ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ダイナミックDNS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ダイナミックDNS」に関する情報が集まったページです。

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(13):
「超軽量」VPNを試してみよう、フレッツIPv6オプションで
「フレッツ 光ネクスト」のIPv6オプションを使ったIPoEが、インターネット接続を高速にする手段として注目されている。この手法はインターネットと切り離された超軽量VPN(閉域網)の構築にも利用できる。超軽量とは技術はもちろん、通信コストが安いという意味だ。(2019/2/25)

今どきのNASでWindowsファイルサーバは断捨離できるか!?:
第1回 今どきのNASでWindowsファイルサーバは置き換えられる?
古くなったWindowsファイルサーバを断捨離してNASにすることは可能か? 最近のNASはとても高機能で、ファイル共有だけではなく、運用を簡単にするさまざまな機能も持っている。(2017/12/28)

IoTでネットワークカメラを再発明? スマホから手軽に遠隔視聴できる「Safie」を試す
面倒な設定なしで手軽に利用できるネットワークカメラはないものだろうか。この「Safie」は、映像をクラウドに自動アップロードするサービスにより、セットアップが簡単で、外出先からの視聴も自由自在という。実際に試してみた。(2017/10/7)

2017年春はこれを買う!(3):
エントリー向けNASキット4製品を徹底比較 クラウド連携・リモートアクセス編
各社から発売されている2ベイのNASキット4製品を用意し、セットアップから実際の使い勝手に至るまで、スペック表だけでは分からない違いを徹底比較。第3回となる今回は、「クラウド連携」「リモートアクセス」の2つのポイントをチェックする。(2017/4/22)

破損に備えて予めデータの複製を行います!:
故郷の両親に5TB(1TB+4TBクラウド)のHDDを! ASUSTORで作るプライベートクラウド
更新料金が不要なプライベートクラウドストレージを構築しよう。(2016/8/29)

NTT東のフレッツ網対応DDNSを無償提供 ソフトイーサ、「2年以上の交渉」の末実現
ソフトイーサは、NTT東のフレッツ網内で利用できる、IPv6対応のダイナミックDNSサービスの無償提供を始めた。(2016/6/15)

Synologyで始めるNAS入門 第2回:
外出先から自宅のNASを活用できる「リモートアクセス機能」はこんなに便利
NASに保存したデータをいつでもどこでも活用したい、そんなNAS初心者に向けて、Synologh NASのリモートアクセス機能を丁寧に解説。実はこんなに簡単だった!(2015/12/16)

WindowsユーザーのためのMac入門:
第6回 Windows PCとファイルを共有できるようにしよう
MacBook Airに移行しても、Windows PCや社内のWindowsサーバーとファイルのやりとりができないと不便だ。そこで、今回はMacBook AirとWindows PCとのファイル共有を試してみる。(2015/6/17)

半径300メートルのIT:
便利すぎて怖い「個人用VPN」
自宅ルータの「VPNサーバ機能」を使って、外出時にも自宅ネットワーク上のNASに接続できるようにしました。便利ですが、ちょっと気になることも。(2015/5/12)

仕事で使うNAS 第4回:
ASUSTOR NASをメールサーバとして使うときの注意点
ビジネス向けNAS講座の連載第4回では、ASUSTOR NASにApp Centralで機能を追加し、メールサーバーとして活用するための具体的な方法を解説する。(2015/4/28)

Tech TIPS:
ChromebookでVPNを設定する
外出先からインターネットを使って社内ネットワークにアクセスする際や、公衆無線LANサービスでセキュリティを確保する際にインターネットVPNが利用される。そこでChromebookでVPNを設定する方法を紹介する。(2015/4/3)

国内でも注目度が急上昇:
PR:“初めてのNAS”にSynologyを選ぶ3つの理由
海外製NASキットの中でも、豊富な機能と使いやすさで国内ユーザーの注目を集めているのがSynologyだ。その魅力を徹底解説。(2015/3/16)

「Heartbleed」よりもココ――サイバー攻撃者が狙う多国籍企業の弱点
シスコによれば、セキュリティリスクでは標的型攻撃などインパクトの大きな脅威が注目される。しかし、実際には企業内の「脆弱なリンク」が問題になる。(2014/10/8)

SOHO/中小企業に効く「ネットワークカメラ」の選び方(第1回):
Webカメラとは違う「ネットワークカメラ」選びの基本とは?
防犯・監視用途にとどまらず、受付の様子や会議室の利用状況をモニタリングするなど、広い範囲で使われるようになった「ネットワークカメラ」。その選び方を紹介する本連載の第1回は、製品選択のための基本的なポイントをチェックしていく。(2014/8/27)

Microsoftが不正利用のドメイン制御、正規のユーザーにも影響か
米Microsoftはマルウェアに不正利用されていたドメインを制御したと発表。DNS事業者側は、Microsoftの措置のために何百万という罪のないユーザーが障害に見舞われたと反論している。(2014/7/2)

真打ちNAS、連載開始!:
NASを使ってみたい? それなら「ASUSTOR」で1歩先を行くデジタルライフを始めよう
新興NASメーカー「ASUSTOR」は、エントリーモデルにもインテルCPUを採用し、同価格帯の製品では抜群のコスパを誇る。まさにこれからNASを導入したいと考えている人にうってつけなのだ。(2014/7/1)

エレコム、子どものネット利用時間を管理できる無線LANルータ「WRC-300GHBK」
エレコムはギガビットLANポートを4ポート備えたIEEE802.11b/g/n対応ルータを1月中旬に発売する。インターネット利用時間を制限する「こどもネットタイマー」機能を搭載。(2013/12/24)

シャア専用モデルも:
「PIXUS」2013年モデル、「いいね!」層に訴求──「スマホ写真プリント需要を掘り起こす」
個人向けプリンタ「PIXUS」シリーズの2013年秋冬モデルは、原点回帰「写真に強い」をアピール。スマホ・クラウド連携機能「新PIXUSクラウドリンク」を新たに実装し、スマホ写真利用者のプリントニーズを掘り起こす考えだ。(2013/8/27)

Windows Server 2012 ×「ちょっとだけ連携」でネットワーク管理を便利に(8):
デュアルスタック環境での名前解決(前編)
これまで2回に渡って、デュアルスタック環境でのWindowsとネットワークデバイスの関係を、環境を構築しながら確認しました。今回は構築した環境を基に、IPv6ステートレス自動構成とDNSの関係を確認しましょう。(2013/8/26)

「IdeaPad Yoga 11S」ロードテスト:
第4回 Yoga 11Sを「ポッポ」で使って分かったこと
「IdeaPad Yoga 11S」は個人向けモデルだが、“Think”なつもりで仕事で活用してもかなり役立ってくれる。今回はYoga 11Sのために構築した「業務環境」を紹介する。(2013/8/14)

Windows Server 2012 ×「ちょっとだけ連携」でネットワーク管理を便利に(7):
IPv4とIPv6のデュアルスタック環境を構築しよう(後編)
今回は、コンピュータ側のIPv6アドレスの割り当て方法や仕組みについて学習し、IPv6環境で「ちょっとだけ連携」を行うための準備を完了させます。(2013/7/18)

Maker's Voice:
APTを食い止めるヒントは通信のログにある
米Blue Coatのセキュリティ研究者、クリス・ラーセン氏は、「不正な通信を早く見つけることが、APTの被害抑止につながる。それは自分たちでするしかない」と指摘する。(2013/7/10)

いつでもあの娘を見ていたいんだ:
低価格ネットワークカメラで“ペット監視システム”を構築する
外出中もペットの様子が気になって仕方がない……そんな人は低価格ネットワークカメラを導入しよう。いつでもハァハァできるぞ!(2013/5/9)

DevOps時代のJavaプログラマのためのオープンクラウド入門(1):
“使用”より“構築”で学ぶオープンPaaS「OpenShift」
オープンなクラウドで重要性を増すJava。DevOps時代のJavaプログラマはアプリケーション開発者(Dev)もデプロイや運用(Ops)面におけるクラウド/インフラ技術への幅広い理解が必要となる。本連載では、さまざまなオープンクラウド技術を紹介していく。初回は、オープンソースのPaaSであるOpenShiftを紹介。どんな技術を使ってPaaSが実装されているのかを理解しよう(2013/4/25)

“熟練”の新興NASメーカー来襲:
シン・最強NASとなるか? 新規参入の実力派、ASUSTOR「AS-604T」
台湾から新たなNASメーカー「ASUSTOR」が日本市場に参入してきた。ん? あそこのメーカーの製品に似てるって? でもそれは当然なのです……(2013/1/16)

いつでもどこでも見ていたい:
iPad/Android端末で外出先から監視できる低価格ネットワークカメラ「Qwatch」
アイ・オー・データ機器は、無線LAN対応ネットワークカメラ「TS-WLCAM」を発表、12月下旬に発売する。ペットの監視に最適。(2012/11/14)

ほほう、これは楽しい:
新しいiPadとの相性はどう? 地デジ内蔵無線LANルータ「Wi-Fi TV」検証
iPadなどを手軽に地デジ化できる、実売1万円台の地デジチューナー内蔵無線LANルータが登場。無線接続で家中どこでも、お風呂テレビ・寝ながらテレビも自由自在な「Wi-Fi TV」の使い勝手をチェックした。(2012/4/19)

電波がよく届くハイパーロングレンジ仕様:
スマホ利用者に便利、アンテナ内蔵小型ボディ+“電波がよく届く”仕様の低価格モデル──「AtermWR8175N(HPモデル)」
NECアクセステクニカが、スマートフォンでの利便性を強化した300Mbps対応無線LANルータを発表。電波がよく飛ぶハイパーロングレンジ仕様ながら、アンテナ内蔵の省スペースボディと購入しやすい価格帯を実現した。(2012/4/17)

セキュリティ・ダークナイト(9):
知らないほうがいいのかもね? 人の脆弱性にハラハラ
不正アクセス禁止法の改正によって、いわゆるフィッシングサイトの設置や、そこへ誘導するフィッシングメールの送信が禁じられることになった。今回は、そのフィッシングサイトの危険性、ひいてはそれにだまされる「人」というものの脆弱性を、実際にサイトを構築することによって検証してみる。(編集部)(2012/4/10)

“WiMAX Speed Wi-Fi”レビュー:
初のWiMAXハイパワー対応ホームルータ──「URoad-Home」で“ギリギリ圏外”は改善するか
月々のネット接続費を節約したい。それなら「WiMAX 1本」にしてしまってはいかがだろう。“ギリギリ圏外”が改善される可能性があるというWiMAXホームルータの新モデル「URoad-Home」を試した。(2011/12/9)

2ドライブ仕様で高速なRAID 0対応:
今買うなら“高速+多機能”でなきゃ──100Mバイト/秒の高速NAS「HDL2-Aシリーズ」検証
ちょっと高いが、どうせなら──。USB外付けHDDに対し、今、NASを購入するならどんな機能があれば幸せか。アイ・オー・データ機器の高性能NASシリーズ「HDL2-Aシリーズ」を検証する。(2011/10/26)

デザイン一新、約17%小型化:
高速450Mbps通信に対応──NEC、個人向けハイエンドルータ「AtermWR9500N」
NECアクセステクニカが、個人向け無線LANルータのハイエンドモデル「AtermWR9500N」を投入。最大450Mbpsの無線LAN通信に対応し、2台セットのイーサネットコンバータモデルでそのままテレビやレコーダーを450Mbps無線LAN対応に強化できる。(2011/10/6)

CEATEC JAPAN 2011:
NEC、AtermルータシリーズのVPN対応モデル投入へ
NECアクセステクニカの個人向け無線LANルータ「Aterm」シリーズに、VPNを積極サポートするモデルが追加される。CEATEC JAPAN会場で試作機を公開した。(2011/10/5)

PR:増え続けるデジカメ画像に効く――簡単!「Windows Home Server 2011」導入
増え続けるデジカメ画像、ノートPCのHDDに保管するだけでは何かあった時に大変。それに自分や家族の撮った写真もまとめて管理したい――そんな悩みに答えるのが、Windows Home Server 2011。導入も簡単だからこそ、デジカメ好きにはWHS 2011をお勧めしたい。(2011/9/26)

「5GHz帯無線LANルータ」導入のススメ:
第4回 最新ルータで実現する、カンタン解決「リモートアクセス」入門(後編)
最新無線LANルータに備わる機能を活用すると、外出先から自宅への「リモートアクセス」もかなりラクに行えるようになる。今回は、スマートフォン+スマートフォンアプリと連携した利用シーンの一例を実践する。(2011/9/20)

「5GHz帯無線LANルータ」導入のススメ:
第3回 最新ルータで実現する、カンタン解決「リモートアクセス」入門(前編)
外出先で自宅のPCの、あのファイルにアクセスしたい。それならば「リモートアクセス支援」機能を持つ最新ブロードバンドルータを導入して手軽に実践できる。まずは、リモートアクセスとは何かを解説する。(2011/9/13)

脱ガンジガラメの働き方:
ビジネスホテルでの短期滞在という「準ノマドワーク」(データストレージ編)
1週間単位でビジネスホテルに短期滞在し、仕事をこなすことの多い筆者。準ノマドワークとでも呼ぶべきこの作業環境を構築するためのTipsを、何回かに分けて紹介する。今回は「データストレージ編」。(2011/9/2)

ロジテック、13台同時接続可能な8ポート無線LANルータ
ロジテックは、無線、有線合わせて13台を同時に接続できるギガビット対応無線LANルータ「LAN-W300N/G8」を発売する。(2011/8/18)

PC&iPhone/iPad/Androidで使える:
“自宅クラウド”を1万円台で実現っ──低価格NAS「LAN DISK HDL-CEシリーズ」の実力チェック
ノートPCやスマホはストレージ容量が乏しい、でもクラウドサービスは高額。それなら“自宅クラウドストレージ”を導入してみよう。リモートアクセスをサポートするNASの新モデル「HDL-CEシリーズ」の実力を検証する。(2011/8/18)

データは飛ぶもの、地面は揺れるもの:
財産であり武器である「情報」を失わないために――QNAPで始めるリスク対策
リスク対策は1つですべてをまかなえるものではない。地震や津波といった自然災害、それに続く停電など、何段にも備えてこそあらゆるリスクに対応できる。今回はQNAPの「TurboNAS」シリーズを使って、企業が事業を継続するために必要なリスク対策を考えていこう。(2011/8/16)

旅行・出張用に便利:
プラネックス、バスパワー動作+300Mbps対応のポケットルータ「MZK-RP300NPU」
プラネックスが、出張・旅行先などで便利に使えるポケットサイズの無線LANルータを発売する。USB子機付き、本体はUSBバスパワー動作が可能。価格は6300円前後(税込み)。(2011/8/12)

簡単リモートアクセス機能を搭載:
アイ・オー、スマートフォン対応NAS「HDL-CE」シリーズ
アイ・オー・データ機器より、スマートフォンで活用できる簡単リモートアクセス機能を備えたNASのエントリーモデルが登場。1Tバイトモデルで1万4600円から。(2011/8/3)

リモートアクセス機能を標準搭載:
スマホ+テレビともバッチリ連携──NEC、高機能ルータの新モデル「AtermWR8600N」
NECアクセステクニカは、2.4G/5GHz帯同時利用に対応する無線LANルータ「AtermWR8600N」を7月下旬に発売。スマートフォンアプリ+Webカメラと連携して「留守カメラ」を容易に構築できる機能も備えた。(2011/7/13)

Windows 7時代のワークグループ・ネットワーク:
第3回 Windows Home Server 2011(前)
SOHOやホームネットワーク向けの簡易サーバ、Windows Home Server 2011。その概要とインストール方法を解説。(2011/5/26)

“WiMAX Speed Wi-Fi”レビュー:
“10時間動作のWバッテリー”だけじゃない、クロウト好みの機能にもニヤリ──「URoad-9000」実力検証(後編)
URoad-9000のWバッテリー仕様は、“かなりアリ”である。続く後編では、ルータ機能のチェックに加え、ライバル機種と比べて通信性能・速度に違いがあるかをむっちり検証する。(2011/5/20)

共有する人がいなくても:
一人暮らしにぴったりな低価格NASキット――QNAPで始めるデジタル新生活
この春から親元を離れて一人暮らしを始めた大学1年生、社会人1年生も多いだろう。初めて自分用のPCを購入する人は一緒にNASもそろえてみたい。PCやスマートフォンをもっと便利に活用できる!(2011/4/22)

自宅のPCをちょちょいと遠隔操作:
“リモートアクセスって何?”という人でもカンタンに──“どこでもPC”機能「Lui」の進化ポイントを探る
今まで専用ハードウェアとともに使う“やや上級者”志向の機能だったNECの「Luiリモートスクリーン」が、ソフトウェア化で「初心者でもすごくカンタン」になったという。そもそもLuiとは何か、そして何が変わったのかを検証する。(2010/11/26)

ボットネット“ビジネス”のからくり、専門家が解説
ボットネットを使って数百万ドルもの利益を得るサイバー犯罪の舞台裏を、Black Hatセキュリティカンファレンスでセキュリティ研究者が説明した。(2010/8/5)

進化を止めない最強NAS 第1回:
iPhone/iPadで自宅のQNAPを徹底活用――「QMobile」を試す
“最強NAS”こと「QNAP TurboNAS」の最強たる理由は、全ラインアップで共通化されたソフトウェアによる拡張性にある。最新ファームウェアで追加された新機能を取り上げつつ、その真価に迫ろう。(2010/7/20)

2.5G/5GHz同時接続対応“ほぼ全部入り”無線LANルータも:
テレビのネット接続率、たった「15%」──家電の無線LAN化、バッファローが“簡単コンセント接続”で挑む
バッファローが、既存のネットワークテレビを「だれでも簡単に無線LAN化」できるワイヤレスユニットを発表。2.4G/5GHz同時利用対応の“最強クラス”な無線LANルータも投入する。(2010/6/9)

ASUS、Atom搭載のコンパクトホームサーバ「TS mini」
ASUSTeKは、本体幅96ミリの省スペース筐体を採用したWindows Home Server搭載ホームサーバ「TS mini」を発売する。(2010/3/25)

“真・最強NAS”活用術 第6回:
あなたにぴったりの“最強NAS”は? 「TurboNAS」シリーズの選び方
過去5回にわたってQNAP製TurboNASシリーズを取り上げてきた。第6回では総集編として過去の連載を振り返るとともに、これまで紹介していない製品も含めたラインアップの全容を見ていく。(2010/3/16)

そろそろ買い替え?:
ネットワーク強化型の「MOVIE COWBOY DC-MCNP1」を試す
ハンファ・ジャパンのメディアプレーヤーキット「MOVIE COWBOY」シリーズに2.5インチHDDを格納できる最新モデル「DC-MCNP1」が登場した。今回から型番のルールが変更されているが、中身はどう変わったのか。早速試した。(2009/8/14)

DIGITAL COWBOY、YouTube再生機能なども備えた多機能メディアプレーヤーキット「DC-MC35ULI」
DIGITAL COWBOYは、HDDメディアプレーヤーキット“MOVIE COWBOY”シリーズの新モデル「DC-MC35ULI」を発表。iPod Dockを装備するほか、Webブラウザ経由での外部アクセスなどにも対応。(2009/4/24)

実践でも役立つLPICドリル(10):
DNSセキュリティの設定
本連載は、Linux 認定試験 LPICに対応しています。一般的なLinuxユーザーレベルのトピックは省略し、システム管理とサーバ管理の内容を取り上げています。また、LPIC対策だけでなく、関連するトピックについて系統的な理解を問う問題も出題しています。連載の特徴は、対象となるプログラムのバージョンを可能な限り明記していること、比較的新しくまとまった解説がまだ少ないトピック、重要だが理解しにくいトピックを優先して取り上げていることです。問題を解き、その解説を読むことにより実践でLinuxを活用できる力を身に付けます。(2009/2/26)

ワイヤレスジャパン2008:
携帯新機種とグループの強みを生かしたホームソリューションも視野に──パナソニックブース
ワイヤレスジャパン2008のパナソニックブースは、2008年夏モデルのタッチ&トライコーナーを中心に、1979年の国内納入第1号機やグループの強みを生かした携帯と連携するホームソリューション、HSDPA通信モジュール搭載Let'snoteなどを展示する。(2008/7/23)

VAIOとの連携でもっと便利に:
ソニーが満を持して投入したホームサーバ――Liblog Station「HS1」の実力(後編)
ソニーのLiblog Station「HS1」は、VAIOの新ブランド「Extention Line」の中核をなすホームサーバ。後編は、その“VAIOらしさ”に肉薄する。(2008/5/29)

ただのテラバイト級NASではない:
ソニーが満を持して投入したホームサーバ――Liblog Station「HS1」の実力(前編)
Liblog Station「HS1」は、VAIOブランドから登場したソニーのホームサーバ。単なるDLNA対応NASではなく、VAIOらしい味付けをしているのが魅力だ。(2008/5/27)

2008年PC夏モデル:
第3の円形VAIOは1TバイトHDD搭載ホームサーバ――Liblog Station「HS1」
テレビサイドPC「TP1」シリーズ、デジタルTVチューナー「DT1」に続く第3の円形VAIOが登場した。今度は大容量HDD搭載のDLNA対応ホームサーバだ。(2008/5/7)

人気モデル2台をじっくり攻略:
我が家の無線が100Mbpsを超える日――802.11nドラフト2.0の無線LANルータ2機種を試す
802.11nドラフト2.0準拠の無線LANルータはどれだけ速い? バッファロー「WZR-AMPG300NH」とNECアクセステクニカ「AtermWR8400N」を使い比べてみた。(2007/9/11)

ケータイでiPodスピーカーを操作:
ZMP、「miuro」の遠隔操作アプリケーションを発売
ゼットエムピーは、ロボット技術を投入したiPodスピーカー「miuro」を携帯電話から遠隔操作するアプリケーションソフトを発表した。(2007/7/24)

ワイヤレスジャパン2007:
フラットスライド&カスジャケの最新機種と一緒に、“ショルダーフォン”も──パナソニックブース
ワイヤレスジャパン2007 パナソニック モバイルブースは、2007年夏モデル新機種のタッチ&トライコーナーを中心に、携帯を活用した法人向けソリューション、広範囲無線LANシステムなどを紹介。ショルダーフォンから始まる歴代の同社製品の一挙展示も見どころ。(2007/7/19)

WWDC'07 基調講演「Leopard」編:
ベールを脱いだ“Leopard”――新しい外観、新しいFinderで再デビュー
ついに開幕したWorldwide Developers Conference 2007。基調講演の目玉はWindows版SafariとLeopardの10の新機能だった。ここではこのうちLeopardの10の新機能を詳しく取り上げる。(2007/6/12)

“簡単設定”の統一化始まる:
WPSで難しい無線LAN設定にさよなら!?――コレガ「CG-WLBARGPXW-P」
無線LANの設定を簡便化する独自規格が乱立する時代は、近い将来終わるかもしれない。WPSの登場によって……(2007/3/20)

MIMO搭載ThinkPadでも使える!:
光に負けない速さを求めた高速無線LANルータ――コレガ「CG-WLBARGE-P」
ドラフト11n対応の無線LANルータが増えつつある中、さらなる高速化・安定化を目指したコレガの新モデル「CG-WLBARGE-P」が登場した。(2006/12/27)

年末緊急特番!ボットネット対策のすすめ:
「ターゲット化」するボット、対策はあるのか?
12月7日に開催された「Security Day 2006」では、ボットネットの現状と対策に関するパネルディスカッションが行われた。(2006/12/12)

iTunesもBittorrentもOK:
具だくさんな無線LANルータを賞味した――ASUS「WL-700gE」
160GバイトHDD搭載のNAS、iTunes/DLNA/ファイルサーバ、BitTorrent対応の自動ダウンロード機能まで備えたWL-700gEはオイシイか?(2006/12/11)

脳みそアウトソースで多機能に:
バンダイのホームロボット「ネットタンサー」を見てきた
バンダイロボット研究所の「ネットタンサー」は、ネット経由の遠隔操作やスクリプティングに対応する本格的なホームロボットだ。コミカルな外観とは裏腹に、実はかなり高機能。さっそく詳しい話を聞いてきた。(2006/11/2)

家庭のTVも“どこでもTV”に――ソニーが“ロケフリ”新製品を発表
ソニーが「ロケーションフリー」新製品として、ベースステーション「LF-PK20」とTVボックス「LF-BOX1」を発表した。TVボックスは、既存のテレビをロケーションフリーのクライアントにするという“新提案”だ。(2006/9/6)

ネットワーク/セキュリティアプライアンス導入計画:
多彩な製品から選ぶには――統合型セキュリティアプライアンス製品カタログ その3
今回も、前回に続き小規模ネットワーク向けの製品を紹介する。SOHOや小規模な営業所などでは、パフォーマンスもだが、それ以外にワイヤレスなど必要な機能を備えているものを選ぶのがポイントになるだろう。(2006/8/21)

米国版“どこでもTV”「Slingbox」、日本上陸
アイ・オー・データ機器と伊藤忠商事は、米Sling Media「Slingbox」を7月8日から国内販売すると発表した。Slingboxは、ソニーのロケーションフリーと同様の機能を持つ“どこでもTV”。店頭では3万円を切る程度になる見込みだ。(2006/6/23)

速攻レビュー:
MacにTVがやってくる♪――加賀電子の「ロケフリプレーヤー」
MacにはTVチューナー搭載モデルがない!とお嘆きの諸兄に朗報だ。Macユーザーにとって待望のテレビソリューションとなる“ロケフリプレーヤー”「TLF-MAC」が6月に登場する。今回は、ちょっと古めの「PowerBook G4」で試してみた。(2006/5/20)

TVストリーミングシステム:
W-ZERO3もノートPCも“どこでもTV”──米国発のロケフリもどき「Slingbox」を試す
PSPなどを利用してワイヤレステレビを実現するソニー「ロケーションフリー LF-PK1」が人気だ。しかし北米では同様のコンセプトとなる家庭用TVストリーミングシステム──“どこでもTV”製品が一足早く登場していた。今回その製品を入手し、日本国内でも実際に利用できるのか試してみた。(2006/4/17)

UTM――急成長する中堅企業の「門番」:
ファイアウォール/VPNベンダー製品は「基本機能で勝負」
ファイアウォールは、UTMの中でも中心となる機能だ。ここではファイアウォールの機能に実績、優位性のあるベンダー製品を紹介する。(2006/4/17)

アイ・オー、VPN接続対応ブロードバンドルータの2個セットモデル
アイ・オー・データ機器は、VPN接続によるセキュアな環境を構築可能なブロードバンドルータ2個セットモデル「ETX-VRT」を発表した。価格は4万9800円。(2006/4/5)

オネスト・テクノロジー、H.264配信を実現するネットワークTV配信ソフト
オネスト・テクノロジーは、H.264配信に対応し、自宅で受信したTVをネットワーク経由で外部PCにて視聴できるソフト「MY-IPTV Anywhere」を発表した。発売は2006年夏、想定価格は1万円前後。(2006/3/8)

プラネックス、スループット値最大92.6Mbpsを実現するエントリーブロードバンドルータ
プラネックスコミュニケーションズは、最大スループット92.6Mbpsを実現するブロードバンドルータ「BRL-04CW」を発売する。価格は3990円前後。(2006/2/20)

レビュー:
「PSP」を“テレビ以上”にするロケーションフリー
ソニーのロケーションフリーベースステーション「LF-PK1」と「PSP」を組み合わせて使ってみた。“ロケーションフリー”という言葉通り、場所を問わずにテレビを楽しめるアイテムだ。お風呂場や喫茶店など場所を変えながら試してみよう。(2006/1/18)

Windows上で手軽にオープンソース環境を、スペースタグが統合パッケージ
スペースタグは、ApacheやMySQLなどを含んだWindows向けのオープンソース統合パッケージ「ST Server for Windows 1.0」の提供を開始した。(2005/10/14)

レビュー
タイムシフトの次は“場所シフト”〜小さくなったロケーションフリーTV「LF-X5」
ソニー「LF-X5」は、7V型ワイド液晶を搭載した小型の“ロケーションフリーテレビ”だ。家の中ではワイヤレステレビとして、また外出先ではインターネットを介して自宅のテレビを楽しめる。ここまでは既存モデルと同じだが、550グラムの小型軽量ボディが“場所の制約”をさらに小さくした。(2005/2/28)

スペースタグ、Windows向けオープンソース統合サーバパッケージを公開
スペースタグは、Windows向け統合サーバパッケージ「SpaceTag Server」を無料ダウンロード提供する。(2005/2/2)

設定不要のiアプリ対応ライブカメラ「Surfeel」を試す
2万円以下で購入できるライブカメラ「Surfeel」は、PCだけでなくiアプリを使って携帯でも閲覧できる。VGAサイズの静止画もチェック可能だ。(2005/1/21)

アットネットホーム、外出先から自宅の様子が見られるサービスを開始
アットネットホームは、Webカメラを用いて外出先から自宅の様子が見えるサービス「ダイナミックDNS(ホームモニタリング)」を開始した。提携CATV事業者を通して提供され、料金は月額315円。(2004/12/15)

SonicWALL、アプライアンスにウイルス対策機能を追加
SonicWALLは、セキュリティアプライアンス「SonicWALL TZ 170シリーズ」「同PROシリーズ」のOSをアップグレードし、ウイルス対策機能を追加する。(2004/12/10)

レビュー
安心を「作る」――ホームセキュリティのコアパーツ「モニコンステーション」
ホームセキュリティに関心を持つ人は増えているが、システムの構築にはそれなりの費用が必要。そうした時にぴったりなのが、「DIY感覚」で防犯システムを自作できる“モニコン”だ。(2004/11/12)

ブロードバンドルータ+ギガビットハブ
果たして今、買い換える価値はあるか――ギガビットLANハブ搭載ルータ「BRL-04G」を試す
Gバイト単位のファイルコピーをPC間で行うといった作業は、PCでTV録画を行うユーザーであれば、とくに頻繁に行う。そのため自宅のLAN環境をギガビットLANにしたいと考えるユーザーも多いだろう。今回はちょっと変化球だが、その中でもなぜかその類の製品がさほど存在しない、ギガビットLANハブ搭載のブロードバンドルータ「BRL-04G」を試した。(2004/11/11)

レビュー
メガピクセル&無線対応機も登場した高画質ネットワークカメラ「アクシス 206」
アクシスの「AXIS 206 ネットワークカメラ」は新CMOSを採用、さらに高画質化を進めたネットワークカメラ。メガピクセルモデルや無線LAN対応モデルといったバリエーションも用意された。(2004/11/9)

レビュー
本格的なネットワークカメラを簡単に〜三洋電機「HOVICA」
三洋電機が発売する「HOVICA」は、独自のネットワークサービスを組み合わせることで簡単設定とリモートアクセスを可能にするネットワークカメラ。パン/ティルト機能にくわえ、人感センサーや赤外線リモコンの機能も持つ多機能モデルだ。(2004/11/8)

有線/無線LANに直結できるサーバ機能内蔵Webカメラ──プラネックス
プラネックスコミュニケーションズは、サーバ機能を内蔵した有線/無線LAN対応Webカメラを発売した。予想実売価格は4万9800円(税込み)。(2004/11/8)

WPC EXPO 2004:
ケータイあればペット安心? ペット監視カメラ最新事情
「携帯でペットの様子が分かります」――WPC EXPO 2004の会場で見かけた、携帯電話を利用したペット監視カメラを紹介する。(2004/10/21)

アクシス、CCDと同等の高画質を実現したネットワークカメラ「AXIS 206」
新CMOSを採用し、CCDと同等の高画質を実現した。スタンダードモデルのほか、無線LAN対応モデルや1280×1024表示可能なメガピクセルモデルもラインナップ。(2004/10/12)

WIN端末で定額ライブカメラ〜「CAMonEZ」を試す
WINの「ダブル定額」を使った、ライブカメラ利用を提案するのが「CAMonEZ」。どんな環境で使えるのか、導入はしやすいのかなどをチェックした。(2004/10/12)

アクシス、新レンズ搭載/PoE対応のハイエンドネットワークカメラ
アクシスコミュニケーションズが、新レンズを搭載し、高画質とブレの少ない画質を実現したネットワークカメラ「AXIS 211」を発表。PoEに対応することによって、ACアダプタなしでも利用が可能。(2004/9/8)

アクシス、Motion JPEG&MPEG-4対応の高画質ネットワークカメラ
アクシスコミュニケーションズが、Motion JPEGとMPEG-4の2つの画像圧縮方式に対応したネットワークカメラ「AXIS 210」を発表。7万円を切る価格ながら同社上位機種にも迫る高画質映像を実現。(2004/7/22)

1X WINでライブカメラ映像を視聴〜「CAMon EZ」
ライブカメラを好きな場所に取り付けて、その映像を1X WIN端末で視聴する。そんなサービスが7月8日より開始される。価格は月額1995円から。(2004/6/22)

高機能な見張り役 動体検知&マイク搭載のネットワークカメラ「CS-MVTX01F」
プラネックスコミュニケーションズの「CS-MVTX01F」は、水平270度/垂直135度という広範囲な撮影が可能なネットワークカメラ。単体でもネットワークに接続することが可能なほか、動体検知機能やマイク機能も持つ高機能製品だ。今回はその実力を検証してみよう。(2004/6/18)

“出かけるときは忘れずに” 留守番をしてくれるネットワークカメラ――松下 BL-C10
松下電器産業の「BL-C10」は、簡単なセッティングで使えるネットワークカメラだ。動画や静止画の参照、メールでの画像受信など、留守で空けた家の様子をモニタリングするにはうってつけのツールだ。(2004/4/8)

プラネックス、ネット経由でパン・チルト操作できるネットワークカメラ
プラネックスコミュニケーションズは、ネットワークカメラ新製品「CS-MVTX01F」を4月下旬に発売する。同社直販サイト価格は4万1790円(税込み)。(2004/4/2)

プラネックス、約1万円の無線ルータ&カードセット
プラネックスコミュニケーションズは、IEEE 802.11gに対応した無線ルータ&カードセット「BLW-04GZ-PK」を4月中旬に発売する。価格はオープンプライスだが、同社直販サイトの「PCI Direct」では1万479円(税込み)で販売する予定だ。(2004/3/30)

松下、人を検知して自動で撮影開始するネットワークカメラ
松下電器産業は、人を検知して自動で撮影開始するネットワークカメラ「BL-C10」を4月10日に発売する。(2004/3/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。