ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「サブカルチャー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サブカルチャー」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コロナ禍で「銀のさら」絶好調 創業社長が語る“稼ぐ”仕組みとライバルが淘汰された背景
宅配寿司「銀のさら」が好調だ。創業社長は「ウーバーは脅威ではない」「宅配寿司が宅配ピザより難しい」と熱弁する。どういうことかというと……。(2021/6/15)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
救世主は「ハンバーガー」!? 松屋、鳥貴族、ロイホが続々と参入するワケ
外食大手が続々と「ハンバーガー」に参入している。コロナ禍で生き抜くために各社知恵を絞る。その背景とは?(2021/6/1)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「大塚家具」は再建できるか 危機意識強める「ヤマダ」とのコラボで売り場に変化
大塚家具の業績が改善している。黒字転換が現実的に見えてきた。背景にあるヤマダグループの危機意識とは。(2021/5/25)

池袋マルイが8月末で閉店へ 「うそでしょ」「アニメのイベントでお世話になった」と悲しみの声
44年間の営業に幕。(2021/5/21)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「レジ袋有料化」は“天下の悪法”か 次は「プラ製スプーン有料化」で、経済に大打撃
レジ袋有料化からもうすぐ1年が経過しようとしている。どういう理屈で「エコ」になるとしているのか? プラ製のスプーンやフォークが有料化されると、経済に深刻なダメージを与える可能性もある。(2021/5/18)

中野駅周辺:
中野サンプラザが生まれ変わる! 「文化・芸術の」発信拠点」として
中野サンプラザが生まれ変わろうとしている。新しい複合施設はどうなっているのかというと……。(2021/5/13)

モノづくり最前線レポート:
「モノ」から「コト」そして「ヒト」へ、ビームスが進める転換
ファッションワールド東京(2021年3月23〜25日、東京ビッグサイト)において、ビームス 取締役 開発事業本部 本部長 クリエイティブディレクターの窪浩志氏が「BEAMS(ビームス)のPB戦略とものづくり」をテーマに特別講演を行った。講演ではワクワクドキドキ感や面白さを追求する中で生まれた具体的なヒット事例をもとに、ビームスの商品戦略の原点を紹介した。(2021/5/10)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
急増する「焼肉の和民」が「牛角」の脅威に!? コロナ禍の“有望市場”を制するのはどこか
ワタミが展開する「焼肉の和民」が好調だ。2020年10月に1号店をオープンしてから、3大都市圏で23店にまで拡大。同じ立地の「牛角」を脅かす存在になりつつある。(2021/4/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
有名ブランドの服を“激安”で売る「オフプライスストア」が増殖中 背景にバーバリーの焼却事件
売れ残った有名ブランドの洋服や靴を激安で販売する「オフプライスストア」が増えている。大手アパレルのワールドやゲオグループなどが参戦。単に安く売るのではなく、ある特徴を備えているという。(2021/4/19)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
VTuberがクラファンで1400万円の大型調達に成功! 仕掛け人が語る「熱い想い」
中京テレビの公式バーチャルYouTuberの大蔦エル氏がアンバサダーを務める「ナゴヤVTuber展」が、1438万円を超える大型調達を成立させる見込みである。正式な調達額が決定するのは9日後だが、本来の目標額が750万円であるため、クラウドファンディング自体はすでに成功している。(2021/4/16)

講談社現代新書をポッドキャストで配信 「耳のスキマ時間」で新規顧客狙う
オトバンクは講談社現代新書の一部を音声で楽しめるポッドキャスト「聴く講談社現代新書」の配信を開始。同社が運営する「audiobook.jp」のほか、「iTunes Podcast」「Spotify」などの各音声プラットフォームで配信する。狙いは?(2021/4/14)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「焼売ブーム」到来!? かつや、大阪王将、味の素が熱烈に注目
焼売に注目する企業が増えている。かつや、大阪王将、味の素が相次いで個性的な商品を投入。コロナで苦しんでいる居酒屋を救う可能性もある。(2021/4/12)

歌舞伎俳優・中村獅童 伝統とテクノロジーの融合「超歌舞伎」が開く未来
中村獅童さんは、2016年から毎年開催されてきた公演「超歌舞伎」で座頭を務めてきた。バーチャル・シンガー、初音ミクのデジタル映像と歌舞伎俳優が舞台上で共演しているかのような演出で話題を呼ぶ。(2021/4/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コロナ禍でも「横丁」は大繁盛 昼から酒を楽しむ人が殺到する理由とは
コロナ禍で大都市都心部の居酒屋やレストランが苦戦している。一方で、集客に成功している横丁が多い。その理由とは?(2021/3/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
超一等地の商業ビルがガラ空き! 銀座、渋谷、新宿、秋葉原でじわじわ進む経済の“破壊”
コロナ禍の影響で商業ビルの空き物件が増えている。実際、どんな状況になっているのか。現場に足を運んでみると……。(2021/3/22)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
スシローとくら寿司が東京で激突! はま寿司とかっぱ寿司は“脱回転” 業界の行方は?
コロナ禍で回転寿司業界に大きな変化が起きている。スシローとくら寿司は、都心部に進出する。はま寿司とかっぱ寿司は、回転レーン上に寿司を流さない傾向を強めている。(2021/3/15)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
1000円に手を出す「ダイソー」と100円にこだわる「セリア」 コロナ禍でも好調な業界に変化
コロナ禍でも100円ショップ業界が好調だ。「2強」のダイソーとセリアでは戦略が大きく異なる。キャンドゥとワッツの独自戦略にも迫る。(2021/3/1)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
時短せず「ノーマスク」で接客する店も 「ナメんじゃねーよ!!」と怒る“反逆飲食店”の言い分
緊急事態宣言を受け、時短や休業要請がされている。しかし、通常営業を続ける“反逆飲食店”も存在する。支援金などの制度を実情に沿った形に改善すべきだと筆者は主張する。(2021/2/22)

デジタルネイティブの「今」:
デジタルネイティブと熱中消費 「好き」を使って個性を表現するということ
デジタル社会の最先端を行くデジタルネイティブの消費行動・価値観に着目し、新たなビジネスの兆しを探る本連載。最終回となる今回は、デジタルネイティブの「好きなものに対する価値観や消費の傾向」について紹介します。(2021/2/22)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
パソナの淡路島移転は「島流し」なのか? 移住した副社長が感じた“思った以上のポテンシャル”とは
パソナグループは、東京にある本社機能の一部を淡路島へ移転させている。移住した副社長に環境や社員の働き方がどう変わったのか聞いた。副社長は思った以上のポテンシャルを感じている。(2021/2/15)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
中村玉緒さんのおかげで“脱・ローカル” ご長寿商品「マロニーちゃん」がコロナに負けず絶好調の理由
お鍋のお供として有名な「マロニーちゃん」。売り上げが冬に集中していたが、春や夏にも売れた。その理由とは?(2021/1/28)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
サイゼ社長の「ふざけんな」は当然 時短要請と協力金が批判されまくるワケ
当初、東京都は協力金を支払う対象を中小事業者に限定していた。しかし、大手企業から“異論”が相次いだ。不公平な仕組みを見直さなければ、都心店・大型店の崩壊は近い。(2021/1/20)

彼氏とのデートを「サブカル」「地味」と笑われた…… 落ち込んだ女性が自己肯定感を取り戻す漫画に共感
幸せの形は人それぞれ。(2021/1/16)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
このままでは第2の「珪藻土・アスベスト」事件が起きる ニトリやカインズは真相を解明できるか
2020年末、珪藻土バスマットなどにアスベスト(石綿)が混入していたとして大騒動になった。はたして、真相は解明されるのか。結局は、“うやむや”にされてしまう可能性もある。(2021/1/14)

コロナ後の世界:
マンションの価格はどうなる? 30年後の東京を予想
日本人も新型コロナ用のワクチンを、来年の半ばあたりから接種できそうな様子になってきた。先行する国々で大きな副作用などが報告されなければ、2年もすれば地球規模でワクチンが行き渡る。そうなれば、コロナ後の世界がやってくることになる。(2020/12/25)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ワークマンやカインズを育てた群馬発「ベイシアグループ」の正体
高成長を続けて注目されるワークマンやカインズ。これらの企業は「ベイシアグループ」に属する。1958年、群馬県に誕生した「いせや」はなぜここまで成長したのか。(2020/12/24)

マシーナリーともコラムSPECIAL:
PR:日本発なのに中国のBilibiliでブレイクしたVTuberの緋赤エリオちゃんにあやかりたくていろいろ聞いてみました
徳が高いほうがエリオちゃんです。(2020/12/23)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
YouTubeが落ちた日、ユーザーはどこに行った? データで解析
世界から突然YouTubeが消えたとき、人々はどこに居場所を求めるのだろうか。圧倒的なシェアを誇るYouTubeがなくなったとき、ユーザーはインターネットのどこに居場所を求めたのだろうか。今回はGoogle Trendsデータインターネットユーザーの動向を日米で比較した。(2020/12/18)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
安易な「Go To イート」批判に喝! “功罪”を検証して見えてきたものは
「Go To イート」には批判も多い。しかし、実態とは違うイメージで語られていないだろうか。キャンペーンの功罪を検証する。(2020/12/16)

新人の奇抜な商品がヒット:
異才を掘り当てた“Twitter採用”は、なぜ成功したのか タニタ人事部に聞く
タニタがTwitter採用を実施した。採用した新人はさっそく、ヒット商品を生み出したという。「とても良い人」を採用できた、成功の要因は何だったのか。(2020/12/10)

モーニング娘。を起用:
なぜ石川県の加賀温泉郷に人が集まるのか 「ファンづくり」の裏側
新型コロナの感染拡大を受けて、多くの観光地が苦しんでいる。Go To トラベルによって人出が戻りつつある中、週末には多くの観光客でにぎわっているところがある。石川県の加賀温泉郷だ。なぜこの温泉地に人が集まっているのかというと……。(2020/12/5)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
“大復活”したコメダ、実力派なのに苦戦するドトール 喫茶チェーンで明暗が分かれた理由
コロナ禍で大きな影響を受けた喫茶チェーン。コメダ珈琲店はヒット商品にも恵まれて急回復した。一方で、ドトールは苦戦が続いている。(2020/12/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
人気ステーキチェーンを超えた!? ハンバーグ専門店の「挽肉と米」と「極味や」に行列ができるワケ
「ハンバーグ専門店」に注目が集まっている。「挽肉と米」と「極味や」が新しい食べ方を提案し、行列ができている。ステーキブームが落ち着く一方で、なぜハンバーグが支持されるのか。(2020/11/30)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
返礼品は「高級レストラン食事券」や「温泉利用券」 ふるさと納税に新たなブーム、企業のメリットとは
ふるさと納税の返礼品に“体験型”が増えている。「洋服仕立券」「レストラン食事券」「温泉利用券」などが登場。提供する企業や農家が享受するメリットとは。(2020/11/26)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
まるで「関ヶ原の戦い」 “覇王”ウエルシアや“九州の雄”コスモスの猛攻にマツキヨ・ココカラ連合は……
ドラッグストア各社の競争が激化している。コロナ禍やインバウンド需要消失で苦戦するチェーンも出てきた。一方で、スーパーや同業を買収して勢力を拡大する動きも。(2020/11/11)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コロナ禍で乾麺・袋麺が“バカ売れ” 伏線は、朝ドラの「まんぷく」にあった
これまでカップ麺に押されていた乾麺・袋麺が、コロナ禍の影響で売れている。在宅勤務の普及などが原因だが、NHK連続テレビ小説「まんぷく」も影響していると筆者は指摘する。その理由は?(2020/10/28)

アートの力で課題解決を:
アナログ回帰のコピック 製造会社社長が描くグローバル戦略と「アワード開催の真の狙い」
漫画家やイラストレーターに長年にわたって愛用され続けている画材・コピック。製造会社のトゥーマーカープロダクツは「コピックアワード」と題する作品コンテストを2017年から開いている。その狙いと、その先に描くグローバル戦略を聞いた。(2020/10/22)

鬼滅の刃、ごちうさ、五等分の花嫁など 神戸のベイエリアに痛車100台が集結、コスプレ痛車イベ「かみこす!」に行ってきたよ
神戸屈指の観光地がサブカル一色に(2020/10/17)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ビックカメラ、ワークマン、アルペン…… 異業種の参入で盛り上がるアウトドア市場の今
アウトドア市場が盛り上がっている。ビックカメラやコーナン商事が相次いで専門店をオープンするなど、異業種からの参入も相次ぐ。どこまで伸びるのか。(2020/10/13)

ファッションブランド「Akiba幻装」誕生 コラボ第1弾は“邪神ちゃんドロップキック”
「アニメTシャツはカッコイイ」という価値観を創造するため、生み出されたアニメ・ゲーム・特撮のサブカルチャーとコラボするファッションブランド「Akiba幻装」。(2020/10/8)

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:
コロナ禍で改革急ぐファミレス サイゼリヤとジョイフルの苦戦が長引きそうな理由
コロナ禍を乗り切るためファミレス各社はさまざまな改革を打ち出している。サイゼリヤとジョイフルは苦しい状況が続きそうだ。その理由とは。(2020/9/30)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「タピオカバブル」がコロナで大崩壊 “聖地”原宿の閉店ラッシュと各社の生き残り策
タピオカバブルが新型コロナウイルスの影響で崩壊した。タピオカ専門店が集中する東京・原宿では閉店が相次ぐ。各社の生き残り策とは?(2020/9/16)

【装丁にこだわりまくった同人誌】今はなき『ケイブンシャの大百科』パロディーで、消えていった鉄道玩具「スーパーレール」を紹介する本
どちらも70年代に登場。その年代に子どもだった人は知っているかも。(2020/9/18)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
勝ち組は淡路島! 「Go To」を評価する沖縄と喜べない京都、観光地の本音とは
「Go Toトラベルキャンペーン」がスタートして1カ月が過ぎた。淡路島がにぎわう一方で、苦戦した地域も。キャンペーンの効果と観光地の本音を探る。(2020/9/1)

【ライター募集】エンタメの記事を書きたい人求む! ねとらぼの働き方について先輩&後輩の編集部員で対談してみた
ぶっちゃけた話してます。(2020/9/2)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
他県ナンバーが殺到!? 「Go To」除外の東京、集客の最前線を探る
「Go To トラベル」キャンペーンの対象から除外された東京都。集客のために観光地や施設は知恵を絞っている。一方で他県ナンバーのクルマが異常に増えた場所もあるという。(2020/8/18)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
見通しが甘かった大戸屋、買収どころではないコロワイド 「大戸屋紛争2.0」を読み解く
コロワイドが大戸屋に“超攻撃的買収”を仕掛けている。敵対的な買収はそもそも成功するのか。買収された後、大戸屋にはどんな運命が待ち受けているのか。(2020/7/29)

意味がわかると怖い話:「蛇神様の贄」
その村には「蛇神様」がいるという。(2020/7/28)

ドラマ「ヴィレヴァン!」の映画化が決定 続投の最上もが「今回もみんなはちゃめちゃです」「正直、面白いです」
テンションあがる。(2020/7/20)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「感染リスクが高い」と指摘されても「バイキング」を続々再開 その執念と感染予防策に迫る
コロナ禍で自粛していた「バイキング」が続々と再開されている。一方で「感染リスクが高い」という声もある。各社は悩みながらも徹底した対策をしている。(2020/7/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。