ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ファイナルファンタジーXV」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ファイナルファンタジーXV」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「Thunderbolt 3」でちょこっとパワーアップ GPUとRAIDストレージを外付けしてみた
最近「Thunderbolt 3」に対応するPCが増加傾向にある。「USB4」として標準化が決まったこの規格では、USB規格よりも高速なデバイスを接続できる。そこで、外付けGPUボックスと外付けRAIDストレージを使ってみようと思う。(2020/1/1)

Windows 10時代のゲーミングPC選び:
240Hz&RTX 2080でヌルヌル動作! あこがれの49万円ゲーミングPC「ROG Zephyrus S GX531GXR」を試した
消費税増税前に駆け込みで購入した自慢のゲーミングノートPCを、ASUSが誇る「ROG Zephyrus S GX531GXR」と対決させた。ガチ勝負の結果はいかに……。(2019/12/12)

格ゲーの駆け引きはAIにもできる? 憧れのプロ選手、AI化の可能性も
ゲーム業界のAI活用が進んでいる。最近では、人間の操作を学習するキャラクターAIも登場。テクニカルライターの西川善司さんが、昨今のゲームAI事情をまとめた。(2019/12/6)

第3世代Ryzenの最上位モデル:
ついに発売! 16コア32スレッド「Ryzen 9 3950X」の使い所を考える
間もなくAMDからRyzen 9 3950Xが販売開始される。メインストリーム向けのソケットに対応する製品でありながら、16コアというこれまで上位プラットフォームでしか利用できなかったコア数を手に入れられる製品だ。第3世代Ryzen発表時から予告されていたが、ようやく発売される。メインストリーム向け初となる、16コアCPUのパフォーマンスを調べてみよう。(2019/11/29)

瀬下寛之総監督×声優・島崎信長に聞くアニメ「Levius」 ポリゴン最新作で口をそろえる「過保護」というキーワード
セルルックCGの最前線を行くポリゴン。その先には、「限りなくカリカチュアされているのにもかかわらず十分な肉感がある」世界が見えているようです。(2019/11/30)

Googleのゲームストリーミング「Stadia」、11月19日に22タイトルでスタート
Googleが11月19日に14カ国で提供を開始するゲームストリーミングサービス「Stadia」の立ち上げ段階のゲームラインアップ22本を発表した。年内にあと4本追加になる見込みだ。(2019/11/19)

Windows 10時代のゲーミングPC選び:
2画面搭載のゲーミングノートPC「OMEN X 2S 15」を試して分かったこと
最近増えつつあるデュアルスクリーンノートPC。日本HPの「OMEN X 2S 15」は、同社初のデュアルスクリーンノートPCだ。ゲーミングノートPCにおけるデュアルスクリーンはどのようなものか、性能と合わせてチェックしていく。(2019/11/1)

スペックにだまされてはダメ:
NVIDIAの新たなミドルレンジ「GeForce GTX 1660 SUPER」を試す
NVIDIAは、Turing世代のRT/Tensorコア非搭載GPU、GeForce GTXのラインアップとして、新たに「GeForce GTX 1660 SUPER」および「GeForce GTX 1650 SUPER」を追加した。今回は、10月29日に販売開始されるGeForce GTX 1660 SUPERを検証してみよう。(2019/10/29)

Google、クラウドゲームサービス「Stadia」のゲーム製作スタジオをモントリオールに開設
Googleが11月19日に14カ国でスタートするクラウドゲームサービス「Stadia」のオリジナルコンテンツ制作スタジオをカナダのモントリオールに開設する。(2019/10/25)

AIが人間を孤独から解放する? ゲームAI開発者が語る未来「人間中心の社会が変わっていく」
アンドロイドと人間が共生する社会はどのような姿なのか。PS4ソフト「Detroit: Become Human」をテーマにしたトークイベントが日本科学未来館で開催された。(2019/9/24)

モバイルPCでどこまでゲームができる?:
新型「ZenBoook 14」はゲーミングPCの夢を見るか?
ASUS JAPANの14型モバイルPC「ZenBook 14」がモデルチェンジし、CPUやGPUが強化された。新たなGPUの搭載により、モバイル環境でのゲーミング体験はどこまで変わるのだろうか。(2019/9/24)

クリエイター向けPCの新たなスタンダード!?:
ASUSの2画面4KノートPC「ZenBook Pro Duo」に感じた大きな可能性
ASUSTeKがCOMPUTEX TAIPEI 2019で発表した「ZenBook Pro Duo」(UX581)が、いよいよ日本でもリリースされる。キーボードの奥に4K表示のメインディスプレイと同じ幅、同じ横解像度のパネルを配置した本格的デュアルディスプレイノートは、どのような使い方を可能にしてくれるのだろうか。(2019/8/20)

GeForce RTX 2070搭載で手頃な価格 「G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5740」エントリーモデルを試す
マウスコンピューターのゲーミングブランド「G-Tune」。そのノートタイプ「NEXTGEAR-NOTE」シリーズのうち、15.6型ディスプレイにGeForce RTX 2070を組み合わせた「NEXTGEAR-NOTE i5740」のエントリー構成をレビューしてみた。(2019/7/26)

ライバルの登場が待たれる!?:
GeForce RTX 2080 SUPERをテスト 「脱フルHD」を目指すゲーマーにはお勧め
7月22日、NVIDIAのGeForce RTX 2080 SUPERが販売開始された。RTX 20シリーズのリフレッシュといえる「SUPER」の第3弾は、SUPERの中では最上位に位置付けられる。実際のパフォーマンスはどうなのだろうか。(2019/7/24)

夏の自作特集:
AMDの次世代GPU「Radeon RX 5700」シリーズはNVIDIA陣営にくさびを打ち込めたのか
第3世代Ryzenとともに、AMDは開発コード名「NAVI」こと次世代GPU「Radeon RX 5700」シリーズを投入した。すでに第3世代Ryzenのレビューでも利用しているが、こちらのパートではRadeon RX 5700シリーズについての検証結果を紹介しよう。(2019/7/11)

夏の自作特集:
マルチで圧倒、Intelに互角以上の性能を備えた「Ryzen 9 3900X」「Ryzen 7 3700X」をテスト
AMDから、開発コード名Naviの新GPU「Radeon RX 5700」シリーズとともに、Zen 2アーキテクチャを採用した次世代CPUとなる第3世代Ryzenが発売された。今回は、AMDの評価キットを入手し、Ryzen 9 3900XおよびRyzen 7 3700Xをテストした。(2019/7/7)

新登場の「GeForce RTX SUPER」シリーズでNaviへの迎撃態勢は万全か
NVIDIAは7月2日、新GPUの「GeForce RTX SUPER」シリーズを発表した、早速、GeForce RTX 2070 SUPERおよびRTX 2060 SUPERのパフォーマンスを見ていこう。(2019/7/3)

Googleのクラウドゲーミングサービス「STADIA」、11月に欧米14カ国で開始
料金プランやタイトルを発表。(2019/6/7)

Googleのゲームストリーミング「Stadia」、日本を除く14カ国で11月開始 月額9.99ドル 無料プランは2020年から
米Googleがゲームストリーミングサービス「Stadia」の詳細を明らかにした。残念ながら日本でのサービス提供は未定。(2019/6/7)

エントリーグレードのTuring登場:
GeForce GTX 1650はライトゲーマー層に福音をもたらすのか
NVIDIAが、モバイル向けのGeForce GTX 1600シリーズと同時にアナウンスしたのが、デスクトップPC向けのGeForce GTX 1650だ。その性能はいかほどのものか、AMDのGPUと合わせてテストをしてみた。(2019/5/1)

これを見ずに令和を迎えられるか! 平成最後の超会議、会場を彩るコスプレイヤーさん大特集
今回も撮り続ける……灰になるまで。(2019/4/27)

PR:高性能と高機能を両立 これぞゲーミングPCの王道「G-Tune15周年記念モデル」実力検証
2019年1月28日で15周年を迎えたマウスコンピューターのゲーミングPCブランド「G-Tune」。それを記念して高い性能と機能を兼ね備えたモデルが登場した。注目の「NEXTGEAR i690PA4-SP」を見ていこう。(2019/4/18)

ポプテピ新作アニメ、声優の仕掛けにネット騒然 地上波とニコニコとAbemaで声が違うだと……!?
さすがはクソアニメ、やってくれました……!!!(2019/4/2)

やっぱ春って最高だ! 「AnimeJapan 2019」、“長蛇の列”形成したコスプレイヤーさんレポート
2日目のコスプレ広場の様子をお届け。(2019/3/24)

NVIDIAから“Tiなし”の「GeForce GTX 1660」 3万円台前後のTuringがようやく登場
手ごろな価格帯のTuring世代GPU「GeForce GTX 1660」の性能を検証。(2019/3/15)

VEGAの血を受け継ぐスペックモンスター「Radeon VII」を試す
最先端の7nmプロセスに4チップのHBM2による16GB容量&1TB/sなグラフィックスメモリと、スペックはRadeonシリーズのフラグシップ。その実力は?(2019/2/28)

3万円台で登場したTuring 「GeForce GTX 1660 Ti」の実力は?
これが僕らの求めるメインストリーム。GeForce GTX 1660 Tiの性能をベンチマークテストで確かめた。(2019/2/28)

144Hz駆動の17.3型パネルと狭額縁でゲームに没入! 「NEXTGEAR-NOTE i7920PA1」の性能を確かめる
ゲーミングブランド「G-Tune」にスリムベゼルのゲーミングノートPCが登場。Gaming Modeで性能アップも。(2019/1/31)

GeForce RTX 2060の性能は? ベンチマークテストで徹底検証
2018年はTuringコアがメインストリームにやってくる! 第4の「RTX」として登場したGeForce RTX 2060の性能をチェックする。(2019/1/7)

平成最後のコミケ終幕! 熱気あふれまくりのコミックマーケット95コスプレ写真総まとめ(そして新時代へ)
燃え尽きるほどヒート!(2018/12/31)

Core i9-9900K&GeForce RTX 2080 Tiを搭載 G-Tuneの最新フラグシップをぶん回す
ゲーミングPCブランド「G-Tune」の最上位に君臨する「MASTERPIECE」シリーズの中でも、今回取り上げるプラチナモデルカスタムモデル「i1640PA2-SP2」は、Core i9-9900KとGeForce RTX 2080 Tiを搭載する、フラグシップの名にふさわしい製品だ。(2018/12/27)

PR:人気爆上げ中のRyzen 7 2700搭載コスパモデル――TSUKUMO「G-GEAR GA7A-B181/T」
Ryzen 7 2700とGeForce GTX 1060を組み合わせた高コスパ構成の鉄板モデル「G-GEAR GA7A-B181/T」。今なら「SSD倍増キャンペーン」でさらにお得!(2018/12/25)

PR:さすがサイコムRTX 2080もいち早く水冷化しちゃうぜ! 「G-Master Hydro Z390II」徹底検証
サイコムの「G-Master Hydro Z390II」は、NVIDIAの最新GPUであるGeForce RTXシリーズを国内で初めて水冷化した製品だ。第9世代Core+GeForce RTXのデュアル水冷による強力なゲーミング性能を明らかにしていこう。(2018/12/18)

PR:冬休みにゲームを遊び尽くすなら超コスパゲーミングPC「NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C」に注目!
冬休みは最新ゲームタイトルをとことん楽しみたい! でもゲーミングPCは高価だし……そんな人にオススメなのが「G-Tune」。幅広いラインアップやBTOメニューで自分にぴったりの製品を選べるだけでなく、ゲーマーのニーズを追求したデザインや抜群のコストパフォーマンスが見どころだ。性能と価格のバランスがいい鉄板構成を紹介する。(2018/12/7)

ゲーム制作で12書体が年額4800円で使える インディー&同人ゲーム開発向けのフォントサービス「mojimo-game」登場
ゲームエンジンへの組み込みや宣伝も使用OK。ゲームクリエイターには良心的すぎる……!(2018/12/6)

24コアと12コア、買うならどちら? 第2世代「Ryzen Threadripper」性能比較
第2世代Ryzen Threadripperにラインアップされている「2970WX」と「2920X」の性能をベンチマークテストで確かめる。24コアと12コア、どちらを選べばいいのかな?(2018/11/21)

PR:消費税が上がる前に冬のボーナスでPCを買いたい 価格別オススメモデルはこれ!
冬のボーナスでPCを新調するなら幅広いラインアップをそろえるマウスコンピューターをチェック。10万円のコスパモデルから30万円超えのセレブモデルまで、ぴったりのマシンが見つかるぞ!(2018/11/21)

GeForce RTX 2070は誰のためのグラフィックスカードか
4K高画質のゲームプレイを目指したくても今はグラフィックスカードが高い。ならばWQHDの高画質で時が満ちるのを待つ、という選択もあるはずだ。ベンチマークテストで性能を比較。(2018/11/17)

池袋ハロウィンコスプレフェス2018:
ハロウィーン最高だな! 「池袋ハロウィンコスプレフェス2018」の美麗コスプレイヤーを激写しまくった
池袋東口エリアがコスプレ一色に。(2018/10/27)

ゲーミングノートを下克上!? 6コアCPU&GTX 1060を搭載した「m-Book T510SN-M2SH2」のコスパがすごい
ゆとりある15.6型ボディーに高性能CPUと外部GPUを搭載する「m-Book T」シリーズが第8世代Coreを搭載してリフレッシュ。6コア・12スレッドの処理性能と、高いグラフィックス性能を備え、抜群のコストパフォーマンスを実現している。(2018/10/24)

ついに来た次世代GPU! 「GeForce RTX 2080 Ti」「同2080」の性能を確かめる
新機能は期待できるがコスパは悪い? 「GeForce RTX 2080 Ti」および「GeForce RTX 2080 」の性能をベンチマークテストで明らかにしていこう。(2018/9/20)

新生「NEXTGEAR」はPCゲーマーの理想か? ダブル水冷プラチナモデルを徹底レビュー
G-TuneブランドのミドルタワーPC「NEXTGEAR」シリーズが、ゲーマーの声を反映した新デザインのケースにリニューアル。最高峰のW水冷モデルを徹底検証。(2018/8/29)

第2世代でさらなる高みへ 「Ryzen Threadripper 2950X」のパフォーマンスを試す
第2世代Ryzen Threadripperから、8月31日発売予定の16コア・32スレッドモデル「2950X」を一足先にテスト。その性能は?(2018/8/14)

PR:驚異のコスパ! 17.3型のぜいたくノートPC「m-Book W」シリーズを試す
デスクトップの代わりに快適に使える大画面ノートPCをできるだけ安く手に入れたい、そんなワガママな希望をかなえてくれるのがマウスコンピューターだ。(2018/8/7)

第2世代Ryzenの省電力モデルと「StoreMI」を試してみる
「StoreMI」は意外と速くて導入も簡単だった。(2018/6/21)

IBM Think Japan 2018 Code Day:
UMLの生みの親が語る、AI時代に求められる開発者になるために必要な「学び」と「考え方」
日本IBMは、2018年6月11日にカンファレンスイベント「IBM Think Japan 2018 Code Day」を開催。UMLの生みの親グラディ・ブーチ氏が登壇し、AI時代に開発者が適応していくためのヒントを語った。(2018/6/14)

PR:夏のボーナスでパソコンを買う! 最新PC予算別カタログ
格安ノートPCから超ハイエンドゲーミングPCまで豊富なラインアップをそろえるマウスコンピューターの新製品から予算別にPCを紹介。夏のボーナスでPCを新調したい方は必読!(2018/6/11)

「ファイナルファンタジーXV」PC版のModツールが配信開始 お約束の「トーマスMod」も登場し早速イグニスが機関車トーマスに
プロンプトを武器化する謎Modなども。(2018/6/9)

PR:ハイエンド性能を最大まで引き出すデュアル水冷! サイコム「G-Master Hydro X470A」を試す
第2世代Ryzenを採用したサイコムの「G-Master Hydro X470A」は、こだわりの水冷システムによって、高性能と静音性を両立したモデルだ。(2018/5/31)

PR:第2世代Ryzen搭載のゲーミングPCは性能よしコスパよし! 「NEXTGEAR-MICRO am540PA2」をぶん回す
「G-Tune」に登場した第2世代Ryzen搭載モデルは、高いゲーミング性能を手の届きやすい価格で実現したバランスの良さが光る。ベンチマークテストでその実力を明らかにしていこう。(2018/5/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。