レビュー
» 2013年01月22日 09時40分 UPDATE

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:第9回 “なんだかメンドー”を解消する「Windows 8便利ショートカット」7選

Windows 8になってパワーアップしたLaVie Zだが、Windows 8はこれまでとちょっとだけ使い勝手が異なる部分がある。ここでは、タッチパネルを備えないLaVie ZでもWindows 8を便利に使う方法を考えてみたい。

[鈴木雅暢,ITmedia]

Windows 8、第一印象は「最悪」だったが……つきあってみるとすごくいいヤツ

photo Windows 8をインストールしたLaVie Z(LaVie G タイプZ カスタマイズモデル)

 Windows 8になって一段と軽快さが増したLaVie Zだが、このWindows 8は意外と従来からのWindowsユーザーには抵抗があるようで、敬遠すらする向きもあるようだ。考えてみれば、その気持ちはなんとなく理解できる。

 実際、筆者もプレビュー版のWindows 8にはじめて触れたときの第一印象は「最悪」だった。Windows 7がシンプルで軽快なOS(当時としては)を目指したものだっただけに、Windows 8は何かゴテゴテと邪魔なものがついているようだったし、当時はタッチ操作以外でうまく使う方法を知らなかったこともある。Windows 8を敬遠する方は、この「余計なものがついている感覚」が大きいのではなかろうかと思う。

 しかし、Windows 8はWindows 7の延長線上だけの視点から見ても、十分によいOSだ。CPUやメモリの負荷を減らし、GPUのハードウェアアクセラレーションを積極的に活用することで、同仕様のWindows 7マシンと比べてもサクサク・キビキビとしたレスポンスだと感じられる快速な感じになっているし、ちょっとした新しい作法を覚えれば日常的な操作もWindows 7よりむしろ便利だったりする。タッチパネルがなくても、その恩恵は十分に得られるのである。

 また、Windows 8は仮に使わない機能があってもそれが足を引っ張っているわけはないと気が付く。「別にスタート画面やWindowsストアアプリになじめなくてもそれは使わず、速いWindows 7として使えばいいじゃないかな?」と思うわけだ。Windows 8はデスクトップUIのみを使うにしても、最低限の作法を身に付けるというわずかな条件こそあるがWindows 7に劣る部分はほとんどない。

Windows 8の操作を快適にするキーボードショートカット7つ

 Windows 8に慣れる大きなカギの1つが、画面右端に表れる「チャーム」メニューだ。特に、検索(アプリ、ファイルの検索)、スタート(スタート画面の表示)、設定(各種設定へのアクセス)の3つはよく使う。このチャームを通してアクセスするという作法が身に付けば、Windows 8の何というか……「よく分からない感じ」はだいぶ軽減されるはずである。

 そして、LaVie Zなどタッチパネル非搭載モデルにおいては、キーボードショートカットも覚えると使いこなしが楽になる。ショートカットの一覧は、マイクロソフトのWebサイトに詳細が記載されているが、何もこれ全部覚える必要はない。チャーム表示を中心とするいくつかのショートカットキーだけを知っておくとよい。意外とこれだけで「スタートメニューがない」「スタート画面もかったるい」「だからWindows 8は面倒くさい」と思っている方も、Windows 8に対するイメージは大きく変わるはずだ。

 というわけで、個人的に覚えておきたいお勧めショートカットは以下の7つだ。

「Windows 8」の便利ショートカットキー
  ショートカットキー 機能の内容 機能小解説
1 Windowsキー スタート画面の表示/戻る
2 Windowsキー+C チャームメニューの表示/非表示 日付や時刻の確認にも利用可能
3 Windowsキー+D デスクトップUIの表示、デスクトップUIで開いているウインドウを非表示に 開いているウインドウを一時的に消したいときにも便利
4 Windowsキー+E Windowsエクスプローラ/マイコンピュータを開く Windowsエクスプローラ(ファイル管理ブラウザ)へすぐアクセスしたいときに
5 Windowsキー+I 設定チャームを開く 電源→スリープ/シャットダウン/再起動を選択可能。特にシャットダウン操作が面倒……と思っている方はぜひ。電源オフはCtrl+Alt+Delキー→電源でも
6 Windowsキー+Q チャームを開いてアプリを検索する 従来のスタートメニュー代わりに使うとよさげ
7 Windowsキー+X クイックリンクメニューを開く コントロールパネルの主要項目にすぐアクセス可能。中上級者層には超便利なメニュー

 特に日付/時刻の表示も兼ねるチャームの表示「Windowsキー+C」、電源を切るときに使う設定チャームの表示「Windows+I」、設定項目へすぐアクセスできるクイックリンクメニュー「Windows+X」は必須と思う。これを覚えれば、これができないWindows 7は逆にかったるくてもう使えないと思ってしまうほどである。

photo Windows 8のキモであるチャームの表示「Windowsキー+C」。チャームと同時に日付と時刻も表示される
photo スタートメニューに慣れているともどかしいと思いがちな「マイコンピュータ」へのアクセス(Windowsエクスプローラの表示)。これは「Windowsキー+E」で一発OK
photo 「Windowsキー+I」で、設定チャームが開く。電源を切るまでのステップもだいぶ省略できる
photo 従来のスタートメニューがなくなり、戸惑っている方も多いだろう。この「Windowsキー+Q」でアプリの検索、およびアプリの一覧ができる
photo 「Windowsキー+X」で開くクイックリンクメニュー。Windows利用歴の長いユーザーのニーズにズバッと応える便利メニューなのである

 (続く)


NEC Direct(NECダイレクト)

「LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト」バックナンバー

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.