ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「産労総合研究所」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「産労総合研究所」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
2018年入社の新卒は「SNSを駆使するチームパシュートタイプ」、その心は?──産労総合研究所
新入社員の初々しい姿に、心癒されたり、背筋が伸びたりする季節がやってきました。2018年の新入社員には、どういう傾向があるのでしょうか。産労総合研究所が発表したデータを紹介します。(2018/4/5)

2018年度の新入社員は「SNSを駆使するチームパシュートタイプ」 チームワークとスピードに強み
過労死問題やパワハラ問題から、働くことに対し不安を抱く声も。(2018/3/27)

社員食堂に学ぶ、ヘルシーメニューの選び方
かつて大きな話題を呼んだ「社員食堂」。今では多くの場で、ヘルシーメニューが当たり前のように提供されています。そんな各社の社員食堂から、ヘルシーメニューをピックアップしてみました。ランチ選びのヒントにしてみてはいかがでしょうか。(2016/7/14)

夏のボーナス、新入社員はどのくらいもらっている?
この春就職した新入社員は、夏のボーナスをどのくらいもらっているのだろうか。東証1部・2部に上場している企業を中心に聞いたところ……。産労総合研究所調べ。(2016/7/11)

社長の報酬、ボーナス「あり」「なし」で1000万円以上の差
会社の役員ってどのくらいの報酬をもらっているの? 多くの人が気になっていることだと思うが、人事労務分野の情報機関である産労総合研究所が最新の役員報酬をまとめた。(2016/2/4)

「ブラック企業」にならない究極の方法とは?
(2014/10/21)

新入社員は夏のボーナスを、どのくらいもらったの?
今年4月に就職した新入社員は、夏のボーナスをどのくらいもらったのだろうか。上場企業230社に聞いた。産労総合研究所調べ。(2012/7/6)

普通の企業は社員研修にいくら使っているか?
経費削減と言えば、交際費や広告費がその対象となるのはよく知られているが、さて研修費は実際にどのようになっているのだろうか。(2012/4/6)

2012年の賃上げ、67.8%が「実施する」
2012年の春闘で、賃上げを予定している企業はどのくらいあるのだろうか。上場企業を中心に、産労総合研究所が調査した。(2012/2/10)

新入社員教育にどのくらいの費用をかけていますか?
新入社員が入社する4月まであと少し。新入社員教育に当たっては、小企業は入社前研修にコストを割いているのに対して、大企業では入社後研修にコストを割く傾向にあるようだ。産労総合研究所調べ。(2011/3/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。