ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マネーフォワード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マネーフォワード」に関する情報が集まったページです。

目指すはARR100億円超 ラクス「楽楽請求」ローンチの勝算
インボイス制度導入を機に、DXが急激に拡大してきている請求書受領サービス市場。SaaS企業の雄であるラクスも参入を発表した。数年でARR100億円超を目指すという、勝算の根拠とは?(2024/7/11)

IT系上場企業の平均年収を業種別にみてみた 2024年版 ネットベンチャー、ゲーム、メディア系
ネットベンチャー、ゲーム、メディア系企業の平均年収を有価証券報告書から調査。(2024/7/10)

案件創出数2倍に! 「人と話すのが苦手」な営業は、マネフォのインサイドセールスをどう変えた?
顧客との最初の接点となる、インサイドセールス。「目標を立てづらい」「メンバーのモチベーションを保ちづらい」といった課題が多くの組織で聞かれるが、マネーフォワードではそうした課題解決に特化したチームを立ち上げた。案件創出数を1.5〜2倍に拡大させた、同チームの取り組みとは?(2024/7/8)

有識者に聞く:
「プッチンプリン出荷停止」はなぜ起きた? “ベンダーのせい”にできない根深き問題
近年、大手企業のERP導入失敗事例として注目を集めたのが「プッチンプリン問題」である。この問題の原因について、ベンダーの能力不足や、企業のIT投資に対する姿勢を指摘する声が多いが、問題はそう単純ではない。(2024/7/3)

マック値上げで「モス派が増える」説、実際どうなった? プライシング専門家が解説
マクドナルドの値上げが続いています。ネットでは「値段がほぼ同じなら質の良いであろうモスへ行きたい」など、消費者がモスバーガーへ流れることを示唆する辛辣な投稿が散見されました。実際には、どれくらいの消費者が“マック離れ”を起こしたのでしょうか。(2024/7/3)

VCに聞く「投資したい・したくないテックスタートアップ」:
GMOに聞く「どんなスタートアップに投資したい?」 経営者に次ぐ「No.2」の重要性
VCなどスタートアップ投資に携わる人たちに、出資に当たっての考え方などをインタビュー。事業領域、指標、経営者の人柄……どんな部分に注目しているか聞く。今回はGMOインターネットグループ傘下の投資会社・GMO VenturePartnersに取材した。(2024/5/31)

VCに聞く「投資したい・したくないテックスタートアップ」:
VTuber「ぶいすぽっ!」運営になぜ投資? VCに聞く「スタートアップに出資するとき、何を見る」
本連載ではVCなどスタートアップ投資に携わる人たちに、出資に当たっての考え方などをインタビュー。今回は、マネーフォワードグループのVC「HIRAC FUND」に取材した。(2024/4/2)

HIKAKINやかまいたちも絶賛、おしゃべりAI「Cotomo」 自然な会話はどう実現? 創業者に聞く
自然な会話が話題のおしゃべりAI「Cotomo」。開発の背景や目指すビジネスモデルを創業者に聞いた。(2024/3/29)

後編:
「良いこと」ばかり伝える1on1は危険 マネフォに聞く、評価を“サプライズ”にしない工夫
マネーフォワードでは月次での1on1実施率が95%を超え、「評価面談や1on1において、上長から良い点と改善すべき点に関するフィードバックが得られている」という指標でも平均4.2(5点満点中)と、社員からの評価が高い。同社の1on1は何が違うのか。(2024/3/18)

前編:
「優しさだけではなくピリッと」 マネフォCHOが語る“本気の”人的資本経営
(2024/3/8)

フリーランスになって初めての「確定申告」 やってみて分かった“意外”な落とし穴(後編)
2023年夏に、勤め先であったアイティメディア社を退職してフリーランスとなった筆者。面倒な確定申告を、いかに手間なく簡単に、かつお得になるようにやってみたという趣旨のもと、SaaSを存分に活用した実体験をお届けしたい(後編)(2024/2/28)

写真で見るITオフィス戦略【動画あり特別版】:
ケーブルが全部Type-Cだと!? マネフォの「情シスが作ったオフィス」、実際に行ってきた【動画あり】
しかもスマートフォン充電用のLightningケーブルとUSB-TypeC完備。(2024/2/29)

フリーランスになって初の「確定申告」やってみた “SaaSで申告”は楽にできるのか?(前編)
確定申告の季節がやってきた。筆者はこれまでも、ふるさと納税や医療費控除などのために毎年確定申告をやってきたが、今回は一味違う。2023年夏に、勤め先であったアイティメディア社を退職してフリーランスとなったからだ。(2024/2/26)

陽キャ向け?なAIアプリ「Cotomo」が話題 AIと雑談できる 「人と話しているみたい」など驚きの声
おしゃべりAIアプリ「Cotomo」がX上で話題になっている。人間同士が交わす何気ない会話をAIとの対話で再現できるというスマートフォンアプリ(iOS)。使ってみたユーザーからは「人と話しているみたい」など驚きの声が上がっている。(2024/2/26)

NTTがAWSのLLM開発支援プログラムに参加 「H100」96基の提供受ける
AWSジャパンが、大規模言語モデル(LLM)の開発支援プログラム「AWS LLM開発支援プログラム」の成果報告会を開催した。これまでは非公開だったが、NTTがプログラムに参加していたことも明らかになった。(2024/1/31)

業務のムダ改革:
ベテラン離脱でバックオフィスが窮地に ある物流会社がクラウド化に舵を切った理由
三重県の物流会社が人事労務のクラウド化に舵を切ったのは、あるベテラン社員の退職がきっかけだった。どのようにして業務改革を進めていったのか。(2024/1/25)

すでに売上高はSaaS業界でトップクラス:
マネフォの「5年後売上高1000億円」が、それほど難しくなさそうな理由
(2024/1/22)

マネーフォワード、大規模言語モデル「houou」公開 理研との共同研究 日本語の指示データ2900件を追加学習に利用
マネーフォワードは、理化学研究所(理研)と共同開発した大規模言語モデル(LLM)を公開した。出力精度を上げるため、日本語の指示データ(インストラクションデータ)2903件を追加学習に活用したのが特徴。(2023/12/6)

「最大1300円お得」と話題 セブンの“コーヒーのサブスク”が、月2000円で成立する納得のワケ
大手コンビニエンスストアのセブンイレブンが、コーヒーのサブスクリプション(定額課金)をスタートさせ話題となっています。仮に毎日コーヒーを飲んだ場合には、1300円もお得になるだけあって、ユーザーからは歓喜の声も聞こえてきますが、月2000円という価格設定は妥当なのでしょうか。(2023/12/7)

BPOで経理部門の働き方改革:
PR:「経理部門の属人化排除と業務改善を同時に実現」 BPOは何ができるのか
「経理部門の属人化している業務をなくしたい」「月の変わり目の繁忙期を改善し、働き方を改革したい」という目標を実現するなら、BPOに挑戦するといいかもしれない。(2023/11/29)

SaaS for SaaSの世界:
ムダなSaaSを“お片付け” 勃興するSaaS管理ビジネスの可能性 祖業を生かすマネフォ流の戦略は
SaaSの急増に伴い注目されるSaaS管理サービス。しのぎを削るメインプレイヤーたちに取材し、サービスの特徴や戦略を探る。今回はマネーフォワードグループの「マネーフォワード Admina」に目を向ける。(2023/11/27)

インボイスは「追い風」 マネフォ・Sansan好決算、気になるナカミは……?
10月から始まったインボイス制度。企業が対応に追われる裏側で、インボイス制度対応をサポートするSaaSは絶好調だ。マネフォ・Sansan好決算、気になるナカミは……?(2023/10/18)

人的資本開示を「無駄」にしない ディスコ・マネフォの資料から「実情」を読み解く
人的資本の情報開示は、ただルールに沿って行うだけでは意味を成さず、“無駄”になってしまう。人的資本開示を「無駄」にしないためにすべきこととは? 事例を基に解説。(2023/10/10)

異例の「33%値上げ」した水族館、でも客は納得 値上げしても”嫌われない企業”の特徴は
値上げラッシュの波がテーマパークなどのエンターテインメント施設にも及ぶ中、ひと際目立ったのが高知県の桂浜水族館です。値上げの上昇率はなんと33%と、顧客の反感を買いそうな強気の価格設定ですが、意外なことにSNSではポジティブな反応も多いように見受けられます。その成功の要因は何だったのでしょうか。(2023/9/27)

SaaSを身近にする1日:
PR:「SaaSに浸るイベント」に行ってきた! “おしゃれ空間”で語り合う将来像 AI活用の可能性を見た!
(2023/9/22)

AWSのLLM開発支援、採択企業が明らかに サイバーエージェント、マネフォ、PFN、rinna、リコーなど
AWSジャパンが、大規模言語モデル(LLM)開発支援プログラムの参加企業を発表した。応募があった約60社のうち、サイバーエージェント、rinna、Preferred Networks、リコー、マネーフォワード、松尾研究所など17社を採択した。(2023/9/4)

バックオフィスSaaSは生成AIをどう取り入れるべきか マネーフォワードの現状と今後の課題
普及が急激に進むチャットAI。バックオフィスSaaSはこの波をどう乗りこなすべきか。マネーフォワードグループによる機能開発や、同社が現在直面している課題から、そのヒントを探る。(2023/8/30)

ドコモの「スマー簿」、24年1月末にサービス終了
NTTドコモは21日、家計簿アプリ「スマート家計簿 スマー簿」の提供を2024年1月31日に終了すると発表した。(2023/8/22)

“クラウド不毛地帯”に花開く「バーティカルSaaS」のいま IT予算少ないマーケットでも成長、なぜ?
日本の産業が抱える深刻な人手不足や生産性向上を背景に、成長する国内スタートアップの「バーティカルSaaS」。市場の攻略を進める背景、そしてこれからの道のりを、ベンダーへのインタビューを交えながら探る。(2023/8/11)

マネフォ決算、Fintechサービスが2年で売上高3.4倍 24年11月期のEBITDA黒字化にも死角なし
マネーフォワードの業績が好調だ。売上高もSaaS ARRも期初見通しの上限レンジを超え、年間計画を上方修正した。また、次の事業の柱として期待するFintechサービスが急成長。2年で売上高3.4倍になっている。(2023/7/19)

踊らにゃそんそん:
阿波おどりの“1万5000円”VIP席が物議、100万円でも完売した青森ねぶた祭と異なる3つのポイント
徳島市の夏の風物詩、阿波おどり。400年の歴史を持つとされ、新型コロナウイルスの流行前には国内外から100万人を超える観光客訪れる一大イベントです。2023年は8月11〜15日に開催予定で、新たに特別観覧席(VIP席)の設置が発表されました。(2023/7/19)

MFクラウド、個人事業主プランを値上げ 12月1日から
マネーフォワードは7月14日、クラウド型会計サービス「マネーフォワードクラウド」の料金プランを改定すると発表した。個人事業主向けプランを12月1日から値上げするほか、電子帳簿保存法に対応したストレージサービス「クラウドBox」を24年6月1日から有償化する。(2023/7/14)

個人事業主が使うクラウド会計ソフト 3位「マネーフォワード」、2位「freee」、1位は?
MM総研は、個人事業主を対象に「23年3月末時点のクラウド会計ソフトの利用状況」調査を実施した。(2023/7/8)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「経費精算業務と経費精算システム」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/6/30)

広がるエンベデッドファイナンス インフォマート「BtoBプラットフォーム」にMFケッサイの請求代行機能を組み込み
保険や資金調達など金融系のサービスを、部品として他のSaaSなどに組み込む「エンベデッドファイナンス(組込型金融)」が徐々に広がりを見せている。インフォマートは、主力サービス「BtoBプラットフォーム」に、マネーフォワードケッサイが提供する請求代行サービス「MoneyFoward Kessai」を組み込み、「掛売決済」として7月26日から提供する。(2023/6/21)

再び増える「市場連動型」電力プラン 取引価格は大きく下落もリスク説明は十分か?
一般家庭向けの「市場連動型」電力プランの発表や受付再開が相次いでいる。現在はそのメリットを享受しやすい状況にあるが、過去には電気代が高騰することもあった。(2023/6/15)

「マネーフォワード でんき」新規受付を再開 市場連動型で「マネーフォワード ME」付き
マネーフォワードは14日、「マネーフォワード でんき」の新規利用申し込み受け付けを再開したと発表した。オンライン家計簿・資産管理ツール「マネーフォワード ME」の有料プランが付いてくる。(2023/6/14)

鍵はフラペチーノ?:
スタバの巧妙な価格戦略 2年連続の値上げでも炎上しなかったワケ
物価高が長期化するなか、企業による値上げも依然として世間を賑わせています。2023年4月にはスターバックスコーヒージャパンも値上げを発表し、注目を集めました。実は22年4月にも値上げを敢行していたスタバ。2年連続での値上げで、価格はどう変わったのでしょうか。(2023/6/5)

法人決済もキャッシュレス化元年か SansanがBill Oneビジネスカードを出す狙い
銀行振込が中心という、旧態依然としていた企業間取引も変化が起き始めている。こんな流れの中で、Sansanが投入するのが「Bill Oneビジネスカード」だ。請求書管理SaaSであるBill Oneが、なぜ法人カード? と思うかもしれないが、企業間決済全体をデジタル化するという文脈で考えると、その理由が分かる。(2023/5/31)

SaaS管理の「マネーフォワード Admina」、ChatGPT API活用の新機能 アカウント削除などがテキスト入力で完結
マネーフォワードiは5月26日、SaaS管理サービス「マネーフォワード Admina」に、ChatGPT APIを活用した新機能「Adomina AI」の提供を6月から開始すると発表した。テキストを入力することで、情報検索やアカウント削除などの操作が行えるようになる。(2023/5/26)

マネフォ、給与の計算式をChatGPT APIで自動生成する新機能
マネーフォワードは5月23日、マネーフォワード クラウド給与において、給与の計算式をChatGPT APIを利用して自動生成する「AI提案(β)」機能の提供を開始した。ユーザーは、日本語で計算式案を入力すると、必要な計算式を自動生成できる。(2023/5/23)

SaaS対決特別編:
ちょうどいい案件管理ツール board
請求書を発行する、という処理だけでいえば、Web上で探せばExcelやWordの無料フォーマットも見つかる。そんな中ユーザー数を増やしているのがboard(ボード)だ。単に「請求書を発行する」だけでなく、その前後の業務プロセスをうまく機能に組み込むことでユーザーの支持を得ている(2023/5/22)

「AWSコスト最適化夏祭り」開催 MIXI・マネフォ・NewsPicksが知見語る YouTubeでも配信
MIXI、マネーフォワード、ニューズピックスがイベント「AWSコスト最適化夏祭り」を6月7日に開催する。各社のコスト最適化事例やノウハウを発信するという。(2023/5/18)

新連載:外国人エンジニアに聞く「あなたは何しに日本へ」:
「毎週アキバに寄ってます」 外国人ITエンジニアに聞く「あなたはどうして日本に?」 マネフォ子会社勤務・ヒルミツさんの場合
令和は多様性の時代。IT業界でもさまざまな人が働いている。海外から来たITエンジニアなどもその一例だ。とはいえ、いざ外国人エンジニアと一緒に働くとなると、コミュニケーションが難しいと感じる人もいるかもしれない。本連載では、実際に日本で働くITエンジニアの人たちにインタビュー。日本に来た理由や、日本で働くことの印象などを聞いていく。(2023/5/9)

個人事業主に聞く「クラウド会計ソフト、何使ってる?」 マネフォ・freee抑えた一番人気は
個人事業主はどんなクラウド会計ソフトを使っているのか──MM総研が調査結果を発表。マネフォ・freee抑えた一番人気のサービスは。(2023/4/25)

基盤モデルで生成系AIアプリを開発、拡張できる「Amazon Bedrock」も:
個人なら無料のコーディングAIツール「Amazon CodeWhisperer」などAWSの生成系AI関連発表まとめ
AWSが、生成系AIアプリを開発、拡張できるツールや基盤モデル、専用チップ搭載インスタンス、コーディング支援ツールなどを発表した。(2023/4/25)

SaaS対決特別編:
取引デジタル化の最前線 インフォマートの戦略とは?
BtoBプラットフォームは、企業間のやりとりをデータ化し業務効率化を図るシステムであり、請求書・契約書などデジタル化が特徴。大手企業が導入すれば、取引先も参加しやすくなり、効率的にID数を増やせる。しかし、導入タイミングが重要であり、既に他のシステムを導入している企業が対象となる場合、並行利用が問題となることもある。インフォマートはフード業界向け電子商取引プラットフォームで成功し、コロナ禍や電子帳簿保存法の導入で、企業のデジタル化ニーズを満たすプロダクトとなっている。(2023/4/20)

freee、SaaS管理のWhy社を子会社化 情シス管理領域に進出
freeeは4月19日、Why社を完全子会社化すると発表した。Whyのアカウント管理のプロダクトやノウハウを取り込み、従業員データ管理機能、さらに人事労務領域サービス全体の強化を目指す。(2023/4/19)

マネフォ、再び決算上振れ 家計簿ソフトMEの課金ユーザーは急増
マネーフォワードが発表した第1四半期決算は、SaaS ARRが前年同期から42%増加して182.8億円となった。連結売上高は67.9億円、EBITDAは当初の12〜17億円の赤字予想から上振れして7億円の赤字となった。「順調な滑り出しができた」と辻庸介社長。(2023/4/14)

BPSPとは何か? 企業の請求書をカード払い 広がる法人キャッシュレス
個人のキャッシュレス決済が順調に拡大する中、次第にホットになってきているのが法人キャッシュレスだ。近年、BPSPと呼ばれる仕組みを使った「請求書支払い代行サービス」が登場し、企業間の支払いをクレジットカードで行いやすくなった。その仕組みとメリットとはなんなのだろうか。(2023/4/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。