キーワード一覧

ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。

さくいん




  • 関連の記事

「インデックスHD」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インデックスHD」に関する情報が集まったページです。

インデックスHD、社名を「インデックス」に
インデックス・ホールディングスが社名を「インデックス」に変更。。事業会社を吸収するなどして子会社が減り、事業持ち株会社として旧社名に戻す。(2010/11/9)

インデックスHD、アトラスを吸収合併
インデックスHDがアトラスとインデックスを吸収合併。アトラスとインデックスは解散するが、アトラスのブランドは継続するという。(2010/8/30)

インデックスHD、今期も最終赤字見通し 3期連続
インデックスHDの09年8月期は、株式関連損失やアトラスの業務用ゲーム撤退損失などを計上する結果、最終赤字になる見通し。(2009/4/13)

「M2〜神甲演義〜」運営のインデックスHD子会社が解散
「M2〜神甲演義〜」などを運営していたインデックスHD子会社の解散が決まった。(2008/2/26)

ケータイをシンクライアントとして利用するSaaS「Zinga」がスタート
インデックスHDとサイボウズが共同出資するZINGAは、情報漏えい対策とビジネスコミュニケーションを実現する携帯電話やPC向けSaaS「Zinga」を開始する。(2007/5/14)

「ヤッターマン」「ガッチャマン」を実写映画化
インデックスHD子会社の日活が、往年の人気アニメ「ヤッターマン」と「科学忍者隊ガッチャマン」を実写映画化する。ヤッターマンは2009年春公開を目指す。(2007/4/10)

インデックスとサイボウズ、企業向けモバイルサービスで新会社を設立
インデックスHDとサイボウズは、モバイル活用を目指す企業向けにセキュリティ情報サービスを提供をする新会社を設立した。(2007/3/30)

ガイアックス、オンラインゲーム事業をインデックスHDに売却
「M2〜神甲演義〜」「とぅいんくる」などを運営しているガイアックスがオンラインゲーム事業をインデックスHDに売却する。(2007/1/22)

インデックスHD、「ゆびとま」子会社化を断念
インデックス・ホールディングスは11月9日、コミュニティーサイト運営のゆびとまの子会社化を断念すると発表した。「諸条件について調整が付かなかったため」としている。(2006/11/9)

インデックスHD、アトラスをTOBで子会社化へ
インデックスHDは、「女神転生」シリーズなどで知られるアトラスをTOBで子会社化する。携帯電話向けコンテンツ配信事業にアトラスの資産を活用する。(2006/10/30)

注目のキーワード




ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。