495グラムでタッチ操作も可能なリアルポケットサイズPC──「FMV-BIBLO LOOX U」2010年PC春モデル

» 2010年01月18日 11時00分 公開
[ITmedia]

ジーンズのポケットに入れられる超小型ボディを採用

店頭モデルの「U/G90」

 富士通の超小型軽量モバイルPC「FMV-BIBLO LOOX U」シリーズが、ほぼ1年ぶりにラインアップを一新した。従来モデルからの「いつでもどこでも楽しめるモバイルマシン」という基本コンセプトはそのままに、液晶ディスプレイが回転・反転する構造のコンバーチブル型ボディを廃することで、ボディサイズが204(幅)×106.5(奥行き)×23.8(厚さ)ミリ、重量は約495グラムと、さらなる小型・軽量化を実現している。ラインアップはカラーバリエーションが異なる3モデルで、発売予定は1月21日、実売想定価格は10万円前後の見込みだ。

 ボディは天面と底面に光沢塗装が施された「W FACEデザイン」で、周囲にメッキトリムラインを取り入れることで高級感を演出する。余分な突起がないフラットなボディのため、ジーンズのポケットにも収納可能だ。

 店頭モデルのラインアップは「U/G90」の1モデルのみで、モカブラック、ルビーレッド、ヴィンテージゴールドのカラーバリエーションが展開される。また、同社直販の「WEB MART」モデルでは「A BATHING APE」とのコラボレーションモデルも販売される。

 LEDバックライトを採用した液晶ディスプレイは5.6型ワイド光沢のタッチパネルで、画面解像度は1280×800ドットと、これまでのモデルを継承しているが、OSに32ビット版Windows 7 Home Premiumを導入して標準で2本指のマルチタッチ操作に対応した。スタイラスペンが付属するほか、画面の両脇に計5つのタッチセンサー式ワンタッチボタンを配置して直感的な操作が行える。ただし、スタイラスペンは本体に収納できず、本体に用意されたストラップホイールにぶら下げる形だ。

 キーボードは従来の68キーから75キーに増え、キーピッチも約16ミリと微増した(キーストロークは約1.2ミリ)。かな刻印がなく、チョコレート型のキートップで隣接するキーの同時押しを低減しているのは従来モデルを受け継ぐ。キーボード上部にスティックポイントとクリックボタンを用意するのも同様だ。


モカブラック
ルビーレッド
ヴィンテージゴールド

店頭モデルはAtom Z520採用モデルを用意、USBが2基に増加

 本体の基本スペックは、グラフィックス機能を統合したチップセットのIntel SCH(システム・コントローラ・ハブ)を中心に、CPUはAtom Z520(1.33GHz)、オンボードで2GバイトのDDR2 SDRAM(増設/換装不可)、ストレージに30GバイトのSSD(出荷時の空き容量は約13Gバイト)を内蔵する。

 インタフェースはUSB 2.0が2基に増え、SDHC対応SDメモリーカードスロットや有効78万画素のWebカメラを搭載し、標準でWiMAXモジュールが内蔵される一方、CFカードスロットや指紋センサーが省かれ、マイク/ヘッドフォンも兼用となった。通信機能はIEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 2.1+EDRで、別途オプションの専用コネクタを購入することで、100BASE-T対応の有線LANとアナログRGB出力が利用できるようになる。

 バッテリーは底面全域を覆うタイプだ。ただ、スリム化の影響でリチウムポリマーの標準バッテリーは7.2ボルト 1800mAh(従来は7.2ボルト 2900mAh)に減っており、駆動時間は約4時間と短くなっている。オプションの大容量バッテリー(内蔵バッテリパックL/リチウムイオン)の容量は7.2ボルト 3800mAhで、約7.8時間の駆動が可能だ。もっとも、標準バッテリーと換装することでボディの厚みは約31.6ミリになり、約7.8ミリ厚く、重量も約612グラムと117グラムほど増える。

付属のスタイラスペン(写真=左)。本体には収納できない。オプションの有線LAN/アナログRGB出力アダプタ(写真=右)

※記事初出時、バッテリー駆動時間やCPUの表記に誤りがありました。おわびして訂正させていただきます(編集部)。

直販モデルではスペック固定のWindows XPモデルを用意

 なお、同社直販の「WEB MART」では、Web限定モデルとして「A BATHING APE」とのコラボレーションモデル「GREEN CAMO」と「BLACK CAMO」が販売される。液晶ディスプレイ天面のデザインが独自の柄になり、オリジナル梱包箱も用意され、いずれも2010年1月18日から2月28日までの期間限定での販売となる。

 Webモデルは主要パーツをBTOで変更でき、CPUはAtom Z550(2.0GHz)/同Z530(1.6GHz)/同Z520(1.33GHz)から、SSDは62Gバイト/30Gバイトから、バッテリーは大容量の内蔵バッテリパックLのほか、標準バッテリーとのセットでも購入できる。

 さらに、OSをWindows XP Home Edition(SP3)にした低価格モデルも用意されるが、こちらは仕様がAtom Z530(1.6GHz)、メインメモリ1Gバイト、SSDが30Gバイト、無線LANがIEEE802.11b/g/n固定で変更できず、タッチ操作がシングルタッチのみのサポートとなる。そのぶん、価格は8万9800円からと安くなり、割引クーポンを適用すれば7万円台で購入が可能だ。


WEB MART限定カラーのA BATHING APEコラボレーションモデル。左が「GREEN CAMO」で、右が「BLACK CAMO」だ

梱包箱も独自仕様になっている。

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
FMV-BIBLO LOOX Uシリーズ店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ SSD OS 実売
FMV-BIBLO LOOX U/G90(FMVLUG90R
ルビーレッド)
ゼロスピンドル 新モデル Atom Z520(1.33GHz) 2048MB(DDR2) 30GB 32ビット版Home Premium 10万円前後
U/G90(FMVLUG90B
モカブラック)
ゼロスピンドル 新モデル Atom Z520(1.33GHz) 2048MB(DDR2) 30GB 32ビット版Home Premium 10万円前後
U/G90(FMVLUG90G
ヴィンテージゴールド)
ゼロスピンドル 新モデル Atom Z520(1.33GHz) 2048MB(DDR2) 30GB 32ビット版Home Premium 10万円前後
FMV-BIBLO LOOX Uシリーズ店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
FMV-BIBLO LOOX U/G90(FMVLUG90R
ルビーレッド)
5.6型ワイド 1280×800 Intel SCH CPU統合 約495グラム
U/G90(FMVLUG90B
モカブラック)
5.6型ワイド 1280×800 Intel SCH CPU統合 約495グラム
U/G90(FMVLUG90G
ヴィンテージゴールド)
5.6型ワイド 1280×800 Intel SCH CPU統合 約495グラム

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月14日 更新
  1. 「Echo Spot(2024年発売)」はスマートスピーカーでもなければスマートディスプレイでもない! 時計利用にフォーカスした新モデルを試す (2024年07月11日)
  2. マウスを「自分好み」にできるアタッチメントに熱視線/完全ファンレスBTO PCも (2024年07月13日)
  3. GPUの「レイトレーシング処理」改良の歴史をひもとく【GeForce RTX 30シリーズ編】 (2024年07月12日)
  4. 新型「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」はどちらを選べばいい? ポイントをチェック! (2023年10月13日)
  5. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  6. 日本HP社長も愛用のHyperXブランドから新型キーボード/マウス/バックパックが登場! 実機を試して分かったこと (2024年07月12日)
  7. サンワ、Type-C接続に対応した6ポート搭載外付け拡張ドック (2024年07月12日)
  8. 利用用途にマッチすれば最高の10.3型白黒電子ペーパータブレット「BOOX Go 10.3」 洗練された高い完成度が魅力 (2024年07月08日)
  9. 狭い場所でも作業しやすいサンワサプライのペン型マウス「400-MAWBT202」 ChromebookやiPadなどにつないでみた結果 (2024年07月11日)
  10. 実は安い? 正当進化なカラー電子ペーパー端末「BOOX Go Color 7」は、快適な読書体験ができるオススメな1台 (2024年07月10日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー