真=右)。CPUはAtom N270(1.6GHz)にダウンする

ht_0906ai23.jpght_0906ai24.jpght_0906ai25.jpg BL100/TAのデバイスマネージャ画面

 最後は、従来の春モデルであるBL100/Sシリーズの画面だ。上のBL100/TAと比較してSSDが160GバイトのHDDになっている。

ht_0906ai26.jpght_0906ai27.jpght_0906ai28.jpg CPU-Z 1.51(画面=左と中央)とGPU-Z 0.3.4の画面(写真=右)

ht_0906ai29.jpght_0906ai30.jpght_0906ai31.jpg BL100/Sシリーズのデバイスマネージャ画面

 次のページでは、各モデルのパフォーマンスやバッテリーの駆動時間を細かく見ていく。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.