ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「パソコン工房」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「パソコン工房」に関する情報が集まったページです。

古田雄介のアキバPickUp!:
Core i9-9900Kに続き、i5-9600Kやi5-8400も――Core iのバルク販売が増える
Core iのバルク販売がバリエーションを広げている。新製品は「Force MP510」や「Optane SSD 905P」などハイスペックなM.2 SSDが登場し、週明けにはGeForceからも新GPUも店頭に並ぶ。(2019/1/15)

週末アキバ特価レポート:
PayPay支払い限定特価も――100億円キャンペーンの戻り特需
PayPay決済対応店では12月分ポイントでの買い物をターゲットにしたセールが盛り上がっている。また、枯渇気味の「Core i5-8400」のバルク品販売もみられるようになった。(2019/1/12)

古田雄介のアキバPickUp!:
Core iと1TB SSD、16GBメモリが品薄な年始のアキバ
年末年始を大賑わいをへたアキバ自作街を歩いて最新の様子をウォッチ。2018年から続くCore iシリーズの枯渇以外にも、マイニングマザーが保守パーツとして再注目されるなど、さまざまな動きがあった。(2019/1/7)

2018年アキバまとめ後編:
光るSSDに電源ケーブル、枯渇が続くRTX 2080 Tiカード……2018年アキバを振り返る
グラフィックスカードはGeForce RTX 2000シリーズが登場し、ストレージは14TB HDDの投入やSSDの値下がりが注目を集めた。そして、コンスタントに週の主役を張っていたのが光モノだ。前編に引き続き、2018年アキバ自作街のトピックスを網羅したい。(2018/12/30)

2018年アキバまとめ前編:
マイニング最終波にまさかのCore i枯渇……波乱の2018年アキバを振り返る
2018年のアキバ自作街はマイニングブームや全般的な買い換え需要などで好調に幕を開けた。春先から第2世代Ryzenが順調に人気を得る一方、長らく主流を担ってきた第8世代Core iが秋以降に枯渇するなど、波乱含みの1年だったといえる。(2018/12/29)

古田雄介のアキバPickUp!:
第9世代Core X最強CPU「Core i9-9980XE」が登場 アキバの反応は?
Skylake-X Refreshこと第9世代Core Xシリーズのうち、未発売だった5モデルがまとめて店頭に並んだ。なかでも注目されているのは18コア・36スレッドの「Core i9-9980XE」だ。(2018/12/25)

週末アキバ特価レポート:
アキバでSSDが値下がり傾向 キャンペーン併用でさらに安く
今週末のアキバはSSDの値下がり傾向に加えてSamsungの限定キャンペーンもあり、ストレージの強化に持ってこいだ。また、オリオスペックではQNAPの新製品体験会も開かれる。(2018/12/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
「Core iが潤沢な年末」は絶望的
IntelのCPUは「Core i9-9900X」などの新モデルが登場しているが、依然として主力のCore i-8000シリーズは枯渇したまま。きらびやかなパーツが光る年末のアキバだが、不安の影は消えない。(2018/12/17)

週末アキバ特価レポート:
4連ディスプレイアームも256GB microSDXCカードも5000円台
PayPayフィーバー終了によって引いた潮もあるが、年末に突入する週末のアキバ自作街は目玉アイテムが目白押し。ディスプレイアームなど特価対象としてレアな製品も安く入手できる。(2018/12/15)

古田雄介のアキバPickUp!:
アキバ自作街を二分したPayPayフィーバー
先週のアキバは、新製品以上にPayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」による盛り上がりが目立っていた。対応店舗と非対応店舗とで売れ筋に違いが表れるほどの反響をみせている。(2018/12/10)

古田雄介のアキバPickUp!:
Core i枯渇で悩むショップ 「可能ならバルクを」
Core i9-9900Kの再入荷がじわじわと増えてきた一方で、主力どころの第8世代Core i5以下の枯渇状態は続いている。冬のボーナスシーズンから年末年始の商機に向けて、ショップからは苦悩の声が聞こえる。(2018/11/26)

週末アキバ特価レポート:
860EVO 500GBが1万円切り! 冬ボの季節、3連休もSSD特価が目立つ
特価POPに「冬のボーナス」の文字がみられるようになった3連休。各ショップの特価の中でもSSDが目立っているのはここ最近の傾向といえる。(2018/11/23)

古田雄介のアキバPickUp!:
「これだけ安いのは魅力」 Radeon RX 590カードの評判
AMDの新GPU「Radeon RX 590」を搭載したグラフィックスカードが2モデル登場した。一部のRX 580カードを下回る税込み4万円前後の値付けが複数のショップで注目されている。(2018/11/19)

週末アキバ特価レポート:
「冬のボーナス需要もあってM.2 SSDの人気が加速」――アキバのSSD事情
最近の週末特価ではSATAやM.2のSSDが目立っている。低価格帯ではSUNEAST、高価格帯ではサムスンが値下がりをけん引しているようで、街全体がお買い得だ。(2018/11/17)

ゲーミングスマホ「ROG Phone」日本上陸 12万円弱で11月23日発売
ASUSが「COMPUTEX TAIPEI 2018」で発表したゲーミングスマートフォンが日本に上陸する。オーバークロックしたプロセッサを始めとして、ゲームを楽しむ上で重要な機能をふんだんに詰め込み、純正オプション品も豊富に用意している。(2018/11/16)

古田雄介のアキバPickUp!:
ターボするi3モデルも――Intel NUC「BEAN CANYON」が登場
「Coffee Lake-U」こと第8世代Coreを搭載した超小型ベアボーンがIntelから4モデル登場。いずれthunderbolt 3端子を搭載している。また、「HADES CANYON」の完成品もデビューした。(2018/11/12)

古田雄介のアキバPickUp!:
Core i9登場も供給不足のIntel、Ryzenとの微妙なバランスが続く
次世代Core iシリーズのハイエンド「Core i9-9900K」と「Core i7-9700K」がついに登場。しかし、シリーズ全体の供給不足は変わらず、Ryzen人気がじわじわ高まっている。(2018/11/5)

古田雄介のアキバPickUp!:
Core i9-9900Kの発売日をどこも明言しない理由
第9世代Coreシリーズの第一弾として「Core i5-9600K」が店頭に並んで一週間。いまだ上位の「Core i9-9900K」と「Core i7-9700K」の発売日は表に出てこない。(2018/10/29)

週末アキバ特価レポート:
DDR4 16GBキットが1.5万円切り――CFD PC DIYフェス連動で
CFD販売のユーザーイベントに連動して、今週末は複数ショップが関連アイテムの特価を用意している。CFDや玄人志向、GIGABYTE、Crucialなどに注目!(2018/10/27)

古田雄介のアキバPickUp!:
第9世代「Core i5-9600K」でCPUの在庫状況はかすかに改善か
新世代Coreシリーズに属する初のCPUとして「Core i5-9600K」が店頭に並んだ。また、GeForce RTX 2070搭載のグラフィックスカードも売り出されている。(2018/10/22)

週末アキバ特価レポート:
6TB HDDが税込み1万1980円も「注目は1万円割れから」
大容量HDDの特価は最近6TBモデルが目立っている。今週も税込み1万2000円切りのSeagate「ST6000DM003」が見つかるが、まだ主流は4TBだという。(2018/10/20)

古田雄介のアキバPickUp!:
10月19日22時販売解禁――第9世代Coreはi5からの流れ
第9世代CoreシリーズはまずはCore i5-9600Kから登場する見込みが高い様子。深刻な品薄状況に陥っている現行Core i5を埋める期待も集めているようだ。(2018/10/15)

週末アキバ特価レポート:
発売したばかりのQNAP製NASキット「TS-251B」が3万円切り
QNAPの2ベイNASキット「TS-251B-2G」が複数のショップで税込み2万9500円となっている。また、「TITAN Xp」純正カードの台数限定販売もみられる。(2018/10/13)

古田雄介のアキバPickUp!:
第8世代Coreシリーズの品薄傾向が深刻化
第9世代Coreシリーズに対応するZ390マザーが登場した一方で、現行の第8世代Coreシリーズの全体的な品薄傾向が表面化している。年明けまで尾を引きずるといったコメントも複数ある。(2018/10/9)

古田雄介のアキバPickUp!:
「とにかく在庫が少なくて……」――RTX 2080 Tiは好評&品薄に
GeForce RTX 2080に引き続き、上位のRTX 2080 Ti搭載カードも売り出された。税込み17万円半ばから19万円弱で、どこのショップも強めの品薄傾向となっている。(2018/10/1)

古田雄介のアキバPickUp!:
GeForce RTX 2080の反応は? アキバに漂う重めの空気
GeForce RTX 2080搭載カードが先週売り出されたが、アキバには様子見感が強く漂っている。今週は上位のRTX 2080 Tiカードが発売になる見込みだが、空気を払拭できるのか?(2018/9/25)

週末アキバ特価レポート:
GTX 1080搭載カードが税込み5万8800円 次世代GPU登場でむしろ人気に
GeForce RTX 2080搭載カードが店頭に並び、旧世代ハイエンドのGTX 1080 Ti、同1080搭載カードの売れ行きがむしろ伸びているとの声も。週末特価でも目玉がちらほら見つかる。(2018/9/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
壁に! 背中に! “自作空間”を拡張するアイテムがアキバで注目を集める
ROGロゴを壁に照射できるスポットライトやCORSAIR製チェアなど、マシンの枠組みを超えた新製品が複数見られるようになった。次世代GeForceの深夜販売イベント情報も。(2018/9/19)

古田雄介のアキバPickUp!:
2990WX&2950Xは順調、RTX 2080Ti&2080はまだ静観――10万円超パーツの動静
第2世代「Ryzen Threadripper」が高額にもかかわらず好調に売れている。対照的に価格帯が近いGeForce RTX 2080Ti/2080の周辺は静かだが、高級パーツで自作界隈が盛り上がることを夢見る声も。(2018/9/10)

週末アキバ特価レポート:
「マイニングブームのころに比べたら天国」――GTX 1080 Tiと1080が狙い目
GeForce RTX 2080 Ti、同2080の影がちらつくようになっても人気がある現行ハイエンドのGTX 1080 Ti、同1080だが、ここに来て買い控えの空気も漂ってきたとの声も。その理由は?(2018/9/8)

古田雄介のアキバPickUp!:
「しばらくGTX 1080 Tiの天下かも」 GeForce RTX 2080 Tiと2080の予約スタート
NVIDIAの次世代ハイエンドGPU「GeForce RTX 2080 Ti」および「同2080」を搭載したグラフィックスカードの予約販売が一部のショップで始まっている。「Ryzen Threadripper 2950X」も店頭に並んだ。(2018/9/3)

週末アキバ特価レポート:
未使用のPC-9821が当たる! TOEIスタンプラリー2018が始まる
東映無線各店で創立72周年を迎えた秋のスタンプラリーが始まった。税込み1万6980円の960GB SSDなど豊富な特価の他、スタンプラリーの景品としてPC-9821の未使用品も注目が集まっている。(2018/9/1)

古田雄介のアキバPickUp!:
個人需要が予想以上に順調な「Ryzen Threadripper 2990WX」
お盆前にデビューした32コア・64スレッドCPU「Ryzen Threadripper 2990WX」が各ショップで順調に売れている。M.2 NVMe SSD向け外付けケースとデュプリケーターも登場。(2018/8/27)

古田雄介のアキバPickUp!:
Ryzen Threadripper 2990WXが深夜販売でデビュー
32コア・64スレッドの新CPU「Ryzen Threadripper 2990WX」が8月13日22時から販売解禁。深夜販売を実施する店舗もあり、お盆期間も目玉となりそうだ。(2018/8/13)

古田雄介のアキバPickUp!:
第2世代Ryzen対応の新チップセット「B450」がデビュー アキバの反応は?
X470の下位となるB450チップセットを搭載したマザーが一斉に売り出された。1万円切りモデルやmini-ITXモデルもあり、Ryzen自作の選択肢を増やしている。店頭の評判は……?(2018/8/6)

週末アキバ特価レポート:
悪天でも狙い目 8TB HDDが税込み1万7480円に
最近は大容量HDDやSSDのお買い得ぶりが加速しており、今週末も複数メーカーの8TB HDDが2万円切りで買える。悪天ゆえに「むしろ狙い目」との声も。(2018/7/28)

古田雄介のアキバPickUp!:
光る24ピン電源ケーブル、予約の段階で売り切れ状態に
毎週のようにイルミネーション系パーツが登場するアキバ。先週は24ピン電源ケーブルの展示品が話題を集めている。今週発売だが、既に入手困難かも。(2018/7/23)

週末アキバ特価レポート:
GeForce GTX 1080搭載グラフィックスカードが税込み5万3800円
パソコンSHOPアークのサマーセールでManliやELSAのグラフィックスカードが数量限定特価となっている。ハイエンドを安く仕入れるチャンスだ。(2018/7/21)

フルHDの4画面環境を1枚だけ4Kに替えて分かったこと
仕事場で使っている4枚のフルHD液晶のうち、右上の一枚が壊れた。普通に交換するのはつまらないから、ちょっと4K液晶を導入してみることに。それから馴染むまでの1カ月半を振り返る。(2018/7/19)

週末アキバ特価レポート:
「週末になくなるかも」――「970 EVO」にヒートシンク追加モデル
SamsungのM.2 NVMe SSD「970 EVO」シリーズに、長尾製作所製作のヒートシンクがオマケされる限定モデルが登場。価格は据え置きでアキバ各店に入荷している。ただし在庫は……。(2018/7/14)

古田雄介のアキバPickUp!:
超小型ベアボーン「DeskMini 310」が前評判通りの大ヒット 6コアのCore i7を載せる人も
デスクトップ向けCore iシリーズを搭載できる超小型ベアボーン「DeskMini 310」が登場し、早速ヒット。TDP 65Wまで対応するということで、上限クラスのCPUと一緒に買う人が続出しているとか。(2018/7/9)

週末アキバ特価レポート:
短冊に願いごとでTITAN Xpが当たるかも!?
ドスパラ秋葉原本店が七夕キャンペーンを土曜日から実施する。願いごとを書くと抽選で「TITAN Xp Collexctor's Edition Star Wars Galactic Empire」が当たるという。(2018/7/7)

「DeskMini 310」が発売前から高評価! 超小型ベアボーンのトレンドは?
ASRockの超小型ベアボーン「DeskMini 310」の予約販売が始まり、売り場では新製品以上に注目を集めていた。最近は同ジャンルで元気なヒット作が目立つ。(2018/7/2)

古田雄介のアキバPickUp!:
「全光PCとかいけるかも」――ついに光るSSDも登場!
RGB LEDライトを表面にあしらった2.5インチSSD「T-FORCE DELTA RGB SSD」が登場。ドライブにも光モノが現れたことで、MOD欲が刺激されたユーザーが少なからずいる様子だ。(2018/6/18)

40周年記念モデル「Core i7-8086K Limited Edition」 アキバPCショップの反応は?
6月8日、IntelのメモリアルCPU「Core i7-8086K Limited Edition」が一斉に売り出された。ベース4GHz、ブースト最大5GHzの性能に対する反応やいかに!?(2018/6/11)

週末アキバ特価レポート:
CPUの話題はIntelだけじゃない!? 「Ryzen」がアキバの対抗特価で最大1万円引きに
パソコン工房 秋葉原BUYMORE店で、RyzenシリーズのCPUが通常売価より最大で1万円近く安い超特価となっている。久しぶりにCPUが特価の花だ。(2018/6/9)

週末アキバ特価レポート:
400GB microSDXCカードが税込み2万円切り!
テクノハウス東映で、SanDiskの400GB microSDXCカード「SDSQUAR-400G」が税込み1万9800円となっている。1万円切りの480GB SSDも。(2018/6/2)

古田雄介のアキバPickUp!:
Radeon入り最強NUC「HADES CANYON」がアキバで大人気
Radeon RX Vega Mを統合したCPU「Kaby Lake G」を採用するハイエンドNUC「HADES CANYON」が登場。上位で税込み12万5000円という価格帯ながら好調に売れている。(2018/5/29)

週末アキバ特価レポート:
REALFORCEが19%引き――アークの19周年特価
先週からスタートしているパソコンSHOPアークの創業19周年特価が今週末も元気だ。ブランド単位で19%引きになるキャンペーンが見逃せない。(2018/5/26)

古田雄介のアキバPickUp!:
16万円弱のSSD「Optane SSD 905P」がアキバで予想以上の反響
Intelのエンスージアスト向けSSD「Optane SSD 905P」が複数店に入荷し、税込み16万円弱という価格ながら好調に売れている。NVMe M.2 SSDも新製品が豊富だ。(2018/5/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。