ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「ASRock」最新記事一覧

Pascalで水冷:
高性能なのに静音!? Pascal世代の最新GPUを搭載したデュアル水冷モデル「G-Master Hydro Z170」
サイコムのデュアル水冷シリーズに、Pascal世代の最新グラフィックスを搭載したモデルが登場。高性能と静音性の両立だけでなく、サイコムならではの数々のこだわりが光るマシンだ。(2016/8/17)

古田雄介のアキバPickUp!:
夏休みの工作欲をかき立てる新製品が続々登場!
自作のドット絵を表示できるBluetoothスピーカーや遠隔制御できる乾電池ホルダー、デスクトップ向けCPUが組み込める超小型ベアボーンなど、遊べる要素の大きい新製品がいくつも店頭に並んだ。(2016/8/8)

ASRock、Mini-STXマザー採用の小型ベアボーンPCキット「DeskMini 110」
アスクは、ASRock製となるコンパクトベアボーンPCキット「DeskMini 110」の取り扱いを開始する。(2016/8/2)

サイコム、SLI対応ハイエンドゲーミングPC「G-Master SLI-X99」をリニューアル
サイコムは、同社製ハイエンドゲーミングPC「G-Master SLI-X99」のリニューアルを発表した。(2016/7/27)

古田雄介のアキバPickUp!:
ぼちぼち売れる! GeForce GTX 1060カードが登場
次世代ミドルレンジのGeForce GTX 1060搭載カードがアキバ各店に並んでいる。ライバルもなく、指名買いもなく、でもどこのショップでも「ぼちぼち」売れているという。(2016/7/25)

ASRock、OC安定性も高めたX99ゲーミングマザー「Fatal1ty X99 Professional Gaming i7」など2製品
マスタードシードは、台湾ASRock製となるX99チップセット採用ゲーミングマザーボード計2製品の取り扱いを開始する。(2016/7/15)

ASRock、M.2 SSDの装着にも対応した手のひら大ベアボーンキット「Beebox-S」
マスタードシードは、台湾ASRock製となる超小型ベアボーンPCキット「Beebox-S」「Beebox」新モデルの取り扱いを開始する。(2016/7/15)

ドスパラ、VRに特化した高コストパフォーマンス自作PCセット「パーツの犬モデルVR-002」
ドスパラの自作PCパーツセット「パーツの犬」シリーズに、VRに適した高コストパフォーマンスモデルが追加された。(2016/7/8)

レビュー投稿キャンペーンで5000円引き:
ドスパラ、VRに特化した自作PCセット「パーツの犬モデルVR-001」発売
ドスパラの自作PCパーツセット「パーツの犬」シリーズに、VRに特化したハイエンドモデルが追加された。(2016/6/25)

古田雄介のアキバPickUp!:
品薄GTX 1080カード、アキバの反応はいつも以上
登場直後のハイエンドGPUが品薄になるのは珍しくないが、GeForce GTX 1080はちょっと空気が違う様子だ。また、ハイエンドCPU「Broadwell-E」も販売開始。20万円でも売れている。(2016/6/6)

Tech TIPS:
最新CPU Skylake搭載PCにWindows 7をインストールする
Intelの第6世代CPU、Skylakeを搭載したPCにWindows 7を新規インストールしようとしても、USBドライバが不足していて失敗することがある。その解決方法を解説。(2016/5/30)

ASRock、最新Celeron/Pentiumオンボード搭載のmicroATX/Mini-ITXマザー6製品を発表
アスクは、ASRock製となる“Braswell Refresh”世代エントリーCPU搭載マザーボード6製品の取り扱いを開始する。(2016/5/27)

古田雄介のアキバPickUp!:
まだ姿を見せない「GTX 1080」がアキバに与える影響
最近はGeForce GTX 980カードが税込み5万円切りで売られるなど、ハイエンドグラフィックスカードの特価が目立っている。その影には、歴代のGeForceでも指折りの前評判を得ている次世代がいる。(2016/5/23)

初期モデルから進化した製品も:
第6世代Core(Skylake-S)と一緒に買いたい注目マザーボード5選
円高傾向でPCパーツの買い得感が高まる中、そろそろ自作PCを第6世代Coreに移行したいと考えている方は少なくないはず。CPUと同時に買う必要があるマザーボードのおすすめ製品を選んでみた。(2016/5/5)

古田雄介のアキバPickUp!:
究極のOCマザーとして注目される「Z170M OC Formula」が登場!
オーバークロック向けに作り込んだmicro ATXマザー「Z170M OC Formula」が各ショップで特別視されていた。その注目度は、1年前に登場したATX版にも余裕で勝るという。(2016/5/2)

大型連休で自作PCを強化したいなら:
第6世代Coreの買い得感アップ GWに狙いたいCPUは?
5月の大型連休にPCの自作やアップグレードを考えている方は少なくないだろう。ハイエンド、ミドルレンジ、エントリーの3つのカテゴリーでおすすめのCPUを挙げる。(2016/5/1)

ASRock、“オーバークロック特化”仕様のZ170チップセット採用microITXマザー「Z170M OC Formula」
マスタードシードは、台湾ASRock製microATXマザーボード「Z170M OC Formula」など2製品の取り扱いを開始する。(2016/4/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
HDDがついに10テラ突入! HGSTとSeagateからWデビュー
HDDの最大容量を更新する10TBモデルが2社から同時に売り出され、アキバで注目を集めている。価格はともに8万円台前半だ。(2016/4/11)

ASRock、独自OC機能“Hyper BCLK Engine”を備えたH170チップセット採用マザー2製品を発表
アスクは、ASRock製となるIntel H170チップセット採用ATXマザー「H170 Performance/Hyper」「H170 Pro4/Hyper」の取り扱いを開始する。(2016/4/5)

特典に「G-Master」ロゴ入りロボットも:
サイコム、フィギュアヘッズ推奨PCにGTX 960を搭載したコスパモデル「G-Master Mace H170-FH」
豪華特典がついた新作オンラインゲーム推奨モデル。(2016/3/11)

古田雄介のアキバPickUp!:
35型曲面液晶の展示開始! ゲーム向けディスプレイの「次」が続々
BenQの35型曲面ディスプレイ「XR3501」の展示と予約受け付けが複数店でスタートした。また、ASUSTeKの4K液晶「ROG Swift PG27AQ」もゲーマーに人気だ。ゲーム画面の「次」が売れ始めている。(2016/2/29)

圧倒的スペック+スマホ連携で新次元へ:
これぞゲーミングディスプレイの最先端 EIZO「FORIS FS2735」徹底レビュー
ゲーミングディスプレイ市場では後発となるEIZOだが、新モデル「FORIS FS2735」は同社が業務用製品などで培った技術や新機能を惜しげもなく投入し、業界をリードするような先進スペックを実現した。その実力をじっくり検証していこう。(2016/2/28)

古田雄介のアキバPickUp!:
「性能向上より端子増がポイントかも」――新世代スティックPCが出回る
Cherry Trail世代のAtomを搭載したスティックPCが秋葉原に出回っている。やや縦長になり、基本スペックも向上しているが、何よりUSB端子の強化が注目されているようだ。(2016/2/15)

ASRock、USB 3.1 Type-Cポート搭載モデルなどAMD 88Xチップセット採用マザー4製品を発表
アスクは、ASRock製となるAMD A88Xチップセット採用マザーボード新モデル計4製品の取り扱いを開始する。(2016/2/5)

ASRock、Xeon E3-1200 v5対応のATXマザー「E3V5 WS」
マスタードシードは、ASRock製となるXeon対応ATXマザーボード「E3V5 WS」など2製品の取り扱いを開始する。(2016/1/22)

爆速なのに! 静か!:
性能と静音を究極レベルで両立! 新世代デュアル水冷モデル「G-Master Hydro Z170」徹底検証
サイコムの「G-Master Hydro」シリーズにSkylake世代の最新モデルが登場。デュアル水冷システムにより高性能と静音性を両立した注目のモデルだ。(2016/1/20)

古田雄介のアキバPickUp!:
AMD系のゲーミングマザーが「意外に」好調!
長らく基幹パーツはインテル勢が圧倒的優位に立っているが、先週登場したAMD系のゲーミングマザー「GA-990FX-Gaming」と「GA-970-Gaming」の評価はそこそこ高い。なぜか?(2016/1/18)

週末アキバ特価リポート:
1万5000円切りNUCに学割5000円引きのWindows 10――年末から好評な特価に間に合う今週末
年末年始特価はそれ用の在庫整理も含めてこの三連休にピリオドを打たれることが多い。新しいPCが欲しいとき、1万4800円で買える「NUC5CPYH」や学割5000円引きのWindows 10はきっと味方になる。(2016/1/9)

古田雄介のアキバPickUp!総集編:
2015年のアキバまとめ(前編)
自作PC街としてのアキバの2015年上半期は、SSDの躍進に盛り上がりつつ、目玉アイテムの発売延期や発売後のトラブル、下半期に控えるWindows 10に関わる動きでやきもきすることも多かった。(2015/12/30)

サイコム、Fractal Designの新ケースを採用した「Radiant VXシリーズ」
共同開発のオリジナルケースを採用。(2015/12/28)

ASRock、A88Xチップセット採用microATXマザー「FM2A88M-HD+」に基板サイズを縮小した新リビジョンモデル
アスクは、ASRock製となるAMD A88Xチップセット採用microATXマザーボード「FM2A88M-HD+ R3.0」の取り扱いを発表した。(2015/12/18)

古田雄介のアキバPickUp!:
10万円超のグラフィックスカードがサクサク売れそうな冬ボの季節
冬のボーナス期はハイエンドグラフィックスカードが売れ筋候補によく挙がる。それを見越してか、先週末は複数社からこだわりのGTX 980 Tiカードが登場した。(2015/12/14)

ASRock、Quad SLIもサポートしたゲーマー向けハイエンドATXマザー「Fatal1ty Z170 Professional Gaming i7」
アスクは、ASRock製となるゲーミングATXマザーボード「Fatal1ty Z170 Professional Gaming i7」の取り扱いを開始する。(2015/11/27)

古田雄介のアキバPickUp!:
NUCより薄くて2ドライブ入る超小型ベア新星に注目!
Shuttleから登場した超小型ベアボーン「NC01U」と「NC01U5」が話題を集めている。NUCやBRIXに切り込む有力株としてショップの期待は大きい。(2015/11/16)

ASRock、SLI/CrossFireXもサポートしたSkylake対応microATXマザー「Z170M Extreme4」
アスクは、台湾ASRock製となるZ170チップセット採用microATXマザーボード「Z170M Extreme4」の取り扱いを開始する。(2015/11/13)

こだわりの静音性:
“安くて上質なPC”が手に入る。そう、サイコムならね――「Radiant GZ2500Z170」にしびれる
エンスー向けの印象が強いサイコムのPCだが、エントリークラスの「Radiant GZ」シリーズにも、Fractal Designと共同開発した新型のオリジナルケースを採用。「安くてもちょっといいPCを」というニーズにぴったり。(2015/11/12)

ASRock、アンテナ8基を内蔵した11ac対応ゲーミング無線LANルータ「G10」
マスタードシードは、台湾ASRock製となるIEEE802.11ac対応無線LANルータ「G10」など2製品の取り扱いを開始する。(2015/10/23)

古田雄介のアキバPickUp!:
「フタを開けたら大ヒット」 なぜ売れる、PCをオン/オフできるリモートスイッチ
マシンの電源をオフ/オフできるワイヤレススイッチ「SST-ES01-PCIe」がアキバで話題になっている。10年前を知る人の間では、「これは……ひもつき君!?」との声も。(2015/10/13)

古田雄介のアキバPickUp!:
パッケージ版「Windows 10 Home」の値上げにショップ困惑の声
DSP版よりも安いWindows 10 Homeパッケージ版が11月6日から値上げされる。この発表を受けてアキバでは驚いたり怒りをにじませたりするショップがあった。(2015/10/5)

ASRock、3画面表示にも対応したCeleron搭載ミニPC「Beebox」
アスクは、ASRock製となる手のひらサイズの超小型PC「Beebox」の取り扱いを開始する。Windows 10モデルのほかOSレスモデルも用意した。(2015/10/2)

サイコムの白いヤツ:
高性能で超静音! 北欧デザインが美しい――オトナのためのぜいたくなPC「Premium-Line」徹底レビュー
サイコムが立ち上げた新PCブランド「Premium-Line」は、高品質なパーツで定評のある北欧メーカー、Fractal Designの全面協力のもと実現したPCだ。性能、機能、信頼性、そして独自のサポートサービス、そのすべてがプレミアム!(2015/9/30)

古田雄介のアキバPickUp!:
Radeon R9 Nanoがアキバで好評 「電力効率で最強でしょ」の声
AMDの新GPU「Radeon R9 Nano」が登場し、Radeonユーザーに「ようやくGeForceに負けないのが来た!」と大喜びされているという。(2015/9/14)

古田雄介のアキバPickUp!:
低TDPの新型Core i7/i5とH170/B150マザーが一斉デビュー!
これまで“末尾K”しかなかった新型Core i7/i5にノーマルと“末尾T”が加わり、対応マザーにもH170とB150搭載モデルが登場。一気にSkylake回りの選択肢が広がった。(2015/9/7)

DDR3対応マザーを出すのはやっぱりあそこ:
各ベンダーが投入した「H170」「B150」マザーのラインアップと価格をまとめてみた
H170汎用モデルで1万円台半ばから後半、B150汎用モデルで1万円台前半。ゲーミングモデルでも2万円を切る。(2015/9/4)

古田雄介のアキバPickUp!:
2TバイトSSDが10万円前後でデビュー! アキバでの評判は?
コンシューマー向けSSDの最大容量を更新する2Tバイトモデル「850 EVO MZ-75E2T0B/IT」が売り出された。初登場価格は約10万円。「いい意味で普通」と好評だ。(2015/8/31)

古田雄介のアキバPickUp!:
Z170で初のmini-ITXマザーは、やはりASRockから登場!
Z170マザー初のmini-ITXマザー「Z170M-ITX/ac」が店頭に並んだ。売れ行きに関してはこれからだが、ショップからはASRockをほめる声がよく聞かれた。(2015/8/24)

ドスパラ、Skylake&GTX 980で作る「パーツの犬モデル 009」発売
GPUはGeForce GTX 980 Tiに変更可能。(2015/8/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
早速売り切れが目立つSkylakeに「まだこんなもんじゃない」の声
お盆まっただ中の店頭にSkyalakeとWindows 10の2大目玉が並んだアキバ。しかし、現時点の反響に関して満足しているショップは少ない様子だ。(2015/8/17)

古田雄介のアキバPickUp!:
Skylake登場でDDR4メモリの売れ行きがググンと上昇!
新世代CPUとチップセットが好評で、周辺のパーツの売れ行きにも良い影響を与えている。DDR4メモリの売れ行き増がその証拠だが、Windows 10の勢いはやや落ち着いたらしく……(2015/8/10)

潤沢になるのは10月ごろ:
「Z170マザーに一気移行」──Skylakeイベントでパーツベンダーに出荷見通しを聞いてみた
インテルが秋葉原でSkylake発売記念イベントを実施。“Z170”モデルの展示で参加したマザーボードベンダーの関係者が注目モデルの日本出荷予定を明らかにした。(2015/8/8)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。